中心極限定理

確率変数が互いに独立同一の分布に従うものとし、その平均・分散を



とする。このとき、x1,...xnの平均、



の示す確率分布は、nが十分大きければ、正規分布
となる



最終更新:2011年04月28日 11:33