※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とちゅう

ガブリアス

No.445 タイプ:ドラゴン/じめん
特性:すながくれ(砂嵐の時に回避率が1.25倍になる)
第5世代夢特性:さめはだ(接触攻撃を受けると最大HPの1/8ダメージを与える)
体重:95.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 合計種族値
ガブリアス 108 130 95 80 85 102 600


防御相性(特性を考慮しないもの)
ばつぐん(4倍) こおり
ばつぐん(2倍) ドラゴン
いまひとつ(1/2) ほのお/どく/いわ
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし でんき



型サンプル

剣舞型

きあいのタスキ

性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252 防御or特防4
確定技:じしん/げきりん/つるぎのまい
選択技:ダブルチョップ/だいもんじ/ほのおのキバ

エース仕様,または補完役としても使える定番構成のガブリアス。
襷のおかげで単体でも抜き体制に入る事が出来、剣の舞を使わなくても後述の理由から柔軟な立ち回りが可能。

持ち物がタスキなのは行動回数の確保ができる事。
使用率の高いガブリアスの対策用としての氷技は多くのポケモンが所持しており、それらに備えて置けるタスキは単純に強力。
不意打ちの氷技だけではなく、見えている技にも強引に突っ張っていく事もできる。
単に氷技に備えておくだけならならヤチェのみでも良いのだが、ヤチェのみでも耐えられないような氷技はもちろんの事、
ラティオスなどの対ドラゴンでは襷を盾にして強引に攻めて行く事が出来るのはヤチェのみではできない事である。

タスキを持っているとはいえ、それに頼り切って序盤から剣の舞を使用して全抜きを計るのは避けたほうが良い。
先制技持ちやガブよりも速い相手が居れば、ガブリアスといえど簡単に止まってしまう。
相手の選出が割れてからか、先制技で削りきれない程のHPが残った時にする方が良い。

配分例
  • 183-182-116-90-105-169(ようき 0-252-4-0-0-252)
  • 183-182-115-90-106-169(ようき 0-252-0-0-4-252)
耐久はタスキで補えているので努力値はAS極振りで良い。最低限攻撃と素早さの個体値が最高値である事は必須。
素早さに極振りすることでラティオス、ラティアス以外の別種のドラゴンタイプに先手を取る事が出来る。
端数はHPに振ると実数値で184となるが、この数字は8の倍数であるため、やけどやのろいなどの定数ダメージで損をする場面が出てくるので非推奨。
ちなみに端数を下降補正の掛かっている特攻に振っても数値は変化しないので注意。

ヤチェのみ

確定技:じしん/げきりん/つるぎのまい
選択技:ダブルチョップ/だいもんじ/ほのおのキバ/みがわり

主なターゲットはタスキ想定の行動(2体以上で氷技+先制技)をとるポケモン。
剣舞を舞うことで全抜きに繋げる。
氷技にやや強くなる半面、スカーフ持ち竜やラティ兄妹には手が出ないので、パーティーで補いたい。

配分例
AS252なら襷を持たせた方がいい。
  • 189-176-116-90-106-169(ようき 44-204-4-0-4-252)
<耐久>
A181テラキオン@鉢巻のインファイト耐え(素の耐久)
C197シャンデラの眼鏡シャドーボール+A105ラプラスの氷の礫(ヤチェ発動)を中乱数耐え
C120不一致冷B or C162不一致めざ氷(共にヤチェ発動)+A200ハッサムのバレパン確定耐え (同条件でA200@鉢巻だと中乱数耐え)
<攻撃>
H252ハッサムを剣舞地震で中乱数一発
HB252(図太い)ブルンゲルを剣舞逆鱗で中乱数一発
HB252(図太い)ミロカロスを剣舞逆鱗で確定2発 (一発で82.1%~97%)
HB252(図太い)ヤドランを2舞逆鱗で超高乱数1 (A実数値177で確1)

襷の欄にもあるが、中盤から全抜きを狙ったほうが無難。
使用感としては襷想定の行動が多いので、剣舞を積む機会は割と作りやすい。
ひかえめC252FCロトムのめざめるパワー氷受けた後、いじっぱりA252鉢巻カイリューしんそくがB4D4に振った上で、
H197(努力値108)で確定耐え。(最高ダメージ102+94)

ドラゴンジュエル

努力値:攻撃252 素早さ252 防御or特防4
確定技:じしん/げきりん/つるぎのまい
選択技:だいもんじ/ほのおのキバ

用途としては調整崩しが主。
ドラゴンジュエルを使用し、後出しで受けに来たポケモンを剣舞+ジュエル逆鱗の威力で強引に突破する事が出来る。
数値受けの等倍物理受けはもちろん鋼は舞ジュエル逆鱗に後出しした場合なら次の逆鱗で落ちるが、流石にエアームドだけは炎技を使わないと突破が出来ない。
一応舞わなくても鉢巻と同等の火力が一回だが出せるが、調整先としてメジャーなものなので相手とHPの残り具合には注意。

タスキ型よりも安定感は無くなるのが難点といえば難点。
「受けに来たポケモンを無理矢理突破するために舞ジュエル逆鱗を撃つ」という関係上、
舞逆鱗を撃った後は使い捨てる感覚で扱うのもヤチェやタスキとは別物となる。

調整崩しの確率をできるだけ高めるために攻撃は極振りが確定。
よって努力値配分はタスキと同じくAS極振りになる。

両刀型

きあいのタスキ

性格:むじゃき
努力値:0-180-0-76-0-252
確定技:りゅうせいぐん/げきりん/じしん
選択技:つるぎのまい/だいもんじ/ストーンエッジ/ダブルチョップ

対竜タイマン性能と序盤の動きやすさを重視した型。
襷ラティオス、ハバンラティアス、意地っ張り襷オノノクス、特殊カイリュー以外のドラゴンにタイマンで勝てる。
グドラや舞った非襷ドリュに勝てるのも特徴。

物理技の方が2発以上耐える可能性が高いため、性格は無邪気を推奨。
陽気オノノのWチョップは、無邪気なら超高乱数で耐えるが、せっかちでは逆に超高乱数で落とされる。
オノノがA特化の場合は、性格に関わらず高乱数で落ちる。

流星群
逆鱗は序盤からは撃ちづらく、地震も回避される恐れがある。
流星群なら大きなリスクもなく撃つことができ、交代相手を削りながら確認したあとに行動できる。
こいつに後出ししてくるグライオン、ヤドラン、ローブシン等、鋼以外の防御特化型に対してはダイブよりも高いダメージが入る。
威嚇込みで逆鱗耐え調整をしているスカーフマンダも一撃。殻を破るパルシェンにも起点にされない。
もちろんメイン物理技の威力にも関わるために、努力値はパーティーと相談。

特攻調整したときの物理技の威力は、A4振り逆鱗がA252振りダイブとほぼ同等。
物理一本の型と比べて火力がかなり落ちるので、特に制御不能になる逆鱗は剣舞で補強したい。
一方で、ナットレイ・ハッサムを意識するなら大文字は必須。最後の一枠はパーティー次第になる。
流星群が撃ち逃げ用の竜技なのでダイブは不要。地震の効かない相手に撃つ命中安定技もなくなる。

努力値欄の解説
実数値(性格 努力値)
  • 183-173-115-110-94-252(むじゃき 0-180-0-76-0-252)
A173逆鱗:H201-B116ガブリアス確1
C110流星群:H171-D101ボーマンダ確1
最速
『威嚇込みでA182ガブリアスの逆鱗高乱数耐えボーマンダ(HP171-B113)』の調整を無効化するために特攻を引き上げ、残りを攻撃に振ったもの。
特攻をここまで伸ばすと大文字よりも威力が低いかえんほうしゃでもHP振りエアームド(H172-D90)が確定2発となる為、羽休めで粘られても勝てるようになる。
攻撃の値は旧世代に居た硬めの配分のガブリアスを確定で倒せるようになっている。
これ自体は1減らしたA172でも可能にはなっている。


ステルスロック型

性格:むじゃき
努力値:特攻252 素早さ252 攻撃4(183-151-115-132-94-169)
持ち物:きあいのタスキ
技:りゅうせいぐん/じしん/ステルスロック/だいもんじorかえんほうしゃ

先発起用をしてステロを撒き、後続の抜きエースの補助もするガブリアス。
5世代では命の珠ハッサムを抜きエースとして採用したものが多い。

先発起用=相手がどんな選出をしてるかまだ分からない状態なので、できる限り動きやすさを重視する必要がある。
行動固定になってしまう逆鱗は序盤からでは使用し難いのでこの型では使用しない。
ドラゴンクローやダブルチョップなら行動固定は無いが、単純な火力不足なだけでなく対竜で若干不安が出てくる。
(竜対面に限っても陽気A252振り(A182)のドラゴンクローでは無振りガブリアス、威嚇込みのボーマンダには確定耐えをされてしまう。)
ゴツメ持ちやナットレイでタスキを潰され、特に珠ハッサムが処理できないゴツメエアームドの処理もこれだと厳しい。

以上の行動固定・火力不足の問題は、メインのドラゴン技を流星群にすることで解決できる。
非接触技なので受けに来るナットレイやゴツゴツメット持ちで襷もつぶれず、
Cに振っている事で火炎放射でもエアームドが2発になる。

地面技は流星群を撃った後でも威力の下がらない地震で安定。
元の種族値のおかげでバンギラスやメタグロスへの確定数の変動も無い(シュカグロス除く)。
大地の力ではバンギラスが落としにくくなったり、流星群後に撃てる攻撃が無くなってしまう。

こだわりスカーフ型

性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:げきりん/じしん
選択技:だいもんじ/ストーンエッジorいわなだれ/ドラゴンクローorダブルチョップ/ねごと

スカーフを持ったサザンドラやボーマンダ、竜舞オノノクスといった強力な竜が狩れ、蝶舞ウルガモスも後出しから岩技で落とせる。
103族以上でスカーフを持つことが多いのはラティくらいなので、天候を利用する相手以外に抜かれることはほとんどない。
強化アイテムを持てないので火力自体は過信出来るほど高いわけでもない。別のポケモンで逆鱗圏内までHPを消耗させれば全抜きがしやすくなる。

砂パ運用でないなら、さめはだを強く推奨。砂パでも、砂嵐の利かない相手に役立つ。
襷つぶしはもちろんのこと、カイリューのしんそく読みに繰り出したりと、小回りの利かないスカーフには、非常に便利。
陽気鉢巻逆鱗耐えのカイリューでも、さめはだでマルスケの効果を消してしまえば無振りげきりんの火力で落とせる。
ただし、HP4振りだと鉢巻しんそく×2で低乱数ではあるが落ちるので、そこが気になる場合はHPに60かHに44BDに4ずつ振っておけば確定耐えにできる。

竜技
逆鱗は相手の受けを崩した終盤用。
序盤にドラゴン技を撃ちたいときにダブルチョップかドラゴンクローがあれば安定行動がとれる。
ダブルチョップはドラゴンクローに比べ、キノガッサやガブリアスの身代わりを壊せる、オノノクスやフーディンの襷を貫通できるなどの利点があるが、たまに外れる。
ドラゴンダイブは命中不安なので特にドラゴンポケと対面したときに安定行動と言えないのが難点。

炎技
持ち物・補助技で補強ができないので大文字。陽気無振りでも特防特化ナットレイが超高乱数2発になる。
特攻無補正にすればH全振りハッサムが確1になるが、特防振りやオッカ持ちには意味がないので無邪気にする必要はない。

岩技
基本は威力重視のエッジ。岩雪崩のメリットは、3割怯みと命中。
最速スカーフなら蝶舞ウルガモスを後出しから倒せる。ただしその後のドリュウズ等には注意。

配分例
  • 183-182-116-90-105-169(ようき 0-252-4-0-0-252)
  • 183-200-116-90-105-154(いじっぱり 0-252-4-0-0-252)
※性格別でのAS極振り
安定かつ火力補強も兼ねたAS極振り。
素早さはスカーフで補えているので、火力補強も兼ねられる意地っ張りも候補となる。
意地っ張りのメリットは陽気ガブリアス耐え調整を5割強の確率で崩すことができる。
デメリットはそのまま最速89族~101族のスカーフ持ちに先手を取れない事。
101族以下のポケモンはガブリアスを抜けないのでスカーフ持ちでも最速ではないことも多いが、それらの最速スカーフが気になるならば最速の方が安定する。

  • 189-176-116-90-106-169(ようき 44-204-4-0-4-252)
HB:A204カイリューの1.5倍神速を2耐え
解説文で触れたカイリューの神速2耐え調整。

  • 191-172-118-90-106-169(ようき 60-172-20-0-4-252)
A:H201B116ガブリアス(201ガブ)を逆鱗で確定1発
HB:A181テラキオンのインファイト+でんこうせっか(命の珠持ち)を高乱数耐え
HD:C167ライコウのめざめるパワー(氷)を高乱数耐え
いわゆる「191ガブリアス」と呼ばれる配分。
攻撃を最低限まで落としてもう少し耐久を増やしたもの。

こだわりハチマキ型

努力値:配分例参照(ようきASベース)
確定技:げきりん/じしん
選択技:ドラゴンクローorダブルチョップorドラゴンダイブ/ほのおのキバ/ストーンエッジ/ねごと

元から高い決定力をさらに伸ばした型。
A252振りなら防御特化スイクンも逆鱗で超高乱数2発圏内に入り、後出しからは非常に止めづらい。
さらにダブルチョップが実用的な火力になり、タスキ対策も比較的容易。交代読み身代わりも突破できる。
反面、スカーフ持ちの死に出しには弱い。特に竜とのタイマンでは不利になる。

配分例
攻撃の調整はこだわりハチマキ前提

  • 183-182-116-0-105-169(ようき 0-252-4-0-0-252)
AS極振り
耐久調整による攻撃を下げずに高負荷をかける事を意識した基本的な配分。

  • 191-173-116-x-107-169(ようき 60-180-4-0-12-252)
A:H205B116ガブリアス(205ガブ)をダブルチョップで高乱数1発(1撃のダメージが102~122)
A:H187-B153メタグロスを地震で確定1発
HD:C167ライコウの目覚めるパワー(氷)を高乱数耐え
HD:C162サンダースの目覚めるパワー(氷)を最高乱数を除き1発耐え
「191ガブリアス」を少しいじった配分。
身代わり状態の205ガブリアスにダブルチョップを撃った場合、身代わり2回目以降ならばそのまま倒せ、1回目ならば倒せはしなくとも高確率で身代わりが使用できないHPまで削る事が出来る。

  • 201-164-116-x-106-169(ようき 140-108-4-0-4-252)
A:H187B150メタグロスを地震で最低乱数を除き1発
HB:A194ヘラクロスのインファイト(拘り鉢巻持ち)を最高乱数以外耐え
HB:A205メタグロスのコメットパンチ+バレットパンチ(鋼鉄プレート持ち)を高乱数耐え
HD:C167ライコウのめざめるパワー(氷)耐え
耐久重視の配分。「201ガブリアス」と呼ばれるもの。
これだけの高火力を耐えられるように設定することで、行動回数の確保をさせやすくしているのが特徴。
火力が犠牲になっているが、最低限地震でメタグロスを高確率で一撃で落とせるように設定してある。

  • 185-167-116-x-119-169(ようき 12-132-4-0-108-252)
陽気鉢巻テラキオンのインファ最高乱数以外耐え
臆病ボルトロスのめざ氷を最高乱数以外耐え
187-150メタグロスを地震で確1

電磁砂型

特性:すながくれ
性格:ようき
持ち物:ひかりのこな/たべのこし
努力値:道具ごとに異なる為、配分例を参照
技:みがわり/じしん/①(推奨)or②
組み合わせ①:ダブルチョップ(推奨)orげきりん/つるぎのまい
組み合わせ②:つめとぎ/ドラゴンダイブ

カバかバンギで天候を砂嵐にし、砂隠れを活用する型。基本的に電磁波砂パで使う。
相手の攻撃が外れるか痺れるまで身代わりを繰り返し、身代わりを残したままで積んで攻めに転じる。
攻撃回数が少ない+攻撃時は剣舞前提という運用の性格上、技は威力より命中を重視したい。

身代わりがある間、本体はダメージを受けないことが前提となるので今作で強化された連続攻撃技や
悪戯心による挑発・アンコールにはすこぶる弱い。が、逆にそれらが相手のパーティにいなければ砂パの中ではかなり強い。

配分例
  • 205-160-116-x-106-169(ようき 172-76-4-0-4-252)@ひかりのこな
H:4n+1(身代わりの効率重視),地球投げ・ナイトヘッドを身代わりが確定耐え
HB:A194ヘラクロスのインファイト(拘り鉢巻持ち)を確定耐え
HD:C167ライコウの目覚めるパワー(氷)を確定耐え
光の粉を持たせて「避ける」事を意識した基本的な電磁砂パーティのガブリアスの配分。
身代わりが地球投げ・ナイトヘッド固定ダメージ技を耐えられ、身代わりを4回使えるようにHPを4n+1(205)に設定したもの。
ダメージソースを固定ダメージに頼っているポケモンは格好の起点に出来る。
目安として耐えられる攻撃を書いてあるが、最低限HPさえ合っていればいいのでBDに振った端数は攻撃に回しても大した問題にはならない。

  • 209-151-121-x-106-169(ようき 204-4-44-0-4-252)@たべのこし
HP:16n+1(食べ残し&身代わりの効率)
HB:A151キノガッサのローキック(テクニシャンなし)を身代わりが確定耐え
HB:A151ハッサムのテクニシャンバレットパンチを身代わりが確定耐え
HB:A187ドリュウズの地震(ランク+2)を確定耐え
HB:A189までのメタグロスのバレットパンチ(鋼鉄プレート持ち)を身代わりが確定耐え
HD:C177ボルトロスの目覚めるパワー(氷)を最高乱数を除き1発耐え

直接避ける能力を落とす代わりに身代わりを多く貼れるようにした型。食べ残し込みで5回身代わりを連続してはる事が出来る。
固定ダメージはもちろん、一部の低火力の攻撃を身代わりが耐えるように防御に振った型。
じしんの代わりに火炎放射を持たせて受けループを見れるようにする場合もある。

単に4n+1にしたいだけならばHP12振りで実数値が185=4n+1になる(実数値 185-181-115-x-105-169)。
逆鱗を持たせて通常型のガブリアスの能力を持たせつつ砂パメタとして使う場合は腐りにくいこちらがお勧め。


技構成について
威力は 剣舞クロー > 爪研ぎダイブ のため、基本的に剣舞を推奨。その他の技の威力も剣舞の方が当然高くなる。
ただし攻撃時は先制することがほとんどなので、ダイブの怯みや小さくなるラッキー等の対策を考えるなら爪研ぎもあり。
よって技構成の基本は「ダブルチョップ+つるぎのまい」か、「ドラゴンダイブ+つめとぎ」の2つ。

砂隠れの回避率
相手の攻撃(命中100技)が連続で当たる確率は以下のとおり。相手が麻痺しているか否かによって有利な持ち物が変わる。
この数値なら運任せとは言えない。特に相手が麻痺している場合、複数回積むチャンスもある。
 身代わり回数  連続命中率〔%〕
相手平常時 相手麻痺時
残飯/オボン  光の粉  残飯/オボン  光の粉 
1 80.00  72.00  60.00  54.00 
2 64.00  51.84  36.00  29.16 
3 51.20  37.32  21.60  15.75 
4 40.96  26.87  12.96  8.50 
5 32.77  --  7.78  -- 


耐久・火力調整案

調整名 H A B C D S 基本的な持ち物と技構成 / 調整に影響を与える要素 / 調整の基本情報
183ガブ 183 - 182 - 115 - 90 - 106 - 169 @きあいのタスキ(地震/逆鱗/大文字/剣の舞)
陽気 0 - 252 - 0 - 0 - 4 - 252 特性「さめはだ」 / *AS全振り。流星群採用を除きどの型でも使える。D4はB4でも可。8nになるH4は×
189ガブ 189 - 176 - 116 - 90 - 106 - 169 @こだわりスカーフ
陽気 44 - 204 - 4 - 0 - 4 - 252 特性「さめはだ」 / *A204カイリューの鉢巻しんそくを確定で2耐えできる。
191ガブ 191 - 170 - 120 - 90 - 106 - 169 @こだわりスカーフ(地震/逆鱗/ストーンエッジ/大文字)
陽気 60 - 156 - 36 - 0 - 4 - 252 特性「さめはだ」 / *古い191ガブ。現在この配分はあまり使われていない。
191ガブA 191 - 172 - 118 - 90 - 106 - 169 @こだわりスカーフ(地震/逆鱗/ストーンエッジ/大文字)
陽気 60 - 172 - 20 - 0 - 4 - 252 特性「さめはだ」 / *高乱数耐えまで耐久を落とし火力向上した型。
191ガブB 191 - 173 - 116 - 90 - 107 - 169 @こだわりハチマキ(地震/逆鱗/ダブルチョップ/寝言)
陽気 60 - 180 - 4 - 0 - 12 - 252 特性「さめはだ」 / *高乱数耐えまで耐久を落とし火力向上した型。
201ガブ 201 - 164 - 116 - 90 - 106 - 169 @こだわりハチマキ(地震/逆鱗/ストーンエッジ/炎の牙)
陽気 140 - 108 - 4 - 0 - 4 - 252 特性「さめはだ」 / *これも古い配分。多くの物理技とめざ氷を耐え、攻撃試行回数を増やした型。
205ガブ 205 - 160 - 116 - 90 - 106 - 169 @ひかりのこな(地震/ダブルチョップ/身代わり/剣の舞)
陽気 172 - 76 - 4 - 0 - 4 - 252 特性「すながくれ」 / *電磁波砂パの最もメジャーな調整。みがわりが固定ダメージ技を耐える。
209ガブ 209 - 151 - 121 - 90 - 106 - 169 @たべのこし(地震/ダブルチョップ/身代わり/剣の舞)
陽気 204 - 4 - 44 - 0 - 4 - 252 特性「すながくれ」 / *食べ残しの効率の為にHP16n+1調整を施した電磁波砂パ用の調整。

  • 攻撃調整
 A実値   努力値  調整内容
182 252 珠地震:H全振りメタグロス高乱数1(31/39)、H全振りバンギラス超高乱数1(12/13)
182 252 炎のキバ&Aランク+2:物理特化エアームド確2
177 212 珠ダブルチョップ:H4振りガブリアス確1
168 140 珠ドラゴンダイブ:H252振りオボンFCロトム確2

  • A252+剣舞+竜ジュエル+逆鱗
H207-B172スイクン…ダメージ214~253 (確1になる目安。HBはオボン込みで鉢巻逆鱗2耐え B特化だと下2つ以外で一撃)
B特化ヤドラン,グライオン…確1
H172-B183エアームド…ダメージ101~119 (58.7%~69.1%)+ジュエル無しで67~80(38.9%~46.5%)の高乱数2 ※C90不一致大文字2耐え余りBのエアームド
H227-B189クレセリア(B特化)…ダメージ195~231 (低乱1 ステロがあったら高乱1)

  • 特攻調整 ※調整先の特防は特記なければすべて性格補正なし
C実値 努力値 調整内容
132 252 流星群:201ガブリアス高乱数1(31/39)・H252振りサザンドラ高乱数1(2/3)
    珠大文字:特防特化ナットレイ高乱数1(2/3)
127 212 流星群:H4振りラティオス確1
122 172 流星群:H4振りガブリアス確1
115 116 流星群:H4振りサザンドラ確1
109 68 流星群:H4振りボーマンダ確1
106 44 珠波乗り珠H252振りカバルドン確2
珠流星群:H252振りサザンドラ確1
105 36 珠大文字珠特防特化ハッサム確1
104 28 流星群:H252振りオノノクス確1
100 0 流星群:H4振りオノノクス・H4振りD下降補正ボーマンダ確1
    珠流星群:H全振りパルシェン確1
珠大文字:H全振り浮遊ドータクン確2
珠波乗り:H全振りグライ確2


覚える技

レベルアップ

4th BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
フカマル ガバイト ガブリアス フカマル ガバイト ガブリアス
- - 1 - - 1 ほのおのキバ 65 95 ほのお 物理 15
1 1 1 1 1 1 たいあたり 50 100 ノーマル 物理 35
3 3 3 3 3 3 すなかけ - 100 じめん 変化 15
7 7 7 7 7 7 りゅうのいかり - 100 ドラゴン 特殊 10
13 13 13 13 13 13 すなあらし - - いわ 変化 10
15 15 15 15 15 15 とっしん 90 85 ノーマル 物理 20
19 19 19 19 19 19 すなじごく 35 85 じめん 物理 15
- - - - 24 24 ダブルチョップ 40 90 ドラゴン 物理 15
25 28 28 25 28 28 きりさく 70 100 ノーマル 物理 20
27 33 33 27 33 33 ドラゴンクロー 80 100 ドラゴン 物理 15
31 40 40 31 40 40 あなをほる 80 100 じめん 物理 10
- - 48 - - 48 かみくだく 80 100 あく 物理 15
37 49 55 37 49 55 ドラゴンダイブ 100 75 ドラゴン 物理 10

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
※以下は第5世代の技マシン
技01 つめとぎ - - あく 変化 15
技02 ドラゴンクロー 80 100 ドラゴン 物理 15
技05 ほえる - 100 ノーマル 変化 20
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技26 じしん 100 100 じめん 物理 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技28 あなをほる 80 100 じめん 物理 10
技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技35 かえんほうしゃ 95 100 ほのお 特殊 15
技37 すなあらし - - いわ 変化 10
技38 だいもんじ 120 85 ほのお 特殊 5
技39 がんせきふうじ 50 80 いわ 物理 10
技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技54 みねうち 40 100 ノーマル 物理 40
技56 なげつける - 100 あく 物理 10
技59 やきつくす 30 100 ほのお 特殊 15
技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5
技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 30
技78 じならし 60 100 じめん 物理 20
技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
技82 ドラゴンテール 60 90 ドラゴン 物理 10
技84 どくづき 80 100 どく 物理 20
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技94 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15
秘01 いあいぎり 50 95 ノーマル 物理 30
秘03 なみのり 95 100 みず 特殊 15
秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15
※以下は第4世代までの技マシン BW
技23 アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 タマゴ
技43 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20 ×
技58 こらえる - - ノーマル 変化 10 PDW
技59 りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10 ×
技76 ステルスロック - - いわ 変化 20 ×
技78 ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20 ×
技82 ねごと - - ノーマル 変化 10 ×
技83 しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 ×
秘05 うずしお 35 85 みず 特殊 15 ×

タマゴ技

4th BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
りゅうのいぶき 60 100 ドラゴン 特殊 20
げきりん 120 100 ドラゴン 物理 10
たつまき 40 100 ドラゴン 特殊 20
こわいかお - 100 ノーマル 変化 10
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15
あばれる 120 100 ノーマル 物理 10
メタルクロー 50 95 はがね 物理 35
すなじごく 35 85 じめん 物理 15
のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15
アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15
HS マッドショット 55 95 じめん 特殊 15
ロッククライム 90 85 ノーマル 物理 20 4th:秘08(転送不可)
アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 4th:技23
同時遺伝不可
げきりん & アイアンヘッド ※教え技で両立可能

教え技

Pt HS BW2 タイプ 分類 PP 備考
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
どろかけ 20 100 じめん 特殊 10
ねごと - - ノーマル 変化 10
スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20
アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15
アクアテール 90 90 みず 物理 10
げきりん 120 100 ドラゴン 物理 15
だいちのちから 90 100 じめん 特殊 10
たつまき 40 100 ドラゴン 特殊 20
ずつき 70 100 ノーマル 物理 15
アイアンテール 100 75 はがね 物理 15
ステルスロック - - いわ 変化 20
ダブルチョップ 40 90 ドラゴン 物理 15
りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10
りゅうせいぐん 140 90 ドラゴン 特殊 5

遺伝

タマゴグループ 怪獣/ドラゴン
孵化歩数 10240歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で5120歩。デルパワー「タマゴふかパワー +++/S/MAX」も併用すると2560歩)
性別 ♂:♀=1:1
進化条件 フカマルL24→ガバイトL48→ガブリアス

遺伝経路

最終更新:2013年03月04日 21:26