梓「「確保ーっ!」

梓「えっ?」

知弦「ちょっとキー君、鍵括弧かぶせるときは一言発してからにしなさい」

深夏「梓が大声で「確保ーっ!」て叫んだみたいになってるだろ」

杉崎「すいません」

くりむ「それで、今日は何の用?」

梓「実はですね、軽音部で漫画を出すことになりまして」

杉崎「何で?」

梓「さあ?」

知弦「それでちょっと挨拶に来たってわけね」

梓「そうです」

くりむ「てきじょーししゃちゅじゃなくて?」

知弦「敵情視察のこと?」

梓「違います。ただの挨拶です」

梓「そもそも私たちは漫画で生徒会は

唯「かーわいーーーー」ギューッ

くりむ「うっ」

梓「ちょっ、唯先輩」

深夏「どっから出てきたんだ」

唯「だってかわいいんだもーん」ギューッ

くりむ「ぐえっ」

紬「ふふっ」

梓「ってムギ先輩も何やってるんですか!」

紬「唯ちゃんと会長さん…青春してるなあ…」

深夏「何の話だ」

深夏「ところで、今日は3人だけか?」

梓「律先輩は帰っちゃいました」

知弦「へ?」

杉崎「なんで?」

梓「忘れてたんじゃないですか?」

深夏「あいつらしいな」

真冬「秋山先輩は?」

梓「澪先輩は…」

唯「…」ギューッ

紬「…」

深夏「えっと…」

知弦「言いづらいことだったらごめんなさい」

杉崎「無理して言わなくてもいいぞ」

唯「トイレに引きこもってます」

杉崎「」ブーーーーッ

知弦「連れてきたわよ」

澪「たすけてーーーーーーーーーー」

杉崎「知弦さん何したんですか…」

知弦「あら?ただ少し■■■しただけよ?」

杉崎「何ですかその伏せ字は」

梓「まあいいや挨拶しちゃいましょう」

澪「秋山澪です!よろしくお願いします!」

生徒会一同「よろしくお願いします」

くりむ「よろひくおねひゃい…」

唯「」ギューッ

澪「唯は何やってんだ?」

唯「可愛いから抱きついてるだけだよー」ギューッ

くりむ「たすけてーーーーーーーーーー」

深夏「知弦さんはいいのか?」

知弦「何が?」

深夏「いつもムニムニやってるじゃねーか」

知弦「私もやりたいけど…」

唯「」ギューッ

くりむ「たすけてちづるーーーーーーーーっ」

知弦「あの空間には入っていけないわね…」

唯「どうぞー」

知弦「」ムニムニムニムニムニムニ

くりむ「ひょあーーーーーーーーっ」

梓「あのーそろそろ帰らないと時間が…」

唯「えーもっとギューッてしたいー」ギューッ

杉崎「なんなら貰ってくか?」

唯「え!?いいの!?」ギューッ

紬「すごい…目がキラキラしてる…」

唯「じゃ貰ってくねー」ギューッ

くりむ「◇▲▽▼□●□ーーーーーーーーーっ」

梓「お邪魔しましたー」

澪「じゃあな」

バタン

杉崎「…」

深夏「…」

真冬「まさか知弦先輩まで付いていくとは思いませんでした」

深夏「あの人会長好きだからなー」

杉崎「そうだな」

深夏「…」

真冬「…」

杉崎「…」

深夏「…なんか寂しいな」

ガラガラ

深夏「ん?」

知弦「ただいま」

くりむ「うー」

杉崎「知弦さんに…会長?」

深夏「どうしたんだ?」

知弦「生徒会役員が生徒会室に戻ってきて悪い?」

杉崎「いや悪くないですけど…」

真冬「唯さんのギューッをよく引きはがせましたね」

知弦「梓ちゃんに向けて鞭打ったら

杉崎「もういいです」

ガラガラ

律「すいませーん、遅れましたー」

杉崎「もう帰っちゃったぞ」

律「へ?」