憂「そっか…」

梓「怒らないの?」

憂「怒るってなんで? 私もお姉ちゃんのこと大好きだから…」

梓「・・・」

憂「私の大好きなお姉ちゃんを梓ちゃんが好きになってくれたのなら嬉しいよ」

梓「憂…ありがとう」

憂「でもいくつか聞いてもいいかな?」

梓「うん。なに?」

憂「その…女の子同士なのに、いいの?」

梓「…世間的には許されないかもね…でも私は唯先輩が好きだから」

憂「・・・」

梓「先のことなんてわからないけど、ずっと一緒にいたいって思うよ
  それが今の私の正直な気持ち」

憂「そっか…」

梓「えへへ、なんか照れるね/// 他にも何か聞きたいことある?」

憂「あ、いや。大丈夫だよ。梓ちゃんの気持ち、ちゃんとわかったから
  お姉ちゃんがなんて言うかわからないけど、きっと大丈夫だと思う」

梓「憂…ありがとう」

憂「それじゃあ…」

梓「うん。私、唯先輩に告は――」

憂「闘おうか?」

梓「えっ」

梓「ちょ…えっ、ど、どういうこと?」

憂「言葉通りだよ。私と闘うの」

梓「え? 闘うって………あぁ!わかった!演奏対決ってこと!?
  私達ギターだもんね! どっちかうまいか競うってやったことないもんね!」

憂「…梓ちゃん。ふざけてるの?」

梓「えっ」

憂「私ね、自分より弱い人にお姉ちゃんを任せられないの」ススッ…

梓「なに、憂…その構えは…北斗七星?」

憂「梓ちゃん」スススッ…

梓「うん?」

憂「奥義を尽くさないと、私は倒せないよ」

梓「えっ」

純「むぅ…まさかあの構えは!!」

菫「なっ!知ってるんですか純先輩ッ!?」

純「うむッ!!」

梓(いつの間にギャラリーが!?)

直「・・・何が始まるんですか?」

純「その昔中国より伝わる恐るべき暗殺拳があると聞く…
  その名を北斗神拳!!」

直「・・・!?」

純「その拳は一拳に全エネルギーを集中し肉体の経絡秘孔(※いわゆるツボ)に
  衝撃を与え表面の破壊より、むしろ内部の破壊を極意とした一撃必殺の拳法!!」

菫「伝説の暗殺拳…じゃああの構えは!?」

純「そしてあの構えは…
  北斗神拳秘奥義、天破の構え!! 北斗七星は天の守護神。
天乱れた時、天をも破ると言われる北斗神拳究極の秘奥義!!」

直「・・・鈴木先輩・・・なんでそんなに詳しいんですか?」

憂「ふふっ…さすが純ちゃんはこういうことには詳しいね。
  そして天破の構えから放たれる奥義はね…」

純「いけない、避けて梓!!」

梓「えっ」

憂「そこだァ!天破活殺ッ!!」バッ!

梓「なっ、が…っ!!」ブシュゥゥ!!

憂「触れずして相手を討つことにあるんだよ!」

直「えっ・・・ちょ・・・手からビームでましたよ!?」

純「北斗神拳だからね、それとビームじゃなくて闘気ね!」ドンッ!

直「突っ込む所そこですか?」

憂「・・・ごめんね梓ちゃん。私の中で哀しみとなって生きてね
  将星墜ちるべし!」

菫「梓先輩しっかりしてください!!」

純「早く救急車を!!」

梓「…その必要はないよ」

直「えっ? 何で生きてるんですか・・・」

憂「へぇ、おかしいな…全治三回は円環の理に導かれると思ったんだけど…
  浅かったかな?」

梓「・・・いや、結構痛かったよ。私じゃなければ間違いなく肉塊になってるだろうね」

憂「・・・」

梓「ねぇ憂」タンッタンッ

憂「なぁに梓ちゃん」

梓「あなた空を飛んでみたくない?」

憂「? なに言って――」

梓「そこだッ!! 星・間・飛・行ォォォォォオオオ!!」ドゴォッ!!

菫「なっ!? 憂先輩が…」

直「天高く舞い上がった!!」

憂「ぐっ・・・アッ」グシャァ

菫「そして頭から落ちた!!」

純「ま、まさか【車田落ち】をこの目で見ることになるとは…」

菫「知っているんですか、純先輩!?」

純「うむ。【車田落ち】とは強烈なエネルギーをぶつけて
  上空に吹き飛ばす技を受けた際に、
  このまま受け身の態勢など一切無く落下していき、
  頭頂部からほぼ垂直に地面にぶち当たる…
  普通の人間なら即死確実の落ち方のことを指す!!」

菫「即死確実…それじゃ憂先輩は?」

純「いくら憂でも、立っていられるわけ…」

憂「…ところがそうじゃないんだな」

純菫直「!!??」

純「そんな!! 車田落ちをして生きているなんて…」

直「北斗神拳は伊達じゃないって事ですかね・・・
  というか二人が人間なのかも怪しくなってきました」

憂「ふふっ、さすがに今のは危なかったよ。
  遊んでる場合じゃなさそうだから一気にいかせてもらうよっ!」

梓「…っ!! 来る!!」

憂「オネェッ!! チャンッ!!」ドカッ ドゴッ

梓「がっ・・・なんて重い拳・・・防げないっ」

憂「ォオォオォネェチャンッ!!好き好き好き好き好き
  好き好き好き好き好きィイイイイイッ!!!!」ドガガガガガガッ!

梓「うごっ…ガッ…ひぎっ!」

憂「大ッ好ゥッきィイイイイイイ!!!!」バキィ!

梓「ごふ…ぅあ…がはっ!」ズダーン!

菫「ああっ! 梓先輩が吹っ飛んだ!」

憂「・・・秘孔人中極を突いたよ。秘孔の中で最も破壊力のある必殺の秘孔!!」

梓「ガッ・・たの・・・」

憂「梓ちゃんの命は、あと三秒。念仏でも唱えてね」

菫「・・・ちょっと待ってください! 何か聞こえませんか?」

直「その前に、喋ってる間に三秒たった――」

菫「直ちゃん黙ってッ!」

直「うぐぅ」

梓「・・たのこ・・・と・・・」

菫「ほらっ聞こえます!?・・・梓先輩の声!?」

純「梓が・・・歌ってる!? この状況で梓が歌ってる!」

梓「あなたのこ~と~♪ DQNDQNDQN~♪」

憂「そんな・・・もう三秒たってるのに、どうして!?
  どうして生きていられるの!?」

直「もう15秒はたってますけどね」

梓「聞こえ~てく~よ~♪ DQNDQNDQN~♪」

直「なんというか独特な歌です・・・」

菫「よかった。梓先輩は無事みたいです!」

純「たしかに無事みたいだけど・・・」

純菫直(歌すっごい下手ー!!)

梓「憂、私の遠い先祖はね。この地球じゃない【フロンティア】って場所に住んでたことがあるんだって」

憂「・・・それで?」

梓「ご先祖様は不思議な力があってね。歌の力である戦いを終わらせたんだよ」

菫「そ、そんなまさか!」

直「どうしたの菫?」

菫「そんなことありえないけど、私の考えがたしかなら・・・
  梓先輩のご先祖様は・・・」

梓「その人の名は…通称【ミドリムシ】」

憂「ずいぶんとかわいそうな通称だね」

梓「またの名を…【超時空シンデレラッ!!】」

菫「ち、超時空シンデレラ!? やっぱり…
  それじゃ梓先輩には、あの力が備わっているのでは!?」

純「あの力!?・・・それっていったい何なの・・・?」

菫「それは・・・ハッ!?」

梓「いくよ憂! オープンアズサ!」ピカー!

憂「なっ、なに!? この光は・・・」

菫「まさか!?」

純「見て! 梓が光につつまれて・・・」

直「中野先輩が変身した!」

梓「がんばぁ~ろぉ~♪むったぁ~ん♪」バッ!

純「ムスタングを手に梓が仕掛けた!」

梓「ライク♪ライク♪ライク♪」ドカッバキッ!

憂「くっ・・・梓ちゃんの動きがあがってる!?」

純「歌いだしてから梓の動きがよくなってる・・・?
  まさか、この歌は人魚古代歌詞!?(エンシェントリリック!?)」

菫「いいえ、違います!」

純「なっ!? 知ってるのスミーレ?」

菫「この歌は・・・【絶唱】です!」

純「絶唱!!??」

直「その前に超時空シンデレラの設定はどこいったんですか?」

菫「・・・詳しい説明は省きますが、この絶唱を発動させたということは・・・
  もう勝負は長引かないということです」

純「私も聞いたことがあるよ。昔、絶唱を発動して亡くなった人がいたよね?」

菫「はい。絶唱は歌い手に過度の負荷を掛ける代わりに、全ての力を飛躍的に上げる
  いわば諸刃の剣・・・絶唱が解ける前に憂先輩を倒せなければ・・・」

純「梓は負けるってことね・・・」

梓「憂! 知ってる!?」

憂「なにかなァ!? 梓ちゃん!」

梓「思いっきり歌うとね! すっごい気持ちいいんだよ!」

直「聞かされるほうはたまったものじゃありませんけど・・・」

菫「直ちゃん! 空気読んで!」

梓「憂! この一撃で決めるよ!!」バッ

菫「!? 梓先輩のムスタングから炎が!」

梓「炎鳥極翔斬!!」ドゴォ!

菫「憂先輩に直撃した!?」

直「その技どっから出てきたんですか!?」

梓「ハァ・・・ハァ・・・」

純「さすがの憂でも・・・これをくらったら生きていられるわけが・・・」

菫「憂先ぱ――ッッ! そんなばかな!?」

梓「無傷・・・? そんなはずは・・・」

純「一体どうやってかわしたの・・・?」

憂「夢想転生だよ」

純「むぅ・・・まさか憂が【夢想転生】を体得していたなんて・・・ッ!!」

菫「そんな! あの【夢想転生】を憂先輩が!?」

直「もうこの流れやめにしませんか?」

純「・・・この世で最強のものは無・・・その無より転じて生を拾う」

直(スルー!?)

純「それが北斗神拳究極奥義夢想転生!!
  そしてその奥義の前には死あるのみ!!」

直「・・・つまりどういうことなんですか?」

梓「くっ!・・・攻撃がカスりもしないッ」ブン!ブン!

憂「ふふっ、天に感謝しないといけないね。
  私の前にこれだけの強敵(とも)を
  この世に送り出してくれたことをッ!」ドカッ!

梓「がっ・・・こ、このままじゃ、まずい・・・」

憂「次の一撃で最後の別れになるだろうね」

菫「梓先輩・・・」

純「梓・・・」

直「その前に、これってどちらかが死ぬまで終わらないものなんですか?」

憂「! とどめだッ!! 北斗剛掌波ーッ!!」

梓「だめだ、避けれない!?」




  ・・あ・さ・・・




梓(!?)




  ・・・あずさ・・




梓(誰・・・私を呼ぶのは・・・)




  もっ先へ――《加速》したくはないか、梓・・・




梓(この声は・・・澪先輩!?)

 ドゴォォォォォ!!




憂「・・・剛掌波が直撃したみたいだね。骨も残ってないや」

菫「そ、そんな梓先輩がッ!!」

純「梓が・・・負けた・・・」

梓「ふふっ・・・」

憂「・・・ッ!? そんな、バカな!?」

梓「勝った気になるのはまだ早いよ憂」ボロッ

菫「梓先輩! よかった・・・」

直「本当によかったです。危うく警察沙汰ですよ・・・」

憂「どうして・・・」

梓「なにが?」

憂「どうやって避けたの!? 
  あの状況で避けるなんてありえないよ!」

梓「それはね・・・《加速》をつかったんだよ」

菫「加速!? それじゃあ梓先輩は・・・っ!」

憂「そ、そんな・・・梓ちゃんが【バーストリンカー】だったなんて・・・」

梓「そう。私はフィジカル・フル・バーストのコマンドによって、
  肉体全ての動きを100倍に加速することが出来るレベル9のバーストリンカー
  だから憂が夢想転生をしようと関係ない・・・
  ううん、もっと言えば今の私は北斗神拳より速いの!」

憂「肉体全ての動きが100倍に!? そんな理不尽なことが・・・」

純「これで勝負あったね・・・」

直「そんなことできるなら、なんで最初に使わなかったんですかね?」

梓「・・・憂。もうこんなことやめよう
  唯先輩だってこんなこと望んでないよ」

憂「・・・認めない」

梓「憂?」

憂「いくら梓ちゃんが加速を使えても!
  私もお姉ちゃんを好きになった意地があるよ!
  私はただ【姉妹の道(おねえちゃんロード)】を歩くのみ!」

梓「どうあっても引けないんだね・・・!」

憂(お姉ちゃん・・・もはや何も望まないよ!
  ただ最後に! 最後に一撃だけの力を!!
  不出来な妹に最後の力をッ!!)

梓「来るッ!!」

憂「たとえ天地逆になっても私の生き方は変えない!!」

梓「フィジカル・フル・バースト!!」ボゴォッ!!

憂「がっ・・・あッ・・・」ドサッ

梓「・・・長かった」

純「憂!!」

菫「憂先輩!!」

直(私も行ったほうがいいですよね?)

憂「はぁはぁ・・・バーストリンカーの実力見届けたよ
  初めて私は負けた・・・」

直(初めて負けたって言うほど誰かと闘ってたんですか・・・?)

梓「憂・・・」

憂「ねぇ教えて、梓ちゃん。
  も・・・もし私がレベル9のバーストリンカーだったら・・・」

梓「私がこの場に倒れていただろうね。
  さぁ憂。私の手を取って・・・立てる?」

憂「ふっふふっ・・・いや、やっぱり私が負けてたと思うよ
  私は敗者に情けをかけないもん」

梓「それだけ軽口が叩ければ十分だよ。
  ・・・それじゃあみんな!」

憂「・・・うん」

梓「私、唯先輩に告白するよ!」

  ~おしまい~