クラロワ用語集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クラッシュロワイヤル特有の略語や、オンラインゲームで使われる用語などを掲載。また、当サイトでの記載ルールも説明していく

記載ルール

  • ナイト(9)と書いた場合はナイトのレベル9を意味する。
  • ナイト(+2)と書いた場合は、大会規定に対してのレベル+2を意味する。ナイト(11)と同意義。
  • 大会規定はUR(1)、SR(4)、R(7)、N(9)のレベルを意味する。


  • アイウィズ:アイスウィザード。
  • アイゴレ:アイスゴーレム。
  • アイスピ:アイススピリット。
  • アイス(状態):動作が遅くなること。実は声もスローになっている。
  • エリポン:エリクサーポンプ。
  • インフェ:インドラが出てくるまではインフェルノタワーをこう呼んでいたことも。
  • インドラ:インフェルノドラゴン。
  • エリババ:エリートバーバリアン。

  • きおきお:公式Youtuber
  • キング:中央のタワー。キングタワー。
  • クロ:クローン。何かにクローンをかけることをいうときに語尾につく。ラヴァクロなど。
  • コスト:それぞれのカードが使うエリクサーの量のこと。消費エリクサーが5ならコスト5(5コス)などと使う。その大きさで重い、軽いと表現される。

  • ジャイポイ:一時大流行したジャイアント+ポイズンのこと。当時はカード種類が少なく、対抗手段がかなり限られていた。
  • 城ババ:攻城バーバリアン
  • スケ:スケルトン。単品カードも、ネクロからでてくるアイツも、ラッシュも、軍団も含む。
  • スケアミ:スケルトン軍団。英語版ではスケルトンアーミーとなっているため。
  • スケラ:スケルトンラッシュのスペル。もしくはラッシュ動画でのスケルトンラッシュ。
  • スタン(状態):攻撃が中断され、リセットも発生する。ザップ、ライトニング、エレウィズ、ザッピーが該当。フリーズとは別。
  • スタンプ:対戦中に使えるコミュニケーションツール。画面左下のボタンから使用できる。クラロワは世界複数の言語で展開されているが、スタンプは相手の言語に変換されて表示される。「よろしく!」⇒「GOOD LUCK!」や「やるな!」⇒「WoW!」など。

  • 大会:大会モードで開催されるマッチングのこと。大会を参照。
  • タワー:落とされたら負けるキングタワーと、左右のクイーンタワー全てを含む。
  • 釣り:敵ユニットの進行方向を意図的に変えること。建物で釣る、壁役で釣るなど。
  • ディガー:穴掘り師の名前。公開当初は「穴掘り師」で、途中から命名されたために知名度は高くない。
  • ドズル:公式Youtuber

  • 舐めプ:舐めたプレイ。勝敗が決定した時点で諦め、普段は考えないような行動をとること。なにも無いところにスペルを撃ったり、スタンプを連打するなど。
  • ノックバック:相手を後退させるように押しのけること。ボウラー、ローリングウッド、ゴーレム破壊時、巨スケ死亡時爆弾の爆発時、ファイアボール・ロケットの着弾時がある。ノックバック耐性のあるユニットもある。

  • ババ:バーバリアン。もしくは、城ババが解体したあとのアイツ。
  • ファイボ:ファイアーボール。
  • フリーズ(状態):すべての動作が止まること。アイスピ、フリーズが該当。リセットも発生する。
  • ベビドラ:ベビードラゴン。
  • ホグ:ホグライダー。以下の様に付加語が多い。
  • ホグフリ:ホグライダーとフリーズを同時に使う攻め方。
  • ホグスピ:ホグライダーとファイアスピリットを同時に使う攻め方。

  • 丸太:ローリングウッド。
  • マルチ:全国対戦のこと。オンラインゲーム一般で呼ばれるため。

  • 誘導:テクニックの誘導を参照。

  • ラッシュ:主にネタ動画で使われる。あらかじめ約束されたフレンドマッチ等で、何か一つのユニットを大量に同時展開すること。ミラーやクローン、エリクサーポンプがよく用いられる。ペッカラッシュ、スケラッシュ、アイゴレラッシュ、アイウィズラッシュなどなど。

その他

  • IT:インフェルノタワー。
  • WIZ:ウィザード。
  • PPP:ペッカ、プリンス、ダークプリンスを使ったデッキのこと。
最終更新:2018年03月05日 12:00