―7―

思い通りにいかないのが現実です。
どれだけ努力しても、最善手を選択しても、報われるとは限らない。
そもそも何が最善かも曖昧。

それでも、生きている限りは、何かを選ばないといけない。
現実と向きあわなければ、ちっぽけな幸せだって守れない。

だから、私は一つの選択をしました。
最善手とは言い難い、安っぽくて曖昧な選択。

唯「ティータイムを復活させる?」

紬「ええ、唯ちゃんはどう思う?」

唯「うん。私だって復活させたいと思うよ。でも……」

紬「そうよね。練習に使える時間も減るし、お金もかかる」

唯「うん……」

紬「でもね、私達には必要だと思うの」

―――
――

澪「どうして必要だと言えるんだ? そんなことより曲のためにもっと時間を」

紬「そう。一つはそれが理由。曲作り、みんなでやりましょう」

澪「みんなでやればいい曲ができるわけじゃないぞ?」

澪「少なくとも、ある程度形が出来るまでは私が詩、紬が曲をやるべきだと思う」

澪「最終的な調整はみんなでやればいいと思うけどさ……」

紬「澪ちゃん、人を惹きつける歌詞ってどんなだと思う?」

澪「私を試してるのか?」

紬「私はこう思うの」

紬「人を惹きつける歌詞は生きている人間が作ったものだって」

紬「演っている人の人間性が滲みだす曲こそ、人を惹きつける力があるって」

澪「……言ってることはわかる」

澪「私もそう考えてた時期があったよ」

澪「でも現実を見れば分かるはずだ」

澪「今圧倒的に売れてる女性グループの作詞は男がやってるんだ」

澪「つまり、歌詞を理論で作ってるってことだ」

澪「それにさ、演ってる奴の人間性が滲み出していればいい曲ってなら」

澪「どんなバンドにだって良い作詞ができることになる」

澪「でも、違うだろ。本当に力のある歌詞は、曲は、ごく一部の人間にしか作れない」

澪「選ばれた人間にしか作れない、そういうものなんだ」

紬「澪ちゃんに、それが作れるの?」

澪「……っ」

紬「……」

澪「……」

紬「……」

澪「私は……作らなきゃならない」

紬「それなら作詞は今のままでいいわ。だけど、お茶会には参加してね」

澪「……なんで」

紬「リラックスしてると、いい詩が思いつくものよ」

―――
――

律「なるほどなぁ……」

紬「りっちゃんはどう思う?」

律「いいんじゃないかティータイム」

律「あの頃みたいでさ」

紬「そうじゃなくて……」

律「澪のことか……」

紬「うん」

律「澪の詩は間違いなくレベルアップしてる」

紬「ええ」

律「でもさ、そのかわり失われてるものもあると思う」

紬「……」

律「やっぱりさ、理屈で作った詩じゃ私達が全力を発揮できないと思うんだ」

律「昔は澪だけじゃなく唯とか、私が作詞したこともあっただろ」

律「ああいう曲はさ、出来は悪くても、なんていうか全力で演れたんだ」

紬「……」

律「でも……うん。そうだな。例えばの話だけど」

律「ムギの企みが上手くいったら面白いことになるかもしれない」

紬「私の企み?」

律「私達が尖ったものを出して、それを澪が詩にする」

律「そこにムギの曲がつく」

律「それなら……」

紬「でもね、りっちゃん。私の曲だって足りないところばかりだと思うの」

―――
――

梓「作曲について、お二人では答えは出ませんでしたか」

紬「ええ……」

梓「そうですね、ならいっそのこと作曲もみんなでやりましょうか」

紬「えっと……」

梓「勘違いしないでください。最終的に曲にするのはムギ先輩です」

梓「常々思ってたんです。私たちはムギ先輩のイメージを完全に演れてるのかなって」

梓「ムギ先輩はどう感じてました?」

紬「みんなはとても頑張ってくれてるわ」

梓「そういうことが聞きたいんじゃありません」

紬「……完全にイメージ通りなんて無理よ」

梓「そうですよね。それが普通だと思います」

梓「作曲者がどんなイメージをしても、それに詩を重ね、人間が演奏する以上、イメージ通りに行くわけがない」

紬「……」

梓「だから、最初からみんなでイメージを作るんです」

紬「それで何が変わるの?」

梓「私たちは私達が演れることを知ってます。澪先輩も自分の作れる詩を知ってます」

梓「だから、イメージ段階で私達が参加すれば、最初のイメージに近い形を体現できる」

梓「そう考えているんです」

紬「……ねぇ、いっそのこと、イメージを私以外の人が」

梓「それは駄目です」

紬「どうして?」

梓「駄目なものは駄目なんです」

―――
――

唯「なるほど。ムギちゃんはなんでそう言われたか分からいんだ」

紬「ええ……」

唯「それはね。梓ちゃんがムギちゃんの作るイメージが好きだからだよ」

紬「……」

唯「私たちはみんなムギちゃんが作るイメージが好きだし、澪ちゃんの詩が好き」

唯「だから、それを変えることなんて出来ない」

紬「そう……だよね」

唯「でも協力することなら出来るんだよ」

唯「実はギー太に演らせてみたい音があるんだ」

唯「あとりっちゃんに叩いて欲しい音もある」

唯「そういうのをムギちゃんがムギちゃんのイメージに加えてくれたら」

唯「いいものになるかも」

紬「……唯ちゃん」

唯「なぁに?」

紬「大好き」

唯「知ってる」

―――
――

―8―

澪「私は怖いんだ」

紬「そう。奇遇ね」

澪「ムギも?」

紬「ええ、私も怖いの」

澪「梓だけじゃなかったんだ」

紬「私達だけじゃない。唯ちゃんだってりっちゃんだって、怖がってる」

澪「当然だよな」

紬「ええ、当然ね」

澪「あの頃とはすっかり変わってしまったとしても、それでも……」

澪「ここは居心地が好すぎるから」

紬「守りたいって思ってしまう」

紬「ちょっとぐらい無理してでも、ね」

澪「あぁ」

紬「それで、決まった?」

澪「うん。梓に説得された」

紬「なんて?」

澪「澪先輩が一人で作詞したんじゃいつまで経ってもデビューできませんって」

紬「……私も似たようなこと言われちゃった」

澪「生意気な後輩だ」

紬「ええ、本当に」

澪「やっと、私も心が決まったよ」

澪「どうせ散るなら楽しく散ったほうがいいし」

紬「あら、散るつもりなんだ」

澪「例えの話だよ」

紬「そう。それなら良かった」

澪「……実はさ、ずっと泣いてたんだ」

澪「あのオーディションに落ちた後、梓のあの言葉を聞いた後」

澪「もう私たちは終わっちゃうのかな」

澪「みんなと一緒の時間ももう終わっちゃうのかな」

澪「そう思ったら、涙が止まらなくて」

澪「もう大人なのに、おかしいだろ?」

紬「ううん。おかしくなんてないよ」

紬「だって……」

澪「ムギ? 泣いてるの?」

紬「ごめんなさい……」

澪「どうしてムギが泣くんだ?」

紬「どうしてだろう」

澪「分からないの?」

紬「うーん。ああ、わかっちゃった」

澪「うん?」

紬「私ね、ちょっと嬉しかったんだ」

紬「高校生の頃はさ、何も言わなくてもみんな部室に集まってきたじゃない」

紬「部活動がある日はもちろん」

紬「ない日だって、なんとなくみんなで集まって」

紬「だからね、みんなの心が重なってるような感じがして」

紬「それだけで幸せだった」

紬「ふふふ、本当に楽しかったなぁ」

澪「あぁ、そうだな……」

紬「大学に入ったら、みんなで集まることは減っちゃって……」

紬「それでもたまに学食とかりっちゃんの部屋とかで集まってた」

紬「でもね、あの頃からかな……」

紬「みんなの気持ちが見えにくくなってきたのは」

澪「それまでは見えたんだ?」

紬「ええ、楽しいとか、悲しいとか、それくらいはね」

紬「今は、それも見えにくくなっちゃった」

澪「……」

紬「場所がなくなっちゃったからかな」

紬「時間がなくなっちゃったからかな」

紬「理由なんてどうでもいいけど」

紬「私は、みんなのことがわからなくなるのが怖かった」

紬「でも、どうしようもなかったの」

澪「ムギ……」

紬「でもね、今回のことでみんなのことが少しだけわかった」

紬「あの頃に戻れたみたい」

紬「ねぇ、澪ちゃん」

澪「なんだ?」

紬「一つだけお願いがあるの」

澪「お願い?」

紬「ええ、お願い」

―――
――

―9―

唯「ねぇ、ムギちゃん」


お菓子作りをしている途中、唯ちゃんに話しかけられた。
口の周りにはクリームがついてる。
きっとこっそりつまみ食いしたのだろう。


紬「なぁに?」

唯「きっとさ、すっごく良い曲なんて出来ないよね」

紬「……そうかも」

唯「でもね、ちょっとだけいい曲ならできると思うんだ」

紬「そうねぇ」

唯「そしたら少しぐらいチャンスはあるかも」

紬「ええ」

唯「でもね、駄目かもしれない」

紬「うん」

梓「でも、それでもいいです」


メレンゲ作りに悪戦苦闘していた梓ちゃんが話に加わる。


紬「そうなの?」

梓「はい。だって――」


私はみんなにお願いをした。
次の曲が駄目だったら、プロへの道はきっぱり諦める。
それでみんなばらばらの道を歩いて行く。
としても、それでも、週一回は必ずティータイムをやりたいというお願い。
どんなに時間がなくても、お金がかかっても、ティータイムだけは続ける。

唯ちゃんは二つ返事で了承してくれた。

りっちゃんはちょっと考えてから、是非やりたいと言ってくれた。

梓ちゃんは抱きついてくれた。

澪ちゃんだけ、ちょっと渋っていた。


紬「でもね、まだ終わったわけじゃないから」

梓「はい」

唯「うん。そうだね。演りたいね。武道館で」

梓「まだ諦めてなかったんですか、武道館」

唯「そうだよーあずにゃん」

紬「うふふ、そうね」


お菓子作りをしながら、私は曲を考え続ける。
ついでに歌詞も考え続ける。
次が最後のチャンス。
どうなるかはわからないけど、全力は尽くさないといけない。
それで駄目だったら、駄目だったでいい。
誰もがスターになれるわけじゃないのだから。


紬「あら、そろそろりっちゃんと澪ちゃんがくる時間よ」

梓「ま、待ってくださいまだメレンゲが」


しばらくして、私達5人の、2年ぶりのお茶会がはじまった。

―――
――

それから先のことを語るのは野暮というものだと思う。
だから秘密にしておきます。

ただ一つだけ教えてあげられることがあります。
5人は今でもとっても仲良し。
それから――――



おしまいっ!