※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主系種族@ヴァイレサック



人間、プリマ、ヴォル、イルカという、地球産の知的生物の中には、古代文明の遺産とも言うべき、この惑星独特の進歩(進化というべきか?)を遂げたらしい、微細機械技術と生命工学の融合によって生まれた、様々な特殊な能力を受け継ぐ者達が存在しています。

他に微細機械共生体や、微細機械群体の神竜、妖魔、精霊と呼ばれる自律型の人工生命が存在します。

ただし、4000年前に、他の種族と同時期に入植したはずのネオ・ドルフィンは、完全にその出自を忘れ去ってしまっており、原始化してしまっています。

繁殖の機能が無い人工知能についてはここには含まれません。

四大主系種族

Homo Sapiens(人間)
Terran(地球人)
Vwilzacks(ヴァイレサック人、Vwilzack Unique)
Vwilzacks generic(ヴァイレサック人亜種。各種作業用強化人種、微細機械共生体他)

Neo Troglodytes(ネオ・チンパンジー)
Prima (プリマ、Vwilzack Unique)
ヴァイレサック・ユニークと呼ばれるヴァイレサック固有のネオ・チンプ種族です。
主な違いは、一般的な地球系列のチンプよりも2割程大柄な体格と、複数の縞模様がある点になります。

プリマ族の登場している場面



Neo Canis Lupus Familiaris(ネオ・ドック)
Vwol (ヴォル、Vwilzack Unique)
ヴァイレサック・ユニークと呼ばれるヴァイレサック固有のネオ・ドック種族です。
一般的なネオ・ドック種族よりも大型であり、身長その他、体格的には人と変わりません。

ヴォル族の登場している場面




Neo Tursiops Truncatus(ネオ・ドルフィン)
Merlim (メリム、Vwilzack Unique)
ヴァイレサック・ユニークと呼ばれるヴァイレサック固有のネオ・ドルフィン種族です。 

ネオ・ドルフィンが登場している場面



ヴァイレサックの知的種族




最終更新:2012年02月06日 15:15