※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戻る  百合短編SS
  • おっとりポワボワお嬢様のムギだが、存外儚げなSSが似合うんだよな。
    でも、これは誕生日作品には合いません。
    あとがきでも言ってるように、ムギの将来は幸多いもの、いつも微笑んでいるようなものであってほしい。 -- (名無しさん) 2014-07-02 12:46:14
  • 地の文対話がピリッと雰囲気を出してる。どこか怖くもあり、切なくもある。
    台本形式にはない味のある文章。過去にばかり目が向いてしまうのはわからないでもないけど、前を向こう! ムギならできるはずだ。応援したくなる。 -- (名無しさん) 2014-07-03 00:19:38
  • 「このままずっと。 雨が降り続けたら どうしようか。」と不安に駆られていたムギちゃんだけど、いつの間にか雨は止んで月の光がムギちゃんのいる場所をやわらかく照らしていました。
    煌めくような日々はいつか終わるけど、選び取った未来もきっと光差すものになる、そんな暗示を感じます。夢見るだけじゃない、現実へのエールが込められたSSだと思います。
    -- (名無しさん) 2014-07-08 07:46:04
  • もう少し光が見えるような終わりでもよかった。 -- (名無しさん) 2014-08-10 18:05:49
  • 文章、作品としての完成度は高いが、受け入れがたい。
    ムギには幸せになってほしい。 -- (名無しさん) 2014-10-17 01:11:39
  • 儚くて放っておいたら壊れてしまいそうなところがむぎちゃんの魅力の一つ。
    そんな魅力が上手に表現されていた作品でした。否定的なコメントが目立ちますが、私はとても好きです。 -- (名無しさん) 2020-02-02 15:51:54
最終更新:2020年02月02日 15:51