捜査見直し

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

http://megalodon.jp/2010-0915-1524-44/mainichi.jp/seibu/shakai/news/20100914ddp041040020000c.html
福岡・能古島の女性遺体:あす半年 原点から捜査見直し - 毎日jp(毎日新聞)
9月14日6時0分
自宅アパートの状況などから、一度帰宅したように偽装された可能性も検討するなど、捜査幹部は「あらゆる可能性を念頭に原点から捜査を見直す」と話す。
捜査の最大の壁は物証の乏しさ。
県警は最後の足取りから洗い直している。
捜査関係者によると、通勤に使っていた社有車は博多区の支店に駐車されていた。
支店からアパートまで約500メートル。
玄関ドアは施錠されており、室内にバッグや財布などが残されていた。
ところが、当日着ていたとみられるスーツと玄関のキーが見当たらず、帰宅経路や自宅周辺での目撃情報や防犯カメラの映像もなかった。
県警はこれまで、車を支店に止めて歩いて帰宅後、顔見知りに連れ出されて殺害されたとみていた。
しかし、こうした自宅や周辺の状況などを詳細に再検討。
犯人が襲撃後に、財布などをアパートに置いて、一度帰宅したように偽装した可能性も視野に入れて捜査している。
毎日新聞 2010年9月14日 西部朝刊

切断遺体の発見から半年
9/15 19:14
交友関係を中心に進められた捜査は難航し、警察は、場当たり的な犯行の可能性も視野に入れています。
遺体を切断するという残忍さから、警察は当初、強い怨恨が背景にあるとみて、交友関係を中心に捜査しました。
しかし、事件につながる有力な手がかりは得られていません。
自宅には普段、持ち歩いているバッグが残されていたことから、警察は、ここから顔見知りに連れ出されたという見方を強めました。
しかし、現在は、描いた事件の構図を白紙に戻し、場当たり的な犯行も視野に捜査しています。
最終更新:2010年09月24日 05:06
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。