梓「あずにゃん!?」

律「いやほら、軽音部の儀式みたいなもんだから」

梓「あだ名がですか?」

律「コミュニケーションの一環でさ」

梓「それはいいんですけど、あずにゃん……はちょっと」

澪「もっと可愛さが欲しいと」

梓「そうではなくて」

唯「あずにゃんにゃん とかは?」

梓「悪化してます」

紬「あまり媚びすぎるのもどうかと思うけど……」

梓「だから本名登録でいいんですけど」

律「じゃあ 『半沢直樹』 で」

梓「中野梓です」

澪「あずみょん」

唯「あずにゃんぱみゅぱみゅ」

律「アズサ・デラックス」

紬「妖怪 腐れ外道」

梓「ムギ先輩は私のこと嫌いなんですか?」



律「行き詰ってきたな」

梓「皆さんそういうしょうもないあだ名を付け合ってるんですか?」

律「しょうもないって言うな」

澪「女子高生っぽいだろ」

梓「ムギ先輩はわかりますけど」

唯「でしょ?」

梓「律先輩は?」

唯「りっちゃん」

梓「それってあだ名なんですか?」

律「本名ではないからな」

梓「ほぼ本名じゃないですか」

紬「ギリギリね」

唯「ギリギリセーフだよね」

律「ロックだろ?」

梓「ろくでもない」

澪「まったくだ」



梓「じゃあ唯先輩は?」

唯「YUI」

梓「いやいや」

澪「ほら、あのシンガーソングライターにあやかって……」

梓「呼び方変わってないじゃないですか」

律「YUI」

紬「YUIちゃん」

梓「いやいやいや」

律「人の愛称にケチをつけるなよ」

唯「あずにゃんのくせに」

澪「何があずにゃんだよ」

紬「可愛い子ぶっちゃって」

梓「うあああああああ!!」 ジャガジャガジャガ ギュィィィィィ

澪「速弾き!?」



梓「私の自主性が試されてるのかと思って」 ハァハァ

澪「どういう自主性を示したいんだ」

律「なんでギターなんか持ってきてんだよ」

梓「ここってなに部でしたっけ?」

澪「それはともかく、なんか愛称があったほうがいいだろ?」

梓「澪先輩も何か二つ名みたいなのがあるんですか?」

澪「二つ名ではない」

梓「メンヘラとか援交とか?」

律「MIO」

梓「二度も同じ手が通用すると思ってるんですか」

律「澪はあれだよ」

律「ディオとDIOみたいなもんだよ」

澪「えっ」

梓「だから呼び方同じじゃないですか」

律「バッカお前、ディオとDIOじゃ全然違ってくるだろお前」

梓「全然違うなら愛称にならないじゃないですか」



紬「澪ちゃんは吸血鬼というよりサキュバス寄りよね」

唯「さきゅばす?」

紬「サキュバスというのはね」

澪「聞かなくていいからな」

唯「澪ちゃんは知ってるの?」

梓「なんですかサキュバスって」

梓「具体的にどういう悪さをする淫魔なんですか」

澪「それは、あれだよ、その……」

唯「澪ちゃんみたいな吸血鬼なの?」

梓「性の化身みたいなやつですね」

紬「だいたい合ってるわ」

澪「なんか死にたくなってきた」

律「また人間をやめたくなってきたのか」

梓「あっ、DIOっぽい」


梓「じゃあ私のあれもそんな感じでいいですよ」

紬「淫魔にしては性的魅力がちょっと……」

澪「淫魔って言うな!」

梓「そうじゃなくてDIO方式で」

律「悪のカリスマ性がないからダメだ」

梓「新入生に悪のカリスマを求めないでください」

梓「AZUSAとかそんなんでいいですよ」

律「長い」

澪「語呂が悪い」

唯「語呂にゃん」

梓「正式名称なんですけど!?」

紬「それじゃYUIちゃんの二番煎じになっちゃうじゃない」

梓「後輩なんですから二番煎じでいいんですよ」

唯「AZU-NYAN!」

梓「AZU-NYAN!?」

律「POKEMONみたいだな」

梓「だから、にゃんはいらないんですよ!!」

澪「唯はゲームを買っても説明書を読まないタイプなんだ」

唯「ふふん」

梓「だったらどうだって言うんですか」

梓「そんな目で見られても認めませんよ私」

紬「あのね、梓ちゃん」

紬「すごく言いづらいんだけど」

紬「欧米で 『ポケットモンスター』 というのは男性器を連想させるスラングで」

梓「だったらなおさらやめて下さいよ!!」


唯「ちょっと逆に考えてさ」

梓「逆に」

唯「語尾に 『にゃん』 をつければあずにゃんって呼ばれても不自然じゃないよね?」

澪「一理ある」

梓「私そういうキャラじゃないんですよ」

律「100円やるから」

梓「私そういうキャラじゃないですにゃん!」

唯「あざとい」

律「なに可愛い子ぶってんだよ」

紬「ネコかぶっちゃって」

梓「100円は?」


澪「じゃあ逆にさ」

梓「逆の逆って方向性が変わってないですよね」

澪「語尾が 『サー』 だったら必然的に 『あずさー』 ってなるだろ?」

律「確かに」

梓「もはや 『あだ名とは何か』 って領域に達してきますけど」

澪「1000円やるから」

梓「サー!」

紬「軍隊みたいになったわ」

澪「まるで私たちが後輩に服従を強いているかのようだ」

梓「なにひとつ間違ってませんけど」

律「方向性は間違ってないはずなんだけどな」

梓「逆の逆に向かってますからね」

梓「それより10000円は」

紬「お金で何でも解決できると思わないで」

梓「解決できてないですけどね」


梓「あだ名というのは本人の意見も尊重されるべきです」

澪「お前さっき人のことメンヘラ呼ばわりしてたよな?」

梓「見た感じで推察しただけですよ」

澪「なるほど」

澪「何ひとつフォローになってないな」

梓「違うんです、思ったことが口に出ただけで」

澪「じゃあ梓の愛称も見た目や性格を考慮してやればいいんだな」

紬「ムッツリスケベとか?」

律「ヒス女とか?」

唯「ヒスにゃん!」

律「ヒステリック・チビ」

紬「チクビ?」

律「クソチビ」

唯「チビにゃん!」

紬「まな板にゃん」

梓「ほとんど悪口じゃないですか!!」

梓「律先輩にだけは言われたくないんですよ!!」


梓「痛い痛い痛い」 ギリギリギリ

律「まいったか」

唯「じゃあ何にゃんだったら喜んでくれるの?」

梓「にゃんから離れてください」

唯「ワン」

梓「この人は何か頭の病を抱えているんですか」

紬「唯ちゃんには妹がいるんだけど」

梓「はあ」

紬「昔から妹のほうが出来がいいとか胸が大きいとか言われ続けていて」

梓「その劣等感で精神を病んでしまったんですか?」

紬「二人とも可愛いものが大好きでね」

紬「よく一緒に買い物したり、お料理したり、とても仲のいい姉妹だったの」

紬「だけどある日……」

梓「えっ、何かあったんですか?」

紬「そんな二人を見ていて思ったんだけど」

紬「私、姉妹同士もアリだと思うの!!」 ド ン ッ

梓「この人も思考回路が疑わしい」


澪「結局、何にゃんだったら納得するんだよ」

澪「にゃんだったら納得するんだよ」

梓「ちょっと可愛く言い直しても受け入れませんよ」

紬「じゃあ 『男の娘』 でいい?」

梓「女の子ですよ!?」

紬「あのね、梓ちゃん」

紬「とても言いづらいんだけど」

梓「今度はなんですか」

紬「医学的に見て、乳房の発育は14~15歳あたりでほぼ確定されるの」

梓「もう少し言いづらそうな顔で告知してください」

唯「えっでも私、高校に入ってから胸む ぐっ

澪「よせ、唯」

澪「奴の前で胸囲の発育に関する話題はNGだ」

澪「部長に殺られたいのか」

紬「犯られたの?」

澪「私はまだ大丈夫」

紬「そう……」

澪「なんで残念そうなんだ」


澪「いいか、残念組の乳房に対する執着は男子中学生並みだからな」

律「誰が残念組だ」

澪「一見明るいお調子者だけど、胸に抱える闇は計り知れない」

唯「りっちゃん……」

律「どういう表情なんだそれは」

梓「なんで胸を隠すんですか」

紬「この世界は不平等で成り立っているのよ」

律「まあ澪の場合は脂肪がつきやすいだけだけどな」

澪「ははっ」

律「へへっ」

紬「うふふ」

澪「殺すぞ!?」 ガタッ

律「来いよ!!」 ガタッ



ガッ ゴッ ドゴォ

梓「あの、あれ、あの」

紬「いいの、日常茶飯事だから」

紬「昔から言うでしょ? 『喧嘩するほど中がイイっ!』 って」

梓「初耳ですが」

紬「あれは仲直りセックスみたいなものだから」

紬「仲直りセックスって知ってる?」

紬「仲直りセックス」

梓「連呼しないでください」

唯「好きの確率~割り出す~計算式~♪」 ジャンガ ジャンガ

梓「なんなんですかこの自由すぎる部」

紬「どう? 軽音部、やっていけそう?」

梓「どう判断してそう思ったんですか」


澪「とりあえず軽音部に入ってくれるってことでいいんだよね?」

梓「ええと、まあ、何だかんだでライブの演奏もいい感じでしたし」

唯「ほんと!?」

梓「なんていうか、皆さん上っ面だけじゃなくて本当に仲が良さそうで」

律「だろ?」

梓「だからきっと、他にも新入部員が来てくれると思いますよ」

澪「ん?」

律「え?」

梓「じゃあ、可愛い後輩が来てくれるといいですね……」 スッ

律「待て待て待て」 ガッシ

梓「私そろそろ時間があれなので」 グググ

律「いやほら、ケーキまだ残ってるし」 グググ

梓「先輩の食べかけじゃないですか」

律「紅茶も残ってるし」

梓「だから飲みかけじゃないですか」

律「逆にご褒美だろ」

梓「澪先輩にでも差し上げて下さい」

律「あいつは少し減量しないといけないから」

澪「うるさいよ」


梓「違うんですよ、別に逃げようとしてるわけじゃなくて」

梓「ジャズ研に行った友達が、凄いカッコいい先輩がいるって言ってて」

律「いねーよそんな奴!」

梓「私だって友達くらいいますよ!!」

澪「そっちじゃなくて」

律「そんな人気ある女子がいたら、ムギがとっくにジャズ研行ってるだろ」

紬「えっ」

唯「澪ちゃんなんてファンクラブまであるんだよ!」

梓「えっ、その人さっきガチで殴り合ってましたけど」

紬「梓ちゃん、あれは仲直りセックスみたいなもので」

梓「ちょっと黙っててください」

紬「怒られちゃった!」 キャッ

澪「なぜ喜ぶ」


梓「私はもっとこう、ちゃんとしたバンドで音楽をやりたいんです」

梓「エンジョイ勢の先輩と対立したり、顧問の厳しい指導で心が折れかけたり、
  コンクールのメンバー争いで切磋琢磨したり、そういう青春してみたいんですよ」

律「そういうのは吹奏楽部に行け」

澪「今まさにエンジョイ勢と対立できてるだろ」

唯「(違う意味で)厳しい顧問もいるし」

紬「みんな自分の意見を言い合って、切磋琢磨できてるわ」

梓「あだ名ごときで言い争ってるだけじゃないですか」

律「そうは言うけどな、梓」

梓「にゃ?」

律「私たちはまだ梓のことをよく知らない」

紬「今はまだ、先輩相手にキレ散らかして暴言を吐く、恐れ知らずの女という情報しかないわ」

澪「こういうコミュニケーションも大事だと思うんだよな」

澪「これから一緒のバンドを組んでいくわけだし」

律「無駄なように感じる時間だって、きっと大切な時間になっていくから」

梓「どうしたんですか、急に部長みたいなこと言い出して」

律「部長です」


梓「いいんですか、こんな後輩で」

澪「当たり前だろ?」

梓「もっと素直で、可愛い後輩のほうがよかったんじゃないですか」

律「素直すぎるけどな」

唯「そのままのまな板にゃんが、みんな気に入っちゃったんだよ」

梓「でも私、先輩たちに迷惑かけて……」

澪「まな板も入ったことだし、私たちももっとやる気出していかないとな」

紬「まな板ちゃんのティーカップも用意しないと」

律「こんど歓迎会でもするか」

梓「ていうか私のあだ名、まな板に決まったんですか」

紬「まな板ちゃん」

梓「あっ、私のことですか?」

紬「まな板というのは貧乳の代名詞だと思ってるみたいだけど」

紬「まな板は 『愛板』 と書いて、愛でられる存在という意味も込められているのよ」

梓「そうなんですか」

紬「ウソよ」

梓「………」


唯「どう?」

梓「はい?」

唯「まな板にゃんとあずにゃん、どっちで呼ばれたい?」

梓「………」

唯「どうしたの、まな板にゃん?」

梓「もう、あずにゃんでいいですっ!」

唯「軽音部へようこそ!!」

梓「ここで!?」




おわれ





最終更新:2020年08月26日 15:49