〜数日後・放課後〜

野良猫「ニーニー」

憂「えっ、じゃあもう何日もお家に一人でいるんだ…」

梓「うん。お父さんもお母さんも、よく仕事で遠くへいっちゃうから」

憂「そうなんだ」

梓「………」

憂「じゃあ、私と同じだね」

梓「?」

憂「私の親もよく海外へ出張に行ったりしちゃうから」

憂「それに、お姉ちゃんは大学に行っちゃったし」

梓「そっか…」

憂「ご飯は自分で作ってるの?」

梓「………」フルフルフル

憂「じゃあ普段はなにを食べてるの?」

梓「スーパーのお弁当とか…」

憂「やっぱり」

憂「梓ちゃん、いつもお昼は購買の菓子パンとかコンビニのおにぎりでしょ?」

梓「え、うん…」

憂「そのうえ、家では毎日買ってきたお弁当とか食べてるの?」

梓「………うん」

憂「駄目だよ。それじゃ体壊しちゃうよ?」

梓「でも……私一人じゃ料理できないし、一人の時は火も使っちゃダメだって言われてるから」

憂「う〜ん…」

憂「よし、それなら今日は私の家に来て!」

梓「…?」

憂「私がもっと体にいい物食べさせてあげる」

梓「え…え……でも…」

憂「大丈夫。こう見えても私、お料理はそれなりにできるんだよ?」

梓「でも……悪いよ」

憂「ううん、全然。梓ちゃんがそんな出来合いの味気ない物ばっかり食べてるなんて、放っておけないよ」

梓「でも…でも…」

『キャハハハウケルー!』『クサイヨネー!』

梓「!」

梓「わわっ…わ!」

憂「?」

『アハハ、ジャアマタネー!』『ウン、バイバーイ!』

梓「………」ホッ

憂「梓ちゃん?どうかしたの?」

憂「さっきの人たち、お友達?」

梓「ううん、知らない人達だった」

憂「…?」

梓「ごめん憂、今日はもう帰るね」

憂「えっ…ご飯は?」

梓「きょ、今日はちょっと遠慮しておくね…」

憂「………」

憂「そっか」

憂「分かった。じゃあまた明日ね」

梓「うん、また明日」

〜翌日・昼休み〜

純「おっしゃ、お昼だー!!」

憂「もー純ちゃんったら」

純「憂、購買行こう。購買」

憂「あ、待って純ちゃん。ダメ」

純「?」

憂「今日は購買行くの禁止」

純「は?何言ってんの…私を殺す気!?」

憂「大丈夫だから。ほら、ついてきて」

純「え…?なんなのさ…」

憂「あ、椅子も持ってね」

純「どこいくの?」

憂「梓ちゃんと一緒にお昼ご飯食べよ?」

純「えっ…」

・ ・ ・

梓「………」ガサゴソ

憂「あーずさちゃん?」

梓「!」

純「や、やっほー」

憂「えへへ、一緒にお昼食べよ?」

梓「え……」

憂「梓ちゃん、それ」

憂「また菓子パンだね」

梓「え、うん……」

憂「もっとちゃんとした物食べないと」

梓「だって…私、料理できないし…」

憂「じゃあ、私の作ったお弁当食べる?」

梓「え?」

憂「ほら、これ」ゴト

憂「実はね、今日は梓ちゃんの食生活の事を考えて、梓ちゃんのためにこのお弁当作ってきたんだよ?」

憂「よかったら食べて?」

梓「………」

梓「でも…でも…」チラチラ

憂「食べてくれたら嬉しいな?」

梓「…う……んん…」

梓「…いいの?」

憂「うんっ。そのために作ってきたんだもん」

純「憂?私はどうすれば?」

憂「もちろん、純ちゃんのも作ってきたよ?」

純「え、まじで!?」

憂「よかったら食べて」

純「やった!あ…でも憂の分の弁当なくない?」

憂「私は梓ちゃんのパンを食べるから」

純「いいの?それで」

梓「………」

憂「梓ちゃん、お節介だったかな…?」

梓「……ううん、ありがとう」

憂「よかった!」

憂「はい、これは純ちゃんの分のお弁当」

純「おほほ、ありがとうございます!憂の手料理が食べられるなんて私たちは幸せだ!」

純「あ、そうだ。改めてよろしくね中野さん」

梓「ぁ…よ、よろしく。鈴木さん」

純「あ、それヤだな〜。“純”って呼んでよ。」

純「私も、中野さんの事“梓”って呼ぶからさ」

梓「ん………よろしく、純」

純「えっへへ。じゃ、いただきます!」

憂「それじゃ、梓ちゃんのパンは私が貰うよ?」

梓「うん」

純「うおぉ、おいひい!なんだこれ!?」モグモグ

梓「………」ジー

純「ん?梓も早く食べたら?」

純「憂の料理は世界一美味しいんだから!」

憂「もー、オーバーだよ純ちゃん」

純「私は真実を語っているだけだ」

梓「………」

純「ほらほら、食べてみ?食べてみ?」

梓「……いただきます」

憂「召し上がれ」

梓「………」モグモグ

純「どう?美味しいでしょ?」

梓「………」モグモグ

梓「うん」コクコク

憂「よかった」

梓「………」モグモグモグ

梓「ほんとにおいしい」

純「でしょでしょー?」

梓「………」モグモグモグ

梓「………」モグ…モグ…

梓「………」モグモク

梓「………っ」

ガタッ!

憂「あれっ?梓ちゃん!?」

梓「ぐっ…!」ダッ

純「ん?どうしたの!?」

ガラガラ、ピシャン!

純「教室出て行っちゃったぞ…」

憂「どうしたんだろ、やっぱり口に合わなかったのかな…?」

純「いや、それはないと思うどなぁ…とにかく追いかけよ!」

憂「うん!」

・ ・ ・

純「トイレかな?」

憂「トイレの方に走って行ったもんね」

ガチャ

純「梓ー、いる?」

憂「梓ちゃん?」

『グスン……うぅ…』

憂「!」

憂「梓ちゃん…?そこにいるの?」

梓『うぅ…ひっく…ぐす…』

純「梓、泣いてるの?」

梓『ちがう』

純「え、でもそう聞こえるけど…」

憂「梓ちゃん、私何か悪い事したかな……?」

憂「お弁当、美味しくなかった?もしかして、なにか食べちゃいけない物とかあったかな?」

梓『ううん…ちがう…グスン』

純「じゃあどうしたの?」

梓『うっ……ぐすん……』

憂「梓ちゃん」

純「梓、こっから出てきてよ」

梓『ま、まって……ぐすん』

純「はぁ…私、なにがなんだか」

憂「梓ちゃん、ほんとに大丈夫なの?」

梓『だっ……大丈夫だから…』

梓『先に食べてて…』

憂「うん……」

・ ・ ・

ガチャ

純「あ、梓帰ってきた」

梓「………」

憂「梓ちゃん、もう大丈夫?」

梓「……うん。ご、ごめんね…」

ザワザワ、ヒソヒソ

純「あはは、私ら注目されてるな」

憂「梓ちゃん」

梓「もう、大丈夫だから。ちゃんと食べるよ」モグモグ

憂「………」

〜放課後〜

憂「今日は遅くなっちゃったね」

純「ほんと、さわ子先生ったら人使い荒いんだもん」

憂「あはは、確かに下校時間ギリギリになってから雑用頼まれた時はちょっとびっくりしちゃった」

純「明日、部活の時にギャラ要求しないとね!」

憂「ギャラって」

純「あ、じゃあまた明日、憂」

憂「うんまたね!」

憂(梓ちゃん、またあの公園にいるかな?)

・ ・ ・

憂(もうすぐ暗くなるし、今日はもういないかな?)

梓「……ふんふんふん♪」ジャカジャカ

憂「あ、いた!」

『キャハハハ!アーウケル!』

憂「?」

『でさぁ、国語のコンドーがウザくてww』

『わかるwわかるw』

『あ、あれって中野じゃない?』

『え?あ、マジマジ!中野、中野!』

梓「!」

憂(梓ちゃんのお友達かな?)

憂(二人は知らない制服だ。北高かな?)

他校の女生徒A「おーい」

梓「わ……わ…!」

他校の女生徒A「うわ、ほんとに中野じゃん超なつかしい」

他校の女生徒B「中野こんなとこで何してるの?なにそれギター?」

憂(あと一人は、クラスメイトだ)

他校の女生徒A「お前ギターなんか弾けたんだ?」

他校の女生徒B「こいつなんか部活やってるの?」

クラスメイト「ううん、ギター持ってるとこ初めて見た」

憂(………)

梓「な、なにか用……?」

他校の女生徒A「あ?何その態度、久しぶりに会ったから声かけてあげてるのに」

梓「………」

他校の女生徒B「シカト?調子乗んなよ?」

他校の女生徒A「前みたいに泣かされたいか?なんか言えよ!」

クラスメイト「ちょっとやめときなって、誰か見てたらヤバいよ?」

憂(お友達ではなさそうだね)

梓「………」

他校の女生徒A「こいつマジむかつく。泣き虫のくせに」

梓「もう泣かないもん…」

他校の女生徒A「は!?なにこいつ!」スッ

憂(いけない!)

憂「あ!梓ちゃーん!」

梓「?」

他校の女生徒A「?」

クラスメイト「げ、平沢!?」

憂「ここにいたんだ。その人たちはお友達?」ニコニコ

他校の女生徒A「だれ?これ…」

クラスメイト「ひ、平沢…同じクラスのやつ」

他校の女生徒B「………」

憂「はじめまして、平沢憂です」

他校の女生徒A「お、おう…」

クラスメイト「ね…ねぇ、行こうよ。めんどくさいし」

他校の女生徒A「う、うん…あーあつまんねーの」

他校の女生徒B「マックスいこマックス」

憂「………」

梓「………」

憂「梓ちゃん、大丈夫?」

梓「………」コク

憂「さっきの人たちは?二人は違う学校の生徒だよね」

梓「中学の時の友達……」

憂「“友達”?」

梓「うぅ……」

憂「梓ちゃん、私でよければなんでも言ってね?」

梓「う……ん……」

梓「でも、憂には関係ないし…、私がちゃんとしてれば平気だから…」

憂「?」

梓「だけど、さっきは…ありが…とう…」ギュ

憂「わっ?(梓ちゃんが手繋いできた!)」

梓「あ、ご…ごめん…」

憂「ううん、ちょっと驚いちゃったけど」ギュー

梓「あ…うぅ……///」

憂「もう遅いし、一緒に帰らない?」

梓「うん」

梓「あっ…」

憂「どうしたの?」

梓「あの…その……憂……」

憂「なぁに?」

梓「こ、今晩…憂の家行ってもいいかな…?」

憂「来てくれるの!?」

梓「………」コク

梓「迷惑じゃなければ」

憂「えへへ、全然迷惑じゃないよ。大歓迎!」ギュー

梓「うぐ、うぐ…」

憂「じゃあ帰りにスーパー寄ろう。ごちそうしてあげるから!」

梓「う、うんっ」


3