巴御前(妖艶伝)

【作品名】平安夜伽草子 源義経妖艶伝
【ジャンル】官能伝奇小説
【名前】巴御前(妖艶伝)
【属性】元木曽義仲軍将軍、後に義経の側小姓兼妾
【殺人数】15人(最低値)
【長所】弁慶に匹敵するとされる圧倒的な武力
【短所】義経に調教されすぎてドSの腐女子になった
    「犯され凌辱される恥を、骨身に沁みて味わうが良いぞ! おう、犯すぞ義経! 覚悟いたせ!」
    「こやつ、不埒にも魔羅をオッ立てておるわ! おい相模坊、こやつの尻を掘れ!」
【備考】三草山で複数人(2人とする)の城兵を瞬殺、更に斬り込んで複数名(2人とする)斬殺
    この惨状を見て逃げ惑う平家軍を何人も斬りまくり義経が追いついたころには首なし死体になってる(+3人とする)
    更に義経と合流後も敵兵を斬りまくる(+3人とする)
    一ノ谷の戦いの鵯越逆落としで平家兵を複数人一瞬にして両断(2人とする)、更に何人も切り捨てる(3人とする)

vol.1
最終更新:2019年03月19日 22:41