キーンコーンカーンコーン

梓「じゃあ私部活行くね。」

憂「梓ちゃん,じゃあね。」

純「バイバイ。」

憂「じゃあ私も帰るね。」

純「じゃあね,憂。」

憂「うん,バイバイ,純ちゃん。」

純「さてと,私もジャズ研に行かなくちゃ。」

純「痛!!」

???「痛!!」

純「すみません,気を付けます。」

???「こっちこそ悪いわね。ごめんなさい。」

純「はい,すみません。」

???「あら,貴方は確か…」

純「あ,えっとー,確か憂と唯先輩の幼馴染の…」

和「あら,よく知ってるわね。」

純「はい,憂からよく聞いています。真鍋先輩でしたっけ?」

和「そうよ,で,確かあなたは憂の友達の…」

純「あ,知ってたんですね。」

和「佐々木さん?」

純「鈴木です。」

和「あらごめんなさい。」

純「ところで真鍋先輩はどうしてここにいるんですか?」

和「普通に和先輩でいいわよ。何って普通に生徒会へ行く途中よ。」

純「あ,急いでいたんですね。すみません。」

和「気にしないで。まだ時間はあるから。ところで,鈴木さんはどうしてここに?」

純「あ,私部活に行く途中だったんです。」

和「あら,何の部活してるの?」

純「ジャズ研ってところに入っています。」

和「あら,いい部活やってるじゃない。ジャズ研はちゃんと講堂使用届けを出してるし,しっかりやってるようね。軽音部はいつも届け出を忘れるから,私がいつも行くハメになってるわ。」

純「そうなんですか…」

和「だからちゃんと出して欲しいわ。」

純「軽音部の部長って,確か律先輩でしたよね。」

和「あら,知ってたのね。」

純「はい,いつも梓から聞いています。部長なのに,やる気がないとかなんとかで…」

和「そうよね,いつもお世話になってるわ。」

純「ちゃんとしてほしいものですよね…」

和「そうね,私がしっかり言うべきだわ。」

純「澪先輩がいつも注意しているんじゃないですか。」

和「「いつも」でしょう? だから澪じゃダメなのよ。私から注意しないと。」

純「あらららら…」

和「だから今日ちょっと律にお説教しに行くわ。」

純「律先輩ちゃんとしっかりしてほしいものです。」

和「ということで,私生徒会行くね。」

純「あ,ちょっと待って下さい!!」

和「何かしら?」

純「一つだけ質問していいですか?」

和「答えられる範囲内ならいいわよ。」

純「和先輩って,憂や唯先輩と幼馴染じゃないですか。」

和「ええ,唯とは幼稚園の頃から一緒よ。」

純「憂や唯先輩は昔からああいう性格なんですか?」

和「そうね,よく私が唯や憂の家におじゃまするとき,いっつも私に抱きついてきて離れなかったわ。」

純「やっぱりそうなんですね…」

和「いっつも抱きついてきて そしていつの間にか寝てるのよねー」

純「今もそんな感じですか?」

和「ええ,全く変わってないわ。」

純「あのしっかり者の憂も,抱きつくんですね。」

和「憂は唯のことが大好きなのよ。」

純「はい,唯先輩が修学旅行に行ってる最中に帰って来ないと言った途端,泣き出してしまいました。」

和「そうよ,それくらい唯の事が好きなのよ。」

純「いえ,寂しいんだと思います。」

和「あら,どうしてかしら?」

純「私と梓が憂の家に行ったとき,親がいませんでしたから,おそらく一人でいるのが退屈だったんだと思います。」

和「そうなんだ,じゃあ私生徒会行くね。」

純「え!?」

和「冗談よ。憂は寂しがりやなのは初めてだわ。」

純「いや,これは私の推測に過ぎませんが。」

和「参考にするわ。」

純「それはどうも。」

和「今度こそ,私生徒会行くね。」

純「どうもありがとうございます。わざわざ行くの遅くさせてしまいましてすみませんでした。」

和「いえいえ,私もよ。部活行くところ止めさせてごめんね。」

純「いえいえ,大丈夫です。」

和「こちらこそ。」

純「じゃあまた会えたらお会いしましょう。」

和「生徒会行けば会えるわ,それでは。」

純「さようなら。」

純「さて,ついつい話してしまった… みんなもうやってるかな…」

ガチャ

後輩A「遅いですよー 佐々木先輩,もう部活始めましたよ。」

純「鈴木だ!! ごめんごめん,ついちょっと話してしまったから。」

後輩B「誰と話してたんですか?」

純「確か真鍋先輩だったかな。」

後輩A「あ,あの生徒会長の。」

後輩B「え,高木先輩,生徒会長と話してたんですか!?」

純「だから鈴木だ! あの人生徒会長だったの!?」

後輩A「そうですよ。」

純(私は生徒会長と普通に話してたってことか…」

後輩B「それより細木先輩,始めましょう。」

純「だから鈴木だっつーの!! そうだな,始めるか。」

後輩AB「はい!!」


終わりやがれ,コノヤロー!!