アザラシ憂「モキュモキュモキュ」

唯「うわーん!憂がアザラシになっちゃったよー!!」

アザラシ憂「モキュ?」

唯「うわーん!かわいいよー!!!」ギュー

アザラシ憂「モキュモキュ!」

唯「うーぐすん…かわいいけど、どうしよう?」

アザラシ憂「キュー」

唯「お父さんもお母さんも出張でいないし」

唯「おなかすいたなぁ」

アザラシ憂「キュルルルル」

唯「憂、晩御飯作れる?」

アザラシ憂「キュウ!キュウ!」ジタバタ

唯「わわ!そんなに無理しなくてもいいんだよ!?」

アザラシ憂「モキュ!モキュ!」グイグイ

唯「冷蔵後すらまともに開けられていない…」

アザラシ憂「キュー!!!」グググ

唯「あー危ないよ!?憂!!」

ズルッ!

アザラシ憂「キューーーー!!」ゴロゴロゴロゴロ

ドテン

唯「大丈夫?憂?」

アザラシ憂「キュウ……」

唯「その体じゃ無理だよね」ナデナデ

アザラシ憂「キュー…」

唯「よし!じゃあ今日はお姉ちゃんが作ってあげる!!」

アザラシ憂「キュウ!キュウ!!」


〜〜 商店街 〜〜

唯「憂と一緒に晩御飯のお買い物なんて久しぶりだねー」

アザラシ憂「モキュモキュ!」

唯「アザラシは何が好きなのかな?それともいつもの人間のごはんでいいのかな?」

アザラシ憂「キュウキュウ!」ジタバタ

唯「どうしたの憂。ん?魚がいいの?」

アザラシ憂「キュウ!」

魚屋「よう!お姉ちゃんいらっしゃい!」

唯「んーどれがいいんだろう?」

アザラシ憂「モキュモキュモキュ」

魚屋「ん?お姉ちゃんそりゃペットかい?」

唯「ううん。妹がね、アザラシになっちゃったの」

アザラシ憂「モキュ」

魚屋「へーそうなのかい、大変だねぇ」

魚屋「でもあんまり商品に近づけねぇでくれよ?他のお客さんが嫌がるから」

唯「むっ…!まぁしかたないよね…」

アザラシ憂「キュー…」

魚屋「ところで何にするんだい?」

唯「んーと、アザラシは何が好きなんだろう?」

魚屋「今日は鱈が安いよ!」

アザラシ憂「キュー!キュー!!」ジタバタ

唯「お!?すごい反応!!これがいいの?」

アザラシ憂「キュウ!キュウ!」

唯「じゃあおじさん、これください!」

魚屋「まいどありー!!」

・ ・ ・

アザラシ憂「キュウ!キュウ!!キュウ!!!」ムシャムシャ

唯「生なのに美味しそうに食べるね〜」

アザラシ憂「キュウキュウ!!」ペロペロペロ

唯「わわー!ちょっと憂!ほっぺなめないで!生臭いよ!!あはは」

アザラシ憂「キュウキュ!!」ペロペロ

・ ・ ・

アザラシ憂「モキュモキュモキュ」

唯「憂ー?お風呂できたよ。入る?」

アザラシ憂「キュウ!」

唯「えへへ、じゃあこっちおいで〜!」

アザラシ憂「キュキュキュキュキュ!」

カポーン

唯「う〜〜…生き返りますなぁ…」

アザラシ憂「キュー…」

唯「ていうか、お湯でも平気なんだね?」

アザラシ憂「モキュモキュ」プカプカ

唯「あー、それにしてもかわいいなぁ〜」

唯「アザラシになっても憂はとってもかわいいよ〜」スリスリ

アザラシ憂「キュウ!キュウ!」ジャブジャブ

・ ・ ・

唯「今日は一緒に寝ようか憂」

アザラシ憂「モキュモキュ」

唯「さ、おいで〜」

アザラシ憂「キュキュキュ」

唯「んふふー」ギュー

アザラシ憂「キュー」

唯「憂もふもふ〜」モフモフ

アザラシ憂「モキュモキュ」

唯「えへへ。あっ…」

アザラシ憂「モキュ?」

唯「そういえば明日の学校どうするの?」

アザラシ憂「………」


〜〜 翌朝 〜〜

唯「澪ちゃんりっちゃんおはよー」

澪「あ、唯。おはよう」

律「おっす唯!」

唯「おっす!!」

律「ん?なんだそれアザラシ?」

唯「正解!!アザラシです!!」

アザラシ憂「モキュモキュモキュ」

澪「新しいペットか?」

唯「違います!これは憂です!」

唯「昨日突然、憂がアザラシになってしまいました!」

アザラシ憂「モキュ」

律「は?憂ちゃんがアザラシに!?」

澪「え、これ憂ちゃんなのか?」

唯「そうだよ!ね、憂〜?」

アザラシ憂「キュウ」ペコリ

律「おわっ!?お辞儀した!!本当に憂ちゃんだ!!」

澪「お辞儀したからって信じるの早すぎだろ!!」

唯「む、澪ちゃん信じてないね?」

澪「突然アザラシになったて言われても普通誰も信じないよ…」

唯「ほらほら近くで見てよ。この子は憂だよ!」

アザラシ憂「モキュモキュモキュ」

澪「ひっ!?」

律「ぶはは!アザラシまで怖いのか澪は」

澪「ち、ちがうよ!」

アザラシ憂「キュー…」

律「あはは、ごめんな憂ちゃん。澪はビビリだから」

律「たまに自分の髪の毛にびっくりしてるくらいビビリだから」ナデナデ

アザラシ憂「モキュモキュ!」

澪「そ、そそそそそんな事ないぞ!アザラシなんか怖くないぞ!」

律「だったらなんでさっき退いたんだよ」

澪「それは…ちょっと…ほら、急に近づくから…」

唯「えーほらこんなにかわいいのにー」

アザラシ憂「キュー?」

澪「ぅ…でも…」

アザラシ憂「………」ジー

澪「………;?」

アザラシ憂「………」ジー

澪「………」

アザラシ憂「モキュモキュモキュ」

澪「かっ…かわいい!!!」

アザラシ憂「モキュモキュ!」

律「やっと澪も堕ちたか」

唯「よかったね憂ー」

アザラシ憂「キュウ!」

梓「あ、先輩たち!」

律「お、梓とムギ」

紬「みんなおはよう」

梓「あれ?なんですか唯先輩それ」

唯「かわいいでしょー」

アザラシ憂「モキュモキュ」

紬「これはアザラシ?」

唯「うん!」

梓「どうして突然アザラシを…少年ア○ベですか…」

唯「憂がね、昨日突然アザラシになっちゃったの!」

アザラシ憂「モキュモキュモキュ」

紬「あら、この子憂ちゃんなの?」

唯「そうだよ!」

紬「かわいい〜!」ナデナデ

アザラシ憂「モキュキュ!」

律「ほら、澪もムギの適応能力を見習え」

澪「う、うるさいな…!」

唯「ということであずにゃん」

梓「へ?なんですか?」

唯「とりあえず今日一日、憂を頼んだよ。はい」

梓「はい…って…」

唯「一日休んだらそれだけ授業の内容についていけないって憂がね」

梓「そういう問題なんですか」

アザラシ憂「モキュ!モキュ!」

唯「ん?あぁ、ごめんね憂。忘れるところだった」ガサゴソ

梓「…?」

唯「はい、これも一緒に。憂のお弁当!」

梓「お弁当…?って臭っ!?生臭っ!?」

唯「そりゃ魚だもん」

アザラシ憂「キュー!キュー!」

梓「魚でももう少しちゃんとした容器に入れてきましょうよ!?氷水漏れてるし…!」

唯「えへへごめんね」

梓「っていうか唯先輩アザラシ語わかるんですか」

唯「違うよあずにゃん、ハートだよ。は・ぁ・と!」

梓「はぁ…」

アザラシ憂「キュー」

唯「じゃあそういうことだから、よろしくねー!」

律「じゃあな梓ー、がんばれよー!」

澪「大丈夫、梓ならできるさ」

紬「頑張ってね、梓ちゃん!」

キーンコーンカーンコーン

梓「………」

梓「とりあえず行くか」

アザラシ憂「モキュモキュモキュ」

・ ・ ・

純「おわー!!!!なにそれ梓!UMA!?」

梓「いやどっからどう見てもアザラシでしょ」

純「なんでアザラシが憂の席にいるの!?」

梓「このアザラシが憂だから」

純「えっ…」

アザラシ憂「モキュモキュ!」

純「なるほど」

梓「信じるの早いってば!!」

純「でもなんで憂がアザラシになったの?」

梓「知らない。唯先輩が言うには昨日突然アザラシになっちゃったんだってさ」

純「で、今日一日憂の面倒を見てやってくれ、と…」

梓「そーゆーこと」

純「でも梓はあんまり信じて無さそうだね」

梓「そりゃまぁ…普通信じないよ」

アザラシ憂「モキュモキュ…」

純「じゃあさ!テストしてみよう、テスト!」

梓「テストぉ…?」

純「憂、この問題分かる?」

アザラシ憂「モキュ」

純「おおお…正解だ!」

梓「四択でたまたま当たっただけでしょ」

純「じゃあこの問題は?」

アザラシ憂「モキュ」

純「また正解!ほら梓、こんな天才アザラシ、憂以外にいないって!」

梓「う、うーん…」

アザラシ憂「モキュモキュ」

先生「はいみなさん授業ですよー」ガラガラ

純「あ、やば。席に戻らなきゃ」

先生「はいじゃあ出席を取りまーす。○○さーん?」

梓(憂大丈夫なのかな…?)

先生「はい次、平沢さーん?」

アザラシ憂「モキュ」

先生「モキュ…?」

先生「平沢さんは今日はどうしたんですか?」

純「憂はアザラシになってしまったみたいです」

先生「そうなのですか。平沢さん、なにか困ったことがあれば言ってくださいね」

アザラシ憂「キュウ!」

先生「はいじゃあ次○○さーん?」

梓(いいのかそれで…)

・ ・ ・

純「昼休みだー!梓、弁当」

梓「う、うん…」ピチピチ

純「あ、憂の弁当は魚まるまる一匹なんだね」

梓「これこのままあげてもいいのかな?」

アザラシ憂「キューキュー!」

純「めっちゃ欲しがってるよ」

梓「じゃあ」ヒョイ

アザラシ憂「キュウ!キュウ!」ガツガツガツ

純「おー食べてる食べてる」

梓「あ、あはは」

アザラシ憂「キュー!」ペロペロ

梓「うわわ!ちょっとなんで私舐めるの!?」

アザラシ憂「キュウキュウ!」ペロペロ

純「ははは!なついてる」

梓「うー…懐かれるのはいいんだけど、なんだかなぁ…」

アザラシ憂「キュー…」ションボリ

純「あ、憂が落ち込んでる。梓ひどーい」

梓「え、いや違うよ!?憂は好きだけど…なんていうかそのぉ…」

純「アザラシになっても憂は憂だぞー?」

アザラシ憂「キュー…」

梓「うー……ごめんね憂」ナデナデ

アザラシ憂「キューキュー」


〜〜 放課後 〜〜

トンちゃん「スイースイー」

アザラシ憂「キューキュー!」

律「あの二人、っていうか二匹…?なんか話してるな」

紬「言葉が通じるのかしら」

澪「さすが憂ちゃんだな」

唯「でしょでしょ〜?」

梓「………」

澪「ん?どうしたんだ梓。ケーキ食べないのか?」

梓「あ、いえ…食べます」

梓「憂、こっちおいでー」

アザラシ憂「キュ?」

梓「はい、あーん?」

アザラシ憂「キュ!」パクリ

律「おぉ、ケーキも食べるんだ」

アザラシ憂「キューキュー!」パタパタ

紬「美味しかったみたい。よかったわ」

梓「………」

・ ・ ・

律「じゃーなー」

澪「また明日」

紬「さようならー」

唯「みんなばいばーい!」

梓「………」

アザラシ憂「キュ?」

唯「どうしたのあずにゃん」

梓「唯先輩、今日一晩だけ私が憂の世話してもいいですか?」

唯「え、別にいいけど…」

梓「ありがとうございます。明日必ず連れてきますので」

唯「うん、じゃあ頼んだね」

梓「任せて下さい」

唯「ということでまた明日ね憂」

アザラシ憂「キュー!」

梓「じゃ、いこっか憂」

アザラシ憂「モキュモキュ?」

・ ・ ・

梓「ただいまー」ガチャ

アザラシ憂「キュキュキュー」

梓「って言ってもだれもいないけどね」

アザラシ憂「キュー」

梓「よっこらしょ」

梓「はぁ…」

アザラシ憂「キュー?」

梓「憂は寂しくないの?」

アザラシ憂「キュキュ?」

梓「憂がアザラシになっちゃっても、みんないつもと変わらなかったけど」

梓「みんな寂しくないのかな?」

アザラシ憂「キュー…」

梓「私はやっぱり人間の憂が一番いいよ」

梓「唯先輩には分かるみたいだけど、私はアザラシの憂が言ってる事分からないし」

アザラシ憂「キューキュー」

梓「できるだけ早く元に戻ってね、憂」

アザラシ憂「キュー!」

梓「えへへ」ナデナデ

梓「あ、私もアザラシになっちゃうってのはどうかな?」

アザラシ憂「キューキュー!」

梓「だよね、それもいいね!それなら憂の言ってる事もわかると思うし」

アザラシ憂「キュー」

梓「あはは、なーんてね」

〜〜 翌朝 〜〜

チュンチュン

梓「うーん朝かぁ…」

梓「なんだか体が重いなぁ…」

梓「あ、憂ー?起きてる?」

アザラシ憂「キュー…zzZ」

梓「えへへ、かわいい」ツンツン

アザラシ憂「キュ?」

梓「あ、起きた。おはよう憂」

アザラシ憂「キュ!?キュキュキュ!?!?!!?」ジタバタジタバタ

梓「あ、ちょっと!?なんで逃げるの憂!?」

アザラシ憂「キューキュー!!!!キュー!!!!!キュウキュウ!?!?」ジタバタジタバタ

梓「落ち着いて憂ー!」

・ ・ ・

律「梓のやつ、ちゃんと世話できたかな?」

澪「まぁ大丈夫じゃないか?アザラシでも中身は憂ちゃんだし」

紬「今日は憂ちゃんのために魚のパイを作ってきたわ」

唯「あ、いいね!美味しそう!」

『せんぱーい!!』

ノッシノッシノッシ

唯「?」

律「なんだなんだ?」

澪「なんだあれ!?」

紬「なにか近づいてくるわ!」

『せんぱーい!!』

ノッシノッシ

律「な!?」

澪「あ、あれって…!!」

紬「しろくま!?」

唯「あ、かわいいーー!!白熊の子グマちゃんだーー!!」

律「なんでシロクマがこんなところにいるんだ!?」

シロクマ梓「せんぱーい!!!ちょっと大変ですよーー!!!」

唯律澪紬「シロクマが喋った!?」

シロクマ梓「え?なに言ってるんですか先輩達…」

シロクマ梓「それよりも大変ですよ!!」

シロクマ梓「今朝から憂の様子が変で、ほら!」

アザラシ憂「キュ……!キュ…!!」ガクガクブルブル

シロクマ梓「ずっとこんな感じで震えてるんです…」

シロクマ梓「私なにか変な事しちゃったでしょうか…?」

澪「な、なあ…お前、梓なのか…?」

シロクマ梓「へ?何言ってるんですか」

紬「梓ちゃん、これ。鏡見てみて」

シロクマ梓「鏡…?」

シロクマ梓「ええええええっーーーー!??!!?」

唯「今まで気が付かなかったの!?」

律「自分が4足歩行してる時点で気づけよ!!」

シロクマ梓「なんで!?どうして!?どうして私シロクマなんですか!?えぇぇー!?」

アザラシ憂「キュウウウ…」ビクビク

澪「そりゃ憂ちゃんも怯えるよな」

シロクマ梓「え、でもなんで私は普通に日本語話せてるんですか!?」

律「しらん」

唯「シロクマのあずにゃんもかわいいねぇ〜!」ギュー

シロクマ梓「うぅ…なんでこんな事に…」

アザラシ憂「キュー…」

シロクマ梓「そっか、私がシロクマだから怯えてたんだね。ごめんね憂」

アザラシ憂「キュウキュウ」

シロクマ梓「大丈夫、私は憂を食べたりしないよ?(すごく美味しそうだけど)」

アザラシ憂「キュウキュウ!!」ピコピコ

律「なんていうか、すげぇ光景だな」

紬「子グマでも結構大きいのね」ナデナデ

シロクマ梓「みなさん、慣れるの早すぎですよ…」

唯「それが軽音部です!!」

アザラシ憂「キュー!」

キーンコーンカーンコーン

唯「あ、もうすぐ授業だね」

唯「あずにゃん、いや…あずくま?」

唯「今日も憂をお願いね」

シロクマ梓「シロクマになった私は誰が世話するんですか」

律「手足は器用に使えてるみたいだし問題ないだろ」

澪「普通に会話できてるしな」

唯「じゃ、そういうことでよろしくねー!」

シロクマ梓「………」

アザラシ憂「キュー?」

シロクマ梓「はぁ、まったく」

シロクマ梓「じゃあいこっか。憂、私の背中に乗りなよ」

アザラシ憂「キュー!キュー!」

シロクマ梓「えへへ」

ノッシノッシノッシ


この後純ちゃんが憂に向かって「非常食!」と言い放ち、梓に殴られ病院送りになってしまったのはまた別のお話。