□SCENE01‐音楽準備室


唯「ねえムギちゃんのお家って、よくこんなお菓子貰ってるんだよね?」

紬「そうよ〜」

梓「それ並大抵な家じゃないですよね。並大抵じゃないことは、よくわかってるつもりですけど」

律「だけどムギの家ってどんなとこなのか、私たち知らないんだよなあ」

澪「なんかこう、西洋の豪邸ってイメージがあるんだけど……」

紬「ふふふ。それなら……」

紬「……みんな、私のお家に来てみない?」




 □SCENE02‐琴吹邸内某所


菫「……え、今から家にお友達を、ですか?」

菫「いえ、今日は予定入ってなさそうですから……はい、大丈夫です!」

菫「はい。わかりました。お待ちしてます。それでは」

菫「ふう……」

菫「……あっ。えーと……」

菫「……み、皆さんこんにちは! 斎藤菫、琴吹家に仕えるメイドの一人です!」

菫「今回の企画では、進行を勤めさせてもらいます」

菫「至らぬ点も多いかと思いますが、よろしくお願いしますね!」

菫「……私も、お嬢様の家がテーマだと聞いて、ドキドキしてます」

菫「えへへ……といっても、私が仕える琴吹家と皆さんが考え出した琴吹家」

菫「その二つは似て非なるものか、全く似つかないものなんでしょうね」

菫「ええ、大丈夫です! だからといって、なにも恐れることはありません!」

菫「……ですから、皆さん」

菫「その琴吹家の門を、私に叩かせてもらえませんか?」




 □SCENE03~‐あなたの作品


 さあ企画の始まりです。最初の投稿者さん、どうぞ!