純「ぅぅうぅぅ…………ぶた!」ブヒ

梓「……」

憂「……」

1年「「……」」

純「…………」

純「ス、スベッた……」

~~~~~

純(うん、今思い返してもあのスベりはないなぁ)

純(ちょっとリベンジしたいよね……)ヨシッ

~~~~~


2年教室。お昼休み


純「お待たせー」ガタ

梓「遅かったね。購買混んでた?」モグモグ

純「あーうん、今日は特に混んでたよ~」

憂「純ちゃんごめんね、一緒に行けなくて」

純「あぁいいっていいって。いただきまーす」ガサガサ

梓憂純「「「……」」」モグモグモグ

純「……」モグ…

純「……うっ!?!?!?」

梓「?」 憂「純ちゃん?」

純「ど、どうしよう。指が動かなくなって……! うぅ……」

憂「大丈夫~!?」 梓「……」

純「はうううぅ…………かに!」チョキーン

憂「フェ?」 梓「…………」

純「…………」

純(またスベッた…………)カクッ

憂「あっ、この前のやつ?」
梓「なんで今……?」

純「二人とも、今のは忘れて……」


~~~

五限後、休憩時間!

純(さっきは失敗だったー。今度こそ……)


梓「ふぁ~~あ……」クアア…
憂「ご飯の後は眠くなっちゃうね~」
梓「んん……憂~、なんか目が覚めることない~?」
憂「う~~ん……」

純「だいぶ眠そーだね梓っ」

梓「純は元気ねえー……」
純「ふっふん、まあねー」ゴソ…

純「……」ひょいっひょいっ

梓「……?」
憂「キーホルダー?」

純「ふふふ」ひょいひょい

梓「なあに……? ……猫じゃらしのつもり?」

純「へへ、梓も食いつくかなーと思って。 …………ウ"ッ!?」カターン

梓憂「「!?」」

純「ど、どうしよう、指が動かなくなっちゃった……!」

梓憂「「…………」」

純「くぅうううぅ………」プルプル


純「イベリコぶた!!!」ブヒヒ


憂「……」ポカーン

梓「ファ~ア……」クアア…

純「…………」

純(ま、またスベッた……!!!)

憂「じゅ、純ちゃんおもしろ~い」パチパチ …
純「ごめん憂……そのフォロー、余計心にくる……」シクシク
憂「純ちゃん……」
梓「憂は優しいなぁ……」

~~~

純(むむむ……でもなんか、これで終わりたくない……)

純(あと一回! 放課後最後に一回やって、キッパリ終わりにしよう!)


~~~

ーー放課後!

純「は~~終わったあ~~~」グググ~

梓「お疲れー純、今日ジャズ研は?」

純「休み。今日はこのまま帰ってゲームかな~♪」ピコピコ

梓「またハマったの……?」アハハ
憂「やりすぎは良くないよ?」

純「えへへ……でも中々やめられないんだよね~…………」ピコピコ


純「ウッ!?!?」ピッコーン


梓憂「「!?」」

純「ど……どうしよう……!? 指が動かなくなっちゃった…………」

梓憂「「…………」」


純「ううううっ………… ………ざりがに!」ザリー

梓「…………」

憂「アッははははは! ザ、ザリガニってwww純ちゃwwヒュフゥッwwwいっひっひwww」ケラケラ

梓(愛想笑いがより高度に!? 憂、健気な子!)

純「あ……ありがと……憂……。 ……んっ?」


ーー唯「ほおおおお~~~…………!!!」キラキラ


憂「ウィッヒヒィwww……って、あれ? お姉ちゃん?」ケロッ
梓「え、唯先輩?」クルッ

唯「フンスッ……!!!」キラキラ

純「ど、どうも……」

唯「純ちゃんすごいねえ~……!!! ね! ちょっと部室においでよっ!!! ねっ!?」グイ
純「うええっ?」

唯「じゃあねー憂っ! あっ。あずにゃん! また部室でねー!」

梓「ちょ、ちょっと!? センパ~イ!?」

ーーガチャッ バタンッ

梓「行っちゃった……なんだったの……?」
憂「多分、梓ちゃんを迎えに来たんだと思うけど……純ちゃん連れてっちゃったね……」
梓「……?」


~~~~~

ーー軽音部!

律「して唯隊員よ。成果の方は?」

唯「はいっ! 二年の教室にあずにゃんを迎えに行って、純ちゃんを連れてきましたっ!」

律「なんでやねんっ!!!」ビシ!

唯「ぐはぁ!」
純「な、なんかスイマセン……」

澪「いいんだよ。むしろ、こっちが悪いよ……」
純「あっ、でも私は全然大丈夫ですから!」

紬「唯ちゃん、梓ちゃんは???」
唯「ン? 声はかけてきたし、もうすぐ来ると思うよ~」

ーーガチャッ

梓「すみませんっ、遅くなりました!」

唯「ほらぁ」

梓「あ、唯先輩! さっきはなんだったんですか!? やっぱり純もいるし……」

律「そーだよ。なんだって笹原さんに来てもらったんだー? 理由を言え理由をー」
澪「鈴木さんッ」ゴチ 律「ぎへ」

唯「そうだったね。じゃあちょうどみんな揃ったところだし、私の大発見を発表するよ!」

純「…………?」


~~~~~

ティータイム!

唯「さっきあずにゃんを迎えに行った時、私は衝撃を受けたんだよ!」

唯「純ちゃんがね!? なんと憂を笑わせてたんだよ!」

純「えっ」

澪「へ?」 紬「?」 律「それがどーしたんだよ?」

唯「それがただ笑ってたんじゃないよ! 大笑いだよ大笑い! 爆笑してたんだよ!? 憂が!」

純「え……」

澪「言われてみれば、憂ちゃんが大笑いするイメージってあんまりないな」

唯「私、あんな風に笑ってる憂、初めて見たよ!」

律「ふむ……それほど鈴木さんのネタかなんかが面白かったってことか?」

唯「そうに違いないよ!」フンス

紬「どんなことしてたの??」

純「」ギョッ

唯「そこなんだけど、実は終わりがけでよく分かんなくてね? だからもっかいやってもらおうと思って呼んだんだよ! ねっ純ちゃん!」

純「」

律「あのおしとやかな憂ちゃんが大笑いするほどのネタか……ふむ……」
紬「なんだか気になる♪ ぜひ見せてもらいたいわ♪」ワクワク
唯「でしょでしょー!!!」


純(どうしよ……先輩達の前でアレやるなんて無理だよ…………あ、梓助けて!)チラッ

梓「……www」ウククククww

純(こいつ~……!)

澪「でも……そんな改まって披露するなんて、鈴木さんも調子狂うし、やりにくいだろ?」

純「!」(さ、さっすが澪先輩! ナイス助け舟……)パァァ

梓「あ、でも大丈夫だと思いますよ? 憂に見せてたやつ、もうクラスで何回もやってて、得意そうでしたから」
澪「そ、そうなんだ……」

純(梓ァァァァッ!!!!)

純「いっ、いやっ!!! 私そんなっ……皆さんにウケるような芸なんて……!」

唯「大丈夫だよぅ。別にウケなくってもどんなのか見せてもらえればそれで満足だし!!!」

純(それはそれでキツイよおお!)

唯「純ちゃんおねが~い。私もあんな風に憂を笑わせてみたいよ!」ズイ
律「かぁ~! アタシも気になってきた! ねっ!? 鈴木さんちょこぉ~っとでいいから!」ズイ
紬「私からもお願い♪ あ、紅茶おかわり入れるね♪」ズズイ

純「う…………」

澪「こ、こらっ……!! 三人とも無理強いはよせ!!」
梓「澪先輩も気になりませんか?」
澪「え、まあ……気にはなるけど……」
梓「純のことなら大丈夫です。あれで結構マイペースで、あがり知らずなんですから」
澪「そう……?」

純(覚えてろ梓~……)

唯紬「「…………」」キラキラ

純「っ……」

純「分かりました……」ガタ

律紬唯「「「おお~!!!」」」パチパチパチ


純「えっと……どこからやればいいかな……」

律「あ~、振りが要る感じ?」

純「あ、そうなんですっ! まず誰かと話してて、指を動かす作業をしてて……あ、それはどっちが先でもよくて、とりあえずそこから始まるんですけど……」

澪「う、うん?」
唯「ん~、とりあえずやってる振りだけでいいよ~」

純「あ、じゃあ……例えばこうやって指の運動をしてて……」クイックイックイッ

律紬唯「「「ふんふん……」」」


純「う"っ!?!?」ビキーン


律澪紬唯「「「!?」」」


純「つうっ……ど、どうしよう……指が動かなくなって…………」

澪「ええっ……!?」
律「え、大丈夫っ?」
紬「失敗しちゃった……?」
唯「ちょっと見せてごらん?」ガタ

純「チョ、チョットマッテ…… くうううううっ…………」


純「…………ぶた!!!」ブヒ!


唯「へ?」 律「はっ?」 紬「?」 澪「はい?」

純「…………」

律澪紬唯「「「「…………」」」」

純「…………」

純「今のです……」

律澪紬唯「「「「えっ」」」」 梓「wwww」


純(スベッた…………)ショボン

~~~~


澪「ごめんな……。やっぱり無理させちゃったみたいで」
純「あ、はは……いいんです……」ホロリ

律「ま、まああれだよ! 場の空気とかもあるしさ!」
唯「そうそう! 何が面白いと感じるかは人によって違うんだよ純ちゃんっ!」
紬「私は良かったと思うわ!」

純「あはははは……」ズーン

唯「そうだ! じゃあ私やってみるよ!」ガタッ
純「!?」

梓「唯先輩が!?」
律「おおー! やってみろやってみろ!」

唯「えーっと、まずギー太をこう弾いてたとして…………」さっ

唯「…………じゃかじゃかじゃんじゃん♪ じゃかじゃん じゃか…う"っ!?!?」ピキーン

律「唯ー、どうしたー?」

唯「ゆ、指がぁあ! 指が動かなくなったあー!」ワナワナ

紬「からの~♪」

唯「んん~~~っ! ぶた!!!」ぶひ!

梓「キャッキャッキャッキャッキャwwww」
澪「あ、梓……?」
梓「あっwwスッ すみません! あ、余りにもお似合いだったもので……www」プクク
唯「なんかひどくない~?」ブ~

澪「まあ……こういうのは誰がやるかによって色々変わってくるよな」

唯「じゃあ次は澪ちゃんの番っ!」

澪「うええっ!? わ、私は無理だよ!」

律「後がつかえてるんだぞー早くしろー」
紬「澪ちゃんバージョン待ってます!」
純梓*1

澪「」

澪「……わ、分かったよ」ガタ…

律紬唯梓純「「「「「お~」」」」」パチパチ

澪「まずこうやって……。 ……これは歌詞を書いてるんだ……」スラスラ

澪「…………うっ!!!」

澪「ア、アー!? 指が、動かなくなっちゃったー」

梓(すごい棒読み!)

澪「えっと………… う、くぅぅ………」グググ


澪「…………ぶ、ぶた?」プヒ


純(く~っ……カワイイ……)ジュン
梓(澪先輩がやると全然違う……)

唯紬「「モエモエ~キュン?」」
澪「うう……恥ずかし……」

律「だーめだめぇ、全然なってねーな~」
澪「し、仕方ないだろ?」

律「おっしゃあ! ここはアタシが手本を見せてやるっ!」ガタッ

唯「おお~りっちゃん!!!」
紬「りっちゃん頑張って!」


律「では……」オホン

律「…………ぐはあっ!? 手、手があっ!? 手が動かねえーっ!!!」

律「からのっ!? いよぉお~~~ッ!!! ……バルタンせいじーーん!!!」ジョキーン

律「フォッフォッフォッフォッフォッフォwwww」

唯「ぶふww」 澪「くっw」
梓「律先輩似過ぎですっwww」
紬「りっちゃん変な声っ♪」キャッキャッ

純(すごい……フツーにウケてる……)

律「まっ、これくらいできなきゃ軽音部部長は務まらないよな!」
澪「関係ないだろっ」ぴし

紬「じゃあ次私やってみるね!!!」ガタ

唯「いけ~ムギちゃーん」
律「お手並み拝見だな~」
梓(これは中々にレアな気が……!)


紬「うふふ…………」スッ… スッ… ススス

紬「……これは紅茶をいれてま~す♪」

唯「あはは、いつものムギちゃんだ♪」

梓(そして……?)

紬「あっ……!? 指が……動かなくなっちゃった……!?」

律澪(からの?)

紬「んんん~~~~ ……ロブスタ~~~!!!!!」グワァァッ

唯「おー! ムギちゃん豪快~!」パチパチ
律「豪華だナァー」 ハハハ
澪「なんかセレブ感……」

わいわいがやがや


純「…………」

梓「…………」

純「…………」

梓「なんというか、純とは大違いだね」コソ

純「ううう~~~っ……」カァァ

~~~~

~~~~

~~~~


その夜。 平沢家!

唯「ふむふむ……ここがこうで……? ふむ……」シャンシャンシャン

憂「あ、お姉ちゃんギター?」

唯「ウン。ここんところがなかなか難しくって……」シャンシャンシャ……


唯「ーーあうっ!?」ビキーン


憂「お姉ちゃんっ!?」

唯「う、憂ぃ……どうしよ……指が動かないよぉ……」

憂「ええっ!? だ、大丈夫!?」オロオロ

唯「うううぅうぅ……」ブルブル

憂「お姉ちゃあんっ……」

唯「………… ……ぶた!!!」ブヒ!!!

憂「へっ?」

唯「……」

唯「……」チラッ

憂「……」

唯「……」チラッチラッ

憂「……」

憂「ぷっ……うふふ、ふふっ……♪」クスクス

唯「……あれ~?」

憂「お姉ちゃんっ、それひょっとして純ちゃんの真似?」ニコニコ

唯「うん。でも純ちゃんみたいにはいかないやぁ」

憂「そうなの? すっごく良かったよ♪ 指は大丈夫?」ニコニコ



~~~~~

~~~~~

~~~~~


鈴木家!

純「う"あ"あ"~~~っ! もうあんなの二度とやるもんかぁ~~~~っ!!!」ジタバタ



おわり!