梓「はい。お祭りもやってますよ」

唯「わたがし食べたい!」

梓「じゃあいきましょう」

唯「そうだ、浴衣着ていこうよ」

梓「浴衣……?」

唯「せっかくだからね。格好でも楽しまないと!」

梓「わかりました。じゃあ着替えないといけませんね」

唯「虫除け対策もね!」

梓「虫除けスプレーどこやったっけ……」

唯「浴衣、浴衣〜♪」


唯「ふふ〜♪」

梓「そんなに楽しみなんですか?」

唯「まあそれもあるけどさ、夜の散歩もいいなあって」

梓「なるほど……」

唯「ほら、昼と比べて外もすずしいし」

梓「たしかに……それに静かですよね」

唯「ほら、虫の音も聞こえるよ」

梓「まさに日本の夏ですよね……」

唯「だねえ……」

梓「……と、ところで唯先輩、浴衣姿似合ってますよ」

唯「ありがとう。あずにゃんも浴衣姿とってもお似合いだよ。髪括ってるから浴衣美人だよ!」

梓「あ、ありがとうございます……。あっ、見えてきましたよ」

唯「けっこう人いるね〜」

梓「お祭りですからね。向こうにわたがし屋さんありますよ」

唯「ふふふ……わかってないね、あずにゃん……」

梓「何がですか……」

唯「お祭りに来て最初に食べるものといえば!」

梓「……といえば?」

唯「ずばり、焼きそばだよ! わかってないなあもう……」

梓「誰が決めたんですか……」

唯「次に焼きとうもろこし、その次にフライドポテト、それから、わたがしだよ。これがゴールデンルート……」

梓「はあ……」

唯「じゃあいくよ! まずは焼きそば!」

梓「なにもそんなに急がなくても……」

唯「ふんす! 焼きそばは待ってくれないよ!」

梓「待ってくださいよ〜!」

~~~


唯「ふい〜食べた食べた……」

梓「けっこうお腹いっぱいになりますね」

唯「でも甘いものは別腹だよ、あずにゃん!」

梓「(まだ食べるんだ……)」

唯「よーし、次は……あ」

梓「……?」

唯「あ、あれは……!」

梓「カステラ焼きですね」

唯「ああ……いい匂い……足が勝手に……」フラフラ

梓「わたがしじゃなかったんですか!?」

唯「人間目の前に欲を突き付けられれば逆らえないものなんだよ〜……」フラフラ

梓「どこまで本能に忠実なんですか!」

唯「カステラくださーい」

梓「ああもう……」

唯「買ってきたよー! そこらで座って食べよう!」

梓「やれやれ……」

唯「甘くてほかほかでサクサクだよ……」

梓「こういう場所で食べるといつもよりおいしく感じますよね」

唯「うんうん。この味も見える光景も雰囲気も、みんな思い出になるんだよ」

梓「思い出……」

唯「そうだよ」

梓「……まあそうですけど。それだとなんか時間が過ぎるのがもったいない気がしますね……こう、そんな具体的に言われると……」

唯「どうして?」

梓「この楽しい時間がすぐに終わってしまう気がして……。思い出になるってことは、終わりが来てそこで途切れてしまうってことだから……花火が終われば……」

唯「…………」

梓「あっ、すいません……急に変なこと言い出したりなんかして……」

唯「……ううん、気にしないで」

梓「…………」

唯「あずにゃんは一つ一つの出来事をとっても大切にしてるんだね」

梓「まあ……はい……」

唯「楽しい思い出はこれからも作っていけばいいんだよ」

梓「これから……」

唯「そう、これから。将来つらいことや悲しいことだってあるんだろうけど、楽しいのは何も今日だけじゃないんだからさ」

梓「…………」

唯「ねっ?」

梓「……はいっ」

唯「よかった」

ドーン!

梓「あっ」

唯「花火だよ!」

ドドーン!

梓「綺麗……」

唯「すごーい! 大きいよ!」

梓「本当に、見に来られてよかったです」

唯「そうだねえ」

梓「デジカメ持ってくればよかったかなあ……」

唯「ケータイで撮ろう!」

パシャ

唯「ちょっとブレちゃった……」

梓「ふふっ、先輩らしいです」

唯「タイミングが……難しい……」

ドーン!
パシャ

唯「今度は写ってなかったー!? あーもう……」

梓「(……ありがとうございます)」

唯「ところで、あずにゃん」

梓「はい?」

唯「花火が終われば楽しい時間も一旦終わっちゃうかもしれない」

梓「…………」

唯「けどね、その楽しい思い出はずっと先にまで続くよ!」

梓「(ああ……そっか……)」

唯「今の話おかしかったかな……」

梓「……わかりました。続けていきましょう、二人で!」

唯「……うんっ!」

ヒュー…… ドーン!

唯「たーまや〜!」

梓「ちょ……いきなり何なんですか! 恥ずかしいですよ!」

唯「かーぎや〜!」

梓「ああ、もう……」

唯「たーまや〜! あずにゃんもほらっ!」

梓「……かーぎや〜!」


おわり