彼女はいつも私を見ていた。



授業中、彼女は先生に怒られるといつも後ろへ振り返り、ぺろっと舌を出して私を見ていた。



ステージに立つ時、私が緊張で震えていると、彼女は「私がちゃんと背中を見てるから」と言っていた。



帰り道、私の隣で歩く彼女は陽気にはしゃぎながら馬鹿話ばかりしていた。
私がやれやれとその話に付き合うと、彼女は目を輝かせて聞いていた。



ひょんなことで彼女と喧嘩して涙を隠そうと顔を伏せていると、彼女はそっと私の目を拭い、「ごめんな」って申し訳なさそうに私を見つめていた。



彼女が辛い時、私が心配して彼女の下に近寄ると、その時だけは彼女は黙って私から顔を背けた。
でも、暫くすると彼女は視線を私に戻し、声をあげて泣いていた。



ある日、私はふと思い立って彼女に聞いてみた。



「どうしていつも私を見てくれてるの?」



すると彼女は、ほんのちょっとだけ困ったようにはにかんで、それでもしっかりと私を見つめて、こう答えた。



「澪が私を見てくれてるからだよ」



「授業中でも、ステージの上でも、帰り道でも、喧嘩した日でも、辛い時でも」



「いつだって、澪は私を見てくれてたんだ」



「私を見てくれる、そんな澪が好き」



そっか。



私も彼女を見ていたんだ。



出逢ってから、今に至るまで、ずっと。



「だからね、私はこれからもずっと見ているよ」



「乙女で夢見がちな澪ちゃんをね」



照れ隠しのつもりか、私を煽るように言葉を選んだ彼女。
けど、私もずっと彼女を見てきたんだ。
こんな時どうすればいいのかぐらい知ってる。



「じゃあ私も」



「私も、律をずっと見ていたい」



そう言って彼女に微笑みかける。



頭を叩かれるだろうと身構えていた彼女は面食らい、ぽかんと口を開け、顔をみるみる赤くしていた。



私達、二人で夢見がち。



あなたの前でだけ、乙女見がち。