高千穂牧場

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

巴「わあ…ここが高千穂牧場…」

 

初美「あんまり来たことは無かったですねー」

 

霞「そうねえ…母乳を機械的に絞られるためにメスが飼われているところには、あんまり来たこと無かったわね」

 

京太郎「どこをどうしたらそんな言い換えになるんです?」

 

小蒔「うぅ…うっぷ…」ヨロヨロ

 

春「姫様、悪阻…?」

 

巴「えっ、あ、ええとそれは違うんじゃ…きっと乗り物酔いで」

 

京太郎「もう少し勢い強く行きましょう。乗り物酔いだろ! くらいな感じで」

 

巴「う、うん」

 

 

京太郎「お、ここで搾りたての牛乳が飲めるみたいですよ」

 

初美「なんの! こっちこそ絞れば出ると思いますよー! これ!」

 

霞「あらあら…それじゃあ須賀君にお願いしようかしら」タプン

 

京太郎「100%出ないんで中止で」

 

春「物は試し…もしかしたら出るかも…」

 

巴「えっ!? そ、それって…」

 

京太郎「巴さん。出ないんで大丈夫です」

 

霞「あらー、残念ねえ」

 

小蒔「ぐー…」

 

 

京太郎「……」

 

霞「飲む? 飲んでしまうのね?」

 

京太郎「お、美味い」

 

初美「やぁ…っ! わ、私の(買ってきた牛の)母乳を、そんな美味しそうに…」

 

京太郎「ソフトクリームも当たりっすね」

 

春「っ! そ、そんな舌で舐め上げたら…!」

 

巴「あぅ、あぅ…」オロオロ

 

京太郎「気にしないでいいんで。温くならない間に飲んで、後でツッコめばいいんで」

 

小蒔「ほへー…ふあー」ポワーン

 

京太郎「小蒔さん? あっ! これミルクリキュールじゃねーか! 誰だ飲ませたの!」