オカルト寒冷対策

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

703 :86 ◆wZFHqVes3U [sage]:2011/05/20(金) 07:32:16.89 ID:ro8B+GflO
>>699
2個目の方は霊界じゃないかな。南北の霊界は既に壊れてるんだね。大体五か月位で現世に影響して来るね。
一個目は津波と思いきや実は寒冷化の予知かと。
今年と来年の冬はエライ寒くなるかもなのです。本州でもマイナス20度とかあるかもしれません。


714 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/05/20(金) 08:27:19.16 ID:he/Zi+xW0
本州のどこいらへんでマイナス20度なんですかね?
軽井沢のよくスキーに行くとこは一番寒い日で―20度なんて普通ですし。


753 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/05/20(金) 12:58:19.30 ID:Avka61DI0
>>744
ライフライン止まれば水道管破裂が増えるなあって思ったけど、災害こなくても地域によってはヤバイのか。
東北の仮設住宅や避難所は危険な状態になりそうだ。
凍死なんて事にならないかね。


873 :86 ◆wZFHqVes3U [sage]:2011/05/20(金) 19:46:14.35 ID:ro8B+GflO
>>714
あ、平地です。

885 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 12:00:27.58 ID:mU3YBewo0
オカルト寒冷対策の投下を申し出た者ですが、
寒冷地に住むいろんな方の意見を出していただくのがよいと思い至りました。
一口に-二十度といっても、降雪量や湿度、地形などによりいろんな問題が想定されるからです。
私のものは、一意見としてお読み下さい。長文なってしまったのですが...よろしいのでしょうか。
 

889 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 12:05:43.31 ID:mU3YBewo0
太平洋側の平地。雪はそんなに降らない。日差しは強く、夜間ひたすら冷える。
「機密性の高い全館暖房」ではない家。という想定で書きました。
【メインの暖房器具】
薪ストーブ(値段はピンきり。一番暖かい。導入とメンテが面倒。集合住宅では使用不可?)
石油ファンヒータ(一万円。暖かい。停電したら使えない。)
石油ストーブ(数千円。肌や粘膜弱い人はこちら。停電用に一台は欲しい。)
【部屋の工夫】
発泡ウレタンの隙間テープ(サッシ、障子、ふすまの隙間を徹底的にふさぐ。ここで手を抜かない。)
アルミシート(寝室用。床とカーペットの間にひく。100均一のでOK。)
バスマット(窓をふさぐ。ホームセンターの一番安いのでOK。)>>764さんのやり方ならなおよい。
カーテン(大きい窓用。材質は何でもいいが、2枚かけると空気の層が出来てよい。丈は床につくように。)
 

890 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 12:06:26.66 ID:mU3YBewo0
本当に寒いと、ストーブ焚きっぱなしになりますが、空気も悪く免疫力も落ちますので、以下を参考にできれば消して寝てみましょう。
【布団の敷き方の工夫】
雨戸とカーテンをしめて、窓にマットをはめる。一番冷えるのは窓下。カーテンのすそを、座布団などで押さえるとなおよい。
窓、戸、ふすま、障子からからできるだけ離してふとんを敷く。
敷き布団を詰めて敷く。掛け布団を床へ流さない。隙間から冷気が入る。
強い人(暑がりの大人、子ども)を端へ。弱い人(お年寄り、冷え性の大人、新生児)を中へ。
【寝具の工夫】
資金に余裕があれば、寝袋やかい巻き布団もよい。なくても以下の工夫でどうにかなる。
綿のシーツとタオルケットをやめて、化繊の起毛素材(マイヤーとかフリース)と入れ替える。
安くて肌触りのよいものがあるから吟味して。イメージは「モコモコ毛布に挟まれて寝る」。
アレルギーで化繊が使えない人は綿毛布で対応。
肩口からの冷気をふせぐ。工夫のしがいがある。個人的なヒットは顔と肩にフリースのパーカーをかける。
「着て眠る」のが一番熱効率が良い。普段着から寝巻きに転用できるものが多くある。
一例は薄いタートルフリース上下を下着代わりに。その上から寝巻きを着る。更に着てもよい。
ニット帽。マスク。手袋(幼児は内側注意)。モコモコした靴下。初めは違和感があるがそのうち慣れる。
 

892 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 12:07:16.68 ID:mU3YBewo0
【最強コタツ雑魚寝】イロリとコタツしかなかった当地伝統の就寝方法。
コタツ布団をまくり上げ、コタツの足ギリギリまで敷き布団と毛布を敷き、コタツ布団を普通におろす。
かけ布団の下部をコタツ布団の上へ載せる。一辺に2人ずつ、計8人までOK。
直接コタツに体を入れると脱水症状をおこすので、あくまで足先だけコタツに寄せる感じ。
六畳など細長い部屋なら、足を寄せる人と、体の側面を寄せる人にわかれる。
【新生児対策】 新生児は体温調節がうまくできないので添い寝するか、コット(寝桶)に入れる。
産院のコットを参考にしたうえで、衣装ケースか、魚屋のトロ箱で代用(臭うのでよく洗う)。
大きすぎると暖かい空気が逃げるので、衣類やタオルを足元につめて、きつくなくゆるくもない状態にする。
トロ箱の保温効果は絶大。適当なサイズがなければ、同じサイズを二つもらってきて、切り貼りして作る。
コットに敷くマットは固めにして窒息防止。コットの片側に何かをかまして角度を付けると吐き戻し防止。
ベビーベッドを使う時は、コットごと入れるとよい。コットなしだと体温が下がる。
就寝時もストーブ焚きっぱなしにするのであれば、ベビーベッドで普通に寝かせても大丈夫。
新生児は大型バスタオルでスウォドリングやお雛巻きをした上で布団をかけると、体温が下がりにくい。
冷えが気になる時は、湯たんぽ(ペットボトル代用可)をコットに入れてもよい。栓はしっかりしめる。
湯たんぽは布袋に入れるか、タオルに巻いてゴムでしっかりとめる。体から少し離して置く。
部屋を移す時、コットごと移動させる。もしくは部屋ごとにコットを準備してもトロ箱ならタダ。
常に機嫌や顔色をチェック。暖房機の真ん前には新生児を絶対おかない。脳障害がでる事故あり。
沐浴は、風呂場なら日のあるうちに。暖房入れた台所の流しにベビーバスをおけると便利。給湯器に注意。
 

893 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 12:10:28.35 ID:mU3YBewo0
【身障者やお年寄り対策】 低温やけど、脱水症状、しもやけなどをちょこちょこチェックする。
転倒→起き上がれない→もがいているうちに低体温→死亡という事故が、家の中で起こることがある。
【認知症対策】 寒暖の変化に鈍く、自己申告できない。衣服の調節もできない。チェックしてやる。
徘徊しているうちに低体温→死亡という事故多発。どこにいるかチェックする。
【幼児対策】 ベランダ、風呂場、戸外に這い出たまま戻れず、凍死する事故あり。どこにいるかチェック。
ストーブはできれば檻に入れる。送風口ガードは、ないよりはましだが、火傷を完全には防げない。
子どもは平気でストーブの前に燃えるモノを置く。火事にならないよう気をつける。
【児童対策】転倒による怪我多発。登下校は必ず帽子をかぶる。手に入ればスパイクや爪の付いた運動靴。
雪が一度降ったら、春まで自転車やキックスクーターには乗らないよう指示する。本当に危険。
自転車、バイク、車に引っ掛けられたり突っ込まれたりする危険性があることを常々言い聞かせる。
【慢性疾患対策】 居間とそれ以外の部屋の温度差が激しいので、血管性疾患の持病のある方は要注意。
お風呂は日のあるうちに。飲酒後の入浴はさける。
夜のお手洗いは介護用ポータブルトイレを利用するのもよい。災害時にも使える。
 

894 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 12:12:48.68 ID:mU3YBewo0
【妊婦対策】 切迫流早産の引き金になる。自分だけは大丈夫と思うな。「冷えたらおしまい」です。
寒冷地では、晩秋から早春にかけて生まれる子が多い。妊娠初期が秋冬にあたる人は流産要注意。
厳寒期は、使い捨てカイロを肩甲骨の間と下腹部に毎日1枚ずつ。そのくらいの贅沢は許される。
【-二十度なのに一ヶ月検診に歩いかなくちゃ(涙)の場合】
しっかり着せた上で、巻きスリングを使って母の体と密着させる。
その上から、3Lサイズのフリースパーカーとママコートを重ね着。
【交通対策】 「最低気温-二十度」は徹底的に寒いわけではないので始末に悪い。
例えば、道路面は日中かなり熱くなることが予測され、雪がとけて夜凍結する可能性大。
そこへ雪が降り重なると、全面凶器と化す。スタッドレスを推奨するが、基本は「運転を避ける」。
路側帯には雪が詰まれ、車幅がせばまり、視界も悪くなって交通事故多発。
運転する人は対人対物無制限に入ること。
「なにとぞ事故にあいませんように。」と祈りつつカタツムリのような速度で運転する。
自転車は本当に危険。傘を差しての片手運転は自殺行為。
列車も遅れる。とまる。時間に充分余裕を持って。一方で、遅刻に寛容な社会作りを目指す。
 

895 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 12:14:08.37 ID:mU3YBewo0
【その他、思いつくままに】
花瓶は水を入れたまま放置すると割れる場合がある。水を毎日替える、造花で我慢など、工夫を。
同じ理屈で便器が割れる場合もある。とりあえず暖房便座つけっぱなし。便所の窓を開けっ放しにしない。
小動物(変温)を飼う場合は、専用ヒーターを付ける。可能であれば暗所で冬眠させる。
ストーブのない部屋ではすべてが凍ったり溶けたりを繰り返す。凍ってまずいものは冷蔵庫へ。溶けてまずいものは冷凍庫へ入れる。
夜寝る前に水道本管の元栓を締めて、すべての蛇口をあけて水を抜く。
給湯器がなければ、素手で食器を扱うのは無理。ゴム手袋をすればなんとか耐えられる。
洗濯物を外に干すと凍る。凍ると乾きが遅いので、寝室に干す。加湿器代わりになる。
日に一度は家をぐるっと回って、落雪落氷の点検を。豪雪対策は、詳しい方におまかせします。
 

914 :63[sage]:2011/06/07(火) 13:01:48.86 ID:3featbav0
おひさしぶり〜ふ
ID:mU3YBewo0さん乙です!参考にさせて頂きます。
夜、便器や排水口なんかには車用?の不凍液を入れておくという手もあるみたいですね。


916 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 13:13:42.01 ID:nCUZ8H6l0
毎冬夜が―10〜ー15℃になる程度の地域の者ですが、
体は衣服で暖まるのですが、結構顔が寒さで痛いです。鼻毛も凍ります。
外を歩くような場合を想定し、鼻と口を保護するマスクみたいなやつがあるといいですよ。
スキーに行くような格好とでもいいましょうか。


922 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 13:31:06.87 ID:8LvQFduQ0
冬になって一気に気温がさがり気になるのが水道の凍結
ただ凍るだけだったらまだいいけど、東北人の自分でも水道管の破裂は恐怖
普段、寒さを知らない人間ならそこまで考えないのかもしれないけど便器内の凍結
水抜きするより少しづつ出していたほうがいいって考えたが急激に冷えるとその水さえ
凍るのではないか?と思える。北海道の人いたら水道の対象方法おしえてほしいな


925 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 13:42:59.03 ID:mU3YBewo0
889です。実は私のところでは、水道管には電熱線がまいてあり、便器には凍結防止用の電気が通っています。
それがないところで最低-20度が一週間とか続くと、どうなるのかなと心配しています。


933 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 14:02:07.53 ID:mU3YBewo0
>>914
現段階で、便器を寒冷地仕様にするには経済負担が大きいですよね。
63さんの「不凍液」法は、試したことはありませんが、一番現実的と思われます。
平地に先んじて我が家は極寒入りすると思うので、電気を切って試してみたいと思います。


935 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 14:13:30.53 ID:KBxEOQd20
>>914
>>933
LLCは下水に流してはいけなかった気がします。
(処分についてググれば出てきますが)
排水口やお手洗いに入れるのはダメだと思います。
放射能汚染もそうですが、他の汚染にも気をつけないと。
偉そうにすみません。

940 :86 ◆wZFHqVes3U [sage]:2011/06/07(火) 14:26:46.55 ID:otwxTKidO
山形が先冬長い間終日マイナス気温が続いたんだけど、何が困るって雪が溶けなくてどんどんたまるんだよ。
家の周りの雪トラックに積んで三万とか変なバイトし出すヤツもいて。
終日道路がてろんてろんだし。氷がいびつに固まってる状態だから事故ばっかり。今年の冬も経済回ってるかわからんけど必ずや妨げになるよ。
しかも民主党だからか除雪が行き届かないんだよね。
国道で車数百台立ち往生てニュース覚えてるかな?


946 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 14:34:17.05 ID:0LLepvt/0
>>940
除雪の為の費用仕分けされたって話だねぇ
国道で立ち往生<あの時も信じられないほど長時間閉じ込められたんだよね
救助までに時間かかってしまった。そんで、立ち往生した人達同士で助け合ったんだよね
見えてくるものがあるなぁ


962 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/06/07(火) 14:56:47.71 ID:NkDHaVQb0
寒冷地では車も少々いじる必要があるよ。
バッテリーとワイパーとウォッシャー液は寒冷地仕様に買い換え。
スタッドレスタイヤはケチらずいいものを。
車にはスコップと古い毛布を積んでおくのが常識。はまったときの脱出用。
道路状態はブラックアイスバーンが一番おっとろしい。
慎重に運転したって思うように進まなーい。とまれなーい。
それと徒歩で買い物に出かけるときにソリを持参する人が結構いる。
雪上では手押し車や台車が使えないので
買った荷物はソリに乗せて引いて帰る。
子供を乗せて引いて歩く母親も大勢いる。
 

最終更新:2011年06月10日 20:11