平日の夜も深まってから、平沢家のインターホンが鳴った。
見当の付いている唯は特に不審を感じる事もなく、応対に向かう。
逆に、安心していた。

 ハロウィンの今夜に訪問する予定は、今朝方に恋人から聞かされている。
恋人とはいえ同性で、相手も少女だ。
夜道の一人歩きは危険だからと窘めたが、防犯グッズを携行するからと言って聞き入れなかった。

 だが、こうして訪問があった以上、杞憂に終わったようだ。
これからは恋人との楽しい時間が始まる。
唯は胸を躍らせて、玄関のドアを開けた。

「トリック、オア、ミルークッ」

 途端、予想通りに田井中律が元気な声を響かせてきた。
ただ、口上と恰好は予想外だった。

「トリートじゃなくて?りっちゃん、そこまで大きくしたいんだね」

 含み笑いながら言った後で、唯は律の装いを眺めた。
ハロウィンの仮装なのだろう、フード付きのポンチョを羽織っている。
黄色を基調としたチェック柄は、律の好みがよく表れたコーディネートだった。
のみならず、広い間隔でストライプが走り、それを各々の底辺として布地が膨れている。
ハロウィンらしく、カボチャをイメージしたものらしい。
頭上を覆うフードの被りは浅く、額も顔もドアから漏れる灯に照らされて明瞭に覗けた。
唇を尖らせてはいるが、心底から不機嫌という訳ではなさそうだ。

「だって、唯より大きくなりたいしー」

「りっぱいは可愛いくらいが丁度いいんだよ。
その恰好も可愛いよね」

 褒めてやると、律は照れたように顔を背けた。

「なっ、か、可愛くねーし」

「じゃあ、ハロウィンっぽくて、いいよね。
雰囲気が出てるよ」

「でしょ?」

 言葉を換えて褒めると、律は素直な反応を見せた。
嬉しそうにその場で回り始める姿を見ては、愛しさに破顔せずにはいられない。

「やっぱり、可愛いー。くるくるしちゃう回りっちゃん可愛いよぉ」

「なっ、からかうなよなー。
そんな事より、ミルクだよ、ミルク。
ほら、ミルクくれないと、悪戯しちゃうよ」

 恥じらって話題を変える際の、慌て様までもが可愛らしい。
そして変えた話題の先は、唯の情欲を惹くものだった。
律は相反する感情でさえ架け渡して繋げて、唯を渡らせてしまう。

「うーん、お菓子なら用意してあるけど、牛乳は用意してなくてねー。
悪戯にしてもらおうかな」

 用意の有無ではなく、希望の方向性が唯の返答に影響を与えている。
それは一方向へと偏った欲望に通じていた。
もう、逃がしはしない。

「お菓子でもいいぞー」

 鷹揚に笑う律の手を取って、敷居を跨がせた。
律の後方で支えを失ったドアが閉まる。
自分の縄張りに律を捕えたような気分だった。

「それじゃ私の気が済まないよ。部屋に来て」

 強引に誘い込まれて驚いていた律も、こうまで言われて察したらしい。
素直に頷いて、靴を脱ぎ始めた。

*

 部屋に招き入れると、唯は急く心を抑える事なく切り出した。

「で、りっちゃんはミルクが欲しいんだよね?」

「ないなら、お菓子でもいいけど。
でも、唯が悪戯を望んでるなら、悪戯しちゃおうかなーって」

 この期に及んで、律の態度は煮え切らない。
律に任せていては、ハロウィンも終わってしまうだろう。
焦れた唯は、胸先を突き出して迫る。

「ここ弄って、ミルク出してみない?」

「えっ?出たら、おかしーし」

「出ないなら出ないで悪戯にはなるんだから、いいでしょ?」

 律の答えを待たず、唯は上着を脱ぎ始めた。
律から夜に来ると聞いた以上、唯とて準備を怠ってはいない。
フリルを施した純白のブラジャーが、有事に備えて服の中で出番を待ち構えている。
否、待ち構えていた。
──さぁ、出番だよ。

「えっ、ちょっ、唯っ?」

 戸惑った声を上げているが、律とて唯の肌や艶やかな下着に色情を抱いているらしい。
ブラジャーのみを纏った唯の上半身に、凝視の眼差しを注いでいる。
目は時として、口以上に本心を語るものだ。

「ここから先は、りっちゃんにやってもらおうかな?
だって、悪戯するの、りっちゃんだもんね」

「そうだな。ハロウィンのミルクを用意しなかったのが、いけないんだからな」

 言い訳のようにそう口にすると、律は唯のブラジャーへと手を伸ばしてきた。
柔らかい肉を抑える窮屈な下着を、律の指で弾いて欲しい。
そうしてミルクが飛び出るまで、淫らな肉を弄って嬲って捏ね繰り回して欲しい。
唯は破裂しそうな情欲を滾らせて、近付いてくる律の指を見つめた。
後少し、後少しだ。
律が指の第一関節だけの間を埋めれば、奥の高鳴る心臓とともに爆ぜる。

 だが、触れる寸前になって、ドアをノックする音が部屋に響いた。
勢いを削がれたように、律の手も止まる。

 同居している妹の憂だろう。
今、家には唯と律の他、彼女しか居ない。
唯は当て付けるように服を着ないまま、ドアを開けた。

「わっ、お姉ちゃん、何でそんな恰好してるのー?」

 トレーにマグカップを乗せた憂が、驚いたような声を上げた。
察しているに違いないが、惚ける憂を叱咤しようとは思わなかった。
姉を想う妹の気持ちまで、無下に扱うつもりはない。

「見ての通り、いい所だったから。で、憂はどうしたの?」

「お姉ちゃん達の玄関で話してる声が聞こえちゃって。
律さん、牛乳が欲しいみたいだったから、持ってきたの。
だから、お姉ちゃんに悪戯するの、止めてね?」

 憂の視線が、唯の後方へと向く。
律を牽制しているのだろう。

「駄目だよ、憂。冷たいのなんて飲ませたら、りっちゃんがお腹壊しちゃうでしょ?」

 唯は律を守るように立ち塞がって、憂の視線を遮りながら言った。

「大丈夫だよ。人肌くらいの温度に、温めてきたから」

 マグカップに目を落とすと、白い液体が微かに湯気を上げていた。
よく出来た妹だ。
と、用意周到な憂に感心するだけの余裕が、唯にはあった。

「ほんとだー。でもねー」

 唯はマグカップを手に取ると、憂の唇に宛がった。
そうして驚く憂の顔を覗き込んで、抵抗しないよう目で制する。

「零したら、駄目だよ?」

 言い聞かせながら、唯は緩やかにマグカップを傾けた。
始めは表情に動揺を見せていた憂も、口腔へと流し込まれる牛乳の量に比例して目が蕩けてゆく。
嚥下の度に震える喉にも、牛乳の飲に専心している様子が伺えた。

「憂が飲んじゃったから、なくなっちゃったよ。
りっちゃんの牛乳を飲むなんて、悪い子だね。
でも許してあげるから、今は二人きりにさせてね?」

 唯は空になったマグカップをトレーに置くと、目の焦点が定まっていない憂に言った。

「うん、ごめんね、お姉ちゃん」

 恍惚の境地に居るせいか、憂は素直に頷くと大人しく退室していった。
妹の扱いには、慣れている。

「お待たせ。
憂は普段はしっかり者なんだけど、姉離れの中々できない所があるから」

 律に向き直ると不服そうな顔に迎えられ、唯は言い訳のように憂の情報を補足した。

「ミルク、あるじゃんかー。憂ちゃんに飲ませてた、りぃー」

 律が口を尖らせて唸る。唯も冷蔵庫に牛乳がある事は知っていた。
その事を隠す気はない。

「ミルクの方が、悪戯より好き?」

 首を傾げて、挑発的に問うた。

「そういう事じゃなくって。
相手が妹でも、恋人の前でああいう事は無しだと思うぞー」

 律の不機嫌の原因も分かっていた。
それでも唯は惚けて言う。

「もっと穏やかな手段もあったんだけど、早くりっちゃんと楽しみたかったから。
それに、憂はいい子だよ?りっちゃんの事も気に入ってくれてる。
偶に嫉妬しちゃうけど、私が構えば治まるから。
今のは大目に見て欲しいな?」

「嫉妬なら、私だってしちゃうんだからな。唯ったら、女の扱いにばっか手慣れちゃってー。
とにかくっ、ミルクがあるなら、私も飲ませてもらう」

 胸を仰け反らせて宣する律に、唯は満足気に目を細めて見入る。
律の口から嫉妬の言葉を聞きたいが為、気付かない風をしていたのだ。
それでも唯は欲を深めて、もう一つ求めた。
律の事ならば、どこまでも貪欲になれる。

「悪戯は?」

「それもするっ。嘘を吐いた罰だ」

 律もまた欲深かった。
お似合いの二人だと思わずにはいられない。

「分かったよ。じゃ、牛乳持ってくるから、待っててね」

 我慢の利かない表情を浮かべる律にそう言い付けたものの、キッチンへと向かう唯の歩調は速い。
唯とて我慢ならない情欲は同じだ。
言い付け通りに、待たせるつもりはなかった。

*

 一リットルの紙パックだけ手にして戻った唯は、律の呆れたような声に迎えられた。

「何だよ、そのサイズ。つーか、コップも持って来てないじゃん。
紙パックに口付けて飲むの?」

「まっさかー。そんな事させないよ。
さっき、りっちゃんが言ったでしょ?悪戯もしたい、って」

 その反応を予想していた唯は、牛乳の封を開けながら答える。

「って、未開封かよ。どう飲ませるつもりか知らないけど、勿体ない事できないぞー」

 律は期待を煽る唯の言動よりも、牛乳が新品である事の方に注意を引かれたらしい。
催促した負い目もあってか、言葉に遠慮を滲ませている。

 開封してある紙パックもあったが、憂が使ったせいもあって残り少なかった。
多く長く楽しみたい唯としては、年に一度のハロウィンを倹約の精神で慎ましくする気などない。

「無駄にしないように、りっちゃんが頑張ってよ」

「まぁ、いいけどさ。唯は言い出したら聞かないし。
で、どうするんだ?口移しで飲ませてくれるのか?」

 言い出したら聞かないなど、どの口が言うのだろう。
その口を塞いでやれる律の案も捨て難いが、唯には別の案の用意がある。
牛乳を取りに退室した段階で思い付いており、だからこそ容器を持ってこなかった。

「りっちゃんは、そういうのが望みなの?いい提案だとは思うけどさ。
でもそれじゃ、りっちゃんが悪戯した事にはならないでしょ?」

「だから、どうす」

 律が重ねようとした問いを、実践で以て遮った。

「ほら、りっちゃん。ミルク飲みたかったんでしょ?
悪戯しながら、たっぷり味わってよ」

 驚いている律に、牛乳の滴る乳房を向けながら言う。
綿を素材として用いたブラジャーは吸水性に優れているが、
零した量が多過ぎたせいか吸いきれなかったらしい。

「えっと、いいのか?」

 律は唯が自身の胸に牛乳を零してから、今に至るまで黙していた。
動揺から我に返った彼女がまず放った言葉は、確かめるような問いだった。
尤も、淑女らしく確認を前置する口とは裏腹に、目は貪るように唯の胸へと注がれている。
その胸を突き出して、唯は言う。

「悪戯するって言ったの、りっちゃんだよ?
牛乳を飲みたいって言ったのも、りっちゃん。
あ、冷たい牛乳を飲ませられないって言ったのは私だね。
ほら、責任を持って、人肌に温めたよ?」

「う、うん。じゃあ、貰おう、かな」

 律はそう言って顔を唯の胸へと迫らせながらも、触れる直前で止めてしまった。
躊躇うように、深呼吸を繰り返している。
吐息が乳房にかかって、唯は焦らされているような切ない気分になった。
律の臆病な仕草にさえ、嬲り者にされてしまう淫らな身体が恨めしい。
それ以上に、律が恨めしい。

「もうっ、りっちゃんの意気地なしっ」

 唯は片手で律の後頭部を掴むと、そのまま胸へと押し付けた。
乳房が潰れて、水気を含んだ綿が軋むような音を立てる。

「ヘタレちゃうりっちゃんが悪いんだからね。
飲むまで放してあげないよ」

 切なくさせた罰を与える思いで、唯は語勢を強めて言い切った。
律の頭が前に傾き、唯の乳房の圧迫感が強まる。
それが首肯の動きなのだと分かった時、胸の一点にだけ強く引かれる力を感じた。
同時に、ポタージュを啜るような音が唯の耳朶にも届く。
律がブラジャーに籠もるミルクを吸い始めたのだ。

「はぁ、りっちゃんが、私のミルク吸ってるよぉ……」

 唯は恍惚の声を漏らし、律の後頭部から手を離した。
自由になった律の顔が上がり、潤んだ瞳が唯を見上げてくる。
唯は片手で持っていた牛乳を、両手に持ち直した。
そうでもしないと、身に走る震えで取り落としてしまいそうだった。

「唯ー、もっとー」

 垂涎の面持ちで強請る律を、焦らすだけの自制心など今の唯にはない。

「うん。全部、飲み切ってもらうからね。
そうじゃないと、私の気が治まらない」

 再び牛乳を掲げて、先程よりも多量を胸へと零す。
冷たい感触が肌を打つが、間を置かずに冷気は失せた。
飼い主に飛び付く子犬のような勢いで、律が顔を唯の胸に埋めてきたのだ。
肌から綿から、牛乳を啜る音が部屋に響く。

「ぷはっ」

 吸飲の音が乾いてきた頃、律の口から息苦しそうな声が漏れた。
それでも律は離れようとせず、催促するように顔を上げている。
唯を見上げる律の顔は額まで牛乳に塗れて、髪の毛も端が所々濡れていた。
白のコスメチックを淫らに熟す律が、唯の前言を揺らがせる。
牛乳がなくなろうとも、気は収まらない。

 牛乳を胸に垂らすと、飢えたような勢いで律の顔が唯の乳房へと沈んでくる。
この様子では、一リットルあった牛乳もそう長くは持たないだろう。
その事を証すように、紙パックを持つ唯の負担は軽くなっている。

「一人で家に帰ると危ないから、今日は家に泊まっていきなよ。
ブギーマンがうろついているかもしれないし」

 牛乳をブラジャーから口で搾り取る律へと、唯は囁きかけた。

「着替え、持って来てない」

 唯の胸から顔を離して、甘えるように律が言う。

「私の制服を貸してあげるね。予備があるから。
丁度いいよね、その可愛い服着たまま、っていうのも趣あるし。
カボチャを食べるみたいで、ハロウィンっぽいよ。それ、期待してた?」

「違うし。お菓子貰ってミニパーティーして、帰るつもりだったし」

 羞恥を見せる律の眼前、唯は自身の胸に牛乳を注いだ。
反射的な速度で律が乳房に齧り付いて、ブラジャーに染み込んだ牛乳を啜り上げる音が響く。
躾けた通りの反応に、唯は勝ち誇った笑みを浮かべた。

「ほらね?ジャック・オー・ランタンも、元は欲深い人だったんだって。
カボチャ繋がりで、りっちゃんも倣って素直になっちゃえば?」

「うー。初めからそういうつもりじゃなくて、成り行きだし」

 悔しそうに律が睨んでくるが、その睥睨さえ健気に見えて可愛らしい。

「じゃ、今はそういうつもりなんだ?
まぁ、夜道の一人歩きが危険なのは本当だよ。危なくて、りっちゃんを帰せない。
りっちゃんを待ってる時だって、不安だったんだから」

「じゃ、澪と来れば良かったかな。そうすれば、危なくな」

「一番危ないね。マイケル・マイヤーズに遭遇したいの?」

 みなまで言わせない。禁句を放った律に割り込んで、唯は凄みの利いた声を被せて遮った。
だが、律に怯んだ様子は見られなかった。代わりに、拗ねたように目を細めている。

「会いたくないよ、妹にばっか執着する、あんなシスコンになんか。
私のだもん、唯、私のだもん。唯のミルクは、私のだもんっ」

 唯の乳房に顔を押し付けながら、叫ぶように律が言った。
嫉妬はお互い様らしい。
唯は思わず頬を緩めると、優しい声で律に囁く。

「分かってるよ。私は、りっちゃんのものだよ。
だから、ミルク、最後まで飲んでね?」

「うん。私がトリック・オア・ミルークで求めたんだから、責任持って全部飲むよ」

 嫉みの消えた顔が上がり、上目が唯に向いた。
その仕草の逐一が唯を虜にして、本当に律のものになったのだと自覚を迫る。
唯は慰撫の言葉ではなく、自認の言葉を知らずと放っていたらしい。

 負けじと唯は、今この時まで口にしていなかった言葉を放つ。
ハロウィンの、定型の言葉を。

「あ、それで思い出した。私の方から、まだ言ってなかったね。
トリック・オア・トリート改め、リッツ・オア・リーツ」

「なっ。それ律or律で、どっちにしろ、私じゃんかー。
もうっ、やっぱり泊まってくの、危険だし」

 赤く染まった律の顔がカボチャを模した服と相俟って、ジャック・オー・ランタンの灯のように映えている。
律がハロウィンを祝う象徴と化しているならば、羞恥ではなく期待や興奮故に火照ったのかもしれない。

「朝の段階で、言ったでしょ。
夜に私の家に来るのは、危険だって。
さ、これが終わったら、選んで答えてもらうからね」

 唯は悪戯っぽく笑んで言うと、胸に牛乳を零した。
唯の方こそ、期待していたのだ。
そして重量を感じなくなった紙パックが、その成就の時が近い事を教えている。
代わりに、唯は重量を胸に感じていた。
乳房を浸す牛乳の染み込んだブラジャーと、口を寄せてくる律の重みだ。

 この胸が軽くなった時、今度は律が唯のものとなるのだ。
その時を急くかのように、胸を吸い上げる律の力が強まった。
胸を弄られる快感に身悶えながら、唯は律の答えを聞いた思いだった。
律もまた、唯のものになりたがっている、と。


<FIN>