唯「憂〜今日は外食してくるよ〜」

憂(させるかっ)

憂「お姉ちゃん!外食なんか駄目だよ!この頃のニュース見た?どんな異物が混入してるかわからないんだよ!」

唯「うーん…わかった、やめとくよ」

憂「それでいいの。今日はお姉ちゃんの好きなハンバーグだよ」

唯「わーい」

憂「ふふっ」ジュージュー

憂(お姉ちゃんのハンバーグに、私の涎混入しちゃおう)たらー

?「させるかっ!」

憂「だ、誰?」

唯「あずにゃん!」

憂「あ、梓ちゃん!どうして天井裏から!あなた、ゴk」

梓「唯先輩騙されちゃ駄目です!憂はうまいこと言って唯先輩のハンバーグに異物を混入しようとしてたんですよ!」

憂「ち、違うもん!」

梓「証拠があるんですよ。憂がハンバーグに涎を混入しようとしてたところの写メ」

唯「憂これ…」

憂「うわぁあああああああ!」

梓「唯先輩、今日は私の家でご飯食べましょう。私が愛情のたっぷり混入した料理を作ってあげます」

唯「わーい、あずにゃんの手料理♪」

梓(…フフッ)

?「そこまでよ梓ちゃん!」

ゴトッ

唯「わあっ、今度は和ちゃんが地下から出て来た!」

和「騙されちゃ駄目よ。梓ちゃん、いえ、その泥棒猫は唯の分の手料理に異物混入しようとしてるのよっ」

梓「にゃ、何言ってるんですか!そんなことするわけ」

唯「あ、和ちゃんがボイスレコーダーを取り出した!」

和「」カチッ

『うふふ、今日は唯先輩に料理を作ってあげよう。憂には任せられないもんね。隠し味に私の我慢汁…』

梓「にゃあああああああああああああああっ!」

和「さあ行きましょう唯。こんな変態たちには唯を任せておけないわ。今日は私の手料理を食べなさい。私は自分の体液を混入したりなんかしないわ」

唯「う、うん…あれ、和ちゃんその瓶は?」

和「ぎく」

憂「和ちゃん…さては睡眠薬を料理に混入して…」

和「ななななな何の話かしら?この私が愛する唯にそんなことするわけ」

梓「ボイスレコーダーに続きが」カチ

『ふっ甘いわね貴方たち。体液を混入して何になるというの。この睡眠薬を混入することで唯を好きにできる私の勝ちよ』

唯「そうなんだ、じゃあ私外食してくるね」

和「だ、駄目よ唯!外食には異物混入が」

唯「そこの三人の異物混入よりはましだよ」バタン

憂「…」

梓「…」

和「…」

唯(あ、りっちゃんと澪ちゃんだ。…そうだ。りっちゃんに作ってもらお)

唯「おーいりっちゃん澪ちゃ…」

律「はあ?どういうことだようちで食べさせろって」

澪「だって、今日パパもママもいないし、私料理できないし、異物混入のニュースで不安だし…」グスッ

律「そうは言っても今日聡がサッカーで疲れて帰ってくるから、山ほどつくらなきゃだし…」

澪「うう…聡はいいなあ。私も律の手料理が食べたいんだよー」

律「あーわかったわかった!家に来いよ」

澪「あ、ありがとう律〜」

律「お、唯じゃんどうしたんだ?」

唯「えへへ、今日はマックで外食しようと思って」

澪「はあ?マック?大丈夫なのか?あそこは」

唯「うんへーきへーき」

律「お前には憂ちゃんがいるだろ?何でマックなんて」

唯「うん…いいの、憂はもう」

律(何があったんだ?)

澪(さあ)

唯「じゃあねりっちゃん澪ちゃん!仲良くね!ひゅーひゅー!」

澪「なっ///」

律「唯!このー!」

マック店内

さわ子「マックもたまにはおいしいわね」モグモグ

イケメン「そうだね」モグモグ

さわ子「!」ガリッ

さわ子「何か入ってた。金属?」

イケメン「ん?何が入ってたの?」

さわ子「これ、指輪?」

イケメン「結婚しよう」

エンダァァァァァァァイヤァァァァァァァ


回想終わり

さわ子「なんてね」モグモグ

さわ子「はぁ…今年の誕生日も一人か」

唯「おーいさわちゃん」

さわ子「唯ちゃん!」

唯「へへ、最近のマックは空いてていいね」

さわ子「そりゃ空いてるけど、どうしてここへ」

唯「ムギちゃんがバイトしてるからね」

紬「お待たせしました。てりやきバーガーセットでお待ちのお客様」

唯「はーい」タタッ

紬「てりやきバーガーセットですお待たせいたしました」

唯「おーありがとうムギちゃん。バイト頑張ってね!」

紬「最近お客様があまり来なくて楽だからいいわー」

紬(さわちゃんと向かい合わせに座るのね。うふふ)

紬(ハッピーバースデーさわちゃん、今日は特別な誕生日プレゼントを仕組んでおいたわ)

さわ子(はあ。現実には教え子と相席か…)

さわ子「誰か、私を愛してくれる人はいないのかしら…」

唯「愛なんてない方がいい事もあるよ」

さわ子「?」

唯「いただきまーす」

ガリッ

唯「!?うぇ、何か入ってた」

さわ子「出してみなさい」

唯「べー」

コロン

さわ子「これ、指輪?」

紬「おめでとうさわちゃん!唯ちゃん!とうとう出会いが見つかったわね!」

ワー、パチパチパチパチ

エンダァァァァァァァイヤァァァァァァァ

唯・さわ子「なにこれ」

終わり

勢いで書いた。さわちゃんおめでとう