※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


1912年2月4日
フランス・パリ7区
発明家のフランツ・ライヒェルト(Franz Reichelt)が自作のパラシュートを披露するため
地上60mのエッフェル塔のデッキから飛び降ります
しかし、発明品は正しく機能せず彼は地上に激突し即死しました

飛び降りの直前、彼は決行を躊躇しますが既に興行師から金を受け取ってしまっていたため
周囲の興行師らにせかされ決行せざるを得ませんでした

最終更新:2021年08月05日 20:17