紬(す、滑っちゃう!!)

律「く///」

紬(りっちゃんもか…  条件は同じね)

律「ん///」プシャァアアアアアアア



和「両者イったようですね」

さわこ「勝負が決まるのは時間の問題でしょうね」



紬「んんんんんんんんん!!」

律「うおぉおおおおおおおおおお!!」




プシャァアアアアアアアアアア


ニュルルルルン!!


和「両者の洗濯バサミが取れたぁあああああああ  勝敗は!?」

さわこ「目視ではわかりません スーパースローカメラで見てみます」


審議中


律「なんか恥ずかしいな///」

紬「そ、そうね///」


審議終了


和「今、確認が取れました」

和「勝者は」




和「田井中律ぅううううううううううううううううううううううううう」

一同「うおぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

紬「おめでとうりっちゃん」

律「ありがとな」

和「おめでとうございます 田井中選手」

律「へへっ ありがとな」

和「さて、時間もないし次行きましょう」

さわこ「対戦カードの発表よ」


ドンチャラララ ドンチャラララ

ぴん


和「二回戦目は、」



和「平沢唯VS秋山澪ぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」



唯「おお! 頑張るよ!」

澪「よろしくな 唯」



憂「お姉ちゃん頑張って!!」

梓「わくわく」

和「では、各自、セットしてください」

唯「」スチャ

澪「」ヌチャ

唯「準備できたよ~」

澪「私も」


和「では、試合を開始したいと思います」




和「試合開始ぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」



唯「んんんんんんんんんんんん」

ビチィイイイイイイイイイイイイイ

澪「……」


和「流石王者 余裕の表情です」

さわこ「」ニヤニヤ

唯「まけないよ澪ちゃぁああああああん!!」

ミチィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ

澪「……」




憂「な、なんて余裕」

純「澪先輩クール」

梓「こりゃ、勝負決まったね」

憂「もう! お姉ちゃんが勝つに決まってるでしょ!!」

純「あはは まあ見てようよ」



唯「うんたんうんたん!」

ミチィイイイイイイイイイイイイ

澪「……」

唯「おおおおおおおおおおおおお」

ミチィイイイイイイイイ

澪「ふぅ  そろそろ動くか」

みょぉおおおおおおおおおおおん

唯「!?」



和「す、すごすぎる!」

さわこ「なんて速さで動いているの!?」

和「我々の肉眼では正確に目視できません」

さわこ「あの、腰使い 化け物だわ」



澪「どうした? 私の力はこんなもんじゃないぞ」


みょおおおおおおおおおおおおおおおおおおん


唯「あ ががぁ あ が」

プシャァアアアアアアアアアア プシャァアアアアアアアアアア プシャァアアアアアアアアアア


和「なんということでしょう  唯選手が三回もイきました」

澪「はっはっはっはっは!!」

唯「」ビクンビクン


澪「私に勝てるわけないのさ!!はっはっはっは」



和「これが王者の余裕なのでしょう」

さわこ「高笑いする澪ちゃんも可愛いわね」


澪「オラオラオラ どうしたぁああああああああ」


みょおおおおおおおおおおおおおおおん


唯「」プシャァアアアアアアアアアアアアアアアア


和「またイってしまった唯選手! 勝負は絶望的か!?」


澪「はっはっはっは 砕け散るがいい!!」


みょおおおおおおおおおおおおおおおおおおん

唯(こんなことって…  ここまで力の差があるとは…)

唯(意識が… 遠のく……)

唯(みんな いままで… ありが…)


ガンバルデス!

唯(?)


アキラメナイデ ユイチャン!


唯(なんだ…? 声が聞こえる…)


アキラメルナヨ ユイ!!

唯(この声は…)


オネエチャァアアアアアアアアアアアアン

ガンバッテェエエエエエエエエエ



唯(皆の声だ!!!)

唯「フンス!!!」

ドン

澪「も、持ち直しただと!?」

唯「ふぅ ふぅ ふぅ」

澪「ははっ  意識を保つのがやっとじゃないか」

唯「ふぅ ふぅ ふぅ」

澪「もう終わりにする!!」


みょおおおおおおおおおおおおおおおおおん


ぴた



澪「!?  う、動かない!!」

唯「ふぅ ふぅ ふぅ」

澪(唯のやつ!ほとんど意識が無いのに!  まさk、無意識で!?)


唯「あ アイス アイス  アイスゥウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ」

ビクゥウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウン


和「なんということでしょう!唯選手が持ち直しました!」

さわこ「しかもこの反撃! 私たちは王者が敗れる瞬間を見るのでしょうか」



澪「んぐぉおおおおおおおおお」ミエナイキコエナイ

プシャァアアアアアア


律「あの澪が……」

紬「イった!?」


憂「お姉ちゃあああああああん  イけぇえええええええええええええ」



唯「うんたん うんたん うんたぁあああああああああああああん」

ギィィッィタァアアアアアア

澪「んぐおぉおおおおおおおおおお」

澪(嫌だ!逝きたくないイキたくない逝きたくないイキたくない!!!)

うさちゃん「なぁ こんなところで負けるのか? 秋山澪」

澪「うさちゃん…」

くまちゃん「さぁ 最後の意地をみせろ」

澪「うん わかった…  負けてたまるか!!!!」





澪「んぉほぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」


和「す、すごい気迫だ!!!」

さわこ「スカウターが壊れちまったぜ」パリン


澪「はっはっは!! 楽しいぞ!楽しいぞぉおおおお」


律「あいつ… 笑ってやがる」

紬「宿敵(トモ)との戦いに燃えているんだわ」


和「おそらく、次の瞬間すべてが決まる!!」

唯「うおぉおおおおおおおおおおおおお」

澪「おぉおおおおおおおおおおおおおおおおおお」



ぱぁん ぱぁん  ぱぁん ぱぁ ぱ p  …










澪「」











澪「」

澪「んぎゃぁあああああああああああああああああああ」



ブシャァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア



梓「なんて鮮血の量だ」

律「こいつぁ すげえ」

紬「私、友達の鮮血飲むのが好きだったの~」ゴクゴク




澪「いたいよぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお  お豆が千切れちゃったぁあああああああああああああ」


唯「かわいそうな澪ちゃん……」


和「千切れたということは…?」




和「勝者、平沢唯ぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」

唯「やったぁあああああああ」


梓「まさか 澪先輩が敗れるとは」

純「凄い試合だった」

憂「お姉ちゃん! 勝てて良かったね!!」


唯「帰りにアイス食べようね憂!」



憂「うん!!」



澪「僕の王の力がぁああああああああああああああああああ」


ブシャァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア



和「さて、お豆を回収しましょう」

さわこ「そうね  ってあれ? お豆は?」

和「ん?  あ!」

トン「」ぷかぷか

~~~お豆  ヒョロー

トン「」ぷかぷか


紬「た、大変! 澪ちゃんのお豆が!」

梓「トンちゃんの水槽に!」

律「こりゃ大変だ!!」

和「とんちゃん? そのお豆から離れなさい?」ビクビク

唯「そうだよ トンちゃん?」ビクビク


トン「」ぷかぷか


トン「あーん」

和「だめぇええええええええええええええええええええええええええ!!」

トン「パクゥウウウウウウウウウウウウウウウウウ」ムシャムシャ



澪「うわぁああああああああああああああああああああああああ」

ちゅどぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおん







その時、万物は崩壊し、机と椅子と教室と地球は吹き飛んだ

全ての争いが止み、人間はその種に終わりを迎えた


しかし、そこに居合わせた人間だけが、生きることを可能にしたのだ



そう



すっぽんもどきの命と引き換えに





~~~~回想終わり~~~~

梓「という事が有ったんですよ」

澪「そ、そうだったのか…」

律「記憶は戻ったか?」

澪「いや……」



澪「でも、私のお豆が無いことが何よりの証拠だ」


唯「澪ちゃん」

紬「澪ちゃん」

律「澪」

梓「澪先輩」

憂「澪さん」

純「澪先輩」

和「澪」

澪「ははっ へっちゃらさ  こうやって生きてるんだ」

澪「みんなで頑張ろう」

律「そうだな」

紬「だって」

梓「私達放課後ティータイムは」

唯「いつまでも 放課後です!!」


澪「ああ!!!」





さわこ「星が綺麗だ」