※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】郷音 ツボミ(ゴウネ)
【性別】女
【年齢】18
【職業】アイドル
【服装】オレンジを基調としたボーイッシュ風アイドル衣装
【身体的特徴】笑顔、金髪ボブカット、貧乳
【好きなこと・もの】父親、自分の地位、蹴落されるライバルの姿
【嫌いなこと・もの】自分の地位を汚すもの
【特技】歌、ダンス、空手
【趣味】ツイッター
【与えられた特殊能力】立花響(ガングニール)@戦姫絶唱シンフォギア
【詳細】
一人称は「僕」のボーイッシュ系売れっ子アイドル、「ごーね!☆」。
明るく前向きになれる歌とエロかっこいい踊り、爽やかなエクボが売りのアイドル。

……というのは表向きの姿で、裏では売れるためにイジメ、恫喝、買収、枕営業、工作と、手段を選ばない卑劣で腹黒い本性の持ち主。
競合中だったアイドルである井上快無も、自分に熱狂的なファンをけしかけて殺害しようとした主犯であり、れっきとした犯罪者である。
実は極度のファザコンであり、父親はある日に突然蒸発している。
どこかにいる父に対して一秒でも多く自分の歌を聞いてもらうために、できれば自分のもとに帰ってきてほしいがために、どんな汚い手を使ってでも売れっ子アイドルの地位に固執している。
アイドルになる前は空手家で、一般人としては腕っ節が強く体力もある。

【備考】
アームドギア「ガングニール」に適合できる能力者「装者」となっている。
大雑把に言えば装者は歌いながら戦う魔法少女で、立花響のガングニールは拳を
主体に戦う。
変身に必要な起動聖詠は「Balwisyall Nescell gungnir tron(バルウィシャル ネスケル ガングニール トローン)」。

能力は
○位相差障壁を操り物理攻撃を無力化する存在(原作ではノイズ)を調律し、強制的に人間世界の物理法則下へと固着させる。
○衝撃の緩和と宇宙空間での活動や大気圏突破、再突入をも可能とする程の防御フィールド。
○最大の欠点は歌わないと変身すらできない。変身後でも歌唱が中断されると戦闘力が減衰する。
○インパクトハイク:脚部のパワージャッキで発生させた衝撃波で空気を蹴り込むことで、空中での挙動を行う。消耗が大きい。
○絶唱:奥の手の一つ。歌唱にて増幅したエネルギーを一気に放出し、対象に強烈なダメージを与える事が出来る反面、その反動も絶大で、場合によっては死ぬ場合もある諸刃の剣。
○限定解除:奥の手の一つ。所謂リミッター解除で単体での飛行能力の発揮や、念話(テレパシー)による装者同士の意思疎通などが可能となり、前述の歌唱中断による戦闘力低下のデメリットから開放されている。
また、この状態では生身の人間の宇宙での活動を可能とし、エネルギーチャージに時間のかかる技の連発が可能になるなど、規格外なパワーを発揮できるが、使用には幾人もの歌を重ねる必要がある。
○暴走:何らかの要因を以って負の感情を増大させ、その限界を越えた時に発現する制御不能状態。 この状態に陥ると、装者は抑えきれない破壊衝動に飲み込まれ、理性を失う代わりに戦闘力を増大させる。
ちなみに立花響の場合、全身に赤黒い影のようなモノを纏った獣のようになる。

【交友関係】
増田ユーリ→元同僚だったが虚言癖持ちで、アイドル活動の邪魔になると思い、率先していじめて追い出した。
井上 快夢→その高い実力を疎ましく思い、ファンを使った関節的な殺害を企てる
|