無人島漂流

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ザザァン、と後ろからは波の音が耳を打ち、目の前では赤い炎の爆ぜる音。

須賀君は私の隣で小枝を折って、火を絶やさないよう努めています。

まるで漫画のように無人島に打ち上げられて一週間……咲さん達はご無事なのでしょうか?

 

和「須賀君、無人島です」

 

京太郎「そうだな」

 

和「中出しとかどうです?」チラッ

 

京太郎「何言ってんの?」

 

私の貞操は大丈夫なのでしょうか。ある意味で。

 

和「多分気持ちいいと思うんです」

 

京太郎「へいへい。それ取ってくれ」

 

和「あ、はい」

 

須賀君は凄いです。ナイフ一本で快適な住環境を作り、ハンモックなんかも作ってしまいました。食事は上手、非の打ちどころがありません。

 

京太郎「それよか他の人の痕跡はあったか?」

 

和「いえ…けれど嵐も無い海でしたし、救命胴衣も付けてましたから大丈夫ではないかと」

 

京太郎「そうか。そうだよな…ほら焼き魚。熱いから気を付けろよ」

 

熱くて、美味しい魚。それはどんな料亭よりもすばらしいもので。

私なんかよりも遥かに状況に適応している須賀君なのですが……

 

京太郎「ん? どうした?」

 

私、ほぼ裸なんですけど。まったく手を出される気配が無いんですけど。

いえ…目は向いてるんです。時々、チラッと。

 

和「EDですか?」

 

京太郎「なんだ藪から棒に失礼な」

 

どんな物質で理性ができてるんでしょうか。