「二ツ宮 成美」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

二ツ宮 成美」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+*二ツ宮 成美
 
+
+■キャラクター名 二ツ宮 成美(ふたつみや なりみ)  
+■性別 元女性(両性として処理)
+■持ち物 ふたなりモノの同人誌
+
+■ステータス[各5まで、合計12まで]
+攻撃力:4 防御力:2 反応:2 精神:4
+
+
+
+**&font(b,15px){特殊能力 『ちんこを生やす程度の能力』 }&font(b,12px){発動率95%}
+
+
+彼女の手が触れた場所にちんこが生える能力。
+生えるのは人体の表面だけだが、ちんこ以外の好きな場所にかつ何本でも生やすことが出来る。
+当然ながら玉袋も付いてくる。
+取り外しは可能だが、激しい痛みを伴うため1本引き抜く度に精神力が1下がる。出血はしない。
+なお、ちんこにちんこを生やすことはできない。
+
+効果:手の触れた箇所にちんこを生やせる(人体限定)
+範囲:手の届く範囲(同マス)
+対象:任意で、一度に最大二人まで
+時間:半永続(解除まで永続)
+タイミング:調教パート開始時
+
+
+
+**&font(b,15px){キャラクター設定}
+
+
+初恋の相手は自分の母親。小学校、中学校と女の子ばかりを好きになってきた。
+自身は女性にモテるのだが交際経験はない。自分がレズだと思ってないし、つもりも無い。
+何故自分にチンコが生えていないのかが甚だ疑問だったが、中学二年生の時に
+ふたなりモノの同人誌を読んだとき、妄想が爆発し能力が発現した。
+それ以来毎日両方の性器でオナニーをしている。最近はアナルも開発中。
+気に入らない男を体中チンコまみれにしたことで転校せざるを得ない状況になった。
+かつて、3本のちんこを生やした状態で3本同時にしごいたせいで
+あまりの快感に意識を失っていまい、病院に運ばれたという恥ずかしいエピソードがたくさんある。
+
+
+
+