紬「今日は卵の白身で~す」ゴロッ

唯「!?」
律「!?」
澪「!?」
梓「!?」

紬「な~んて、ウソウソ、ケーキもあるよ~」パカ

唯「び、びっくりした~……」
律「一発芸にしては持ってきたな、オイ」
澪「ホントに白身だ……山盛り……」
梓「驚かさないでくださいよムギ先輩……」


紬「うふふ、ごめんね。ケーキどれにする?」

唯「私イチゴがいいな~」
律「あたしはモンブランかな~」
澪「私はチョコのやつ」
梓「バナナケーキお願いします」

紬「はーい♪」ヨソイヨソイ

唯「」イチゴショート
律「」モンブラン
澪「」チョコケーキ
梓「」バナナケーキ
紬「」白身

唯律澪梓「!?!?!?!?」


律「ム、ムギ、それ食べるのか?」

紬「うん♪」

唯「え~!? ムギちゃんも一緒にケーキ食べようよぅ……」
紬「ごめんね唯ちゃん。今日はこれしかないから」
梓「あ、なら私のやつ分けますよ!」ガタッ
紬「いいのよ? それは梓ちゃんの分だから」
梓「でも……」

澪「…………」


唯「でもなんか悪いよ……」
律「なー、あたしらばっかり」

梓「先輩、具合悪いわけでは……?」

紬「あ、全然大丈夫よ? 心配しないで? ほら、飲み物もあるから、遠慮しないで食べよ?」

澪「そっか、ムギがそう言うなら気にしないよ。いただきます」
律「澪……」

唯「変なムギちゃん……」


…♪

……♪

………♪ 下校中


律「ムギのやつどうしたんだろうなー」

澪「律、分かんないの?」

律「へ? なにが?」

澪「言わせるな、ダイエットだよ……!」

律「あ~…………ナルホド」

澪「ムギも気にしてるんだから、あんまり言うなよ?」

律「わかってるよー。それにしても思い切ったダイエットだなぁー。澪は大丈夫なのかー?」ニヤ

澪「うっ、わ、私は……! うぅ……」

律「でもそんなに太ったかなあムギ」

澪「それは……私も思う。でもムギ自身が気にしてるんだから仕方ないよ」

律「へぇー? 大変だな~」


………♪

……♪

…♪翌日

唯「ムギちゃんおはよ~」

紬「ングック...唯ちゃんおはよ~ッフ」ビグン

唯「ほぇ……?」

紬「~~……」

唯「ムギちゃん……?」


??ガラガラッ……

澪「おはよー」
律「ムーギッ、おはよっ」ポンッ

紬「ウオアアッハッ!!!」ビグ

律澪唯「!?!?!?」


澪「え、ム、ムギっ……?」

紬「ご、ごめんねっ。おはよう!」

律「お、おお……どした?」

紬「なんでもないの、気にしないで?」

唯「ムギちゃん……」
澪「…………」


…♪
…♪
…♪休み時間


紬「……ッ......クッ...!!!」プルプル


澪(ムギ、朝からずっと苦しそう……。ダイエット、かなり無理してるんじゃないかな……)
律「こりゃあ調査する必要がありますなあ澪さん」
澪「いいのかな……。ムギ自身のことだし……」
律「このままほっとくわけにもいかないだろー? ほらっ、いこいこ!」
澪「あ、こらっ!」


律「ムーギッ!!!」バッ

紬「ひゃ、ひゃい!」


律「最近どーしたんだよー!」ガバッ
紬「ッゴア"ア"ア"ア"アッ!!!」ドガッシャアン!!!

律「!?」
澪「ヒィッ!?」

ザワザワ
「紬さん?」「ムギちゃん大丈夫ー?」「どうしたのー?」

紬「ハァ...ハァ...ハァ...アグッ、フグゥゥ……」ビグビグ...

澪「ムムムムムギ!? だだだ大丈夫か!? ホゲッ、ホッ、保健室ッ、保健室~っ!!!」アワアワ


律「ムギ! 大丈夫か!?」
紬「アグ...ク...ごめんねりっちゃん……りっちゃんのせいじゃないの……でも、ちょっと立てない……。保健室ッ...連れてってくれる……?」
律「よ、よし! わかった!! ホラ! あたしに掴まって……」がし
紬「オオオオオォン!!??」ビグウウゥッ
律「!?」

澪「!?!? ば、ばか! もっと優しくしろよ! 痛がってるじゃないか!」
律「あ、あたしはフツーに触っただけだって!!!」

紬「ハァ……ハァ……」

律「よ、よし! ならおんぶだおんぶ!」


律「そーっと、そーっとだぞー……」ぐい
紬「アフッ」

律「うはっ!?」(お、重ッ!!??)

紬「ごめんねりっちゃん……お願いします……」
律「オ、おお! 任せとけ! 澪、先生来たらよろしくなっ……!ヨロヨロ...

澪「うん……」


…♪

……♪

………♪

…………♪


保健室


律「ムギダイジョブ? ゆっくりっ……横なるぞー……っ」どさ
紬「ハグゥウッ...!!!」

律「ヘェ...ヘェ...ふうーっ」
紬「ありがとうりっちゃん……」

律「気にすんなって。それよりどうしたの?」

紬「…………」
律「……ひょっとして、ダイエット、とか?」

紬「えっ?」キョトン

律「あっ! ご、ごめん! 気にしないで! でもあたしにはームギは全然そういう風には見えないし!? むしろ整ってるっていうか!? あはは……!」

紬「う、ふふっ……」クスクス
律「はは……」

紬「ふふ……心配かけてごめんね、ダイエットじゃないの。……部活の時、みんなにちゃんと話すね」
律「あ、ほんとに?」

紬「うん……。もう授業始まっちゃう。りっちゃんは教室戻って? 私は休んでるから……」
律「…………いや、あたしちょうど授業サボりたかったし、ここにいるよ」
紬「えっ?」
律「それに、なんだかほっとけないだろー? ムギがそんなに苦しそうにしてんのにさ」
紬「りっちゃん……」

………♪

……♪

…♪

……♪

………♪


………放課後部室

紬「…………」

唯「ついにこの時が来たね」
律「待ちかねたぞーあたしは」
梓「話は聞きました。確かにムギ先輩前からちょっと変です。なにがあったんですか?」
澪「あ、あんまりぐいぐい聞くのは……」

紬「いいのよ澪ちゃん。全部話すつもりだから」

澪「うん……」

紬「実はね…………?」


律澪唯梓「「「「「筋トレーーー!?!?!?!?」」」」

紬「うん! 最近頑張ってるの」

澪「え……ダ、ダイエットじゃなくて?」

紬「うーん、ダイエット、というよりは鍛えてるって言ったほうがいいかも」

律「じゃあ痛がってたのって……?」

紬「うん、実はちょっと張り切りすぎちゃって全身筋肉痛なの。本当は今もものすごく痛いの」

澪「ええっ……」

梓「全身筋肉痛って……な、なにしてるんですか!?」

紬「懸垂50回に、ベンチプレス190キロと……ホントは上半身で終わるつもりだったんだけどね? ちょっと勢いづいちゃって……続けてデッドリフト250キロやったら……案の定って感じで……」

唯「???????」


梓「あ~、だから白身だったんですね」

紬「うん♪ やっぱりタンパク質は大事だから!」

澪「で、でもさ、ダイエットじゃないなら、なんで?」

律「あれか? 格闘技に目覚めたとか?」

唯「げっ、ムギちゃんがプロレスラーに……!?」

律「ひょっとしたらボクシングかもな~」

澪「まさか……」

紬「うふふ、違うの。でもそれいいアイデアね」

唯「?」

梓「で、結局なんで鍛えてるんですか?」

紬「…………」


紬「本格的に鍛え始めたのは一年の夏の頃なの。その頃……ニュースでね? その、女の子のグループが乱暴されちゃった事件があって……」

律澪唯梓「「「「…………」」」」

紬「他所の県の話だし、大きく報道もしてなかったから、学校の話題にもならないくらいのことだったんだけど…………」

紬「私には凄くショックだったの」

澪「それで……鍛えてたの?」

紬「うん。もしも……万が一ね? そういうことがあった時、みんなを守りたいって思ったの。軽音部のみんなを。大切だから」

律澪唯梓「「「「……!!!!」」」」


紬「梓ちゃんも入部して、ますます気持ちが強くなって、最近は鍛えることそのものも楽しくなってきちゃって♪」

律「ムギ……あたし達のために……」
澪「ムギぃ……」
唯「ムギちゃん……」うるうる
梓「ムギ先輩……」

紬「ごめんね……変でしょ? だから黙ってたの……」

唯「そんなことないよムギちゃん!私嬉しい!」
澪「うん……びっくりしたけど、一年の頃から、ずっと、そう思って頑張ってくれてたなんて……なんて言ったらいいか……」

律「……そうだ! あたし達も鍛えようぜ!!」

紬「えっ?」

律「ムギばっかりにその気持ちを抱えさせねー!何かあったときはあたしら全員で戦おうぜ!」
唯「そうだよ!ムギちゃん!私達も一緒だよ!」
梓「はい!ムギ先輩!私頑張ります!」

紬「みんな……」ジ~ン


…………♪

………♪

……♪

…♪

ガチャ

さわ子「ちょりーっす。今日のお菓子何かしら~…………って、ええっ!?」


紬「そう! ラスト5回!! 唯ちゃん頑張って! 澪ちゃんも!」

唯「ふぬおおおお!!!これキツい~~~~!!!」ギギギ

澪「こ、これもムギのため、みんなのため……! 痩せ……る、ため……」プルプル

律「ぐはーっ、キツいけど、終わるとけっこー爽快だなー」
梓「ですね。健康にもいいですし」

梓「でも筋肉痛には気をつけなきゃですね! ムギ先輩っ」

紬「! ふふっ……うん!」


おわり!