モミモミ

律「ねぇ、憂ちゃん」

モミモミ

憂「ん、なに?」

モミモミ

律「わたしのお尻揉んで楽しい?」

モミモミ

憂「うん、すごく」

モミモミ

律「......そ、そうか。もう何も聴くまい」

憂「♪〜」

モミモミ

(モミモミ)

律「憂ちゃんって、なんで私が好きなの?」

憂「かわいいから」

律「ふえっ!?///」

憂「お姉ちゃんの次に」

律(ふ、ふくざつぅ〜〜)

(中略)

憂「こないだ澪さんとお姉ちゃんが部屋でキスしてたんだぁ」

律「部屋はちゃんとノックして入った?」

憂「やるせない感じで」

律「家族でもちゃんと部屋はノックしようね。りっちゃんとの約束だぞっ、」

憂「澪さんとかぁ」

律「......つまり、ショックだったんだね、憂ちゃん」

憂「ショックじゃない?」

律「なんで?」

憂「お姉ちゃんの相手、澪さんだよ?」

律「まぁ、なるべくしてなったような気がするけど」

憂「幼馴染を取られた気分はどう?」

律「大好きなお姉ちゃんを取られた気分はどう?」

憂「......私、今変な顔してる?」

律「熱したポップコーンが弾けた顔してる」

憂「ふむ、なら良かったかな、澪さんだし」

律「私はどんな顔してる?」

憂「かわいい顔してるよ」

律「唯の次にでしょ?」

憂「ううん、世界でいちばん」

律「......」

憂「あれ?驚かないの?」

律「驚きすぎてリアクションするの忘れてた」

ぴとっ

憂「へへ、心臓の音速いね」

律「当たり前よ」

憂「私のこと好き?」

律「そんなもの、好きに決まってるよ」

憂「えへへ」

律「クッキーの次に」

みぞおちに一発くらった

(省略)

律「あずさーなにー?」

梓「り、りっ、律先輩っ」

律「ど、どうした?なにをそんなに慌てて」

梓「私、律先輩のためにクッキー作ってきたんです」

律「そーなのん?ありがと!てか、梓ってクッキー作れるのかー」

梓「が、がんばれば私だってクッキーくらい作れますって!」

律「えー、マジかー。まぁ、ありがとね!家で食べるわー」バイバ-イ

梓「あっ.........帰っちゃった」

梓「ホントは告白もしようと思ってたのに......」

梓「......意気地なしだな、私って」ハァ

---

律「クッキーもらったから食べよう」

憂「誰にもらったの?」

律「梓だよー」

憂「えっ、それって......」

律「おっ、黒猫クッキーか? 」サクッ

憂「......」

バリバリモグモグ

律「ふむ。ちょっと歯茎に刺さって苦いけどイケるな」

憂「......」

律「食べないの?」

憂「さっきお菓子食べちゃったからお腹一杯で」

律「そか、じゃあ全部食べるな」モグモグ

憂「あんまり食べ過ぎないでね?もうすぐご飯だから」

憂「私、夕飯の用意してくる」タタタ

律「んー!歯茎に刺さったー」モグモグ

---

台所

憂「クッキー、作ったけど無駄になっちゃったな」

サクッ

憂「......甘くない」

憂「......梓ちゃん......」

(省略)

スーパー

憂「今日はなに食べる?」

律「北京ダックかな?」

憂「もうちょっと真面目に考えてよ」

律「なら、チキン南蛮」

憂「肉料理から離れないね」

律「コッテリしたものが食べたくて」

「あ、先輩!憂」

律「んおっ!梓じゃーん」

憂「あ、梓ちゃん」

梓「先輩たちも買い物ですか?」

律「うん、まぁ!ぐ、偶然さっきそこでバッタリ」アタフタ

梓「そうなんですか。律先輩、カゴ持ってないですけど」

律「...じゅ、ジュース買いに来たんだよ!?」

梓「へ、へぇー」

憂「梓ちゃん」

梓「ん?」

ぐいっ

律「おっ?」

憂「この人、私のだから」

律「えっ、ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと、憂ちゃん!?///」

梓「......」

憂「ごめんね?」ニッコリ

梓「そう、......なんだ」

憂「そういうことだから。だから、ごめんね」

律(えっ、なにこのやりとり)

---

帰り道

律「あのぉ......買い物したもの、全部1人で持つのは非常に辛いんだけど」プルプルプルプルプルプル

憂「まぁまぁ、罰だから持って帰ってね」(^^)

律「罰......罰って」

憂「梓ちゃん」

律「......あぁ、梓?」

憂「梓ちゃん、好きなんだよりっちゃんのこと」

律「まっさかーwwwあの梓がwww罵られた覚えしかないってーの」

憂「......はぁ、私、りっちゃんのことちょっと嫌いになりそう」

律「なんで!?」ガ-ン

(中略)

律「ちゃーす」ガチャ

梓「あ、......り、律先輩」

律「んおぉー......今日まだ梓だけ?」

梓「あ、はい。他の方はまだ」

律「そ、そぉーなんだぁー」ドギマギ

律(梓と2人っきり。こないだ憂ちゃんが変なこと言うからなんか無駄に緊張するっ)

梓「......」

律「......」

梓「......」

律「......」

梓「......律先輩って」

律「ん?」

梓「憂が好きなんですか?」

律(うーん、来るとは思ってたけど率直!)

律「まぁ......そんな感じ......」

梓「......」

梓「付き合ってるんですか?」

律「付き合って............」

律「......付き......合ってい......」

律「......」

律「......」

律「あれ?」

梓「?」

律「ごめん、梓、ちょっと今日は部活休むわ」ガタッ

梓「えっ!?急にどうして」

律「あと、梓、ごめん」

梓「......」

律「ごめんしか言えないけど、ごめん。じゃあ、戸締りよろしく!」ダッ

梓「......」

梓「......告白する前にフられちゃったか」

梓「......ふぇっ......ぐすっ」

梓「あーあ、もう、律先輩うぜー。うざすぎ、ばーかばーか」ゥワァァァァァン

紬(部室でイチャイチャし出したバカップルを場所変えて説教してたら遅くなっちゃったんだけど)

紬(梓ちゃんが1人でりっちゃんの名前を叫びながら荒ぶってて部室に入り難いわ......)

唯「みおちゃーん♪」

澪「ゆーい♪」

紬「あぁ、もうそういうのは人目のつかない(でも私の目の届く)範囲だけにしなさいっ!」コ-ラッ

---
ガラッ

律「憂ちゃーん!」

純「うおっ、びっくりした。あれ、り、律先輩」

律「あれ、憂ちゃんは?」

純「憂?憂ならついさっき帰りましたけど」

律「えっそうなの?」

純「今日、スーパーで鶏肉が安いらしいです」

律「今日特売日のスーパー......あそこかっ」ダッ

純「あはは、律先輩、探偵みたい!」

純「ってもういない!?」ジュ-ン

---

憂「......ふぅ」

タッタッタッ

憂(鶏肉が安すぎて3キロも買っちゃった)ホクホク

タッタッタッ

律「あ、居たっ! 憂ちゃん!!」

憂「え、りっちゃん!?」

律「って買いすぎだろなにその両手の袋!?」

憂「安くてつい......」

憂「りっちゃん、唐揚げ食べに来るかなと思って」

律「......」

憂「今日部活は?まだ終わる時間じゃないよね?」

律「えっと、、その」

憂「?」

律「私って憂ちゃんと付き合ってるよね?」

憂「............」

憂「......えぇと、よくわからないんだけど、誰かに聞かれて『あれ?私たちって付き合うとか口に出して言ってなくない?』って不安になってここまで走ってきた感じ?よくわからないんだけど」

律「こ、心の中を読むなっ!? てか、当たりすぎィ!!知ってただろ、それもう知ってただろ」

憂「そういうの、言葉で言わないとダメな人?」

律「べ、別にそういうのわけじゃないけど......」

憂「でも、人に聞かれたら、りっちゃんは不安になっちゃうんでしょ?」

律「......」

憂「でしょ?」

律「う、うん。不安になっちゃって......」

憂「そういうカタチが欲しいならいくらでも言ってあげるよ」

律「いや、ちょ、ちょ、ちょっと待って!!ちょっと待ってて!!」

憂「?」

律「すーはーすーはーすーはー」

律「」ひとひとひとひとひとひとひとひとひと

憂「......」

律「」ひとひとひとひとひとひとひとひとひと


律「」ひとひとひとひとひとひとひとひとひと

憂「書きすぎでしょ......」

律「う、うっさいっ!!キンチョーしてんのっ!!」

ごっくん

律「そ、そ、そ、のっ!! はじまりはいきなりだったんだけどさっ、いつの間にか、憂が好きになってたっ!!!」

律「だから、付き合ってくださいっ///」

ため息をひとつついて

憂「りっちゃんのばーか」

憂ちゃんは私の額にデコピンをした。

律「あてっ」

憂ちゃんは、少し笑いながらこう言った。

憂「当たり前でしょ、大好きなんだもん」

それは誰に向けられたものにも似ていなくて
いつもの、私だけの憂ちゃんの笑顔で。

だから、私は途端に幸せになる。

この気持ちを少しでも憂ちゃんと分かち合いたくて
勇気を振り絞って、自分からキスをしてみた。

私と憂ちゃんの心臓の音が速くなった。

憂「唐揚げ、りっちゃんのなんだからこれ持ってね」

鶏肉3キロ

律「」ずっしり

律「愛が重たい!!」

憂「りっちゃん、幸せじゃん」フフッ

(続きは2人だけの秘密だから省略)

おわれ