~~~~~~~~~~

律「ふあぁ・・・」

梓「そんなに暇なんですか?」

律「あぁ・・・」

梓「私はこうやって先輩と一緒に音楽聴いてるだけで幸せなんですが」

律「どうも刺激が足りない」

梓「はぁ・・・」

梓(確かに律先輩ってこういうまったりしたのは苦手なのかも・・・)

律「うー眠い」

梓(>>839とかしてあげたら喜ぶかな?)

※渾身のギャグ3連発

梓「えっと・・・律先輩と私の関係とかけましてボクシングと解きます」

律「ふーん」

梓「ふーんじゃなくてその心はです!」

律「そのこころは(棒読み)」

梓「どちらも付き合って(突き合って)います」

律(うわつまんねー・・・)

梓「・・・ごめんなさいつまんなかったですよね」グス

律「い、いや!そんなことないぞぉ!(汗」

梓「じゃあ続けますね・・・」

梓「律先輩のドラムとかけまして24時間テレビと解きます」

律「その心は」

梓「どちらも走りすぎでしょう」

梓「それじゃもうひとつです!」

律(これはノってるな・・・)

梓「私とかけまして軽音部の皆さんと解きます」

律「その心は」

梓「皆律先輩のことが大好きです!///」

律「梓・・・」

梓「先輩・・・」

律「レコード、終わってるぞ」

梓「へっ・・・あっ!」

梓「うぅ・・・大切にしてたのに・・・」

律「まあ・・・針飛ぶ訳じゃないしいいじゃん」

梓「うぅぅ・・・」

律「そんなことより」

律「さっきの梓可愛いすぎだろ」

梓「へっ・・・?」

律「可愛い仔猫ちゃんはこうしてやる」ガバッ

梓「やっ押し倒さないでっって・・・ふぁっ」

律 チュッチュッチュ

梓「いやぁ・・・せめてベッドでぇ・・・」

律「じゃあ行こ・・・メールか」パカ

律「・・・」

梓「どうしたんですか?」

律「夕飯も自分で作れってさ」

律「めんどくせーなー」

律「んーいいや、梓食べたいものの材料買ってきて」

梓「またですか?」

律「うん、買ってきたら私が適当に作ってあげるから」

梓「・・・分かりました。買いに行きますね」

~~~~~~~~~~

梓「晩ご飯は>>852にしよっと」

※チーズフォンデュ

梓「晩ご飯はチーズフォンデュにしよっと」

~~~~~~~~~

律「それで、何買ってきたんだ?」

梓「これですよ」ガサガサ

律「なるほど・・・チーズフォンデュねぇ」

律「鍋どこにやったかなっと・・・」ゴソゴソ

~~~~~~~~~

律「ほら、出来たぞ。早速食べたまえ」

梓「ありがとうございます。それじゃ、頂きます」

律「うーん、バゲットがもうすこしあればよかったんだけどなぁ」

梓「すみません・・・」

律「いや、ウィンナーもジャガイモもあるし」

律「へっへっへ、ブロッコリーもあるからな」

梓「どうしてそんな含みのある言い方を・・・」

律「え、嫌いじゃないの?」

梓「別に嫌いじゃないですけど・・・」

律「えぇーブロッコリーって誰しも幼い内は嫌いだろー?」

梓「そんなこと・・・というか子供扱いしないでください!」

律「はいはい、可愛い可愛い仔猫ちゃん」

梓「うるさいです!」

律「こーんなちっちゃいのに子供じゃないですーって言われてもねぇ」ニヤニヤ

梓「先輩だって大して変わらないじゃないですか!」

律「はいはい分かった分かった」ナデナデ

梓「撫でれば済むと思ったら大間違いです!」

律「でもしっかりチーズフォンデュは食べちゃう梓ちゃん可愛いー」

梓「うぅぅぅ・・・」

律「ちょっと減ったし牛乳足すか」

律「あ、そうだちょっと待ってて」タタタ

梓「?」

~~~~~~~~~~

律「このカレー粉が目に入らぬか!」

梓「何やってるんですか」

律「いいことを教えてやろう、カレー粉をチーズフォンデュに入れるとうまい!」

梓「あ、そうですか」

律「おい」

律「まあいいや、入れるからな」

律「あ、お子様の梓は辛いの 梓「はっ倒されたくなかったら黙って入れてください」

律「ごめんなさい」

律「ほら、食べてみなよ」

梓「それでは・・・あ、おいしいです」

律「な、な、おいしいだろ?」

梓「はい!」

~~~~~~~~~~

梓 スヤスヤ

律(困ったなぁ・・・晩飯食わせたら寝ちまったよ・・・)

律(さてどうしたもんか・・・)

梓「んぅ・・・」

律「まったく・・・」ナデナデ

梓「ふにゃ・・・」

律(へへ・・・>>857しちゃえ)

※添い寝。

律(へへ・・・添い寝しちゃえ)

律「ほーら、大好きな律先輩だぞぉ~」ギュウゥ

梓「うぅぅ・・・」

律 ナデナデ

律(まぁ早く起きて風呂入ればいいかぁ・・・)

律(・・・ネコミミ付けてやれ)カポ

律「ふふ、好きだよ、梓」チュゥ

梓「ふにゃ・・・」

~~~~~~~~~~

律「んぅ・・・」

律「6:00か・・・そろそろ起きるか・・・」

律「おーい梓ー」ポンポン

梓「うぅぅ・・・朝ですか・・・?」

律「そうだよ、仔猫ちゃん」

梓「何が仔猫ちゃんですか・・・ふぁ」

律「本当に仔猫ちゃんじゃないか」ニヤニヤ

梓「ん・・・あっ」

梓「寝てる間にやったんですね・・・全く」

律「可愛いからいいじゃん」

梓「よくない!律!」

律「唐突にタメ口だな」

梓「しっかり反省してよね!」

律「・・・はいはい、これで許していただけませんかね、姫様」チュウ

梓「おデコにチューだけですか?」

律「分かった分かった、どうぞなんなりとお申し付けください」

梓「じゃあね、朝ごはん作って!」

律「こんな時だけは目を輝かせおって・・・」

律「でも朝ごはんは母さんが・・・まだ起きてないか・・・」

律「しょうがないなー・・・作るから風呂入ってて」

梓「律と一緒がいいのに」ブー

律「その分いいもの作ってやるからさ」

梓「しょうがないなー」

律「私は梓の後で入るから」

梓「律と一緒に朝ごはん食べたいのに」

律「分かった分かった、私が梓の後に入って出た時にできるようにするから」

梓「じゃ、入ってくるね」

律「おうおう、ゆっくり入ってこいよ」

~~~~~~~~~~

梓「律、空いたよ」

律「おっけ リビングで待っておけよ」

律「キッチン覗くなよ~」

梓「どうして?律」

律「朝ごはんはおたのしみの方がいいだろ?」

梓「うん、分かった」

律「それじゃ、すぐ出てくるからな」

梓「ゆっくり入ってきていいのに」

律「可愛い恋人を待たせる訳にはいかないからな」

梓「も、もう!///」

律(タメ口梓も可愛いなぁ)

律(妹ってこんな感じなのか?)

~~~~~~~~~~

律「さてさて、最後の仕上げといきますか」

梓「はやくはやくー」

律「はいはい」

~~~~~~~~~~

律「はい、ベーグルとベーコン、ちょっと変わってるかもしれないけど温野菜添えだ」

梓「す・・・すごいです・・・!」

律「たまたまあったものだから・・・いつもはこんな豪勢じゃないぞ~」

律「あと本当はサラダがいいんだけど寒いし温野菜にしてみた」

律「さて、これでよろしいでしょうか?姫様?」

梓「・・・!」ギュウ

律「お、おい」

梓「好き・・・です・・・」ギュウゥ

律「・・・ご満足いただけたようで光栄です」

梓 ギュウゥ

~~~~~~~~~~

律「ところで」モグモグ

梓「?」

律「どうしてタメ口なんだ?」

梓「・・・たまにはしたかったんです」

律「緊張してる?」

梓「!」

律「図星か」

律「まあ緊張してるときはこういう風にしたら楽だしな~」

律「私もちょっと緊張してるんだけど」

梓「先輩も・・・ですか」

律「ああ・・・やっぱ告白やめないか?」

梓「それは駄目です」

律「だと思った」

律「さて・・・と」

律「ぼちぼち出るか?」

梓「ずいぶん早いですね」

律「早く出たら一緒に行けるぞ」

律「ただ・・・唯とか澪とかムギには怪しまれるかもな」

梓「確かに・・・そうですね」

律「遅くバラバラに行けば勘付かれずにすむけどな」

律「梓、どうする?」

1. 早く出る
2. 遅くバラバラに出る

※1

梓「早く出ましょう!」

律「・・・そうだな」

律「さて、着替えるか」

~~~~~~~~~~

律梓「行ってきます」

律ママ「はいはい、行ってらっしゃい」

律「手、つなごっか」

梓「人に見られちゃいますよ」

律「いいじゃん、まだ学校まで距離あるし」ギュゥ

梓「もぅ・・・///」

~~~~~~~~~~

梓「もう近いですよ・・・///」カァァ

律「まだ・・・あ、うちの制服」バッ

梓「い、いきなり離さないでくださいよ!」

律「じゃあもうちょっと 梓「そういうことじゃありません」

律「あ、そうだ、学校に着いたらいいところ教えてあげる」

梓「どうせ変な所だと思いますけど付き合ってあげます」

律「む、失礼な」

律「絶対気にいるって」

梓「ふぅん」

律「もうちょっと期待しろよ~可愛くないなぁ」

梓「散々可愛い可愛いって言い続けてきてそれですか」

律「そんなに言ってないじゃん」

梓「朝から夜までに1日5回は言ってますよ」

律「そっか まあ可愛いのは確かだし」

梓「い、言われるの結構恥ずかしいんですよ!」

律「そっかそっか可愛い可愛い」ナデナデ

梓「や、やめてくださいぃ・・・」

~~~~~~~~~~

律「うん、人居ないな」

連れて行かれたのは階段の下であった

律「ここの倉庫、なんでか知らないけれど入れるんだよ」ガチャ

梓「鍵かけわすれてるんですかね」

律「さぁ・・・ま、いいや」

律「ドアはこうして机で塞いでと」

梓「狭いですね」

律「いいじゃんいいじゃん」ギュウゥ

梓「ちょ・・・学校でやめてください」

律「抵抗すればいいじゃん」

梓「ぐ・・・」

律「ほら、こっちむいてよ」

律 チュウゥ

梓「んむぅ・・・」

律「プハッ・・・興奮するだろ?」

梓「変態・・・///」

律「顔真っ赤にしてぇ~」ニヤニヤ

梓「うるさいです!」

律「こらこら仔猫ちゃん、あんまり大きな音立てるとバレちゃうぞ」チッチッチ

梓「うぅぅ~」

律「ここならえっちもできるぞ」

梓「な、何言ってるんですか!///」

律「本当はシたいくせに~」

梓「そんなことないです!変態!」

律「はいはい変態で悪ぅございました」

梓「もう・・・」

律「そろそろ教室もどるか」

律「ちょっと待ってろ・・・よしよし誰もいない」

律「それじゃ、また部室でな」

梓「はい、またです」

38
最終更新:2012年11月19日 23:04