「なんだよー、びっくりしたじゃねえか…。まったく驚かせんなよ」

私の隣に寝ている澪は、大きく寝相を変え 自分の布団の領域を今にもはみ出しそうになりながら横を向き 両手で私の腕を掴んでいたのだった


何か用があるのか?とも一瞬思ったが 澪の瞳は閉じられたままで、とても起きているようには見えない

試しに何度か澪の名前を呼んでも返事はなく、どうやら澪は寝ぼけて私の腕を掴んだことは間違いなさそうだった

こいつ意外に寝相悪いんだな……。 こんな様子だとベッドから落ちたりなんかしてそうで毎日大変そうだな…


そんなことを考えていると 突然私の腕を掴む力が強くなった


「いたっ!? こ、こいつ力強いな!? いててて……痛いって!!」

さすがに痛みに耐えきれなくなり 私は思わず右腕で澪を叩き起こそうと拳を振り上げてしまった


……のだが 私が振り上げた腕を澪にむかって下ろそうとした瞬間、突然私の左腕を覆っていた痛みは消えた

「……離してくれたのか?」ホッ

しかし、私が安堵したのも束の間、次の瞬間 今度は私の体全体に何かがのしかかってくる感触がした

「!?重っ!? こ、今度は何だ!?」

そう言っている間にも私の顔に何者かの吐息やら黒髪やらがかかってくる  ……ってことは私の上に乗っかってきたのは、澪……?


……間違いない。あまりに至近距離すぎて確認するのに少し手間取ったが、私の目には間違いなく澪の顔が映っていた


てかいくら寝相が悪いからって普通覆いかぶさってくるか!? こいつ本当は起きてて私をからかってんじゃねーか…?

「んふふ……りっちゃん♪ ……zzz」


……とも思ったが、どうやら起きているわけではないようだ。 …まぁよくよく考えたらあの澪が自分から抱き着いてくるなんて到底思えないしな


ていうか今更だけど顔近っ!!! 寝息もさっきからずっと私の顔にかかってるし! 一歩間違えたらキスしちゃう距離だぞ、こりゃあ

……

「……キスか…」


キスか……。 うん。

っていやいや、何考えてんだ私

澪だぞ? 幼馴染の 

ないわー。 うん…


……でも澪とキスしたらどんな感じなんだろ。ちょっと気になるような……

って!本当に何考えてんだ私!! いくらなんでもそれは…!

……でも今ならしちゃってもばれないかも…


そんなことを考えているとなぜだか 心臓の鼓動が段々とはやくなっていく感じがした

本当に、してしまおうか……? いや、でもそれはやはり流石に……


「……りつぅ… 置いていかないで……」

私が気分を高揚させながらもどうしようか思案していると 澪の口から力のない寝言が漏れた

……まったく、それが寝ぼけて人の体の上に覆いかぶさってる奴の言う寝言かよ

でも澪の夢の中とはいえ私もひどいことするなー、澪を置いていくなんて……。

「大丈夫だよ、澪。私が澪を置いてどこかに行くわけないだろー?」ナデナデ

澪には聞こえていないだろうが、そんな小恥ずかしい台詞を言いながら 私は澪の頭をやさしく撫でてやった


そして その後、私は澪の唇にやさしくキスをしてあげた


澪の唇はなんというかムギのほっぺとはまた違ったやわらかさで 言葉では上手く言い表せないが、とても心地よい感触がした

キスはほんの一瞬しかしなかったが、それでも私はとても大きな充足感を感じていた



キスをし終えると 澪に抱き着かれている安心感からか、それとも澪とキスができたことの幸福感からか 次第に私に眠気が襲いかかってきた

だんだんと意識が遠くなっていき、まぶたが重くなっていって━━━━


しばらくすると、部屋は再び静寂に包まれ、4つの寝息の音のみがこだましていた


・・・・・・


チュンチュン チチ……


「……うぇ…?」ガバッ

「…あさ……?」ゴシゴシ

「あ、唯ちゃん起きた? おはよう」

「あ……ムギちゃんおはよー…。早起きだねー…」 

「あれ…? 澪ちゃんとりっちゃんはまだ寝てるの?」

「うん。そこで寝てるわ」


「…りつぅ……zzz」

「…みお……zzz」


「…わー! 二人とも抱き合っちゃって! 仲良しさんだねー!」

「二人ともとても幸せそうな顔して寝てるから起こせなかったの」

「……じゃあもうちょっとこのままにしといてあげよっか!」

「そうね。私たちが邪魔しちゃ悪いものね」

「じゃあ昨日みた夢の話でもしよー、ムギちゃん。 昨日さー、夢でね、りっちゃんが足利尊氏に首を……」

「あらあら」


「……りつぅ…zzz」ギュッ

「……みおぉ…zzz」ギューッ




梓「そのあと、先に起きた澪先輩は律先輩に抱き着いて寝ていたことに気づいて 恥ずかしさのあまり気絶してしまったそうです」



終わる