〜桜が丘女子高等学校〜


………音楽室


ガチャッ


梓「すみません! 遊んでたら遅くなりまし——



梓にゃんは驚愕した。



シャツ姿の唯と、半裸の律が殴り合っていたからだ。



唯「わおおおおお!」ドグシャッ

律「ぎゃああ! こ、こんなろォ!」ぼこ

唯「いたーい!」


澪「あわわわわ……」 紬「ど、どうしよう……」


梓「な!? 何やってるんですか二人とも!」


澪「あ、あづさァ」 紬「梓ちゃん!? 今お茶淹れるねっ!」


唯「エイイッ!!」ボギャアッ

律「ひいいいいい!」


梓「唯先輩!! ストップです!」どん


唯「わあ!」どて


律「うわああああああん 澪オオオオオオ!」がばっ

澪「服を着ろ」


梓「……一体どうしたんですか!? 唯先輩が暴力を振るうなんて!」

唯「これは正当なる防衛だよー!」じたばた


梓「はあ………!? ムギ先輩、何があったんです?」

紬「分からないの……
部室に来たら既に二人が戦ってて。 止めようとしたんだけれど……」


唯「りっちゃんが私を襲ったんだよ!」

梓「襲った?」ジロ

律「ち、違うだろ! そんなつもりじゃなかった!」

唯「違わないもん!」

梓「いいから何があったか話すです! 早くです!」exdeath


律「くっ…… じ、実は……」


………

………

〜〜数十分前〜〜


律「なぁ〜 唯っ、折り入って頼みがあるんだ」

唯「ひゃあ、どうしたのりっちゃん」

律「あのさァ…… その………」

唯「?」

律「…………そ、そうだ! 唯! アタシと野球拳をやってくれ!」

唯「野球拳……? 排球拳の親戚?」

律「し、知らねーのか…… いいか、野球拳ってのはな……


………

………


唯「な、なにそれ、遊びなの?」

律「おお! スリル満点のれっきとしたプレイさ! やろうぜ!」

唯「やだなあ、流石にハズかしいよ」

律「いいだろ! なっ! なっ! 頼む!」

唯「断固拒否するよ」

律「ウ…………
どうだろう、もし唯が勝ったら今日のお菓子を全部やるけどな……?」

唯「受けて立つよりっちゃん!」

律「よし!」


………野球拳スタート!


律「おっしゃあ! まずはアタシの勝ちィ!」

唯「ひえ〜…… 一枚でいいよね?」

律「お? おー」

唯「っふぅ…… よし! 続行だよ!」


………

………

………数分後

………

………


唯は食い意地で幸運をも掴み、なんと律に五連勝した。


律「く、くそー!」バッ


唯「……あの〜、別に無理しなくてもいいよ? お菓子さえくれれば……えへ」


律「まだだ! 続けるぞ!」


………

………


律「たッふァァァッ! また負けたァ!」

唯「あの…… ホントにいいから…… もうやめない?」

律「チキチョウ! なんなんだよそのラッキーさは! 卑怯だぞ!」

唯「知らないよそんなの……」

律「もう我慢ならん! アタシがこの手で剥いてやる!」がばっ

唯「ぎゃああああああ!? やめて! やめて!」ボゴォ

律「うげぇ!? や、やったな!」


〜〜〜〜〜

………

………



律「っていう……」


梓「小学生ですか」

唯「訴訟だー! 訴訟だー!」

紬「おりゃ!」ぱっ ぱっ

唯「エフっ!? こ、こしょう!? ムギちゃんやめて!!」

梓「ぇキシッ! ……と、とりあえず律先輩は色々唯先輩に謝るべきです。
その後唯先輩は殴ったことを謝りましょうね」

唯「私も殴られたよぅ……」

梓「唯先輩はマジだったじゃないですか……
少なくとも私には律先輩が手加減……
いえ、一方的にやられてたように見えましたが……」

唯「え〜」


梓「ホラ律先輩」


律「……」


唯「りっちゃん……」


律「ぅ……あー………
その、なんだ、熱くなりすぎちゃったんだ、ヒドイことしてゴメンな唯」

唯「……うん………私もいっぱい殴ってゴメンね」

律「へへ…… いいよ」

唯「えへへ……」




梓「これにて一件落着です!!」バァーン




澪「待て」



梓「あ、澪先輩いたんですか」


澪「笑止。 この事件にはまだ一つ疑問点があるぞ」


梓「えっ」


澪「"なぜ律はそれほどまで唯の裸にこだわったか"だ!」


紬「もちろんりっちゃんが唯ちゃんをそーゆう目で見ているから!」ポンッ


梓「ムギ先輩、引っ込んでてください」

律「……」


梓「確かに、言われてみれば妙ですね……」


澪「律はエッチな女の子だったと?」


梓「いえしかし……女である律先輩が唯先輩の裸を見たがるワケないです。
そのセンはまずあり得ません」


澪「じゃあ負け続けでムキになって……」


梓「……自分が裸になるハズかしさまで
お構いナシになるほどムキになるもんでしょうか、普通」


澪「うーん…… まったくの難問だ。 どう解決しようか? 梓ん」


梓ん「ま、本人に聞いてみるのが一番でしょう」


澪「それもそうだな。 おい律」


律「お、おう」

澪「何を考えてる?」

律「……」

澪「こォいつッ!」ブウンッ

唯「澪ちゃんダメ!」がし

澪「あ、うん……」

梓ん「話す気はないんですか?」

律「話すもなにも、なんもねーし」

紬「ウソつきねりっちゃん!」

澪「違いないな」

律「な、なんでだよ!」

梓「こうなれば無理矢理口を割らせる他ないみたいですね」

紬「拷問にかけましょう♪」

澪「よし! お腹がよじれるまでくすぐってしまえ!」

律「お、おい! やめろよぉ!」

………

………

………

………


律「ふっ、ひっ、ひひっ、アヒ……」ピクピク

唯「りっちゃーん、起きてー」ゆさゆさ

澪「やりすぎたかな」

紬「口を割らせるどころか話せなくしちゃった……」

梓「けど拷問の最中でも降伏のそぶりは見せませんでしたね。 頑固な先輩です」

澪「そこまで頑なに口を閉ざすなんて、余計気になるじゃないか」

唯「みんなー、りっちゃんがかわいそうだよ」

紬「唯ちゃん、パウンドケーキ持って来たんだけど……」

唯「わあい!」

紬「生徒会室にあるから、行って食べてきていいわよ〜♪」

唯「うへへ〜、行ってきまーす」ガチャ


律「あーっ、唯ーっ」


澪「そら、助けを呼んでみるんだ。
聞いてもらえるのは、ゴキブリと金毛和牛だけだろうがなァ!」

律「ヒィーッ!」

梓「澪先輩、すっかり役にハマってますねえ」

澪「えへへ……昔の悪役みたいでかっこいいだろ? 一度やってみたかったんだ」

紬「私もやりたい! やらせて!」

梓「ダメです。 次は私の番ですから」

紬「そんなっ……」


律「な、なな、何するつもりだ! やめろ!」

梓「早いとこ吐いた方が気がラクですよ律先輩ッッ」


梓は頭を振り回し、自慢のツインテールで律を鞭打った。


バシィン!


律「きゃあああああ!!」


澪「ああっ! ひ、ひどい……」

紬「すごい音……痛そう……」



梓「どうです? もっと欲しいですか?」

律「う〜っ……」ぶるぶる

梓「そうですか。 ではもう一発」グインッ

ビシィッ!

律「あああぁん!!」


紬「そこまでよ梓ちゃん!」 澪「そうだぞ! あんまりだ!」


澪は左のツインテールを、紬は右を掴み、梓を後ろに引き倒した。


梓「あっ!?」ゴチン


紬「じゃあ今度こそ私の番!」

律「も、もうやめてくれぇぇ……」



2