トイレ前

純「はーすっきりした。梓はこれから部活?」
梓「うん。純は今日ジャズ研ないの?」
純「ウン、休み」
梓「そう……」
純「じゃっ、頑張ってねー色々」
梓「色々って何!?」
純「いつも大変そーだもんねー主に唯先輩関係で」
梓「ああ。あはは……もう慣れっこって感じ。じゃあね」トタタ


純「さて……帰ろっと」


「じゅーんちゃん!」


純「おえ?」キョロキョロ

憂「探したよ~純ちゃーん」バー

純「ああれ?憂。もう帰ったと思ってた」

憂「純ちゃんに会いにきたんだよ~」

純「ええーなにそれ、今日散々一緒にいたじゃん」

憂「いひひ~」ワキワキ

純「な、なにその手。というか憂なんか変だよ?……」

憂?「えー? そんなことないよ~、ほほ~」ジロジロ

純「……え……ひょっとして、唯先輩ですか?」

唯「ぬはっ!バレた!? なんで!?」

純「だって仕草が……というか三年生のタイじゃないですか」

唯「あっ、そっかぁ。流石だねえ」

純「わざわざ憂のリボンつけて、なにしてるんですか? あ、梓ならもう部活行きましたよ?」

唯「んああ分かってる分かってる~」わしゃっ
純「ンッ……!!」

唯「んは~はは~ww」わしゃわしゃわしゃ

純「ええっ何!?」

唯「純ちゃんの髪ね~? 前から触りたかったんだ~。今日ふと思い出しまして!」ワッシャワッシャ

純「それでわざわざ憂に変装して……ていうか変装する意味なくないですか?」

唯「…………まあそこは結果オーライ!!!」モサモサ

純「はあ……」

唯「うへへ~wwwひひw」ワサワサ

純(相変わらず変わった人だなぁ……梓の苦労が身に染みて分かるよ……)

唯「ホッホッホwwww」ブチブチィ

純(というかこれ結構恥ずかしい……。先輩いつまでやるの……)

唯「のほは~^ ほはww」モフモフ

純(周りの視線が……)

唯「にいっひひひひひひwwww」ギュムギュム

純「…………」

唯「ふんふん、ふんん? ほうほうほー……」モソモソ

純(く、くすぐったい……し、ちょっと気持ちいいけど…………)

生徒「?」スタスタ
生徒達「ヒソヒソ」

純(このままじゃいくらなんでも恥ずかしすぎるって~~~!)カーッ

唯「ぬふぅ~ふふふ」フワフワ

純「せ、先輩ッ! 唯先輩! あの、せめて場所変えませんか! ここじゃ流石に……」
唯「はー!」パッ
純「あっ?」

唯「っえ? あ~純ちゃんごめんねぇ、私そろそろ部活に行かないとだから! 今日はこれでおしまいだよ、い~い?」ポンポン

純「あ、ハ、ハイ……」

唯「うむ!! じゃあまたあとでね。純ちゃんありがと~、バイバーイ」タタタ

純「…………」


純(え……私がおねだりしたみたいな感じになってたし……)ズーン


三年教室

唯「あ、いたいた~!」

澪「ん?」

澪「唯。どうしたんだ? 部活は?」
唯「もちろんいくよ~。澪ちゃん日直は?」
澪「今終わったところ。迎えに来てくれたの?」
唯「うむ、それもなきにしもあらずだよ~」
澪「?」

唯「えへへ」ズイズイ
澪「……!?!?!?」

唯「澪ちゃん、指~」ギュ
澪「ゆ、唯っ!?」

唯「ぷにぷに~」プニプニ
澪「あ、ああ……アレか……」アハハ…

唯「ぷにぷに~~」プニプニ
澪「なんだか懐かしいな……」

唯「ぷにぷにぃ」プニプニ

澪「…………」

唯「むふー」サスリサスリ

澪「ウッ!? ク、クフフッ……」びく

唯「フンフン……」スリスリ

澪「……指というか……指の股だそこは!!」バッ

唯「あぁんもっと~」グァァ

澪「えぇ~っ……!?」

唯「ふんすッ」ガシ

澪「あぁっ!?」

唯「えへへ~ぷにぷに~」プニプニ

澪「はあ……どうしたんだよ?」

唯「なんか無性に触りたい気分なんだよ~」プニプニ

澪「触りたい気分って……」

唯「ふふふふふ……」プニプニ

澪「やれやれ……」ハァ

唯「ん」ギュッ

澪「いたぁい!? こっ、コラ!!」バッ

唯「ご、ごめんごめん。ちょっと手のツボ押してみただけだよう」

澪「ちょっとでも押すな! まったく……。もう部活行くぞ!?」

唯「は~い」


軽音部部室

ガチャ
澪「よ」

律「おーう」 紬「あ、唯ちゃんも一緒だったのね♪」

唯「」ダダダダッ

梓「あ、センパ
唯「あっずにゃーん!!!」ガバッ
梓「うっひゃあッ!? あ、挨拶ぐらいさせてください!」

唯「えっへへへぇ……」グギュウウゥ
梓「ウググググッ」ギギギ

紬「あらあら♪」
律「なーんかいつにも増して激しーなぁ」
澪「今日はそういう気分なんだってさ」ガタ

唯「あずにゃんは相変わらずだねぇ~」ギュウギュウ
梓「な、なにがですか……!?」

唯「ん~~~ふふふ~」スリスリ
梓「んんん……」ム~

唯「ほれほれ~」ぎゅっぎゅっ
梓「ちょ、うひひっ……くすぐったいですよ……。どうしたんですかもう……」

唯「……今日はさあ、というか時々なんか無性に触りたくなる時ってあるじゃん?」

梓「あ、あるのかな……」

唯「あずにゃんだけじゃないよ、純ちゃんの髪とか、澪ちゃんの指とか……」

梓「純も……!?」

唯「触りたいものいつでも触れたらいいなーって思う時があるんだよね~……」

梓「はあ……?」
澪(いつでもは困るけどな……)

律「ハハハ、梓はぬいぐるみかって」
紬「でも素敵だと思う!」


~~~~~



唯「だから私思ったんだよ! あずにゃんに純ちゃんの髪と、澪ちゃんの指をくっつければいいんだって!!」ガタッ!!!

澪「ヒィィ!?」
律「さらっとすげーこと言ったぞ」
梓「先輩ムチャクチャすぎですよ!?」

唯「まあでもそんなの無理だもんね~」ガタ…
澪「ふぅ…」

唯「だからこーやってお茶に来てもらえば解決だよね~」
紬「ええ♪」


純「アハハ、いただいてま~す」


紬「ゆっくりしていってね純ちゃん」

純「ありがとうございま~す♪」モグモグ


唯「えへへへ……」ガタッ

唯「ほい」モフッ
純「あっ?」

唯「ほりゃ」プニッ
澪「わっ」

唯「そい!」ギュウッ
梓「んぐっ」

唯「あっはははははっ! 手を伸ばせばいつでも触れるねぇ! こんな素敵なことってないよ!? ねえりっちゃん! あははっ! あははははっ!!」ゲラゲラ

律「テンションたけーなオイ」
紬「好きなものを揃えられたからかな? 唯ちゃん嬉しそう♪」

唯「ねえねえ! 今日はこの調子で練習しようよ! きっとうまくいくよお!?」

梓「! は、はい! そうしましょう!」ガタッ
澪「やる気になってくれたのならよかったかな……」ガタ
律「珍しーこともあるな! そんじゃーやるかー!」バッ
紬「お~♪」ガタ

唯「私って幸せ者だねぇ~~~!!!!! あははははは!」



純(か、帰れない……!!!)



おしまい!