(夜)

(外は雨)

(部屋は暗闇で満たされている)

澪「……律、まだ起きてる?」

律「……ん」

澪「雨、止まないな」

律「……ああ」

澪「このまま止まなかったらどうなるのかな」

律「……」

澪「……律、もう眠い?」

律「……ちゃんと聞いてるよ」

澪「ありがと」

澪「……雨が降り続けるとさ、地面に滲みこむ限度を超えると溢れちゃうよな。

  本当にもの凄い雨なら、川の堤防とかも決壊して洪水が起きちゃうだろうし、
  木の根がせき止めたり、地下水に流れ込む量にも限界があるから、
  山からも雨水は平地に流れてくるだろ。

  そうして、それはどこかに流れ込もうとするんだろうな。
  地上にあるものを押し流してさ」

律「そうかもな」

澪「……無駄なのかな?」

律「何が?」

澪「やっぱり、どんなに頑張って根を張っても、流されちゃうのかな」

律「……そんなことないだろ」

澪「唯と……梓さ、三か月くらい前に別れたよな」

律「……ああ」

澪「唯に彼氏が出来たんだって」

律「……そうか」

澪「……」

律「……寝ようぜ」

澪「うん」


律「澪、泣いてるのか?」


おわりです。