__
紬「それじゃあ、憂ちゃんが焼きうどんの試食をしてくれたんだ」

菫「う、憂先輩、その話は」

憂「あれ、しちゃダメだった?」

紬「えー私は聞きたいわ―」

唯「私も聞きたい!」

菫「うぅ……。お姉ちゃんがどうしてもって言うなら」

憂「ごめんね、スミーレちゃん」

憂「えっとですね、スミーレちゃんが作った焼きうどんを私が味見して、色々アドバイスをしたんです」

紬「そうだったんだ」

菫「うん。料理自体はお爺ちゃんにならったんだけど、アドバイスは憂先輩にして貰ったんだよ」

紬「憂ちゃんありがとう」

憂「私はスミーレちゃんの料理を食べられて楽しかったです」

憂「友達みたいに仲良くしてくれた後輩ってスミーレちゃんが初めてだったから……」

唯「そっかそっか。菫ちゃん、憂と仲良くしてくれてありがとうね」

菫「そんな! 私なんて……」

紬「菫、そこは胸を張るところよ」

菫「えっ」

紬「うふふ。菫がちゃんと憂ちゃん達と仲良くやってるみたいで安心したわ」

憂「実はスミーレちゃんとはもっと他のところで仲がいいんですが」

唯「えっ、なになに」

憂「もちろんお姉ちゃんトークだよ!!」

唯「もちろんなんだ?」

憂・菫「うん!!」

唯「2人はどんな話をしてるの」

憂「それは……」

菫「えっとお姉ちゃんの可愛い所とか」

憂「ちょっとドジなところもかわいいとか」

菫「体重を気にしてるお姉ちゃんもかわいいとか」

憂「前髪パッツンだった頃のお姉ちゃんもかわいいとか」

菫「お姉ちゃんを動物に例えると~みたいでかわいいとか」

憂「お姉ちゃんの寝言でしゃべってたこともぜんぶかわいいとか」

唯「そっかそっか」

紬「なんだか気恥ずかしいわね。嬉しいけど」

唯「うん。確かに気恥ずかしいかも」

憂「お姉ちゃんがかわいすぎるから仕方ないよー」

菫「そうです!」

紬「面と向かって言われると困るわ。あ、そろそろ順番みたい」

唯「本当だ。憂は私の横で」

菫「私はお姉ちゃんの横で……いい?」

紬・憂「うん」

紬「じゃあシートベルトを締めて……」

__
菫「最初は静かなんだね」

紬「ええ、上りはどうってことないわ」

菫「だんだん高くなっていくね」

紬「一番上についたら、いっきに加速するみたい」

菫「お姉ちゃん、ちょっと怖いかも」

紬「ごめんね、手は握ってあげられないけど」

菫「危険だからしょうがないよ」

紬「……」

菫「……」

紬「……」

菫「……」

トン

紬「キャァァァアアアアアアアアアアアアーーー」

菫「つ~~~~~~~~~~~~~~~~っ」

タン

紬「……」

菫「……」

紬「ふぅ、凄い迫力ね」

菫「ちょっとゆっくりになったね」

紬「あ、でもまた登って行くわ」

菫「うん」

紬「ねぇ、菫も叫んでみない?」

菫「え」

紬「友達に教えてもらったんだけどね、ジャットコースターは、叫ぶと楽しくなるの」

菫「本当?」

紬「実証済みよ」

菫「お姉ちゃんがそう言うなら」

紬「……」

菫「……」

紬「キャァァァアアアアアアアアアアアアーーー」

菫「ワアアァァァアアアアアアアーーーーーーーーッ」

憂(スミーレちゃんたち楽しそうだな。お姉ちゃんは……)

唯「」

憂(気絶してる!?)

__
紬「ふぅ、楽しかったわ」

菫「うん!! え、……憂先輩が唯先輩を支えてる!?」

憂「ちょっとお姉ちゃんがノックアウトされちゃったみたいです」

唯「う~~」

紬「唯ちゃん、大丈夫?」

唯「うん……昨日寝不足だったから」

紬「そっかぁ、どこかで少し休みましょうか」

菫「あそこの木陰のベンチとかどうかな」

紬「私も手伝うわ、憂ちゃん、いきましょう」ダッ

憂「お願いします」

紬「はい、お水」

唯「うん……楽になってきたよ」

憂「お姉ちゃん、大丈夫?」

唯「大丈夫大丈夫。ちょっとびっくりしちゃっただけだから」

紬「少し休みましょうか。私も運転してジェットコースターに乗ったから、少し疲れちゃった」

菫「あ、そういえば休憩しなかったね」

紬「ええ」

憂「うん。いい天気」

菫「お姉ちゃんたちには悪いけど、こうして休めてよかったかも」

憂「スミーレちゃん?」

菫「こんないい天気で、ベンチに座ってると、なんだかいい気分になりませんか」

憂「そうだね」

菫「はい!」

憂「あ、お姉ちゃん寝ちゃってる」

菫「あ、お姉ちゃんもだ……よし!」

憂「スミーレちゃん?」

__
菫「……」

憂「……」

菫「膝枕しちゃった……」

憂「私もしちゃった……」

菫「お姉ちゃん、思ったより小さいな」

憂「それはスミーレちゃんが大きくなったんじゃないかな」

菫「そうかもしれません」

唯「……ウーイーアイスー」

憂「あ、寝言だ。かわいい」

菫「アイス?」

憂「起きたら食べようか」

菫「はい」

憂「あ、でもその前にこれも食べないと」

菫「なんですか?」

憂「お弁当作ってきたんだ」

菫「わ、私も……」

憂「スミーレちゃん?」

菫「私もお姉ちゃんのところに泊まってなかったら作りたかったです!」

憂「そっか。でも昨日の夜ご飯作ってあげたんでしょ?」

菫「けど……」

憂「うーん。それじゃあまた4人で出かけようよ。その時は……」

菫「……?」

憂「2人で一緒にお弁当作って持って行こっ!」

菫「……はい!」

__
唯「あれ、私……寝ちゃってた」

紬「……あれ、なんだか柔らかいような」

憂「うん。眠ってたよ、お姉ちゃん」

菫「それは膝の上だからだよ、お姉ちゃん」

唯「あ、憂。膝枕してくれたんだ、ありがとう」

紬「菫も……足疲れてない?」

菫「これくらいなら大丈夫」

憂「起きたばかりですが、ご飯を食べませんか?」

紬「あ、憂ちゃんお弁当作ってくれたんだ」

唯「憂の作ってくれたご飯食べるの久しぶりだねー。うん、楽しみ」

憂「はい、どうぞ」

唯「うん、この味だよー。やっぱり憂のご飯は格別だね」

紬「ええ、流石に憂ちゃんには敵わないわー」

憂「えっと……」

唯「あ、ムギちゃんにはよくご飯を食べさせてもらってるんだ」

紬「ええ、唯ちゃんは美味しそうに食べてくれるから作りがいがあるの」

憂「そうなんだ」

紬「でも憂ちゃんのご飯本当に美味しいわー。今度教えてもらえないかしら」

憂「それじゃあ帰ってきた時にでも家に遊びにきてください」

紬「やった!」

菫「あ、それなら私も教えて欲しいです」

唯「あはは。これでもっと美味しいものが食べられそうだね」

紬「うふふ、そうねー」

菫「私もお姉ちゃんにもっと美味しいもの食べさせてあげたいです」

憂「それじゃあスミーレちゃんも頑張らないとね」

菫「はいっ!」

唯「さ、そろそろ食べて遊びにいこう」

紬「次は何に乗りましょうか」

菫「あ、私メリーゴーランドに乗ってみたい」

唯「じゃあ私はお化け屋敷」

憂「私はコーヒーカップに乗りたいかな」

紬「ふふ、じゃあ食べ終わったらまわりましょう」

憂「はい」

3時間後

紬「メリーゴーランド楽しかったね」

唯「お化け屋敷は全然怖くなかったね」

憂「うん……」

唯「あれならムギちゃんの変装のほうが怖かったよ」

菫「お姉ちゃんの変装?」

唯「今度写真を見せてあげるね」

菫「ありがとうございます」

紬「コーヒーカップは目が回ったわ」

憂「ごめんなさい、疲れちゃいましたか?」

紬「目は回ったけど、とっても楽しかったから大丈夫!」

菫「そろそろ帰らないといけないね」

唯「最後に1つくらい乗れるかな」

紬「ええ、1つくらいなら」

憂「じゃあ、観覧車に乗りませんか」

菫「あ、私も乗りたいです」

紬「決まりね……あ、2人乗りなんだ」

唯「じゃあ……」

憂「私と紬さん、お姉ちゃんとスミーレちゃんでどうですか?」

紬「最後だし、そうしましょうか」

__
菫「いい景色ですね」

唯「夕日が綺麗だねー」

菫「あの、唯先輩」

唯「なぁに?」

菫「今日は色々ありがとうございました」

唯「私は何もしてないよ」

菫「そうですねー」

唯「えっ」ガクッ

菫「けどなんだかお礼を言いたかったんです」

唯「そっかぁ」

菫「唯先輩ってその……いてくれるだけでみんなが幸せになれる、そんな感じがします」

唯「私もね、菫ちゃんに言わないといけないことがあるんだ」

菫「私に、ですか?」

唯「うん」

菫「……」ゴクッ

唯「いつも憂と仲良くしてくれてありがとう」

菫「え」

唯「憂はね、いい子で素直なんだけど、そのせいで色々やり過ぎちゃうところがあるんだ」

菫「はぁ」

唯「きっとね、菫ちゃんがいなかったら、軽音部のお茶淹れとか全部憂がやってたと思うんだ」

菫「……」

唯「それはそれでいいんだけど、それだと私が居た頃と変わらないから」

唯「きっと菫ちゃんがいてくれたから、憂は『甘える』ことができたと思う」

菫「そんな、憂先輩が私に甘えるなんて」

唯「そんなことないよ。憂は菫ちゃんに甘えてる」

唯「今日一日見て、よくわかったもん」

唯「だから、ありがとう」

菫「……」

唯「菫ちゃん?」

菫「あ、いえ、唯先輩には敵わないなって」

唯「そんなことないよ。私だって菫ちゃんに敵わないし」

菫「そういうことにしておきます」

唯「……そうだね」

菫「あ、あと、一つお願いがあるんです」

唯「どうしたの?」

菫「メールアドレス教えてもらえませんか」

菫「お化けの格好をしたお姉ちゃんの写真、絶対に送ってくださいね」

唯「うんっ!」

__
紬「今日は楽しかったわー」

憂「はいっ!」

紬「2人は今頃どんな話をしてるのかしら」

憂「さぁ、どうでしょう」

紬「うふふ、どんな話をしていたとしても、きっと仲良くなってくれると思うわ」

憂「そうですね」

紬「ねぇ、憂ちゃん」

憂「なんですか?」

紬「今更かもしれないけど、ありがとう」

紬「いつも菫と仲良くしてくれて」

憂「ううん。お礼を言うのはこっちです」

憂「スミーレちゃんを軽音部に誘導してくれてありがとうございました」

憂「おかげで梓ちゃんも部長としてちゃんとやっていけてるし」

憂「その……私も」

憂「ちょっと先輩っぽいことが出来て嬉しいんです」

紬「そっかそっか」

憂「またこんな風にみんなで遊びに行きたいです」

紬「うん。私も!」

憂「……」

紬「憂ちゃん? どうかした?」

憂「楽しかったからかな、これが最後の乗り物だと思うと、なんだか感慨深くて」

紬「ふふ、最後にもう一つ乗り物が残ってるわ」

憂「え」

紬「憂ちゃんを家まで送って行くから。私の運転で」

憂「……それはちょっと楽しみです」

後日、軽音部部室

梓「あれ、まだ菫だけ?」

菫「はい。直ちゃんは用事があるから遅れるって」

梓「そっか。あ、憂から聞いたよ、唯先輩やムギ先輩と遊んだって」

菫「あ、はい。とっても楽しかったですよ」

梓「そっか、良かったね」

菫「はいっ! 私お茶を入れます」



梓(いい笑顔、よほど楽しかったんだのかな)


菫「……」

菫「……」

菫「……あずにゃん」ボソッ

梓「え」


おしまいっ!