ペットのペットの

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

豊音「きょっおたっろくーん!」ガバッ

 

京太郎「うおっと、と。なんですか姉帯先輩、また後ろから」

 

豊音「えへー、これ見てよー。頭あたま!」

 

京太郎「頭って…なぜ犬耳? 帽子はどうしたんですか?」

 

豊音「胡桃ちゃんがねー、似合うってつけてくれたんだけどー…似合うかなあ?」

 

京太郎「良いと思いますよ。背が高いから大型犬っぽくてかわいいですし」

 

豊音「そっかぁ、そうなんだ…えへへ、わんわん!」グイグイ

 

京太郎「う…」

 

京太郎(ちょっと重いけど言ったら失礼だよな…よし、ここは)

 

京太郎「姉帯先輩、おすわり!」

 

豊音「! わんっ!」ペタン

 

京太郎(ノリいいよなあ…しかしまた、なんか言ってほしそうだし)

 

豊音(次は何かなー、お手かなー? まだかなー)ワクワク

 

 

ガチャッ

 

塞「ふー、お待たせ。掃除当番が長引いて…」

 

京太郎「あ」

 

塞「……塞ぐか」パキポキ

 

 

 

塞「なるほど、それでおすわりしてたと…そこ! まだ正座する!」

 

京太郎「はい…」

 

豊音「わー、京太郎君も一緒におすわりだねー」ニコニコ

 

塞「トヨネもそれ外していいんじゃない?」

 

豊音「えー? でもかわいいよー。そうだ、さえも付けてみたら? 京太郎くんがかわいいって言ってくれるよー」

 

塞「なっ…そ、そんなの…っていうか須賀君はそんなこと言ったの!?」

 

京太郎「あ、いや、勢いで」

 

塞「勢いって…ふぅん、須賀君は勢いだけで女の子に可愛いとか言うんだね」ジトッ

 

京太郎「つい本音と言うかなんといいますか…」

 

豊音「え? えへへ、そっかぁ…京太郎君ありがとー」ダキッ

 

塞「ちょっ、トヨネもそろそろ離れないとダメだってば!」ガシッ

 

 

胡桃「ごめんトヨネ、尻尾見つかったよ!」

 

エイスリン「オシリニ、サシコムタイプ!」

 

白望「ダルい…ちょっと太かった…」ヒリヒリ

 

塞「全員そこに正座ぁ!」

 

 

 

京太郎「はー…臼沢先輩も厳しいっすねー」

 

豊音「あはは、でも一番みんなのこと見てくれてるんだよー」

 

京太郎「そうですね…」

 

豊音「うん。それより、私ほんとに可愛かったかなー? ウソとかじゃないよね…?」

 

京太郎「はは、そこで嘘つく意味ないですって。全部本音ですよ」

 

豊音「そっかあ…それじゃあ京太郎君、わたしね…京太郎君のペットになってもいいよ…?」モジモジ

 

京太郎「へっ?」

 

豊音「えっと、ね…」

 

 

 

豊音「胡桃ちゃんたちに聞いたんだけど、オナペットっていうんだってー。女の子じゃないと駄目なんだって」

 

京太郎「ええいあの三人は…」