紬「ツンデレキャンセラーを開発したわ!」

律「はあ?」

紬「ツンデレはね、ツンとデレが交互に訪れる…つまり、『波』なの」

澪「…まぁ、言われてみればそうだな」

紬「波はね、その反対の位相の波を当てれば打ち消せるでしょう?」

律「ああ、そんなの物理でやったような…」

紬「だからツンデレも、その反対の波を当てれば打ち消せるの」

澪「ええと、ちょっとまてムギ。反対の波って…どういうことだ?」

紬「うふふ、細かいところはいいのよ~。実際にやってみましょう」ゴト

律「なんだこれ、ラジオみたいな?」

澪「そのツンデレ電波みたいなのを出すのか?」

紬「ええ。早速、やってみましょう」

律「やってみましょう…って、ああ、あれか」

澪「梓だな」



唯「あずにゃーん」ギュー

梓「ちょっと、いい加減にしてください!」



律「みごとにツン中だ」

紬「じゃぁ打ち消してみましょう♪」ポチッ

澪「…何も聞こえないけど、電波が出てるのか?」

紬「そうよ。ほら、見て」



唯「も~、いいじゃんあずにゃん」ギュー

梓「ふふ、いいですよ」ギュー

唯「うん!…あれ?」

梓「ほどほどにしてくださいね。私は唯先輩のこと好きですし、抱きつかれるのは嬉しいです。でもあまりいつも抱きつかれてばかりだと恥ずかしいですから」

唯「あ、あずにゃん…?えっと、えへへ、ありがとう」




律「…ほんとに効いてる!?」

紬「もう、信じてくれてなかったの?」

澪「い、いや…ここまでだなんて…というか、なんか落ち着いてるな、梓」

律「あの梓があんな恥ずかしいセリフを平然と言うなんて…さすがの唯も面食らってたな」

紬「今ツンもデレも打ち消しちゃったから、純粋な気持ちが素直に出てるのよ~」

澪「つまりあれが梓の本心…やっぱ唯に抱きつかれて満更でもなかったんだな。まぁ、バレバレだけど」

律「…ムギ、片方だけ打ち消したりできるのか?」

紬「ええ!ツンだけ打ち消す波を与えれば…」ポチッ



唯「あずにゃんがそんなに素直になってくれるなんて…私感動しちゃったよお」ギュー

梓「にゃ!?あぅ…唯先輩、もう……好きです」ギュ




律「おおー、デレた」

澪「じゃ、じゃあデレだけ打ち消したら?」

紬「…それ♪」ポチッ



唯「んもう恥ずかしがっちゃってえ、かわいいなあずにゃん…んちゅ~」

梓「やめてください!!」パシン!

唯「いひゃいっ!?」

梓「いい加減にしてください。どさくさに紛れてちゅーしようとしてくるとかありえません」

唯「あ、あずにゃん…?」ウルウル



澪「ああ…怒らせちゃったな」

律「純度100%のツンだな。ここ最近でもあんなのは見たことない」

紬「かわいそうなことしちゃったかしら…戻してあげなきゃ」

律「それ、増幅はできないのか?」

紬「ええ、できるわ。位相をずらしてツンデレの波と重ねれば強調されるの」

澪「じゃぁ…デレだけを増幅させるとか」

律「なんだ澪、楽しんでんじゃん」

澪「い、いやそんなことない!まぁ、仲良いにこしたことはないだろ」

紬「わかったわ澪ちゃん!じゃあ特大のデレ波を梓ちゃんのデレに合わせてみるね」ポチッ




唯「あ、あの…ごめんね…?」

梓「…すみません」

唯「え?」

梓「嘘をつきました。恥ずかしかったんです…本当は唯先輩に抱きつかれたい!ちゅーされたい!唯先輩にめちゃくちゃにされたいんです!!!」ギュ

唯「あずにゃん!?」

梓「もう、我慢できません…先輩…きて…」

唯「…うん…あずにゃん…行くよ」チュ

梓「ふあ…あ…ちゅ…」

唯「あず…ちゅ…ふぅ…」

梓「はあ、はあ…唯先輩…好きぃ…もっと…」

唯「あずにゃん…大好きだよ」ギュ

梓「にゃあ…あついです…とろけそうです…」




律「……すげえ」ポカーン*

澪「…み、見てられない…」チラッチラッ

紬「素晴らしいわ…」

律「これ、どうすんだ?なんかこのまますごいことになる気が」

澪「す、すごいこと…」チラッチラッ

紬「このままでいいんじゃないかしら…」

律「いいのかよ!?」

紬「増幅されているとはいえ、嘘ではないわ…だから、いいきっかけになるのかなと思って…うふふ…」

律「…ん~、まぁいいか…そのうちこの機械の電波の範囲から出れば解除されるだろ」

澪「この部屋から出る気配がないぞ…このまま…キャーッ!」

律「おい、何想像した澪…ま、帰ろうぜ」

紬「…えっと、カメラカメラ…」

律「やめい!ほら、二人とも帰るぞ!」ズルズル

紬「あ、まだカメラのセットが…!あーれー」ズルズル

澪「このあと二人は…このあと二人は…」ズルズル




唯「あずにゃん…いい?」

梓「はい…」

唯「あずにゃんのおっぱい…かわいいね…」チュ

梓「…ああっ…!」

唯「あずにゃん…すき…すき…」チュ

梓「はあ、はあ…きもち、いいです…!」





紬「…あ」

律「どうした?」

紬「出力最大にしてきちゃったから、そろそろ電池切れちゃうかも…」

律「え、あんなすごそうな機械なのにそこ電池かよ!?」

紬「…時間がないわ、唯ちゃん頑張って!」

律「いやいやそういう問題じゃ…」

澪「キャーッ!!」

律「だー、もう知らん!」





唯「…」

梓「…」

唯「えっと…どうしたの、あずにゃん?」

梓「………」

梓「……きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!?????」ドサッ

唯「あずにゃーん!?」

おしまい!