…………いつもの部室

梓「はい? 写真ですか?」

唯「うん、今度学習塾の受講証に要るんだぁ。ちょっと練習しとこうと思って」

律「練習するもんかぁ? ソレ」

唯「私卒アルとかこういう写真っていっつも納得いかない写りになっちゃうんだよね~。だから練習するの!」ガタッ

澪「ああいうのって緊張するもんな」

紬「普段滅多に撮らないからね~」

梓「分かりました。じゃあこっちの広いところで……」ガタ

唯「ちょっと待ってねあずにゃん。えっと鏡鏡……」ゴソ

唯「ふーむ……ふむ……髪はこの感じで……」

律「鼻毛出てるぞー」

唯「ほげっ!?」

澪「出てないっ」ゴチ
律「げっへぁ」

紬「うん。唯ちゃんどこも変なとこないよ、かわいい♪」
唯「そうかなあ。……ちょっとヘアピンずれてない?」
紬「えっ? そう? いつもと同じに見えるけど……」
唯「間隔がちょっと狭すぎるんだよね。も少しこう……」
紬「こ、こう?」
唯「んぁあそれじゃ広げすぎぃ……」

律「今までそんなの気にしたことあったかよ……」
澪「まあ気になる気持ちは分かるけど……」


梓「ユイセンパーイ……まだですかー…………」ポツーン


唯「ごめんごめん。これで準備バッチシだよあずにゃん!」


梓「ハイ。それじゃあ撮りますよー」

唯「お願いします!!!」フンフン

梓「ハイ」サッ

唯「フンスッッ」キリッ

梓「…………」

律澪紬「…………」

唯「…………」キリッ

梓「……」

唯「…………」キリッ

梓「……」プルプル

唯「…………」キリッ

梓「グッ!!! ククッ……クククク…………ww!!!」

唯「…………」

梓「クッギギギギギシシシシシ……!!!! フフフホホホホヒヒヒホホ…………www」チラ

唯「……」

梓「フーッフーッフーッフーッフハフハフハフハフハフハフハフハッ……!!!wwwww」

唯「……」

梓「ブッ!!!wwwww」

唯「」

梓「んにゃぁっはっはっはっはっはっ!!!!wwwイヒィ!wwwヒィーッヒッヒッヒッヒッヒwwww」

梓「ゲッホゲホォwwwwホホホホホハハハハハハハハハハハwwww」

梓「ヒーッwwwヒーッwwwヒーッwwwwフヘフヘフヘフヘフヘwwwwww」

唯「……」

律「おいおい梓……」
紬「あ、梓ちゃん……?」
澪「…………」プルプル

梓「ひゃ~~~っひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!!! ゲシャシャシャシャシャシャ!!!!wwwwブシュウッwww」ガタガタッ

澪「フーッ フーッ フーッ……!!!」ブルブル

梓「ひゃひーっひゃひーっひゃひーっ!!! ジュルウッ!……ブッッッ!!!!」ゴロンゴロン

澪「ウグゥウッ!!!!wwwグッッッwwwフフフフッww」

唯「……」

澪「なあっはっはっはっはっはっ!!!wwwwもwwwもうだめぇwwwwwいっひひひひひひひひひひwwwww」

唯「」

澪「はああああwwwwはあああああああwwwwあああーっはっはっはっはっはっはwwwww」

梓「ジュルジュルッwwwwンフハハハハハハハハハハハハwwwww」

澪「あひーっwwwwあひーっwwwひひぃーっwwwりwwwりちゅたしゅけてwwwwひぃーっひっひっひっひっひwwww」ゴロゴロ

梓「ジュバァアwwwwグチョチョチョwwwwwチョバラハハァアアアwwwww」モルンモルン


………………♪

……………♪

………♪

……♪

…♪

数分後

静まり返った部室内。椅子に座ったまま虚空を見つめる唯の前で、梓と澪が正座していた。

梓「アノ……ホント……スミマセンでした唯先輩…………あまりにも……フグッ!!! フwww普段の雰囲気と違っていたもので……クグッ……w」ブルブル

唯「ソンナニオカシカッタデスカネ……」ず~ん

澪「あ、あの、ゆイ ブフォオッ!!ww ……ギッ。ご、ごめんな……梓に釣られちゃってつい…………」

律「まったく失礼にもほどがあるぞーお前ら」

紬「梓ちゃん! 澪ちゃん! だめよ!?」プンスカ

梓澪「「ハイ……」」


??ガチャ

和「ちょっといい?……って」



和「…………すごく……珍しい光景ね……」


梓「スミマセンデシタ……」ペコペコ
澪「ごめんなさいぃいぃ……」ペコペコ

唯「アハ、アハ、アハハハハハハハハ…………」


おしまい