憂「お、お姉ちゃん…和さん…」ズルズル


いちご「ブレイク」


エリ「ロープブレイク!憂選手、根性で逃げた」


澪「まだまだー」


エリ「澪選手、フライングニールキックか?」


憂「喰らわない!」クルッ


澪「ぐっ」


エリ「憂選手、最愛の姉である唯選手のスリングブレイドで反撃」


憂「勝つ!」どすッ


エリ「更にランドスライド炸裂!」


いちご「ワン.ツー.」


澪「き、決めさせない」ガバッ


憂「くっ!なら、これで」


エリ「澪選手を場外へ落とした!」


憂「行きます!」ダッ


エリ「側転、捻りを加えて飛んだー」


エリ「スペース.フライング.タイガードロップ!綺麗に決まりましたー」


澪「…」


エリ「澪選手、大ダメージ!動けるか?」


いちご「ワン.ツー.スリー.フォー」


憂「決着はリングの上ですよ澪さん…」


エリ「リングに戻した!」


憂「うっ…」ズキッ


憂「こ、これ以上長引かせる訳には行かない…ならば!」


憂「ふんっ!」ドーン


エリ「憂選手、抱えあげてのグロリア!」


憂「これで決める!」


エリ「トップロープに登ったー星屑が遂に舞うのかー」


憂「それっ!」クルッ


エリ「星屑が舞ったースターダストプレス!」


澪「待ってたぞ憂ちゃん!」サッ



エリ「動けないと思われた澪選手、間一髪避けた!」


憂「うぐっ…」


澪「はぁっ!」ブンッ



エリ「バックドロップホールド!」


いちご「ワン.ツー」


澪「…」パッ


エリ「カウント2で技を解いた?何をする気でしょうか?」



和「ギブアップを狙ってるのね…」


唯「澪ちゃん、そこまでやるの…」


澪「うぉぉー」ギリギリ


エリ「ミオロックⅡだ!でも、さっきのバックドロップホールドで決まってた筈なのに何故?」


さわ子「先輩の意地よ…憂ちゃんの口から参ったを言わせたいのね」



澪「憂ちゃん!ギブアップするんだ」


憂「だ、誰がギブアップなんか…」


澪「それなら、もっと痛くなるぞ!」ギリギリ


憂「う、うわぁー」


エリ「こ、これは早目にギブアップした方が…」


いちご「ギブアップ?」


憂「ノー」


澪「これでどうだ!」ガチッ


憂「!!!!」


エリ「ミオロックⅢだ!」


唯「…」


和「…」


いちご「折れるよ、ギブアップ?」


憂「た、例え折れても…死んでもギブアップなんかし…ない…」



澪「くっ!憂ちゃんギブアップしろ!」ギリギリ


憂「い、嫌だ…」



いちご「ストップ!」


カンカンカン


いちご「勝者、秋山澪」


憂「な、何で…何で止めたんですか…」


いちご「止めたのは私じゃない」


いちご「あれを見て」


憂「タ、タオル…」


唯「…」


和「…」


エリ「何とタオルを投げたのは唯選手と和選手だ!」


憂「な、何で…」


唯「憂の負けだよ」


憂「私はギブアップしてない…」


唯「私も和ちゃんも澪ちゃんだって憂に怪我して欲しくないんだよ」


憂「…」


和「あのままだったら大怪我してたわよ?」


和「素直に負けを認めるのも大切なのよ」


和「大怪我させる為にプロレスやってるんじゃないのよ」


憂「でも…でも…悔しい…悔しいよ…」ぽろぽろ


唯「うーい」ぎゅっ


唯「負ける事は何にも恥ずかしくないんだよ」


憂「お姉ちゃん…」


和「負けても格が下がらない選手こそが一流よ」


唯「憂は良くやったよ何にも恥ずかしくないからね」


和「胸を張りなさい憂」


憂「うん!」


澪「憂ちゃん」


憂「澪さん、参りました」ペコリ


澪「また、試合しような憂ちゃん」


憂「はい!」



エリ「さぁー一回戦もいよいよメインイベントですね」


さわ子「お互い、一歩も退かないでしょうね」


エリ「部長継承マッチですね!」


さわ子「りっちゃんは譲る気なんて更々ない」


さわ子「力で奪い取らないと」


エリ「成る程、両選手の入場です」


姫子「最大の壁、越えさせて貰います」


姫子「中野梓選手の入場です」

(入場曲)

エリ「静かな音楽が流れます」


エリ「しかし、その胸中は野望が渦巻いてます」


エリ「さぁー覇道が鳴り響いた!入って来ました中野梓」


エリ「この試合は勝ち負けだけじゃない」


エリ「魂と魂のぶつかり合いなんだ」


エリ「野望を胸に中野梓がリングインです」


姫子「力の差、見せつけてやる!田井中律選手の入場です」

(入場曲)

エリ「FANTASTIC CITYそれは師である蝶野正洋が初めてG1クライマックスを征した時のテーマ」


エリ「越えれるものなら越えてみろ」


エリ「ぼこぼこにしてやるよ」


エリ「何時ものおふざけは一切なし」


エリ「本気になった田井中律が今リングインです」


姫子「時代を変えるのか?時代を守るのか?」


姫子「魂のシングルマッチ」


姫子「S1クライマックス一回戦時間無制限一本勝負を行います」


姫子「青コーナー150㎝46㎏」


姫子「なかのーあずーさー」


姫子「154㎝48㎏」


姫子「たいなかーりーつー」


姫子「レフリー若王子いちご」


いちご「…」ペコリ


いちご「正々堂々とね」


いちご「ファイト!」


カーン


梓(どう攻める…律先輩、何を考えてるのか全く読めない)


梓(グランド?打撃?速攻?)


律「どうした?怖いのか?梓」


梓(先ずは様子を見よう)


律「力比べか?上等だよ」ググッ


梓「くっ」


梓(流石、ドラム…凄い力だな)


律「どうした梓?終わりか?」


梓「そんな訳ないじゃないですか」がきっ


エリ「梓選手、力比べでは分が悪いと見てヘッドロックに捉えた」


律「ふん」ブンッ


梓「がっ!」ドスン


エリ「梓選手のヘッドロックをもろともせずバックドロップだ!」


律「立て梓」


梓「喰らえです!」ドカッ


エリ「今度はエルボー連発!」


律「…」スッ


梓「あっ…」スカッ


律「捕まえた」ギュゥ


梓「うぐぐ」


エリ「律選手、エルボーをかわしてのスリーパー!」


律「寝る時間だぜ」ゴロン


梓「!」


エリ「胴締めスリーパーに移行した律選手!」


さわ子「りっちゃんの得意のパターンは絞め技!執拗に絡み付くわよ」


律「ほら、逃げてみろよ」ギュゥ


梓「あがが…」ガシッ


いちご「ブレイク離れて」


梓「げほっげほっ」


さわ子「りっちゃんは澪ちゃんやムギちゃんに比べると非力よ」


さわ子「だけど、それを補って余りあるスピードとしつこさがあると澪ちゃんが言ってたわ」


エリ「成る程、澪選手との夜のプロレスもスピード感溢れるんですね」


律「おい///」


さわ子「瀧さん…」


エリ「し、失礼しました」


梓「隙あり!」クルッ


律「わっ!」


エリ「梓選手、隙をついてのスクールボーイだ!」


梓「お返しですよ?律先輩!」ガキッ


エリ「そして、直ぐさま昇龍結界!」


律「か、固め技とは良い度胸だな梓…」



いちご「ブレイク」


梓「どんどん行きます!」ダッ


エリ「梓選手、ロープに走った!」


律「甘いんだよ」ドカッ


エリ「カウンターのケンカキック炸裂!」


律「固め技ってのはな?こうやるんだよ」ガキッ


梓「うぅっ…」


エリ「早くも出ました、ステップ.オーバー. ザ.トーホールド.ウィズ.フェイスロック」


エリ「略してSTF!」


いちご「ブレイク」


梓「さ、流石ですね…効きましたよ」


律「立て」グリグリ


エリ「り、律選手の顔面踏みつけだ…」


6