感想19-15

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金色ラブリッチェ -Golden Time-

点数:12P 票数:9票 (2019-02-22) SAGA PLANETS





1-163■金色ラブリッチェ -Golden Time-■-- CG H3 2035
19年1位金色ラブリッチェのFD……というかアナザーシナリオか。
理亜の事情を知ったうえでの新規シナリオと各ルートの後日談という構成で、笑って泣いてガチ泣きしてという金恋の魅力に今一度存分に触れらる一本。

今回は最初からノーブル学園に馴染んでるため、無印に比べてコメディ分がかなり多め。
流れるようにボケを挟む手腕は恐ろしく熟達しており、なんで乳首を!?とかフォーエバー処女膜とか年少組まで容赦なくギャグの渦に叩き落とす様は畏怖すら覚える。
その最たるは絢華ルート。シリアス完全に前振りだったよ。ジジイめっちゃ愉快だったよ。
てか何なんこのアナルを巡るすれ違いシナリオは。これじゃさしずめ尻assだよってやかましいわ。
そもそも絢華自体が面白過ぎる。青藍島級の変態になるわ、見てるこっちが心配になるレベルでチョロくなるわ。
無印の時点で大分アウトな娘でしたが、まさか畔某に匹敵するアナニストになるとか思わねぇよ……
本人のルート以外でもケツ穴と聞いて我慢できずに駆け付けるわ世にも奇妙なストーカーと化すわとやりたい放題。なのに超可愛い。間違いなく本作のMVPである。
勿論萌えも手抜きは無し、ミナルートなんて今日び珍しいド直球の恋愛ストーリー。
いやここまで他の要素を排して初恋の甘酸っぱさだけを抽出したシナリオなんてイチャラブゲーでも中々見ないぞ。
後日談でもみんないっちゃいちゃしてます。不審者カップルと化すシルヴィに草。

そして泣き担当のマリアルート。
いわゆるトゥルーハッピーエンドにあたる理亜のifエンドなのだが、
無印理亜ルートがあまりに完成されているせいで比較するとご都合感は否めない。というか単に短すぎて情緒も何もない。
てな訳でシナリオゲーとしては評価できないが……それでも、無印で最後に見たあの風景の先が見たかったのはどう言い繕おうが間違いないわけで。
万感のGolden Missionからシルヴィにああ言われちゃあもう白旗上げるしかねぇですよ。ラッキーパンチみたいなロマンスの風にやられちまった。

余談だけど、今回シナリオ上の必然性もないのにマリアルートとしたのって、例え金色でなくとも良いものはあるって意味合いなんだろか。
あのゴールデンタイムに比べたら陳腐だけど、こんなのがあってもいいよねってのを理亜の髪の色で示したのかなぁなんて浅慮したり。

1-008■金色ラブリッチェ -Golden Time-■-- SC H4 1269
あ、すみませんタイトル間違えました!
正しくは「泣きゲーみたいな寮に住む変態はどうすりゃいいですか?」でした
なお本項では色々言われてるマリアルートや短いアペンドについては一切触れません
「黒色オシリッチェ」「尻穴ズブリッチェ」などと比喩されてる、入れる専用出口ルートさんの事しか語りません

つまりオススメのおっぱいは城ヶ崎絢華ちゃんだああああああああああ!!
え、おっぱい?お尻だろ?って思ったそこの人、絢華はおっぱいもおっきいから!
絢華シナリオは途中までNTR展開やシリアス展開の雰囲気を漂わせてきます
が、その元凶たるお爺様、いやジジイが出たと同時にそんな雰囲気は終了します!シリアスはバニッシュだ!
退場したシリアスの代わりに尻穴なストーリーが始まります!
無印をプレイした方なら分かると思いますが、最初は過去話をストーリーに絡ませるのかなと思ってました
ですが、まさかの最後まで主人公の正体に気付かないまま終わるとは思いませんでした!
と言うかあんな変態シナリオ誰も予想できんわ!
ですが理亜も絢華との仲を認めてくれる展開はとてもよかったです
正ヒロインがシルヴィ、真ヒロインが理亜なら絢華は裏ヒロインといった所でしょうか
ちなみに絢華シナリオクリア後に主人公の正体がイチくんとバレた場合アペンドシナリオが楽しめます
まさに一粒だと思ったら二粒入っててお得な感じですかね、どこにとはいいませんが

1-021■金色ラブリッチェ -Golden Time-■-- SC H4 1009
賛否はすごくあるだろうけど僕は好きです。
共通やグランド以外の√では、よりはっちゃけた楽しい日常を。グランド周りでは、前作を踏まえたうえでの世界線で起きた奇跡を。
そのどれもが等しくゴールデンタイムだったと思います。
理亜は相変わらずカッコ良かったですし、シルヴィも相変わらずメインヒロインだったことが何よりも嬉しい。
物語としては前作で完結しきっているため、物語としての完成度は前作単体の方が高いと思います。
ただ、前作ありきで今作を見た場合「金色ラブリッチェ」という作品としての完成度は2作合わせた方が高いとも感じています。
個人的には、前作の否定ではなく、ありえたかもしれないもう一つの世界線を描き切ってくれた事、
下手すれば水を差すだけになろう物語を悩みながらも書いてくれた事に最大の賛辞を贈りたいです。今作は正しくファンディスクでした、ありがとうございますと。

これは完全に余談で全くもって仕方のない事ですが、いまだに前作理亜√の世界線のシルヴィと央路の物語も読んでみたかった気持ちがあったりします。
それこそ蛇足になりそうですが、それでも読んでみたかった…

1-144■金色ラブリッチェ -Golden Time-■-- CG H2 950
本編では攻略できなかったパンピー(死語)にも人気なアナ…ゲフンゲフン城ケ崎さんが人気だったようだが、
僕はカミナル・ル・プルテア・ソルティレージュ・シスアちゃん!(AA略

それはさておき、私は本編の理亜ルートが本当に好きで、この話の「カッコよさ」こそが金恋のすべてと思っている。
なので、理亜のIFについては、本当に必要なのか疑問しかなかった。

しかし、シナリオを読み終え、おまけのシルヴィの台詞を聞いて、
本編攻略中は央路とシルヴィ、そして理亜が幸せになる結末を強く望んでいたことを思い出した。

決して、本編で幸せになれなかったと言うつもりではないが、
こちらの話は終わっても「涙はいらない」結末で結ばれる。この後もずっと、ゴールデンタイムが約束されるのだ。
ここまで話しを見てきた私たちにも、そして、キャラクターたちにも。

どちらの終わり方が良いと思うかは人それぞれだが、私はどちらの終わりも「素晴らしかった」と納得できる。
まさにファンディングはこうあるべきという作品であったと思う。

1-059■金色ラブリッチェ -Golden Time-■+2 SC H4 615
大作であった金恋のFDが出るというので速攻ポチッた作品。
まずはメインの綾華ルート、愛しのイチ君とも知らずにオーロに冷たく当たる綾華が理亜を通して近づいていく様がとてもすごくすごかった。
EDに向かって進んでいく三人はいづれ二人になることに気付いている理亜の最後の望みがとても胸に刺さった。
この終わりを綺麗に仕上げるのがうまい所はさすがさかき傘さんですね。 あとHもエロエロ、大満足です。
ミナちゃんも別ライターとは思えない出来で恋愛している自分の感情に混乱するミナちゃんが可愛かったです。
アペンドも一つを除いて幸せを満喫しているヒロイン達の姿が見られてよかったです。
玲奈ママー!!!!!!

1-154■金色ラブリッチェ -Golden Time-■+1 CG H3 308
17年の金恋のファンディスク
念願の絢華が攻略ヒロインに、色んな意味で面白かったシナリオなんで
絢華目当てで買って問題ないかと
前回使いまくったミナちゃんの絵師が代わった為、可愛いんだけど
これはヤバいだろって感じが減ったせいで個人的にエッチ度は下がった
本編のお兄ちゃん連呼は最高だったw

1-082■金色ラブリッチェ -Golden Time-■-- C- H2 282
こんなん本当にやっていいのかみたいなパロも多いし、FDならではのもう一つの理亜√を作るなど色々見ごたえはあったのだが、正直絢華が強すぎて色々吹っ飛んだ。
理亜との友情もいいんだけど、変態淫乱アナル娘と化した絢華は何をしてても、何もせず考えてるだけでも面白い。こんなん堪りませんわ。

1-040■金色ラブリッチェ -Golden Time-■-- SC H3 264
シナリオに関しては意見が二分されるだろうなとは思いますが、自分は良かったとおもってます。
CG、音楽、システムなどの面でも高水準で、この辺りは流石というかブランドの強みでしょうか。
(まあぶっちゃけた話、昇格ヒロインのミナが攻略できただけで自分は満足です。)

1-123■金色ラブリッチェ -Golden Time-■-- SC H2 260
FDとして普通に面白かった。
無印であれだけやっちゃったんで、理亜の取り扱い難しいだろうなと思ってたけど、うまいことやった印象。
理亜が幸せになってくれるIFとして考えると嬉しかったし、FDだし無理矢理にでもハッピーエンドいくぜ!という姿勢には好感が持てた。




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。