唯「愛をこめてずっと歌うよ」

ガチャ

梓「お疲れ様です~」

律「よー」
澪「お疲れ」
唯「…………」

紬「梓ちゃんお疲れ♪ なに飲む?」

梓「あ、バナナケーキください」

紬「あっ、ごめんね? 今日はシュークリームなの」

梓「あ、そうでしたか……」

律「相変わらず梓はケーキのことしか頭にないなー」

梓「なっ、そ、それは唯先輩のことです!」

律「何気に失礼だな」オイ

梓「じ、事実です!」

律「唯が怒るぞー?」ニヤニヤ

唯「梓ァ」

梓「えっ」

唯「キミがそばにいるだけでno smile」

梓「は、はぁ……?」

紬「唯ちゃんが珍しく怒ってます!」
律「そうだぜー梓。唯は怒ると怖いぞー」

梓「え、あ、す、すみませんでした……」

唯「大丈夫、仲直り」

梓「あ、はい……」

唯「…………」

澪「…………」

唯「…………」

澪「…………」

唯「無口すぎるキミ」
澪「はぇ?」

唯「どうなの調子」
澪「いや……別にいつもと変わらないよ?」

律「そうそう、ただ話すタイミングが掴めなかっただけだよ」

澪「いや、まあ……」

唯「もすこし勇気ふるって自然に話せば?」
澪「え……う、うん……」シュン

唯「つまらない」

澪「!?」ガーン

唯「必殺技を開発中」グググ…

澪「へ?……え!? な、なに!?」

唯「パワー集中させていこう」グググ…

澪「だからなにが!?」

唯「放ちたい」グググ…

澪「!?!?!?」ブルブル

唯「ーーワッショイ!!!」

澪「きゃはぁあ!?」

紬「で、でた! 唯ちゃんのくすぐりアタック!」ワー

澪「あああああ!! あああ~~! ひひひひ!!」

唯「みんな一緒にね」

律「お? おおー! よーしかかれー!!」
紬「おー♪」
梓「……」ゴクリ
唯「踊れや騒げ」

澪「いひぃいいいい!? やめええええ!!!」バタバタ

唯「延々続行」

律「ンハハハハwwwどうだどうだwww」わしゃわしゃ
紬「えいえ~い♪」こちょこちょ
梓「ハァハァ……」モミモミ
澪「おおおおおおおおおお!?!?!?」
唯「はみだしちゃうかもね」

澪「ゆいいい! 無理ぃ!もう無理ぃ!!!」

唯「も少し、門限まで」

澪「!?!?!?!?!?」!?

…………

澪「……っ! ……!!」ビクンビクン

唯「至福」

紬「満足です♪」

梓「はい!」ホクホク

澪「ハァ……ハァ……ハァ……んんっ……」

律「や、やりすぎたかな……」アハハ

唯「名前をつけて保存するなら宝物がピッタリだね」

律「澪ー……大丈夫かー」

澪「」キッ
ごちん!
律「ンなんでアタシだけへぇえ!」

紬「澪ちゃん、立てる?」

澪「う、うん……」モジモジ

律「どした?」

澪「えと…………ちょっとトイレ」

唯「ゴミ箱行き」

澪「う、うるさあい!!」ワーン


……………………

澪「はあもう……」シクシク

律「悪かったよ」
紬「澪ちゃんごめんね?」
梓「すいませんでした……」
唯「うふうふ」

澪「うん。いいよ……」

紬「ね、改めてみんなでお茶にしましょう」ぽん

唯「当然」
梓「バナナケーキお願いします」

紬「はい唯ちゃんおかわり、熱いから気をつけて」
唯「FUFU」

律「シュークリームうめえ」ばくばく
唯「マシュマロみたい」はぐはぐ
律「いや、それはないな」
唯「わかってるよ」
律「おう……」

唯「胸一杯 お腹一杯」ムシャァァァ

梓「あ、唯先輩、クリーム付いてますよ」

唯「磨いて」

梓「はぁ……仕方ないですねえ」ふきふき

唯「めちゃめちゃ大好きっ!」ぎゅっ
梓「わっ! も、もう、急に抱き着かないでくださいよ……」

律「……なんか今日は澪をくすぐって満足って感じだなー」
澪「おい!」

唯「yeah アンコール もっかい!!」

澪「ダメだ!!!」くわっ

梓(顔怖っ!!)
唯「キミを見てると受け過ぎでお腹痛い」
澪「むーっ!」プンスカ
紬「ゆ、唯ちゃん……」

澪「練習するの!」
梓「はいです!」
律「わかったよー」

唯「エアでok」
澪「ダーメーだ!!!」
唯「はーもういいや寝ちゃお寝ちゃお寝ちゃおー」
澪「寝るなあああああああ!!!!」

…………

律「それじゃ、ふわふわなー」

紬「うん♪」
唯「心こめて今日も歌うよ」

律「1-2-3 4!!!」

ジャカジャカジャンジャン ジャカジャン ジャカジャン

唯「…………」ジャカジャカジャンジャン

唯「…………」ジャカジャンジャカジャン

唯「…………」

唯「ゴメン……歌詞忘れちった……」オヨヨ

律澪紬梓「」どんがらがっしゃーん


おわり