遺産の特徴

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旧世界の遺産とは?


  • アリストテレスたち最初の魔法使いが見つけた禁書である
 そのチカラは現存する原型たちの上位互換の能力を持っているとされるが、一説ではこの異能をもとに原型のエフェクトが作られたとされている
  • 一番最初に目覚めた遺産NO.7との交渉の末、彼らに協力していた故あって遺産NO.7は再び活動を停止
 その後に目覚めた遺産NO.2と遺産EX.2が引き継ぐ

他の禁書との違い


  • 禁書は自身の力を分けてそれぞれの断章になっているが
 遺産たちは「チカラを分けることなく断章になれる」
 ※100%のチカラをそれぞれの断章に分けることで
  30% 30% 30% の断章として存在しているのがいまの禁書
 ※遺産たちは「100%の出力を維持したまま断章となっている」
  すなわち断章だとしても全力のチカラを発揮できる
  • それぞれの断章たちが集まることで【異能】が使えるようになる
 この際、一冊の魔導書になる必要もないので
 適合者の周囲にはそれぞれの断章がすべて顕現していても問題ない

それぞれの遺産に与えられた原型について

  • 最初に目覚めた遺産NO.7はそれぞれの遺産に形を与えた
 それは【魂の形】に近いものである
 その他に人の姿を取ることもできるようになっている

遺産No 対応原型 対応遺産 備考
1 乙女 渦巻く悪意の中で
2 騎士 終幕を詠う天使
3 王国 原初に語る螺旋の物語
4 魔王 女神が紡ぐ運命
5 軍団 神へと至る十二の座
6 戦車 煉獄へと至る宿業
7 ? 再編する世界への輪舞曲
Ex1 魔剣 断罪されし十三の異能
Ex2 精霊 魔導の行く先は
最終更新:2020年11月15日 20:54