純「……直接聞けば?」

梓「無理無理! そんなの絶対出来ない!」

純「あの人なら包み隠さず教えてくれそうだけどね」

梓「で、でも……」

梓(面と向かってそんなこと訊くの恥ずかしいもん……)

純「……めんどくさいわねあんた」

梓「な、なんで分かったの!?」

純(梓、日を追うごとに口が軽くなってる気がするわ……)


梓「お願い! 親友のよしみで私に読心術を教えて!」
純「いやいや、まずなんで私がそんなの持ってる前提なのよ」
梓「だって純、いつも私の気持ちをずばり見抜くじゃん」
純「……何も言うまい」

純「唯先輩のことなら憂に訊いた方が良いんじゃない? あの子なら何でも分かるでしょ」

梓「そっか! 憂なら唯先輩がどんな話をしてるか分かるもんね!」

梓(唯先輩、家では私のこと、どんな風に話してるんだろ……?)

梓「……」ポワポワポワ

梓「~!」ブンブン

純(恋って本当に病なのね……頭の)

梓「憂~」

憂「梓ちゃん。どうしたの?」

梓「唯先輩って、その……」

憂「なーに?」

梓「わ、わ……」

憂「わ?」

梓「悪いことを唯先輩がしたら、どんな風に怒ってる!?」

憂「えっ、どうしたの急に」

梓「ほ、ほら、唯先輩っていつも悪いことたくさんしてるからさ、どんな風に怒ったらいいのかなって」

憂「うーん……。お姉ちゃんを怒ったことないからなぁ。ちょっと分かんないや……」

梓「あはは、だよねぇ……。憂と唯先輩、いつも仲良しだもんね」

憂「そうなんだ~。この前もね、お姉ちゃんったら……」

純「……で、自分の話の代わりに延々とのろけ話を聞かされたと」

梓「うぅ、憂にすら嫉妬する自分が情けない……」

純(その辺の良識みたいなのはあるんだ……)

梓「っていうか、こういう話って本人相手じゃなくても恥ずかしいんだね……」

純「あ、梓ってそういうタイプだったんだ。てっきり私と話してるから、そっちは平気なのかなって思ってた」

梓「何か、純とって何話しても緊張感無くなるんだよね」

純「褒め言葉として受け取っとく」

梓「そういう訳だからさ、教えてよ読心術」

純「まだ引きずってたんだ……」

梓「お願い! もうこれしか道がないの!」

純「……じゃ、しょうがないし教えてあげるよ」

梓「ほんと!? どうやるの!?」

純「唯先輩に思いっ切り抱き着いて熱いキスを交わしたらお望みの質問の答えがペッ!?」バコッ

梓「バカ純」

なかのけ!


梓「はぁ、上手くいかないなぁ……」

梓「……だめだめ! こんなことでめげてちゃ唯先輩と結ばれない!」

梓「今はネットで何でも調べられる時代なんだから。技術を活用しなくちゃ!」

梓「『唯先輩 気持ち 見抜く方法』……」

梓「検索結果無し!? どうして!?」

梓「そっか、固有名詞じゃなくて特徴で調べるんだった……」

梓「『天然 先輩 ショートヘア 可愛い 気持ち 見抜く方法』……」

梓「あった! 天然女性の……好意を持つ『男性への』仕草や言葉遣い……!?」

梓「ふざけんなです! 唯先輩は男なんて好きになるはずありません!」

梓「……」

梓「ないんですからぁ!」

梓「こ、こんなサイト宛になんないです!」

梓「どうせモテない人間を釣るために適当千万をでっちあげた妄想のかまたり……かたまりに決まってます!」

梓「はぁ、とはいえこれ以外に頼る宛も無いしなぁ……」

梓「ん、『漫画やドラマを参考にしてみる』のも手……?」

梓「良い創作物はリアリティを追求するために、人の動きをよく観察してる……。なるほど、確かにこれは一理あるかも……」

梓「そうと決まれば、早速家の恋愛ものを見てやるです!」


『あなたが好きです。こちら二ノ宮亜美。大和圭介、応答せよ』

梓「はぁ、あだち充先生ののラブコメは素晴らしいです……」

梓「私も唯先輩とこんな恋をしてみたいなぁ……」

梓「………………」

梓「うにゃあああ!!!」

梓「普通に物語の世界に浸っちゃってた! 観察が目的だったのに!」

梓「しかも始終ぶっ続けで読んじゃったせいでもう丑三つ時……」

梓「今からまた読み返すわけにもいかないし……」

梓「……またネットに頼るしかないかぁ」

梓「でもさっきみたいなろくでもないサイトに引っかかるのは嫌だから……」

梓「『気持ち 見抜く方法 漫画』っと……」

梓「これなら大丈夫!」

梓「あった! 『人の気持ちを見抜く方法が判明するwwwww』」

梓「こういう掲示板は飾り気がない分信ぴょう性が高い時もあるんだよね」

梓「早速読んでみよっと。なになに……」


1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
国民的漫画のジョジョさんが言うんだから間違いない
https://i.imgur.com.....

4 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
早速好きな子に試してみるわ

7 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
>>4 通報した

9 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
>>4 はい公然猥褻罪

18 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
>>4 なんで今日まで生きてたんだ

梓「このURLにヒミツの画像があるのかな。カチッと」

梓「…………!?」

梓「このオカッパの人、あ、あああ、汗を舐めてる!?」

梓「そんな恥ずかしい真似出来るはずが無いです!」

梓「汗をかいた唯先輩、私が唯先輩のおでこを舐めて……」

梓「……」

梓「汗かいた唯先輩、艶やかかも……」

梓「でも、これ本当なのかなぁ……」

梓「……自分の汗を舐めるの気持ち悪いけど……」

梓「私は唯先輩が好き私は唯先輩が好き」ペロッ

梓「……しょっぱい。じゃあ」

梓「私は唯先輩が嫌い、大っ嫌い」ペロッ

梓「……!?」

梓「心なしか苦い、気がするッ!?」

梓「ということはこの噂、『真実』ッ!?」

梓「いけない、深夜の変なテンション出ちゃった」

梓「でも、汗を舐めるなんて真似、やっぱり恥ずかしい……」

梓「それにもし退かれちゃったら……」

梓「……ううん、どうせこの気持ちがばれちゃったら退かれちゃうんだ」

梓「この位恥ずかしいのが何です! 唯先輩の気持ちを知るためなら清水からだって飛び降りてやるです!」

梓「やってやるです!!」

よくじつ!


純「やっほあず……何くちモゴモゴさせてんの?」

梓「んーっと……読心術の下準備?」

純「一晩で何があったのアンタ」

梓「ふふ、これで唯先輩の心が確かめられる……。ふふ、ふふふふ……」

純(たとえ無駄だと分かっていても)

純(明らかに道を誤ろうとしてる親友を止めるべきなのだろうか……)

純(……別にそこまで深刻なことじゃなさそうだし、まあいいや)

ぶかつご!


律「もう今日はこの辺にして帰ろうぜ」

澪「そうだな、もう陽がくれてきたし」

唯「帰りにアイス食べてこうよ~」

紬「いいわね。私あれにチャレンジしてみたかったの、レッドホットチリペッパー味!」

唯「おぉ、ロックだね!」

澪「アイスには不向きだろその味……」

梓「あ、あの……」

唯「? あずにゃん、どったの裾掴んで」

梓「きょ、今日のアイスは、出来れば三人で行って欲しくて……」

紬「唯ちゃんと二人で話したいの?」

梓「そ、そうです!」

律「唯は良いのか?」

唯「あずにゃんのお誘いなら断れないよ~」

紬「じゃあ今日は三人で行きましょう。早く行かないとレッチリ味売り切れちゃうかもしれないし」

澪「それは絶対無いと思うぞ……」

私、支援を受けるのが夢だったの~♪


律「じゃあな唯、梓」

唯「ばいばーい」

梓「ま、また明日」

律「じゃあアタシはいつも端っこにあるミューズフレーバーってやつにしよっかな」

澪「石鹸みたいな味になりそうだなそれ」

律「折角だから澪も何かチャレンジしろよ」

澪「やなこった。私は安定志向でレモンにする」

律「えー、あそこのレモン苦いのによく食べれるな」

澪「律の子供舌にはひょっとしたら合わないかもなっ」

律「何をぅ」

紬「あらあらあらあら」

唯「それで、私としたい話ってなあに、あずにゃん?」

梓(ふ、二人きりだと緊張が……)

梓(でも、ここまで来ちゃったんだから、やるしかない!)

梓「あ、あの、唯先輩。おでん食べますか?」

唯「なんでこんな季節に!?」

梓「実は最近、おでんがマイブームでして……」

梓「余計に多く作っちゃったから、おすそ分けをしようかな、なんて……」

唯「随分季節はずれなブームだねぇ」

唯「待って、ってことは、そのおでんあずにゃんの手作り!?」

梓「そ、そういう事になりますね……」

唯「食べる食べる! あずにゃんの手作りごはん、一回食べてみたかったんだ!」

梓(本当は、さっきこっそり買って来たコンビニのおでんなんだけどね……)

梓(うぅ、心が痛む)

唯「いっただきまーす! あむっ……んー! 近くて便利な味がする!」

梓「どんな味なんですかそれ」

唯「しかし、やっぱこの時期におでんはきついねぇ。汗かいてきちゃった……」

梓(つ、ついに来た……!)

梓「ゆ、唯先輩!」

唯「なぁに?」

梓(こっちを向いた、今……!)

梓「す、すみません!」ペロッ

唯「…………ほぇ?」

梓(や、やっちゃった……!)

梓(しかも思いっ切り深く、二秒位やっちゃった……!)

梓(唯先輩のおでこの感触がまだ残ってる……)

梓(ま、まずは落ち着いて、汗の味を確認しないと!)

梓(唯先輩の汗の味、汗の味……)

梓(ど、どうしよう、何だか格別な味がして、嘘かほんとか判別がつかな……)

梓(……あれ、真偽? 何についての?)

梓(……そういえば私、まだ何も質問してないような……)


梓(あれ、じゃあ今、私がしたことって、唯先輩の汗をただ舐めただけじゃ……!?)カァァ

唯「あ、あずにゃ……」

梓「ち、ちちち違うんです! 別に深い訳は無いんです、他意もひらめも無いんです!」

唯「いや、えっと、あの……」

梓「ご、ごめんなさいぃ! あの、汗は美味しかったです~!!」ダッ

唯「……あ、あずにゃーん!」

梓(最悪です……絶対唯先輩に気持ち悪がられてます)

梓(おまけにとんでもない捨て台詞を口走っちゃった気がするし……)

梓(どうやって明日顔を合わせたら良いんだろう……)

唯「おーい、あずにゃん、おーい!」

梓「ゆ、唯先輩!?」

唯「荷物忘れてたよあずにゃん。はい、カバンとむったん」

梓「あ、ありがとうございます……」

梓(どうしよう、目が合わせられない……)

唯「……あーずにゃんっ」ダキッ

梓「うにゃん!?」

唯「ふい~、暑くてもあずにゃんの抱き心地は最高だよー」

梓「ひ、人に見られちゃったら大変ですよ」

唯「大丈夫大丈夫、ただのスキンシップだから」

唯「やっぱり女の子同士、スキンシップは欠かせないよねっ」

唯「だからあずにゃんからしてくれたの、スゴい嬉しかったよ。一緒になれたような気がして」

梓「唯先輩……」

梓(よかった、スキンシップって解釈してくれたんだ、気持ち悪がられてないんだ。よかった……)

唯「首筋に隙アリっ」ペロッ

梓「ひゃっ!? ゾクッとしましたよ唯先輩!」

唯「おやぁ、あずにゃん首筋が弱点なのかな? こちょこちょこちょ~」

梓「ひゃっ、や、やめてください唯先輩~!」

唯「それとも猫ちゃんみたいに首元がいいのかなぁ? それゴロゴロ~」

梓「も、もー!」

あずにゃん!

梓「やられっぱなしじゃ気が済まないです!」ペロッ

唯「残念、私こちょこちょは効かない質なんだよ~」

梓「な、なんですって……!?」

唯「ふっふっふ、最強の盾にあずにゃんが敵うはずもなし!」

唯「とどめだあずにゃん~!」

梓「うわあああああああ!」


律「あんまりにも遅いもんで来てみたら……」

澪「道端で何やってるんだあいつら!? 早く止めないと……」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ」

唯「じゃああずにゃん、また明日~」

梓「さようなら、唯先輩!」

唯「ふぃ~、今日もあずにゃん分をたくさん貰っちゃったよ~」

唯(…………あずにゃんのベロ、あったかかったなぁ)

唯(ほんとにただのスキンシップだったのかな、それともいつもの仕返しか、それとも……)

唯(……………………)

唯(『猫っぽい子 身体を舐める 気持ち』っと)

唯「……毛づくろいのことじゃなくってぇ」


終わり


最後までお付き合いくださりありがとうございました!
支援、反応も嬉しかったです!
またけいおんSSが、かつての勢いを取り戻していきますように……