唯にゃん「姫ちゃんが呼んでるにゃん」



梓にゃん「行きましょうにゃん」



澪にゃん「うーん、おはようにゃん」のびー



紬にゃん「澪にゃん、私達は健康診断に行って来るにゃん」



澪にゃん「健康診断?私は良いのかにゃん?」



唯にゃん「澪にゃんと律にゃんはお留守番にゃん」



梓にゃん「行ってきますにゃん」



菫にゃん「直ぐ、帰ってきますにゃん」



純にゃん「寂しくて泣いたら駄目ですよにゃん?」



澪にゃん「律にゃんが居るから大丈夫にゃん」



直にゃん「律にゃん先輩にも伝えといて下さいにゃん」



澪にゃん「わかったにゃん」



憂にゃん「澪にゃんさん、行ってきますにゃん」



澪にゃん「いってらっしゃいにゃん」




澪にゃん「律にゃん、まだ寝てるにゃん」



律にゃん「ZZZ」



澪にゃん「起こしたら可哀想だけど、寂しいから起こすにゃん」



澪にゃん「律にゃん、律にゃん」ゆさゆさ



律にゃん「にゃっ?澪にゃん、おはようにゃん」のびー



澪にゃん「みんなは健康診断に出かけたにゃん」



律にゃん「私達はお留守番かにゃん?」



澪にゃん「そうにゃん、お留守番にゃん」



律にゃん「2匹きりになるのは久しぶりにゃん」



澪にゃん「本当にゃん、何か静か過ぎて寂しいにゃん」



律にゃん「私が居るにゃん」ちょこん



澪にゃん「うん、律にゃんが居るにゃん」ぴたっ



澪にゃん「そういえば、今日は律にゃんの誕生日にゃん」



律にゃん「そうだっけにゃん?」



澪にゃん「忘れてたのかにゃん…」



律にゃん「澪にゃんの誕生日は覚えてるにゃん」



澪にゃん「ありがとにゃん///」



律にゃん「殴りあいの喧嘩から始まったけど、澪にゃんに出会えて本当に良かったにゃん」



澪にゃん「私だって同じにゃん」



律にゃん「澪にゃん」



澪にゃん「何だにゃん?」



律にゃん「大好きにゃん」



澪にゃん「私も律にゃんの事が大好きにゃん」



律にゃん「私、今が一番幸せだと思うにゃん」



澪にゃん「私もにゃん」



律にゃん「唯にゃん達はとっても良い猫で姫子は優しい」



律にゃん「そして、隣には澪にゃんが居るにゃん」



律にゃん「こんな幸せはないにゃん」



ちゅっ



律にゃん「にゃっ!澪にゃん///」



澪にゃん「誕生日プレゼントにゃん」



律にゃん「いきなりは駄目にゃん///」



澪にゃん「ごめんにゃん…」



ちゅっ



澪にゃん「にゃっ///」



律にゃん「これでお互い様にゃん」



澪にゃん「///」



律にゃん「一番の寂しがりやな猫は誰だろにゃん?」




澪にゃん「純にゃんだと思うにゃん」



律にゃん「純にゃんが?」



澪にゃん「純にゃんは1匹で過ごす時間が誰よりも長かったのにゃん」



律にゃん「あの、いつも飄々としている純にゃんが意外にゃん」



律にゃん「私、もっと皆の事を知りたいにゃん」



澪にゃん「急にどうしたのにゃん?」



律にゃん「だって、そうしたら辛かった事をみんなで分かち合えるにゃん」



澪にゃん「律にゃんらしいにゃん」



律にゃん「そうかな?」



澪にゃん「そうにゃん」



律にゃん「どの猫も素っ気ない振りしても寂しがりやなんだにゃん」



澪にゃん「…」



律にゃん「澪にゃん?」



澪にゃん「律にゃん、カッコイイにゃん」



律にゃん「照れるにゃん///」










唯にゃん「律にゃん…」



紬にゃん「予想以上に早く終わったから帰ってきたけど、律にゃん…」



梓にゃん「あんな風に考えてくれてたなんて、知らなかったですにゃん…」



純にゃん「律にゃん先輩は素晴らしいリーダーですにゃん…」



菫にゃん「本当ですにゃん…」



直にゃん「もっと、律にゃん先輩とお話してみるにゃん」



憂にゃん「何かしんみりしたにゃん」




唯にゃん「律にゃん、ありがとうにゃん」



律にゃん「唯にゃん、いつの間に…」



紬にゃん「私達の事を大切に思ってくれて嬉しいにゃん」



律にゃん「いや、そのにゃん///」



梓にゃん「律にゃん先輩は立派なリーダーですにゃん」



律にゃん「うぅっ辞めるにゃん///」




純にゃん「これからも仲良くしましょうにゃん」



律にゃん「うん///」



菫にゃん「私も律にゃん先輩の事を知りたいですにゃん」



律にゃん「だから、恥ずかしいにゃん///」



憂にゃん「律にゃんさんに出会えて良かったですにゃん」



律にゃん「私もにゃん///」



直にゃん「律にゃん先輩がリーダーで良かったですにゃん」



律にゃん「///」



唯にゃん「みんな、耳を貸すにゃん」



律にゃん「な、内緒話は良くないにゃん…」



唯にゃん「えへへ~せーの!」



澪純梓唯憂紬菫直「律にゃん顔真っ赤ーにゃん」



律にゃん「煩いにゃん///」



おしまい