いつもの部室

唯「ん~~~~あずにゃん遅い~……」
律「ま~ったく梓のやつ、休み明けだからってたるんでるなぁー。ここは先輩らしくお灸を据えてやるかぁ」
澪「いや……梓のことだから、日直とか学校のことで遅くなっちゃってるだけだろ」
紬「でも珍しいね。梓ちゃんがこんなに遅いのも」

ガチャッ!

梓「……」ズンズン

唯「あっ! あずにゃーん!!」パァァ
律「おっそいぞー」

梓「YO YO」

澪「へ?」

梓「YO! YO!」クネクネ

紬「梓ちゃん?」

律「ようようってなんだよ。ちゃんと挨拶しろよなー!」

梓「いや挨拶ってそうじゃないんですよ。今私すごいラップにハマってまして」

律澪紬唯「「「「ラップ?」」」」

梓「そうですよ。今もクラブで一発やってから来たんでちょっと遅くなっちゃったんですけど」

律「いやいやちゃんと時間通りに来いよ。てかクラブってどこだよ。うちにラップ部なんてないだろ?」

梓「YO! YO!」クネクネ

律「聞いてんのかこら」

梓「えっとまあそういうわけなんで今日はこれで失礼します。私今日調子良くて、まだまだやっていきたいんです」

唯「えーそんなぁー!」
澪「あ、梓、今日はNoThankYouの合わせ練習するって言ったじゃ
梓「foooou!!!」
澪「ひいぃっ!?」ビクッ

梓「だったら、今から私についてきてください。至高のラップバトルってやつを見せてあげますよ。話はそれからです」クルッ

バタン!


律澪紬唯「「「「…………」」」」

律「梓ってあんなやつだったか?」
唯「うう……なにがあずにゃんを変えてしまったの……」
澪「ラップ……なんだろうけど……。どんな影響の受け方なんだ……」
紬「ねえねえ、ついて行ってみない? 私梓ちゃんのラップ聴きたいわ!」ウヒョルン
律「そだなぁ、暇だし、行ってみるかー」
紬「お~♪」


………♪

………♪

廊下


梓「……」ズンズンチャッ ズンズンチャッ


律澪紬唯「「「「…………」」」」

律「ラジカセ持って、リズムとりながら歩いてるだけじゃん。なーにが始まるんだか」
澪「なんかアレ、見てるこっちが恥ずかしい……」ウゥ
唯「あれも、あずにゃんには必要な道なんだね……」ウッウッ
紬「いつ始まるのかな!?」フンフン


梓「…………」ズンズンチャ ズンズンチャ


――純「…………」スタスタ


紬「あれ? あの子って……」
唯「あずにゃんの友達の……」
律「サカキバラさん」
澪「鈴木さんだッ」コラ


梓「…………」
純「…………」


唯「睨み合いだね……」
澪「ちょっと怖いな……」
紬「始まる!? ラップバトル!」ワクワク


ラジカセ『~ズンズンチャッ♪ ズンズンチャ♪ ズンズンチャ♪ ズンズンチャッ♪~』

梓「……!」クネックネッ
純「……っ」ズンッズンッ


律「踊り出した!?」
澪「ウワッ……」
律「お互いマイクまで出した! 始まるぞ!!」


純『ねえ!? ねえ!? ここ高校! ねえ!? ねえ!? ここ高校!! 小学生が、なんでいる!? 小学生が、何してる!? 今すぐ帰って宿題しなよ! お前に合うのはランドセル! yeahー!!!』yo! yo!


澪「な、なに、あれ……」
律「ひっでーラップだな、オイ」
唯「あずにゃんかわいそ~……」
紬「こ、今度は梓ちゃんの番じゃないっ?」


梓「――YO! YO!」yo!yo!

梓『人を 見た目で判断するな! 人は 中身で判断すべき! それではアンタの浅さが知れる! 万年モブキャラ揺るがない! yeah!!!』yo!yo!


律「おー、言い返した。ディスり合う感じなのか」
唯「し烈な争いだね……!」


純『お前のそと見は小 学 生! お前の中身も小! 学! 生! でも部活じゃ扱いほとんど猫どうぜ~~~ん!!』yoー!!!

梓「……っ!……」yo!yo!

純『軽音部員は猫飼ってる! 軽音部室は猫カフェだ! 軽音部員は猫飼ってる! 軽音部室は猫カフェだ~っ!!!……』yo…! yo…!

梓「…………」


律「小学生から猫に……」ハハハ…
澪「梓、返せてないな」
紬「これがラップバトルなのね……!!!」
唯「あずにゃん……」


純『~~~! ~~~~……」ズンズンチャ ズンズンチャ…

梓「…………」


紬「帰った? 終わったのかな?」
唯「あずにゃんフツーに負けちゃったね」


――梓「…………」ズンズンチャ! ズンズンチャ!!


律「あ、また行進始めたぞ」
澪「続ける気なんだ……」


…………♪


………♪


…♪


梓「……♪ ………♪」ズンズンチャ ズンズンチャ


澪「気を取り直して って感じだな」
紬「次は誰と戦うのかしら?」


――憂「…………」スタスタ


唯「お……ほえっ、う、憂ッ!? えっ!?」
律澪紬「「「憂ちゃん!?!?!?」」」


梓「…………」
憂「…………」


ラジカセ『~ドッドッドン♪ ドッドッドン♪ ドッドッドン♪ ドッドッドン♪~』


梓「……」クネックネッ
憂「……!」ルン ルン


律澪紬(ルンルンしてるのかわいい……)
唯「憂~……あんまりあずにゃんのこと悪く言っちゃダメだよ~……」


憂『yo-! yo-!』

憂『――待ってよ待って あそこにいるの 放課後ティータイム!?  私の大好き バンドのグループ 放課後ティータイム!?』fo!

憂『きゃー 嬉しい サイン欲しいな! メンバー皆さんの!  ドラムの律さん ベースの澪さん キーボードしてる 紬さん!』ya!

律「へへっ……」yo! yo!
澪「……」ニヨニヨ
紬「うふふ♪」

憂『でもね? でもね? 私の一番 ギターとボーカルお姉ちゃん! 大大大好きお姉ちゃん!!』キャハー

唯「でへへ……」テレテレ


梓「っ…………」yo! yo!

梓『――ナッ、何を言ってんのYO!? あんた、大事なメンバー抜けてるYO!? あんたはいったいどこみてんのYOー!? ええー!?最後のメンバー言ってみてYOー!!!』yo!yo!


澪「なんか、梓の完成度がさっきと比べて……」
律「効いたんだろうなー今の……」


憂『好き好き大好きお姉ちゃん! あったかやわらかお姉ちゃん! にっこりほがらかお姉ちゃん! ずうっと仲良しお姉ちゃん!』hey!

梓「ちょっ…………」

憂『好き好き大好きお姉ちゃん! 笑顔がしあわせお姉ちゃん! ふわふわいっぱいお姉ちゃん! 出逢いは運命お姉ちゃん!!』yeah~!!!

梓「……」


唯「さ、流石に照れますなぁ」
紬「なんだか憂ちゃんの独壇場って感じ♪」
澪「止まる気配がない……」


憂『好き好き大好きお姉ちゃん! あったかやわらかお姉ちゃん! にっこりほがらかお姉ちゃん! ずうっと仲良しお姉ちゃん!』hey!!

憂梓『『好き好き大好きお姉ちゃん! 笑顔がしあわせお姉ちゃん! ふわふわいっぱいお姉ちゃん! 出逢いは運命お姉ちゃん!!!!』』yeahー!!!


律「あっ、入った。憂ちゃんのに入ったぞ」
澪「止むを得ずって感じだな」
唯「ぁ、あずにゃんまで……えへへ……」


憂梓『『好き好き大好きお姉ちゃん!! あったかやわらかお姉ちゃん!! にっこりほがらかお姉ちゃん!! ずうっと仲良しお姉ちゃんー!!』』YEAHー!!!!!


………♪

……♪

…♪



梓「…………」ズンチャ… ズンチャ…



律「憂ちゃんの勝ちだったな」
唯「あずにゃんまだ一回も勝ててないねぇ」
澪「元気もなくなってきてるし……もうこれくらいにしとけばいいんじゃ……」
紬「次は誰とかな!?」キョロキョロ


梓「…………!!!」ズンチャ ズンチャ


??和「…………」スタスタ


律紬澪唯「「「「…………」」」」

律(和が!? ウッソだろ!?)
澪(ち、違う! きっと、ただ通るだけだっ!!)


梓「…………」
和「…………」ピタ


律澪((止まったぁぁーーー!?!?))

唯(和ちゃん…………)
紬(でも、和ちゃんのラップ、気になるわ……!!)フンフン



ラジカセ『~~テケテッテン♪ テケテッテン♪ テケテッテン♪ テケテッテン♪~~』


梓「……っ ……っ!」クネックネッ
和「……!……!」グォングオォン


律「和動きスゲェ……」
澪「和のイメージがぁ……」ヒーン
唯「和、ちゃん…………」
紬「あ……は、始まるよ!!」


??和『急に 呼ばれて 何かと思や? 突然ラップ バトルとか?? アンタ 現状分かってる?? 自分の状況分かってる??? Huh~!?』

梓『??YO!! YO!!!』yo!yo!

梓『自分の状況? 気分は上々↑↑ 今このステージ躊躇はNon-Non!!! これから魅せるの私の魂 その目とレンズに焼き付けろッYEAHー!!!!!』

和『??yo! yo!! ッチェケラッ!!!』バッ

和『見るのはアンタ 覚悟は出来た!? 私が見せるの生活態度! アンタの高校生活態度!』

梓「ッ!?」

和『大体この時期アンタはともかく 先輩進路を決める時期! なのにアンタは先輩呼び出し ラップぶちまけ自己満足 それじゃあ次代の軽音危うい アンタの進路もマジ危うい!』yo! yo!

梓「…………」

律「ラップで説教されてるし」


………♪


………♪


………♪


和『アンタの素行は速攻報告! 職員役員生徒会! 一切合切万々歳!』YO!! YO!!!

梓『はあああああ!!!!(泣) はぁあああああああ!!!!!(泣)』yo…yo…


澪「踊りながら泣いてる……」
唯「和ちゃん、もうやめて……あずにゃんを許してあげてぇ……」


和「ふう……」

和「じゃあ私、生徒会行くねチェケラッチョイ」スタスタ


梓「……」グスッ

律「梓!」 澪「梓…」 唯「あずにゃんっ」 紬「梓ちゃん」


…………♪


…………♪


…………♪


…………♪

いつもの部室。


梓「みなさん、お騒がせしてすみませんでした。もうラッパーはこりごりです」

唯「そうだよぉ~。あずにゃんは、いつものままが一番だよ~」ぎゅ~
梓「はいっ……」ニンマリ

澪「元に戻って良かったな……」
律「ほんとになー。和のおかげだよなー」
紬「でも、楽しかった♪」


??ガチャ

和憂純「「「失礼します」」」

唯「あー」
梓「!!」ビクッ

和「梓ちゃんいる? 例のラップ。勢いで厳しいこと言っちゃったから、謝りにきたんだけど……」

梓「……!」

純「私も、本人に頼まれたとはいえ、色々言っちゃったし……」
憂「ごめんね梓ちゃん!」

梓「……っうんっ。いいの! 和先輩の、みんなのおかげで目が覚めたから!」


律「……おーし! じゃあみんなで打ち上げだ! ムギ! お~茶の準備だー!」
紬「はーい♪」
澪「打ち上げって!?」
唯「みんな来てきてー!」

和「それじゃあ、ご馳走になるわ」

純「あは、憂、私達も行こっか」
憂「うん!」


唯「あずにゃん良かったねー」
梓「えへへ……はい!」


おわり!