………♪

………♪

………♪

軽音部部室

ガチャ

唯「こんにちわー」

律「おっ!」 澪「よっ」 紬「こんにちわ♪」

唯「えへへ……」ガタ

紬「唯ちゃんお疲れ様。はいどうぞ。アップルティーよ」コト

唯「わあー、むいちゃんありがと~」ゴク

律「……」ニィー
澪「……」フフッ
紬「……」ニコニコ

唯「おいしぃ~~」ホワーン

紬「ケーキもあるからね♪」カチャ

唯「うわ~~~♪ はは~~ッ♪」

澪「唯、軽音部にはもう慣れた?」

唯「あっ、うん! いいところだよね~こんなに美味しいお茶とお菓子が食べられるなんて」

律「軽音部に対する感想じゃねーなーそりゃ……」ハハハ

唯「あ、でへへへ~……」

澪「まあ、まだギターも買ってないしな……」

紬「明日が楽しみですね♪」

唯「うん! どんなギターあるのかな~」

澪「いっぱいあるよ。とにかく見てみないと」

唯「みよちゃんは、どうして今のベースにしたの?」

澪「え……えっと」

律「くくっ……唯っ。『みお』な。『みお』」

唯「ほえっ……今私なんて言った?」

澪「みよ、って……」

紬「さっき、私のことも『むいちゃん』って」ウフフ

唯「うあぁごめんなさい、私ちょっと滑舌悪いんだよね~」

紬「いいんですよ♪」
澪「う、うん、別に全然……」

唯「緊張してたり、しっかり言わなきゃって思ってる時は、気をつけてるんだけど、気が緩むとつい……」

律「……でもそれってつまり、唯が軽音部に慣れてきたって証拠だよなっ」

紬「ええ♪」澪「うん……!」

唯「りっちゃん……」

律「あっ。アタシはふつーなんだな」


…………♪


…………♪


…………♪

その後、無事ギターを手に入れた唯。
しかし中間テストで赤点をとってしまい、軽音部協力のもと、追試合格のための特訓をすることに!

………下校路


唯「今日はお父さんが出張でね? お母さんも付き添いでいないから気兼ねしなくていいよー」
律「あれ? 妹がいるって言ってなかったー?」
唯「ウン、妹は帰ってきてると思う」
紬「それだとお邪魔にならないかしら?」

律澪紬「「「唯(ちゃん)の妹かぁ……」」」

………♪

平沢家

律澪紬「「「おじゃましまーす」」」

憂「あ! お姉ちゃんおかえりー。……うぇ? お友達?」

憂「初めまして! 平沢憂です。姉がお世話になってまーす」

律澪紬「「「…………」」」

憂「スリッパをどうぞ」

律澪紬「「「出来た子だぁ……!!!」」」

唯「ありがと~うい~。この前話した、軽音部の友達だよ」

律「アハ……」 澪「エヘヘ……」紬「ウフ……」

憂「あ! お姉ちゃんから聞きました。部長の田井中律さんに、秋山みよさん、琴吹つむいさん、ですよね!?」

唯「あ……えっと~」

紬(唯ちゃん……)

澪(そこはしっかり伝えてほしかったっ……!)

律(私は当ってる)ヨシ


…………♪

追試試験終了!

…………♪

部室

紬「追試試験合格できてよかったね」

唯「うん。みんなありがと~」

律「これでやーっとスタートって感じだなー」

澪「ほんとにな……コードも覚えなおさないとだぞ、唯」
律「そうだぞー。こないだの特訓ですっかり忘れちゃったもんなー」

唯「えへへ……またしてもみよちゃんにお世話になります……」

澪(みよちゃん……)

唯「でもまずはむいちゃんのお菓子からだよね~」モグモグ

紬(むいちゃん……♪)

唯「おいひぃ~♪」

澪「まったく……そうやってのんびりしてて、期末で赤点とっても知らないぞ」

唯「ハウッ!?」ガクーン

澪「あっ……」

律「前のは中間だからなー? 期末あること忘れんなよー?」

唯「だ、大丈夫……! 今度からは、いざとなったらちゃんとののかちゃんにお願いするもん!」ハムハム

律「? ……?」

澪「そ、そう……」

律(ののかって誰だ?)
澪(さあ……?)
紬(多分、和ちゃんのことじゃないっ?)
律澪*1

唯「うう~~~そっか期末かぁ~~~」

澪「えっと…………ほんとにやばそうだったら遠慮しなくていいからな? 私で良ければ、また教えるから……」

唯「はっ、みよちゃんっ……!」ジーン

澪「ま、まあ……その方が一人でやるより内容も覚えやすいし……」
律「おおー! ならば今後とも宜しく頼みます澪しゃん!」
澪「はいはい……」

唯「……」ガタッ

唯「……思い返せば私、みよちゃんに助けられてばかりだよ! ありがとうねみよちゃあんっ!」ギュ!

みよちゃん「うぇえっ!? う……うんっ……」テレテレ

紬「あらあら♪」

唯「入部した時も、ギター買う時も、ほんとに……。りっちゃんもむいちゃんも! みんなありがとうぅぅ!!」
律「へへっ」
むい「うふふ♪」
みよ「……ふふ」


………………♪


…………♪


………♪


……♪


…♪

部室

律「てな感じで、一年の頃の唯って今に比べて舌っ足らずだったんだよなー」


梓「そうだったんですか……」


澪「なんか懐かしいな」

紬「うん♪」

梓「でも、私が軽音部に入った時には、もうちゃんと言えてましたよね?」

律「そうそう。あたしらが一年の時の学祭でさ、唯がボーカルすることになって、そんでさわちゃんところで歌の特訓したんだよ」

澪「それで戻ってきたら、発音も良くなってて。すっかりなくなったんだ」
律「声は枯れたけどな、最初」

梓「へ~……」

紬「私、むいちゃんって呼んでくれるの好きだったから、ちょっと残念だった」

梓「アハハ……」

梓「…………ていうか、唯先輩遅いですね」

律「あー、唯のやつ昨日夜更かししたみたいでさー、HRのあと……というか今日はほとんど寝てたな」
澪「ああ、いつにもましてな」

梓「あー……」(これは今日も練習ナシのコースかなぁ……)

……ガチャ

唯「ぁぇ~~……」ノロノロ

律「おっそいぞー唯ー」
唯「ぁい」ノソノソ
澪「唯、大丈夫か? ……ほんとに眠いなら無理しなくていいぞ?」

唯「だいじょぶ…………ありがとみよちゃん」


みよ「!?」


梓「アレ? 今、みよって……」

唯「すおいねむぃけど……むいちゃんのお菓子たえたぃから……」


むい「!!!!」



律「も、もしやっ……限界を超えた眠気によって、封印されし唯の舌足らずが蘇ったというのかっ……!」ゴゴゴ

唯「りっちゃんごめん……今はそのノリつきあえないや……」グデッ

律「分かってるよっ! ってかやっぱりアタシは言えるのなッ!!!」ズコー


梓「ゆ、唯先輩っ!!!」

唯「ん~~……? んぁ、 あすなん」

あすなん「!!」

唯「あすなんげんきかぃ~~~」ぎゅう~~
あすなん「は、はい……」

あすなん「…………」チラッ


みお「みよ……懐かしい響き……」グスッ
むい「むいちゃん……♪ ふふふっ……むいちゃん♪ うふふふ♪」ポワポワ


あすなん「…………」


あすなん(ま、今日は練習ナシでいっか…………)



…………おしまい!


おまけ!



梓「……っていうことがあってね」

純「へ~、なんか唯先輩っぽいよね!」

梓「……ふふ、うんっ」

憂「舌足らずのお姉ちゃんもかわいいよ~」

純「憂はずうっと見てるもんね」

憂「うん。あ、そうだ、実はね? 私って本当は憂じゃないんだあ」

梓純「「へ?」」

憂「私、本当は『るい』って名前なの」

梓「え、る、るい?」

憂「うん! でも小さい頃から、お姉ちゃんが"うい、うい"って呼んでくれるから、"うい"って名前にしたの~!」

梓「ええっ……!?」
純「ちょ、ちょっと憂それホント?」

憂「ふふっ……ウソ♪」

梓純「「やられたー!!」」


ほんとにおわり!