人物紹介&武器紹介 310-423


2011年
03月25日
16:56

310: ナイトバルク

バルク・スタング

種族:キャスト
性別:男
身長:180
性格:面倒見がいい、女性恐怖症

ナイトのあるディメンションでの知り合い。ヘッドタイプは14、フェイスタイプは29の服装はロウパスアーム、ムサガンデレッグ、バウンズトルソCV。(くわしくはゲームで参照してくれ)

ナイトに頼まれてこの世界にやってきたらしくやる気がない。防御力と精神力に力をいれており強靭な体を誇る。男色の趣味は全然ないらしい。

基本的に「剣影」と呼ばれるツインセイバーを愛用しており切り札に「コクイントウ・ホオズキ」と言う太刀を使う。

2011年
03月28日
18:27

312: reisu

カヲスグラビティ

剛の使っている武器
本人曰く、「原典として認められることが許されない武器」らしい
その理由は、この武器の性質、成り立ちによるもの

この武器は簡単に言えば、単なる力の塊である
恐ろしい重力を誇り、生半可な力では持ち上げる事も叶わない程
テンプルサイトで岩が宙で浮いているのは、この武器の力の所為であるとも言われている
事実、重力を操ることも可能である
しかしそれは、力あるものが使ってこその話である

過去に一度、ドラッケンが使った事があった
その時には地が裂け、マグマが噴き出したらしい(単なる馬鹿力ww


簡単に言えば、巨大すぎる力が
時として重力(磁場)すらも歪めてしまう
力の塊の様なハンマー

2011年
03月28日
19:03

313: ナイトバルク

ヒナ

バルクがレッグの飾りに済ませているアーティル。性格はまじめで少し泣き虫。
バルクの戦闘の支援を行ってくれる。

2011年
04月02日
19:26

314: レヴィドラン

アクイグリムゾン

驚異的な戦闘力のあまり過去に牢獄に60年いたと言われている
一人でいるのを好み邪魔をされると問答無用で撃ってくる可能性が激なので
要注意ですマジでガチで!!

2011年
04月02日
21:25

315: ヴァンス

二世村正(勢洲右衛門尉村正二世)
陰義:重力制御 / 待騎状態:女王蟻

白銀の劔冑。武器を持たず、格闘技を主な攻撃手段としている。
歌によって周囲の人間の精神と仕手の精神を同調させる能力を持つ。
重力制御によって通常の劔冑では不可能な機動性を実現しているほか、他の真打とは一線を画す性能を誇る。反面、素の防御性能は低めで、特に重力制御は一見すると僅かな損傷でも大きな機能低下を招く。この弱点を補強するため普段は重力障壁を展開しており、そちらに出力の大半を割いているため他の真打を圧倒するほどの性能でさえ全く本気を出していない状態でしかない。

妖甲と呼ばれる由縁は、憎きを斬れば愛しきも斬らねばならなくなるという善悪相殺の呪いがあるため。この村正一門に共通する呪いは、一つの命は善と悪を同時に兼ね備え、命を奪う戦いは善と悪を諸共に断つ醜悪なものだということを知らしめるためのもの。村正一門はこの善悪相殺の呪いをもって戦いの価値を貶めることで平和を実現しようとしていた。


ちなみに前述の村正は正式には勢洲右衛門尉村正三世でありその母親でもある。
肉体化は三世より(色々)小さいので並ぶと親子逆転のように感じる

2011年
04月03日
01:15

317: クライド

そういえばコイツを紹介してなかったwww

ガルシア(ロボ)
クライドが***軍から引き取った量産型ラプターA型
引き取られた時は左腕が無く、全身の装甲が所々剥がれていたガルシアは一度蘇った量産型達が全滅した戦場の唯一の生き残り

引き取られた後はアミュによって修復・改良でB型、E型の機能が追加された

そしてクライドによって更に改良されスピードが改良前の25倍もだせるようになり、超高出力の遠距離兵器X(クロス)バスターをBDに追加した

パーツ構成は

クロスラプターBD

クロスラプターHD

クロスラプターAM

ガンアームズLG

2011年
04月03日
01:28

318: クライド

ミルト(女性 アイヴィス型)

ルシファーと知り合いのため混沌のメンバーと思われるが詳細は不明

服装は普通のアイヴィス型のゴスロリと変わらないが色が黒と白の部分が逆である

どうやらクライドと何かしらの因縁があるようだが本人はなぜか絶対言わない

2011年
04月03日
16:34

319: ナイトバルク

最終楽章「アトミック・ノイズ」

マジギレしたナイトが数パーセントの確立で発動するナイト自身も使用を控えている最終奥義。まずマジギレするパターンを言うと

・「地味」という禁句
・極度の無視
・名前をわざと間違われる(ナイトバル「グ」等)

特に2番は特にアトミックノイズを発動させるので注意

呪殺音波をMax音量で流す技で
威力はざっと範囲としては10km。どんだけ音量でかいんだ・・・・・・
威力はブラックガングートが奥義発動5秒後に爆発する威力である

2011年
04月03日
17:20

320: gold

良い感じに埋まってきたので。再うp

『黒白スペル』
どっかの黒白魔砲使いのスペルは全て使える。以下は例。

・星符『スターダストレヴァリエ』
大きな星型弾を旋回させてその軌道から星屑をばら撒くスペル。

・恋符『マスタースパーク』
八卦炉からぶっといレーザーを撃つ。代名詞。

・恋剣『マスターブレード』
箒に魔力を注ぎこんで巨大な剣を生成する。


『改造スペル』
goldが黒白スペルを参考にして作ったスペル。

・星符『ハレーブラスト』&災星『ハレーディザスト』
スターダストレヴァリエのようにばら撒くが、速度と密度と自機狙いレーザーを撃つところが若干違う。災星は更に密度が濃くなり、レーザーも少し太くなる。

・旋砲『サテライトスパーク』
本家ではファイナルスパークが回転していたが、これは普通に高速でぶっといレーザーを振り回す。

・核砲『メルトスパーク』
制御棒を使用することで、八卦炉と合体させ、それ単体では出せないような出力のレーザーを撃つ。ファイナルスパークよりぶっとい

・黄昏『トワイライトスパーク』
後述の『マスターアンプ』及び『オーレリーズシステム』を使用した超高出力砲。更にぶっとくなった上、火力密度速度においてそれまでの魔砲を遥かに上回る。しかし、火力が火力なため、普段は出力を落として撃つ。
出力100%はその馬鹿げた火力で対人戦においては禁じ手となっている。
だけど許可が出たらどんな状況でもぶっ放す。それがgoldクオリティ。


『オリジナルスペル』
一枚だけ、エルマで覚えた。

・火木符『アグニジャッジメント』
相手の足元から炎を噴出させ、頭上から雷を落とすスペル。


『武器系』
goldが人からもらったり作ったりしたもの。

・『ミニ八卦炉』
ファニィ工房で強化が施された八卦炉。小さく、持ち運びに便利だが、その力は改造される前より格段に上である。

・『箒』
いろいろ強化されている竹箒。すごいスピードが出る。

・『マスターアンプ』
アミュが高町に渡し、高町がgoldに渡したアンプの設計図を参考に作った改良版。
四つのビットで普段は八卦炉に設置されて魔力充填を行い、溜まり切ったら漏れないように魔力凍結を施す仕様。

・『オーレリーズシステム』
スペルで出すとこれしか使えないので、取り出した。
四つのカラフルな球体はアンプで、マスターアンプと同じように使える。

・『キリサメグローブ』
昔、ナイトバルクからもらったグローブ。
左手に装着するもので、手の平の部分に銃口がついている。
魔力を充填することで、実弾版マスタースパークレールガンを撃てる。
ただし、一度使うとgoldの左腕が使い物にならなくなる。

・神鎗『スピア・ザ・グングニル』
某吸血鬼おぜう様のスペルだが、アズがそれをほぼ完璧に再現したものをgoldに渡した。
普段はブレスレットに格納されているが、一声かければ出てくる。
投擲武器としてだけでなく、槍としても使用可能。
ブレスレットは投げた後回収に行く手間を省くための専用ブレスレット。
投擲・命中後に槍が消滅し、このブレスレットの装着者の手に再構築されるようにしてある。

2011年
04月04日
19:21

321: ゴーステッド

贖罪の煉獄

別名:完全武装解除術式
3000年前、ファンベルグ家=アサシンの始祖、コーネリウス・ファンベルグが唯一人を守るために開発した術式。自らの寿命を強制的に縮めることにより、時間の流れを歪め、既に確定している死すら『覆す』時の流れに逆らう術式。

コーネリウスはこの術式を開発したことにより、ドストレックスの怒りに触れ、溶岩に呑まれ殺されている。

2011年
04月06日
23:37

322: gold

gold追加スペル

・流星『シューティングメテオ』
星符『メテオニックデブリ』に指向性と初期誘導を兼ね備えたメテオニックスペル。

・『星屑ノ幻想(スターダストレヴァリエ)』
『スターダストレヴァリエ』を防御のみに特化させた、防御結界。
大量の星屑が攻撃を阻む。

2011年
04月07日
13:10

323: アミュ

シェリルCt・dll 装備

『マルコシアス』
両手に装着された剣のように長いクロー。ゆうに90cmものの長さの刃を持つ。
ガラスのような見た目だが、馬鹿げた硬度・鋭さを誇る主力武器。
正体は混沌のエネルギーそのもの。混沌を凝縮して物質化させている。
翼を持ちし狼の名が付けられている。

『ポティス』
両足に装着された蛇のように湾曲した鉤爪。行動を妨げない程度だが、これも長い。
基本的にはマルコシアスと同じ作りだが、形状のおかげで敵に深手を負わす。
地獄の大公の名が付けられている。

『アジ・ダハーカ』
その手に握られているエネルギー銃。凶悪な見た目を持つ。
大型の拳銃サイズだが、霊子力炉で得られた膨大なエネルギーを打ち出すため
破壊力は見た目にそぐわぬ領域へと達している。連射も非常に優秀。
ちなみに、実はシェリルが持っていた強化ビームガンが内部に取り込まれている。
混沌が張り付き、見た目も性能も変化してしまった。
害虫で体内を満たす邪竜の名を持つ。

2011年
04月07日
18:56

324: ゴーステッド

フェンリール・デュラレギオス(小型無機質生命体の集合体)
肩書:混沌軍砲撃部隊総司令兼混沌軍参謀長
手駒のΦ(ファイ)を操り敵を分裂させ、同士討ちにするなど陰湿な策略を巡らす策謀家。自らもΦの集合体なので自己の概念が薄い。
喋り方がジジ臭く、陰湿。Example:「私が陰湿なのは遠い遠い昔からじゃよ…ヒッヒッヒ」
元ネタは某21のリレー小説から。

エアスクリーム・アグラモア(エアレイダーカスタム)
肩書:混沌軍航空部隊総司令兼混沌軍訓練教官長
円卓十二騎士団団長シャイア・アグラモアの実の妹。男を誑かし、狂乱の底に叩き込むのが趣味。
俗にいう『ぶっぱ空』で、手持ちのガトリングネガトロンライフル二丁と内臓パルスレーザーで敵を塵一つ残さず消し去る。兄が格闘に重きを置いているのに対抗して銃を握っている、というのがもっぱらの噂である。
兄妹で剣を交えた事は一度だけあり、圧倒的有利なリーチの差をあっさり兄にひっくり返され敗北している。
必殺技はヴィーナス・トラップ。相手が異性だろうが同性だろうが関係無く自分に剣を向けられなくしてしまう。相手が目を瞑ったりするとバレる。
喋り方は語尾の母音がはみ出る。Example:「フライゼも罪作りな奴ねぇ」

元ネタはやっぱり某21のリレー小説から。

2011年
04月08日
20:38

325: -アズアリウス-

ユーナ:コニーシェリフ型

性格を一言で表すのなら「お祭り娘」
常にテンションが高く、周りを振りまわす事もしばしば。本人に悪意は全くない為余計に性質が悪い。
自身の事を「サイレントガンナー・ユーちゃん」と名乗っており、自分は最高のガンナーだと思い込んでいる。そう思い込むだけの実力を備えており、どうやっているのか不明だがリボルバーで狙撃する事も。
多種多様の弾丸を使い分け、作成さえできれば魔法弾すら使用可能。

装備しているリボルバー『LOVE』と『PEACE』はリボルバーではありえない長距離狙撃や連射を可能としてある。
本人曰く「いちいちリロードしてたらカッコ悪いから、リボルバー部分を圧縮弾装にしちゃった」そうな。そのおかげか、見た目の何千倍もの装弾数を誇る。
また、銃身を基点に、弾丸のエネルギーを使いビームブレードを発生させることが出来る。

2011年
04月12日
21:48

326:

アダム・ブレイド

サングラスをかけた長身の破戒神父。
キリストセカンドのクローンで、取り外し不可の鋼鉄製チョーカーと
額に相手の能力を直接奪い取ることが出来る「白毫(ビャクゴウ)」という水晶が付けられている。また、オリハルコンで骨格を補強している。
乱暴で無茶苦茶ではあるが冷静で意外にしっかり者。しかし弱点は女の子で、彼女やお姉さん、そして妹のような幼女系が最も好きという極度のロリコン。普段は冷静なのに、女の子が関わると、無謀に突っ込んでいくこともある。ただし、仲間(下僕)が傷つけられると女の子でも容赦しない性格でもある。
「全裸で手袋に靴下」に並々ならぬ拘りを持っている・・・が結局のところ
「可愛ければ何でもOK」という更なる境地(見境の無さ)にも辿りついてしまっている。
決め台詞は『判決・死刑!!』(曰く「敵のお株を奪う最終宣告」)。ただし展開に女の子が絡んでいると全く締まらない台詞に変容してしまうことがある。

ZERO(ゼロ・覚える)
他者の能力による技を体感や観察によって理解するか、白毫を能力者の額に当てることで、その技や能力を使えるようになる。覚えた能力は単純な発動だけでなく、複数の技を合成して新たな技を生み出したり、能力の内容によっては敵の同じ技を相殺する形で防御に転用することも可能。
この能力の正確な仕組みは「相手の能力を見ることで脳内のリミッターの外し方を覚え、その能力を使えるようにする」というもの。そのため簡単な能力ならすぐに使えるようになるが、複数のリミッターが存在するミッシングリンク級の能力は容易に覚えられない。覚えることに関しては白毫を用いれば確実だが、仕組みと用法を理解出来ないと結局満足に使えないままとなる。

イヴ・ノイシュヴァンシュタイン
ブレイドの相棒の少女。ブレイド以上に乱暴で豪放磊落。一人称は「ぼく」
記憶能力が著しく低いため、人の名前を覚えられず、勝手に変な略称をつける癖がある(ただし、ブレイドなど重要な名前は覚えている)。普段は露出度の高い服を着ている(とくに下半身は褌)が、別に羞恥心がない訳ではなくこれが最も動きやすいため。能力維持のため、1本5000キロカロリーを誇るゲテモノドリンク『スーパーゲル状デロドロンドリンク』を愛飲している。
ブレイドと同じく、敵に止めを刺した時は『判決・死刑!!』と言い放つ。
かつて、アダム・プロジェクトの子孫を作ることができる女性を作るイヴ・プロジェクトの14番目の試作体(EVE-N)として作られ、ブレイドのパートナーとなった経歴がある。この頃から記憶の発達が遅いため、今の性格とあまり変わっていない。ブレイドのことを最初は「石田」と呼んでいたが、ある時を境にブレイドと呼ぶようになり、以後名前を忘れていない。

変身(ドッペルゲンガー)
有機無機問わず様々なものに変身できる。自らの体の質量を大きく変えるような変身はできないが、エネルギー源が十分にあれば別。自身を鋼鉄化するなどの戦闘力強化や傷の治癒だけでなく、地形や他人に化けることによる奇襲攻撃も可能。また、自分自身の腕の数を増やしたりと応用力もある。だが、大量のカロリーを消費するので長期戦が苦手。たまに能力を使い自分の着ている服を変えて戦うこともある。

2011年
04月15日
22:12

327: ヴァンス

【名】ディーネ・スペース
【ベース】unknown
【割り当て機体】メカジェッターガール、etc・・・
セレネ、キリエと同じ魔化学兵器デスサイズに宿る人格。彼女もキリエやセレネと同じく神経接続で中身のない機体を自身として扱うことができる。

彼女の人格もセレネと同じ装飾(鎌の刃の根元あたりに付いている)のように見える4つの宝石の一つ『蒼精霊の核』(アオノセイレイ)からきている(他の宝石はルビー、エメラルド、トパーズ)。

一世界の空間を管理する精霊であったため、過去と未来を繋ぐ者(セレネ)、無限と有限の流れを創る者(キリエ)、の二人よりは格が違う―のだが本人はおっとりしていて普段の様子からはとてもそうは見えない。が戦時になるとがらりと印象が変わる。スイッチが入ったかのごとく冷静でクールな上官といった感じになる。

2011年
04月17日
17:30

328:

XXクロスラプターVV(ビックバイパー)

XXラプターに超時空戦闘機『ビックバイパー』の機能を盛り込んだ強化体。
遠隔操作型小型攻撃端末『オプション』による連携攻撃を得意とする射撃型。
本体の火力も決して低くなく、本体と同じ攻撃をオプションが繰り出すため総合火力はかなり高い。
全体的に射撃寄りに調整されており、ラプターたちの支援を主目的としている。
それゆえ、格闘の方は自衛手段程度のみとなっている。

時空間航行能力によりワープ移動はおろかタイムトラベルすら可能にするが、『過去への干渉による影響』を恐れ、本人がタイムワープをしたがらない。

2011年
04月18日
08:55

330: クライド

大型強襲戦艦ユグドラシル艦隊(1~15番艦)

全長4800メートル
全高2100メートル
全幅1600メートル
最大収容人数56000人

武装
1480㎜連装ビーム砲×740
820㎜ホーミングレーザー×830
ミサイル発射口×670
26700㎜大型連装ビーム砲(副砲)×48
54700㎜大型ビーム砲(主砲)×16
730㎜対空機銃×(実弾)45600(5ビーム)34400
ユグドラシルカノン
1番艦のみに搭載されている武装
威力は地球ほどの惑星なら易々と消滅させることができる
使用するためにはクライド、リース、ツイン、ガルシアの承認が必要

特殊機能
空間湾曲防御装置 障壁(ゲート)
艦周辺の空間をねじ曲げてあらゆる攻撃を防ぐ装置
使用時は艦の姿が歪んで見える
フォールドシステム
ゼロシフト
亜空間航行


クライドが副団長(今は団長代理)を務める大規模戦闘集団『エルサレム・ガレット』(所属人数348万6700人(戦闘員は87万1900人))保有する艦隊の一つ
他にどんな艦隊があるのかはお楽しみ

この艦隊が出せる最大スピードは5600㎞(乗員の命を考えずに)(考えて出す場合は最速2400㎞)

大半を自動化してあるため艦を動かすのに必要な人数は最低でも13人である(しかし何時、何が起きるかわからないので1000人が乗艦している)

艦内には乗員のストレスをできる限り発散させるための娯楽施設(家庭用ゲーム(PS3など)から業務用ゲーム(ボーダーブレイクなど)がある)や商業施設(商品の規模は大規模ショッピングモールと同じレベル)が存在する

2011年
04月19日
10:56

334:

Gw-PB2 アサノガワ
どんな衝撃にも押し負けない巨体に、
機体系ユニットが装備し得る武器としては最高クラスの破壊力を誇るパイルバンカーを備えた決戦兵器。

ハクサンの上位機種で、機体や武装が全体的に強化されている。
特に威力や命中率は凄まじくあがっており、体当たり中に軌道変更も可能となった。
パイルバンカーは帯電式に強化されており、試射してみた所、戦艦が吹っ飛んでしまっている。
なお、撃ち落とし対策として新たにホーミングレーザーが搭載されている。

武装
光子バルカン ×2
追尾ミサイル2 ×4
ホーミングレーザー ×4
爆雷 ×2
突撃アサノガワ
帯電式パイルバンカー

2011年
04月22日
09:20

335: ゴーステッド

四天王

モカウカで明らかになった混沌の幹部クラスと考えられる者達。今まで存在すら知られていなかった謎の集団。実験や交渉を行っていると考えられている。エアスクリーム、デュラレギオス、『彼女』はこの中の一人。またシャイアはベリアルがこの判明していない最後の一人と考えている。

『彼女』
エアスクリームが去り際に残した不穏な名前。ルシファーに匹敵する無敵な力を誇ると考えられている。

ベリアル
別名:悪虐皇帝
過去にコズミックルネッサンスを崩壊寸前に追い込んだアーク『に近い存在』。シャイアとクラリウス、レイ、剣崎とは過去に交戦したことがある。詳細は全く分からない。

2011年
04月23日
22:30

337:

楠舞神夜(ナンブ カグヤ)

エンドレスフロンティアよりボルカニクスに呼ばれたうちの一人。轟乳姫(爆)
『神楽天原』出身のお姫様。和の国の皇族『楠舞家』の姫である
『悪を絶つ剣』・・・のはずなのだが容姿が容姿なだけに自身の存在が悪な気も(ぇ

アシェン・ブレイデル

WナンバーシリーズでナンバーはW-07
製作者の趣味かどうかは分からないが謎の喋り方をする上に熱暴走に入ると
人格が入れ替わるという変な機能が付いている戦闘用アンドロイド

小牟(シャオムウ)

『森羅』所属のエージェント。外見は14~5歳ぐらいだが、正体は765歳の狐の妖怪
剣技、銃撃、から妖術、符術、占術などに精通している。
趣味はアニメ、漫画、プロレス観戦、インターネットなど

2011年
04月29日
15:53

338: -アズアリウス-

自動人形(オートマトン)“シーカー”

ジアス細胞を多量に使用してありながら従来機を上回るパワーを持つ機体群。

外見はジークンフー、ジークンロン、クリムローゼ、リリレイン、ウィンベルが基礎となっており、局所対応の為に更に外見や性能が変化している機体もある。
例:変電施設→テスラドンナ型

数える際の単位は1“機”

自我が存在しておらず、淡々と作業を繰り返す。単語による会話程度は可能。

だが周囲の環境によっては自我が生まれ、感情を持つ事もあることが確認されている。


シーカー“F”

ジークンフーがベースとなった機体。
主にな配備場所は建設現場等の力仕事を行なう場所。
局地対応型としてジークンフー壱を元にした機体も少数存在している。


シーカー“R”

ジークンロンがベースとなった機体。
主な配備場所は飲食店等の接客業。
局所対応型としてジークンロン玖を元にした機体も少数存在している。


シーカー“W”

ウィンベルがベースとなった機体。
主な配備場所は病院等の医療関係。
局所対応するため、エランユニットとベスカユニットのどちらかを装備した機体も存在する。
※最も自我が成長しやすい機体でもある。


シーカー“L”

リリレインがベースとなった機体。
主な配備場所は情報集積施設等の情報関係。
局所対応するため、マヤリス型に換装した機体も少数ながら存在する。


シーカー“K”

クリムローゼがベースとなった機体。
主な配備場所は郵便関係。
最も多く生産されており、また最も多く軍部に配備された機体。
その為バリエーションが多く、セラフ型も存在する。


全機体共にAF本部をはじめとする軍関係の施設にも配備されている。
ただし心を持たない事から扱いが酷く、処理や特攻要員等、過酷な任務を与えられることもしばしば。
AF本部では通常のジアスと同様の扱いの様だ。

2011年
05月04日
21:37

339: 激x神威x撃

初書き込み・・・と

ファニム(セラフ(金)タイプΔ)

主に局地的戦闘を目的にセラフクリムローゼを改修した機体。
脚部に特殊な独立稼動フレームを搭載しており、主に蹴りで戦闘を行う。
また、感情制御と戦闘能力に機能の大半を使用しているため、電算能力が低い。要するにバカ。
武装
・脚部独立稼動フレーム『Achilleus(アキレス)』
・広範囲切断超振動鎌『Hades(ハデス)』
・局地的完全防御圏『Athene(アテネ)』

セラ(イヴタイプβ)

リリレイン・イヴの電子戦用改修型。主にハッキング、ジャミングで味方の支援を行う。
そのためか近接戦闘武装を持っていないため近接能力は皆無。遠距離兵器も駆使して戦うため、後方支援に特化した機体。少しツンデレの気あり。

武装
・素粒子ジャミングシステム『Minerva(ミネルヴァ)』
・ハッキングプログラム『Ares(アレス)』
・超光波電子砲『楽園の歌(パラダイス=ソング)』

エクスシア(セラフ(桃)タイプα)

セラフクリムローゼを戦略タイプに改修した機体。
近接、中距離、遠距離、どの間合いでも万能に戦える。しかし、戦闘と電算に特化しすぎたせいか感情の変化には乏しくなってしまった。天然バカで、気に入ったものは撫でる。とにかく撫でる。

武装
空対空永久追尾弾『Artemis(アルテミス)』
絶対防御圏『Aegis(イージス)』
超高熱体圧縮対艦砲『Hephaistos(ヘパイストス)』
弓矢型最終戦略兵器『APPOLON(アポロン)』

モード『Marcury Queen』 (マーキュリークイーン)

エクスシアに内蔵された戦闘用システム。全兵器は普段出力50%程度だが、このモードになると全兵器のリミッターが解除され、すさまじい戦闘能力を発揮する。APOLLONに至っては国ひとつ破壊しかねないほど。

2011年
05月05日
13:04

340:

錫華姫
外見14~15歳、年齢不詳
神楽天原出身の鬼の一族『式鬼』一族の舞姫。楠舞神夜のお目付け役

邪鬼銃王
錫華姫が操る、全高3mほどのからくりメカ
兵種名称は伝統攻芸戦術からくり。機体各所に内蔵されたガトリング砲やバズーカ、爆弾等の火器により戦う。
扇子から発せられる妖気の糸を使い、錫華が舞いながら操る。操縦は非常に難しい

2011年
05月11日
19:25

341: -アズアリウス-

多少の変更があったので前回を消して、もう一度・・・度々申し訳ない

ルシファー(Lucifer) - Lucifer System -

アイリスの体内にある混沌のエネルギーが具現化した物。依り代はアイリスの身体。彼女の意識を完全に抑え込むのには時間がかかった模様。
アイリス同様零次元斬を使用可能(というよりは元々ルシファーの能力、<次元操作>をアイリスが無意識下に使用していた)

一人称は“我”感情が高ぶっていると“俺”へと変わる。最初に生まれた存在の一人であり、性別という概念が存在しない。
司っている物は負の感情・・・“混沌”。それ故、“始原の混沌”となっている(恐らく、始原の“剛力”や“英知”“勇気”も存在すると思われる)

当時は名が無かった為アークではないが、ケイオーガをも上回る力を持っている。アルバやコア、オーバー等もケイオーガ以上ではあるが、彼等を更に上回っている模様。
※ケイオーガは後に出現した者だが、ルシファーが生み出したわけではない。
また、衰弱していた所をケイオーガに捕えられ、存在を抹消されかけている。

性格は尊大で、威風堂々が基本。ただし、混沌らしく性格を多数持っている。

現在は力が完全に戻った為、アイリスの身体から出ている。

外見は長い長髪の男。背に黒い翼を持ち、黒い装甲+インナーといういで立ち。
翼は現代で言う所のキスリルの物に近い

武装は様々だが基本は日本刀のようなもの。また混沌のエネルギーを使用した攻撃も可能(ケイオス・フィールド等)
一対一の決闘を申し込んだり、背後から急襲したりと、状況によって戦法を変える。

<Lucifer System>

力の弱まったルシファーを媒体に作成された管制システム。
搭載された機体を高出力に耐えられるよう強化し、戦闘の邪魔となる感情や痛覚等の一部感覚を遮断する。
Chaos Project機体を統制するための物で、全開で使用すれば世界のどこに居ようとも制御可能。
※ただし負担が大きく、搭載機体が瓦解する可能性も大きい。

2011年
05月12日
01:21

342: アミュ

いつ、どこで出すかまだ考えていませんが…登場を検討中のものをひとつ。

『"感情"のアーク』
ある人物の受けた影響、その人物の素質という条件が重なって生まれた、新たなアーク。
とはいっても、ケイオーガやプロトアーク達の印象とはかなり違った形態を取っている。
その理由は、始原の存在とは完全に縁が存在していないアークだからである。
例えるならば、突然変異のような過程をたどって誕生した異質なアーク。

意思らしきものはあるが、無抵抗。どう扱われようが、誰もが持つ武器のように従順である。
強い感情を力に変えるという能力を所持しており、主である人物の感情に反応し
その感情を力へと変えていく。ただし、それが怒りや勇気に限らないのが特徴と言える。
「大きな感情」であれば、なんでも力に変えることが出来るということである。
しかし、このアークの真価は「周囲の感情」をも力に変えることが出来る点である。
漂う感情に呼応していくかのように、強大な存在へと姿を変えていくだろう。

2011年
05月12日
09:21

343: 美作ルウ

とりあえず,便乗して出すだけ。登場予定は今現在無し。

オリジンアーク

ルウの心が生み出したこの世界のアークとはまったく異なるアーク。
ルウの心が生み出したため,姿形は見覚えがあるような物が多く,名前も殆どがその原形となった物を使っている。
現在は「友情のアーク[アクエリオン]」,「憎しみのアーク[マークニヒト]」,「天空のアーク[フリューゲラス]」,「誕生のアーク[バースデイ]」,「絶望のアーク[マシニクル]」が存在する。
ただ,表立って出てくることは極稀で,出会うことすら難しい。

2011年
05月13日
06:37

344: 紅闇黒影

黒影ファミリーで更新

リリEVE
リリBWがイヴ化した姿
性能はBWの時より2.5割増しになっている
改造主は勿論黒影

クロキリ
クロがキスリルに改造された姿
性能は2.5割増しになっている
改造主は勿論黒影

2011年
05月13日
07:13

345: ゴーステッド

悪虐皇帝ベリアル
『憎悪』の始原。本来はルシファーに勝るとも劣らぬスペックの持ち主。最初に封印された時、シャイア達騎士団に敗北した時、それぞれ力の大半を失ったがそれでもケイオスサバスと同等の力を保持している。

武装
フルンティング・モルガン
伝説の魔剣の力をベリアルが改変して作り出した、『切っ先に触れた者をたちどころに闇に染め抜く』禁剣。

ベリアルロッド・ネメシス
ベリアルがルシファーと同等の力を保持していた時に用いていた『闇に堕ちた者を使役する』魔杖。今は出力を制御している。

シャイア・レプリカント
シャイアがフルンティング・モルガンによって汚染されてしまった姿。武装はシャイアと同じ。まだシャイア・アグラモアの精神体が残っているからか、攻撃が不発する事がままある。

シェリル・レプリカント=『彼女』
doll-systemにより採取されたデータを元にベリアル達四天王が作り上げたシェリルのクローン。武装は右腕の凄まじい誘導、威力を誇るクアンタムキャノン砲(リリイブ砲と似ている)とオールドスライサー。

――――――――――――――――――
フィリア・ファンベルグ
フライゼとフレイの子。みすちー。只今4歳程度。時間軸?こまけえこたぁ気にすんなよ(´・ω・`)

2011年
05月13日
19:52

346: 激x神威x撃

神威(カムイ)

エクスシアやセラ、ファニムと同じディメンションから来た人間。彼女たちからはカムイと呼ばれている。時々「シンイ」と呼ばれたりするがカムイ、決してイヅナの親戚なんかではない。特徴は銀髪、ゴーグルを装着し、主に近接戦闘を好み、剣2本で戦う。
ちなみにエクスシアもセラもファニムも、髪型など細かいところで違ってたりする。

武装
超光波振動剣「chrysaor(クリュサオル)」
光波振動短剣「chrysaor-S(クリュサオル-ショート)」

Trans-Rise「トランス-ライズ」

カムイに秘められたもうひとつの人格「シンイ」にチェンジする。シンイはカムイの戦闘意思をつかさどっており、このモードにチェンジすることで完全な戦闘モードになる。
このモードになるとchrysaorは全長100キロにも及ぶ超剣と化し、並みの装甲ならぶった切る破壊力を有する。

以下追加兵装
モード「Jupitar Burst Crack」(ジュピターバーストクラック)

セラに秘められた全システムを解放し、遠距離砲撃にもハッキング、ジャミングの能力を付与する。また、パラダイス=ソングの威力、砲撃も強化する。

モード「Mars Accel」(マーズアクセル)

ファニムの翼のリミッターを解除し、一定時間超加速する。また、アキレスのフレーム稼動も高速化し、1秒間に100発の蹴りを浴びせることができるようになる。

2011年
05月14日
01:41

347: ヴァンス

たぶん誰も覚えてないなーと思ったので
凱龍輝・改の武装スペックを

装甲および各パーツをメタルZi製へ換装。重量が増えたため運動能力が落ちたが搭載するゾイドコアの数を増やし全体の出力を上げることで解決。
アームをジェノ系と同じアンカー型にし放電可能に。
ビームバルカンを4基装備、口内には荷電粒子砲のほか、音を増幅して前方へとばす龍鳴砲が搭載されている。
取り付けられている防御システム『集光パネル』によってビームなどの光学兵器のエネルギーを吸収することができる。
吸収したエネルギーを転用増幅して繰り出す『集光荷電粒子砲』の威力は絶大。
B-CASである鳥型の飛燕、カブトガニ型の月甲を分離し支援にあたらせることもできる
コックピットはルーチェにより二人乗りができるように改造されている。

2011年
05月14日
12:56

348: 美作ルウ

シーカーL改造型

ルウがシーカーLを改造したモデルの総称。
トランススカートを中心にフレームを一新しており、動力機もGNドライブに変更されている。
この改造のためか、今回の事件ではクラッキングされなかった。
コンピュータシステムも特殊なものを使っており、ウィルスの侵入も困難かつ、専用OSを使用しているため侵入してもウィルスが起動しない。(WindowsのウィルスがWindows以外のOSでは機能しないのと同じ原理。)
現在は下に紹介している3人がそれに該当する。

 

シーカーLS型 ガーベラ

ルウがシーカーLを改造したモデル。
スライサー射出能力を捨ててPSY弾の能力を強化し、さらに元々高かった飛行能力を生かすために空戦型にシフトしている。
トランススカートはPSY弾を放つ以外にビーム刃を発心させてリリコプターの要領で高速回転させて敵を切り裂くこともでき(この際揚力で浮上する)、また4基のモジュールが独立稼働するためAMBAC(重心移動による姿勢制御)にも使える。
手持ち武装はルプスビームライフルとビームマシンガン。


シーカーLL型 アナベル

ルウがシーカーLを改造したモデル。
トランススカートを二連装の集束型レールガンに変更しており、弾頭の大きさや最大出力ではイヴに譲るものの、レールガンを二回りほど大きくした貫通能力を持った弾丸を発射できる。
放熱板と強制冷却によって最大三連射まで可能だが、三連射後は強制冷却によってディレイが二秒ほど長くなるという欠点もある。
また、総重量が増したことにより機動力が犠牲になっている。
但し、常にアイドリング状態で待機させているため射出時のチャージはほとんどない。
手持ち武装はクレイバズーカ二丁とシュトゥルム・ファウストという特殊誘導バズーカ2基。


シーカーLG型 アネモネ

ルウがシーカーLを改造したモデル。
トランススカート内部に合計4本の隠し腕を内蔵しており、手持ちの2本を含めた合計6本のビームサーベルでの攻撃を得意とするほか、トランススカートに新たに加えられた「爆発しない実弾をサイコミュ制御する」ファンネル・バレットシステムを搭載し、遠距離にもある程度対応できるようになっている。
これに合わせて本体も陸戦型にシフトしている。
また、背後に浮かぶ4基のビットもビーム刃を発心させることができ本体の連続格闘をサポートする。
このビットは飛行時などに補助ブースターとしても使用でき、その際4基がアゲハチョウをモチーフにした形状に並ぶため、別名「アゲハビット」と呼ばれている。
なお、ビームサーベルは汎用性を補うためにメタスのビームピストルを参考にハンドマグとビームサーベルを持ち方を逆さにすることで使い分けることができるようになっている。(トランススカートが持つ方はファンネル・バレットに対応しているモデル)

2011年
05月14日
13:22

349: 激x神威x撃

いったんここでセラ、ファニム、エクスシア、神威の武装を整理。

ファニムの武装
Achilleus(アキレス)

一秒間に50万回の細かい振動を起こしており、ソレで生じた超振動空間と振動で相手を蹴り付けると同時に内側から破壊する。Mars Accelが起動してる時は1秒間に120万回振動になり、破壊力は格段に上昇する。

Hades(ハデス)

これも刃部分が超振動を起こしており、切りつけると同時に超振動空間で追撃を与える。また、剣モードも存在し、鎌での相手が厳しい場合に用いる。その場合、バンガードのソレみたいにぶん回す。それがファニムの好みなんだとか。

Athene(アテネ)

局地的ながらエクスシアのAegisと同等の防御力を有する防御圏を展開する。しかし後ろには展開できないため、半ば突撃のときの前方防御としての利用が多い・・・見た目はバックラー。


セラの武装
Minerva(ミネルヴァ)

素粒子の奔流を利用し、超遠距離からのジャミングを可能にしたシステム。
ジャミングの種類としては幻聴、幻覚、精神錯乱させたり、暴発、自爆などを相手にさせることができる・・・

Ares(アレス)
脳波を介して相手にハッキングを行うシステム。ハッキング相手のデータを自由自在に書き換え、ある程度まで弱体化させることが可能。ハッキングフィールドを展開し、味方にもハッキングすることもできる。その場合、強化がメインなわけだが・・・

楽園の歌(パラダイス=ソング)
両腕に装備された超光波電粒子砲。単体でも半径30キロ圏内なら吹き飛ばす威力だが、二つを合体させてバスターライフルモードに変形させ、曲げることのできる極太砲を発射することもできる。その場合威力は10倍になる・・・

Aphrodite(アフロディーテ)

セラの戦闘モード「Jupitar Burst Crack」を発動中のみ使えるようになる兵器のひとつ。背中の羽から無数のビットを放出、そのまま敵を蹂躙する。ビットが放つビームにはジャミング機能が仕込まれており、かするだけでMinervaと同等のジャミングを食らう。

エクスシアの兵器
Artemis(アルテミス)

空対空永久追尾弾の名の通り、撃墜されない限り目標を永久追尾する。凄まじい連射も可能なため、空をアルテミスで埋め尽くすこともしばしば。軽く触れただけで核爆弾シェルターさえも切り裂くぐらいの切れ味も持っている。

Aegis(イージス)

触れる兵器のすべての攻撃を無効化し、乱反射させる絶対防御システム。
近接兵器の場合、武装がどこかに飛ぶか、使用者本人にダメージが返ってくる。
絶対の名の通り、防げない攻撃はまず存在しない。

Hephaistos(ヘパイストス)
高熱の物体を極限まで圧縮して撃ちだす対艦砲。超高熱なため、装甲を即蒸発させて直撃させることもある。また、当てた目標の出力を低下させるオーバーヒート機能も搭載している。

APPOLON(アポロン)

弓矢の形をした最終戦略兵器。弓矢と詠っているが実際はレールガン並の速度ですっ飛んでく。国(ロシア並みの国)一つは滅ぼせるほどの威力。威力は低くなるが、上空にアポロンを一発打つだけで無数(大体5万発)に分裂し、雨のように降り注がせることもできる。

モード『Marcury Queen』によるエクスシアの兵器の強化倍率
Artemis(アルテミス)
100%→350%

Aegis(イージス)
100%→400%

Hephaistos(ヘパイストス)
100%→400%

APPOLON(アポロン)
100%→1000%

神威の武装
chrysaor(クリュサオル)

片手剣・・・だが実際は自分の背丈を越えるほどの長さの超光波振動剣。戦闘モード発動時には凄まじい長さの剣になり、地形ごと敵をぶった切る。

chrysaor-S(クリュサオル-ショート)

クリュサオルと対になる短剣。二つの剣の流麗なコンビネーションで相手をミンチにする。戦闘モード発動時には衝撃波を飛ばすことができる。

2011年
05月15日
06:00

350: PTX-001

だいぶ埋もれてるし、強化されたので再紹介。

PTX-001
分類はサイバーエルフ(ロックマンゼロより)。
自分自身の記憶から物を呼び出す能力を有し、あらゆる場面で使っている。
記憶にさえあればいいので、写真などを見て真似る、などといったことも可能。
また、サイバーエルフの、人と融合して相手の能力を強化するフュージョンタイプ、対象の近くを旋回しながら援護するサテライトタイプの能力をさらに推し進め、自由に物に憑依する能力を持っている。

現在はEクリスタルを大量に摂取し、5段階ほど成長したようだ。
具体的に強化されたのは同時に呼び出せる物の量と質。

ゼロファイター Ver.P
PTXと行動をともにするゼロファイター。
カラーリングがオレンジに変更されているが、これは元々零ファイターと区別するために、PTXが本人に無許可で行ったこと。
コアに損傷を受けても生きている、手で持てる兵器ならどんな物でも扱えるなど、ヒーローの枠を超えた能力を持っている。

携行兵器の運用性の高さから、PTXに武器を提供してもらい、それを使って戦うのが通常の戦い方らしい。

ティアル・ビー
過去の記憶が無いヒューマノイド。
ボディはフラウ・アドネ型だが、柔らかい人格を持ち、同型からは驚かれる。
PTXの記憶召喚能力と連動してボディ以外の各部位を切り替えられる能力を有しているが、最近になって欠陥が発覚し、ファニィ・ノートに強化を依頼。
この強化依頼により、あらゆる召喚物に対応できるだけのポテンシャルを得た。

なお、さすがにPTXがいないと何も出来ないと言うわけではなく、単体でも一般のヒーローよりは強い。

2011年
05月16日
08:04

351: ゴーステッド

超弩級戦艦アルグレイズ

ガトリングレールキャノン砲2門、バルカン砲20門、フェイザー15門、量子魚雷750発、拡散型量子魚雷500発

過去の星間戦争で『死の矢』と恐れられたガトリングレールキャノン砲を標準装備している。今回は人員輸送のみ。

航宙戦艦エンタープライズ-E

量子魚雷200発、拡散型光子魚雷50発、フェイザー20門、ディスラプターミサイル40発

旧式の円盤型戦艦。旧型ながら火力は未だに健在。こちらも今回は人員輸送のみ。

2011年
05月16日
20:47

352: クライド

アルトヴァイス

【正式名称】 ゲシュペンストMK-Ⅲマイナーカスタム
【全高】 22.7M
【重量】 64.3t(全武装装備時93.9t)

武装
リボルテング・バンカー(右腕)

リボルテング・アンカー
左腕に装備されている固定武装
実体杭てはなくビーム杭が使われていて常時展開可能
ビーム杭は左腕の回転式弾倉と合わせて射出できる(尚、別々ても撃てる

オクスタン・ランチャーMk-Ⅱ
バックパックに2丁装着されている長銃
上下に発射口があり上が実弾、下がビームになっている
また2丁を合わせることで高出力ビームが撃てる

ブレイクホーン
アルトアイゼン・リーゼのプラズマホーンを更に改良した武装威力が格段に上がっている

アルトアイゼン・リーゼとヴァイスリッターを合わせたらどうなるか?というコンセプトで作られた機体

結果トンデモ性能に出来上がったが同時に元の2機を合わせて5倍にしたような扱いづらさになった
尚、この機体を扱いきれるのは今現在はクライドとガルシア(自身の感覚が機体と同化するため・・・簡単に言うとガルシアがアルトヴァイスと合体して操作する)
後、エルマメンバーで扱いきれる奴がいるか知りたいようだ(クライド談

機体の最大速度は1680㎞

装甲にアンチビームフレーム(あらゆるビーム兵器を防ぐ(最大で戦艦に搭載されている陽電子砲)が搭載されている

2011年
05月17日
12:17

353: 美作ルウ

アイナ・アンデルセン

リーナの一つ上の姉。
戦闘にはあまり係らないが、その性格は普段のおとなしくて清楚な様子からは想像など到底できないくらいで、狂信者以前にリーナにさらに輪をかけても足りない位にぶっ飛んでいるため、あのリーナでさえアイナの玩具にされてしまうほどである。(静かにぶっ飛んでいる)
武器は主に両腕に4本ずつ仕込んでいる電撃鞭「エグナーウィップ」。
他にも爆導索やプラズマリーダーを射出するバズーカを使うこともある。

2011年
05月19日
20:18

354: -アズアリウス-

・資源衛星「レクルス」

良質な鉱石やレアメタルが産出する資源衛星。
長らくAFの管理下にあったが、ルシファー達始原の混沌が決起した為略奪され、彼等の拠点となった。
外見は通常の資源衛星だが、内部がかなり改装されており、トラップや兵器生産プラントが増設されている。
また、それぞれのルートが圧縮空間で出来ており、見た目よりもかなり広く天井も高い。

 

sacrifice機体

博士が行っていた鎖・・・それの拒絶反応を極限まで軽減したモノを装備したジアス達。
ジークンやクリムローゼの様に型分けされている訳ではなく、本来なら存在する筈の無い作られた存在。故に自我を一切持たない戦闘機人。
レイピアはアイヴィスの物よりリーチが短いが、切れ味や強度が格段に上がっており、全機体両肩に装甲を装備している(装甲のイメージはザクファントム)


シーカー“F”

ジークンフーがベースとなった機体。
ハンドバズーカやカスタムマグを装備し、射陸寄りの戦い方をする。
脚部を使った格闘戦にも秀でている為、接近しても油断は禁物。
混沌の影響を受け、装甲の色が黒く変色している。


シーカー“R”

ジークンロンがベースとなった機体。
両手にバイパーシールドを装備した機体が多いが、リッパーズサイズを装備した機体も少数存在する。その場合は小隊長機である可能性が高い。
無論、脚を使った格闘戦も行う。
混沌の影響を受け装甲が黒く変色し、より無表情・無感情になった。


シーカー“W”

ウィンベルがベースとなった機体。
主な武装はハンドガンやマシンガン等。
元々ウィンベルに搭載されているバインドは空間の亀裂に敵機を巻き込み捕縛するものだが、彼女達はバインドの出力を上げ、より大きな空間の亀裂を作りだす事が出来る。
バーストビットやリペアビットを展開して味方の補助を行う


シーカー“L”

リリレインがベースとなった機体。
両AMをサイコAM3、LGをビッグマンティス2の物に換装し、BSがアームドビルダームBS2に換装されている、中~遠距離機体。機動力も高く、スライサーも健在。
バーストビットを装備したシーカーWと共に行動している事が多く、弾幕を張る事に特化している。


シーカー“K”

クリムローゼがベースとなった機体。
全機セラフウィングを装備しており、疑似セラフと言っても過言ではない。
廃プラズマガンやクロスシューターを装備しており、制空権の確保に特化している。


なお、どの個体にも僅かながらあった自我・・・最低限の受け答えをするための“感情プログラム”は“戦闘プログラム”に書き換えられている為、無口・無表情・無感情の文字通り“自動人形”となっている。

※シーカーW以外の全機共にアイリス、真鬼皇、崑龍、ソレイユの戦闘データをフィードバックしてある。

2011年
05月20日
18:25

355: ゴーステッド

超弩級戦艦アルグレイズ【詳細】

ガトリングレールキャノン砲(コード:Fatal lighting arrow)
最大威力:計測不能×100万発連射×2門
最大射程:太陽系の直径と同じくらい
弾速:3000
間隔:一回撃つ毎に大気圏内なら30分~2時間、宇宙空間なら0~7分の冷却が必要。

悪魔軍が試験運用しようとした物を騎士団が奪取、極限までの火力強化を図り、それを運用しようとした所航宙戦艦にしか載せられなくなってしまったという代物。
今は廃墟となった惑星エル・ゴルダロス攻撃の時は爆発的火力で敵拠点どころかあらゆる物を瞬く間に廃墟にしてしまったバケモノ。エル・ゴルダロスは今でも有害な電磁波が発せられ続けている。
大気圏内の場合弾から半径300メートル圏内にいるだけで爆風で四肢がバラバラに吹っ飛んで即死する。1キロメートル圏内なら例え航宙戦艦でも吹っ飛んでいく。

航宙戦艦エンタープライズ-E【詳細】

ディスラプターミサイル(コード:Gnaw blaster)
威力:(侵蝕まで含めると)計測不能
最大射程:ほぼ太陽から地球まで
弾速:1000
間隔:20000

着弾時に宇宙空間でも死なない暴走オラクル細胞を撒き散らす恐ろしい兵器。ロカルーノ条約で『天使軍、悪魔軍双方の合意において』製造が宇宙的に禁止された禁断のミサイル。侵蝕スピードは三日間で惑星の半分以上が捕食されたという驚天動地のスピード。

10年程前に悪魔軍の一研究部隊が密造、保存を誤り暴発させ資源惑星モリウス諸共捕食された。今は星獣モキアンとして宇宙をさまよっていると言われる。

エンタープライズ-Eでは捕食停止状態にしてあるので暴走する可能性は限りなく低い。

2011年
05月20日
22:31

356: -アズアリウス-

スティ【CP-4200】

ブリックゲイルベースのCP機体。一人称は「私」
特に特殊能力を備えている訳ではないが、その分機体性能が高水準に達している。
BSの出力を上げる事で、光の翼を形成する事が出来、翼は機動力向上に作用する。攻撃・防御にも使用可能
※翼を打ちつけたり、攻撃を弾いたり

近・中距離戦闘を得意とし、一撃離脱を行なう。

武装は腕部一体型の大剣<ジークレイド>のみ

・ジークレイド

スティの右腕部と一体化した大剣。
高周波振動させる事で切れ味を飛躍的にあげてあり、刀身その物の切れ味も相まってこの世に存在するほぼすべての物質を切裂ける。
刀身に光波防御帯発生装置を内蔵しており、防御にも使用可能となっている。
ただし、そこまで広範囲に展開は出来ない。あくまで刀身を防御に使用する時に展開する。
更に、刀身内部にビームライフルを装備しており、刀身が上下にスライドする事で使用可能となる。
光波防御帯発生装置を併用する事でビームライフルの威力を上げたり、掃射をも行える。


ジェイド【CP-6660】

サイコクラスターベースの機体。一人称は「俺」三人称は「我々」
スティ同様特殊能力は無いが高性能である。
ビットの数が12基に増えており、より空間殲滅率が上がっている。
また、一基一基出力が高く、12基全てを胸部に接続して撃つ“フルバースト”は通常のサイコクラスターの10倍の威力を誇る。

ビットを使用した遠距離での空間制圧戦を得意とする。

武装は12基のビット<ホーネット>と胸部ビーム砲<ラディオン>

・ホーネット

合計12基の無線誘導兵器。
それぞれにビーム砲と光波防御帯発生装置を備え、攻防隙の無い武装となっている。

・ラディオン

胸部に内蔵された高出力ビーム砲。
ホーネットを6基接続して撃つ“カノンモード”、12基全てを接続して撃つ“フルバーストモード”・・・二段階の威力向上が可能。
カノンモードは接続後すぐに発射可能だが、フルバーストモードは巨大な球状にエネルギーを圧縮し、解き放つため数秒のディレイが発生する。
また、フルバーストモードでは薙ぎ払う事も可能。

2011年
05月30日
09:23

357: 美作ルウ

ビグ・ラング

型式番号:MA-05Ad/Ex
全高 138,0m
全長 203,0m
全幅 139,1m
本体重量 12,000t(ペイロード=9,200t・コンテナシールド除く)
全備重量 17.900t(推進剤含・コンテナシールド除く)
装甲材質 圧縮硬化型Eカーボン
概要
超弩級前線弾倉補給廠として復刻された超大型MA。
ア・バオア・クー防衛線では間に合わなかった大型シールドを輸送用の大型コンテナを変形させた専用のコンテナシールドを装備することで、当時の機体にあったスカート下の死角を補うことができる。
このため、厳密には「パーフェクト・ビグ・ラング」と呼称されるのだが、普段は「ビグ・ラング」と呼称される。
また、GNドライブを本体に3基、スカートにも4基搭載しているため、強固なGNフィールドを展開できる。
但し、弾倉補給廠であるスカートが大型すぎるために、7基のGNドライブを装備していても機動力はあまり高くない。
資源衛星「レクスル」での戦闘で始めて投入され、その巨体と豊富な攻撃手段、モビルポッド「オッゴ」とのコンビネーションで敵外部部隊を内部に押し込むことに成功するが、内部に入るには大型すぎるためにその後母艦護衛のために地表に残された。
なお、本来は本体の主要区画もVTPSAにする予定だったが、同時開発中だったガンダム試作五号機の開発が材料不足で難航したこともあり、本作戦までにVTPSA加工が間に合わないと判断されたためにオミットされた。

武装
大出力GNメガ粒子砲
くちばし型の保護カバーの内部に内蔵された強力な粒子砲。
かすめただけで戦艦を抉り破壊するだけの破壊力を持つが、搭載位置の関係上足元には撃てない。

ミサイル・ランチャー×8
頭部ユニットに内蔵されたミサイルランチャー。
爆発時に内部の圧縮固体粒子をばら撒き直撃させなくとも敵にダメージを与えることができるGNクラッシュミサイル以外にも、高電圧で敵の駆動系を破壊するプラズマミサイル、強力な爆炎を展開する焼夷弾頭ミサイル、途中で散弾をばら撒くクラスターミサイル、スモークとGN粒子を展開するGNスモークミサイル、爆発しない貫通ミサイルを使い分けることができる。

前面ガトリング砲
前方に対して攻撃できる二連装のガトリング砲。
集弾性能があまりよくないので遠くの敵を攻撃するのには向いていない。

頭部上空防御ガトリング砲
頭部に搭載された戦艦用イーゲルシュテルン型の対空防御火器。
あくまで防御用なので威力はあまりない。

30連装ビーム撹乱弾発射筒×4
ビームを拡散させることができるスモークミサイルを発射するモジュール。
主に防御用に使われるが射程が長くないので使いこなすのは難しい。

3連装大型対艦ミサイル×2
頭部のミサイルランチャーと連動したスカート上部に搭載されたミサイルランチャー。
同じように弾を使い分けることが可能。

大型クローアーム
頭部に搭載された大型のクロー。
金属フレーム丸出しの無骨なデザインだが、量産型MSなら容易く握りつぶすことができるだけのパワーと、シールドをやすやすと穿てる鋭さがある。

野球”ボール”
野球ボール柄のペイントが施されたモビルポッド「ボール」型の手投げ爆弾。
コンテナシールドの裏に留めつけてあり、使用時はクローアームで投げつける。
あくまで投擲兵器なのでボール本来の武装は装備されていない。

コンテナシールド
ビグ・ラングの存在を秘匿した状態で運搬するためのコンテナを、ビグ・ラングの戦闘時にも活用するために改良したモデル。
接続用アームで本体と繋がれており、強力なVTPSAによる鉄壁の防御能力を誇る。
これにより、ビグ・ラングの欠点である「スカート下の死角」が補われた。
大型なので扱いが難しいが、最大展開すれば戦艦一隻を前方からの砲撃から守ることも可能。
また、その大きさと頑丈さを活かして殴打による攻撃も可能。
左右のアームに1ユニットずつ装備しているので実質二枚のシールドを持っていることになる。
なお、接続用アームはクローアームとは別なのでクローアームと併用することが可能。
ちなみに、外すことも可能。

2011年
06月04日
19:00

358: 美作ルウ

ガンダム試作五号機・サンフラワー

型式番号:GP-05
全高 17,83m
本体重量 82,67t
装甲材質 ソーラー装甲、VTPSA

概要
UC0081の10月20日にジョン・コーウェン中将の元で、アナハイム社と共同で極秘の内に開発が開始されたガンダム開発計画の復刻版の第一号として開発されたMS。
計画コンセプトが大きく異なるが、同じガンダム開発計画の名を関する計画によって開発されたことからガンダム試作四号機「ガーベラ」の後を継ぐナンバーが与えられ、特徴的な型式番号と花の名前を使ったコードネームも伝統として継承された。
記念すべき復刻版第一号であるこの機体は、今までのMSとは異なり、災害現場での移動発電施設としての運用が前提となっている非戦闘用MSであるが、戦闘に使えないわけではなく、むしろ使うと多大なる戦果を挙げることができる超汎用型MSである。
発電施設としての運用が前提のため、動力機として8基のGNドライブ、胸部のスリット(大気圏内ではここから空気を取り込み、その空気をリニア加速させて後方から放出してブースター出力を得る)内部にも風力発電装置が内蔵され、最大の特徴として、全身にわざわざ惑星ポイーンに出向いてまで素材をかき集め完成させた「ソーラー装甲システム」を採用している。
なお、このシステムはサイコフレームと連動しており、NT-Dを模したAURAシステム「SUNLIGHT」の起動によって展開し、より広い面積で発電することができる。
また、その大電力を保管するために最新鋭の超大容量パワーエクステンダーを多数内蔵しており、現地到着後ケーブルを繋げばすぐに送電を開始できるように工夫がなされている。
なお、コードネームのサンフラワーは「向日葵(ひまわり)」を意味する。
素材の調達に予想以上に時間がかかり、一部ソーラー装甲を未実装のまま運用試験として資源衛星「レクスル」での戦闘に投入され初陣となるが、敵の数が多すぎるためにその性能を活かしきるのは困難と判断され、ある程度戦闘を行いデータを取ったあとは旗艦「デウスイクスマキーナ」に収容され、パイロットはそのままビグ・ラングに乗り換えてしまう。

武装
専用大出力GNメガバズーカランチャー「ヨルムンガンドⅡ」
超長距離超大型プラズマビーム砲「ヨルムンガンド」をMS用のランチャーサイズまでダウンサイジングした大型ライフル。
普段はビームライフルとして運用しているが、最大出力で発射すれば戦艦十数隻を一撃で貫いて轟沈させるほどの化物じみた破壊力を誇る。
その分消費エネルギーも膨大だが(最大出力で一度発射するとMS一機のエネルギーが消し飛んでしまうほど。)、戦闘時はエネルギーが相当な量余ってしまうこの機体であれば単機で軽々と使いこなすことができる。
また、冷却に関しても後述するソーラー装甲によって即座に行えるのでよほどの滅茶苦茶な連射でもしない限り熱で破損することはない。
非使用時はバックスカートにガデッサのランチャーと同じようにマウントされる。

ビームブレード「ハイテンションブレード」
ヨルムンガンドⅡに搭載されている四刃型ビームブレード。
形状の関係上取り回しが良くないので接近された際に武装の持ち替えが間に合わない際の非常用武器としての意味合いが強い。
ちなみに、使用するエネルギーを抑えることで照明の代わりにすることもできる。

ビームサイン
ガンダムアストレイアウトフレームに装備されていたものと同型の装備だが、ビームサーベルとしての運用も視野に入れているため同機のように酷使すると焼切れるということは起きない。
照明としての運用が可能。
非使用時はサイドスカートのホルスターに格納されている。

ソーラー装甲
太陽光を受けることで電気を生成することができるエコな装甲。
さらに、運動エネルギー以外であればどんなエネルギーでも装甲で受け止めて吸収し、自機のエネルギーに変えてしまうというという破格の能力を持っている。
AURAシステム「SUNLIGHT」の発動によって大きく展開し、発電効率を高めることができる。

アスターウィング
「サウダーデ・オブ・サンデイ」というヨロイと同型のウィング。
普段は背中に格納されているが、使用時は展開される。
このウィングも太陽光を受けることで電力を生成できるので発電能力向上に一役買っている。
なお、展開していなくても大気圏内での単独飛行には大して影響はない。

2011年
06月04日
22:19

359: -アズアリウス-

・アルバ(ALBA) - All Breaker -

“破壊”を司る存在。
戦闘に置いても任意のモノを“完全破壊”する事が可能。
例え弾幕であろうと破壊し、無効化する。接近戦を得意とする。
今回の戦闘、本人はあまり乗り気でないようだが・・・・・・


・オーバー(OVER) - Over Energy -

“力”を司る存在。
攻撃の破壊力も高いが、何より特筆すべきなのはその防御力である。
黄昏砲であろうと戦略核であろうと微動だにしない防御力を誇る。
防御の正体は周囲に纏った黒い霧。混沌の力その物を防御の指向性を持たせて具現化しているため、混沌の力を封じられると弱体化する。


・コア(CORE) - Core Delete -

“消滅”を司る存在。
名の通り、コア(心臓)を消し去ることが出来る。
手を対象に向け、握ると消える為、手を向けられないようにすれば問題ない。
ただし、身体能力が高く、近接格闘を得意とするので非常に困難。
今回の戦闘はゲームの様な物だと考えている。
シーカーを“人形”と呼び、スティとジェイドを捨て駒の様に扱っている。


・ソレイユ・オーバー

装甲が黒く変色し、フェイスマーキングの浮かび出たソレイユ。CP-001 OE としての姿。
元々の装甲と比べると鋭利に尖っており、触れるだけでダメージを与える事も可能。

元のあっけらかんとした性格はなりを潜め、混沌に酔って残虐性が大きく引き出されている。
本来ならば他者の腕を引き千切る等の外道の所業は絶対にしない。

武装はEシールド発生装置、ブレードビット、エナジーウィング。換装する事でクリムAM2,3,4全てを使用可能。(全て出力が違法改造されている)

・Eシールド発生装置

両手の甲に装備された赤いクリスタル。
エナジーウィングと組み合わせる事で強固な防御力を発揮する。
※イメージとしてはストライクフリーダムのビームシールド。

・ブレードビット
大型イオンブースターに内蔵されたウィングビットが変質した姿。鋭利なデザインになっている。
ビーム砲とビームサーベル発振機を搭載しており、オールレンジでの射撃・格闘戦が可能。全部で12基内蔵されている。
※イメージとしてはGNファング

・エナジーウィング
元々は緑色だったが、混沌の影響を受け血の様な赤に変色している。
エネルギー弾を飛ばすことが可能で、集束すれば砲撃も可能。
展開した状態で身を包むように閉じる事で防御にも使用可能。
※外観イメージはより濃い赤になった紅蓮聖天八極式のエナジーウィング


・崑龍・天

混沌の影響を受け、フェイスペイントが浮かび上がった崑龍。CP-5049 CDとしての姿。
性格はむしろ大人しくなっており、常に冷静に物事を判断する。
装甲などが元々と比べて鋭利になっている。
背に翼の様なBSを持ち、飛行が可能になっている。
戦法・装備は通常時と変わりなし。(ハンドバズーカのみで、格闘戦主体)


・真鬼皇・轟

混沌の影響を受け、変質した真鬼皇。CP-5050 AB としての姿。
装甲が鋭利な形状になり、スケアガントと同じ黒いマントを羽織っている。
武装は蛇腹剣のみ。
混沌の力の一つ、黒い焔を使用する。

・蛇腹剣“インフェルニシュラング”

以前発掘した古代型武器。通常の剣として使用する<モード・シュヴェアー>と蛇腹剣として使用する<モード・シュラング>の二つの形態をとる。
<モード・シュラング>時は無限伸縮が可能。
本体の整備時に強度の底上げをして貰った為、元々よりも発火機構の使用可能火力が上昇している(発火機構は<纏え、炎熱 烈火刃>が起動キーワードとなっている。
発火機構の出力は使用者のENに作用され、ENの性質によって炎の色も変化する(要は普通の人間では使えない)

2011年
06月09日
18:26

360:

VR対戦用ロボ
主にVRシステムの対戦用に使われているロボ
各自が独立した自我を持ち、機体によって戦い方が違う。
主にVRシステムが主戦場だが、普通に戦う事も出来る。
ちなみに機体の能力ごとにランク付けがなされており、アラリックとビックバイパー零はAランク、ジェフティがSランクとなっている。

2011年
06月10日
21:41

362: 雷瑠

発信機&受信機
治療する前に出て行ってしまう人が多い為追跡用に作られた
発信機には『月の頭脳』と呼ばれた八意〇琳氏と『妖怪の賢者』と謳われた八〇紫氏の二人が手掛け、受信機には『妖怪核弾頭』と呼び名が高い河城に〇り氏が提携
コレにより血管内に仕込まれた発信機は何処の次元に飛ばされても受信機のある次元に電波を飛ばし、また受信機もどんな空間であっても電波の受信が可能という破格のスペックをたたき出した

2011年
06月11日
15:41

364: ゴーステッド

シャイア(精神体)
フルンティング・モルガンに侵蝕されたシャイアの本来の意識。長く話すことは出来ない。ティル、シェリル(と彼女と交わりを結んだ者)しか会うことは出来ない。

2011年
06月12日
11:00

365: 美作ルウ

抜け落ちが多かったので書き直し。


部隊長型DEM
まどかマギカの中の魔法少女たちをベースに、その能力と記憶、魂をとある方法で分離してDEMの肉体に封入したもの。
自分たちの原型となった少女たちを「原種」と呼び、自分たちはその複製品であることを自覚しているが、まるで本人のような振る舞いなので知らないと混乱する。
ちなみに、ソウルジェムも残っているがあくまでデバイスとしての存在なので破壊されても死ぬことはない。
また、共通して魔女のバディを持っているため、変身の第二形態(彼女たちはパロディで「卍解」と呼んでいる)がある。
また、全員十字架を首から下げており(ファントムペインの特殊戦闘部隊「イスカリオテ」所属のため)、時折✝AMEN✝と叫ぶことがある。
他にも一部専属憑依者がいる人もいる。
ワンオフ型なので量産は出来ない。


まどか
ピンク色がメインのDEMでイスカリオテ第一攻撃部隊長を務める。
弓矢を武器としているが、この弓は格闘戦に対応するために「アーチ」という武器を改造したものになっている。
「アルラ」という魔女がバディなのだが、アルラはデータにはなぜか存在せず、実体化することもないという謎の魔女である。
単体で大気圏内単独飛行能力を持っている。
後述するほむらにまとわりつかれることがあるが、まんざらでもない様子。
基本的に優しいが自分に自信がないうえにやや優柔不断な節もある。
そして、時折無表情で残酷なことをしてのけることもある。
卍解名は「慈愛の魔天使(グローリーエンジェル)」


さやか
青(水色にやや近い)色がメインのDEMでイスカリオテ第二攻撃部隊長を務める。
バディの魔女は自分自身である「オクタヴィア」。
アンデルセン神父の弟子で、「3代目首切り判事」の名を冠する。(2代目は彼女の上司にあたるリーナ・アンデルセン)
原種は剣を武器とするが、こちらはアンデルセンと同型の銃剣を武器とする。(サイコミュ制御も限定的だが可能。原種同様に無限に生み出せるほか、原種と同じ剣をつかうこともある。)
専属憑依者はリーナ・アンデルセン。
片腕が吹き飛んでもすぐに再生してしまうために「リジェネレーター」、銃剣を武器とするために「バヨネット」、十字架を首から下げて聖書を持ち歩いていることから「パラディン」、「ジューダス・プリースト」、「エンジェルダスト」といった師匠アンデルセン神父と同じ2つ名がついてしまった。
なのに、戦闘以外ではすごく不器用でよく失敗をしては「あたしって、ほんとバカ・・・。」とつぶやいて落ち込んでしまう。
活発な性格だが、敵を相手にするときは時折なんの躊躇もなく不気味な笑みを浮かべながら敵を嬲り殺すという残酷な一面がある。
また、時々何かの拍子に狂うことがある・・・。(極まれだが戦闘時以外にも・・・。)
遊びと称してマミと闘争をすることがあるほか、杏子といい感じ。
時々アンデルセン神父の孤児院にいる。
卍解名は「報われざる人魚姫(バブルマーメイド)」


マミ
黄色がメインのDEMだが、ほかの4人とはルーツが若干異なる。
イスカリオテ第三攻撃部隊長を務める。
バディの魔女はおなじみの「シャルロッテ」で、珍しく常に実体化している。
武器は無限に召喚されるマスケット銃と、バディであり友達でもあるシャルロッテの小型版「ミニロッテ」、近距離での取り回しを優先した「454カスールカスタムR」と「ジャッカルR」など重武装である。
専属憑依者のマインドヒーラーとリップヴァーンが憑依している間はマスケット銃のサイコミュ制御や魔弾の運用が可能となる。(逆に言えば、憑依されていないとそれらの能力は使えない、ないしは限定的にしか使えない。)
GNバズーカとミニロッテ4人によるマキシマムショット「友情・ティロ・フィナーレ」が特徴的で単純戦闘能力ならば彼女が5人の中で最強である。
ただ、マスケット銃は連射が効かないために一対多数での乱戦では脆い一面がある。
おしとやかだが人付き合いが苦手で、やや自分の世界に埋没する癖がある。(豆腐メンタルではない。)
さやかに時々闘争を仕掛けられるがノリノリで受けて立つほか、自分ではなく原種のではあるが同じ孤独を知っている杏子との仲もいい。
卍解名は「お菓子の国の姫君(シャルロッテ)」


杏子
赤色がメインのDEMでイスカリオテ第四攻撃部隊長を務める。
爆導索にもなる多節型の槍を武器とする。(いくつでも生み出せる。)
バディの魔女は自分の中に渦巻く過去の絶望が原型だが、実体化能力が無く、卍解してもどこが魔女のパーツなのかわからない。
食べ物に対して異常なまでの執着心があり、食べ物を粗末にする者には容赦がないが、一方で気の弱さがその内に隠れているために淡々と言い返されたりすると思わず泣き出してしまうこともある。
孤独を誰よりも恐れ(幼い時期に両親を失い愛情に飢えているルウとは別の意味で、かつて良かれと思ってやったことが結果的にさらなる絶望をもたらしてしまったという原種の記憶に基づく)、それ故にとても面倒見がいいが、素直になれない一面もある俗にいうツンデレであるとされている。
ただ、少々狂信的だがその信仰の対象がよくわからないためにアンデルセンやマクスウェルが何時か破断するのではないかと心配している。
好物は食べ物全般だが特にたいやきとポッキー、りんごが好み。
さやかといい感じで、同じく孤独を知っているマミとの仲もいい。
時々アンデルセン神父の孤児院でシスターをしている。
卍解名は「神亡き聖職者(ロストシスター)」


ほむら
黒がメインのDEMでイスカリオテ第五攻撃部隊長を務める。
バズーカをつかった爆導索やプラズマリーダー等、それに銃火器を得意としている。
元々砂時計を用いた時間操作能力があったが、それではあまりにも限定的すぎるためにバディである「ワルプルギスの夜」の力によって新たに学校時計(学校にある校舎に内蔵された大がかりな歯車時計)を追加してより汎用性の高い時間操作能力と、ワルプルギスの夜に備わっていた破格の防御能力を獲得した。
ぼんやりしているところがあるが、時折微妙に方向性がおかしい勢いを見せるので周りから突っ込みを入れられることもしばしば。
まどかに対して異常なまでの執着を持っており、時々付きまとっている。
ネタなのかなんなのかは不明だが、時々「ほむっ」という口癖が出る。(状況によっては頻繁に出ることも・・・。)
卍解名は「霊峰の時使い(ワルプルギス)」

2011年
06月13日
10:02

366: 美作ルウ

若干設定が変化。


スカイウィング

イクスレコーダーの娘の一人で、三女にあたる。
タイタニアの血が混ざっていたのでタイタニアとして生まれるが、性格はドミニオンに近い、というか、それよりもさらに強烈な性格で真正のS、であると同時に真正のMでもある。
本来の担当はマーチャントだったのだが、「よくよく考えたら、マーチャントはメモリーレイヤーでもゴーレムを使えば疑似的になれるし、いい加減自給自足が必要になるんじゃないかな?」というイクスレコーダーの言葉からスペルユーザーのシャーマンに進路を変更した。
故に下手をすると広域魔法でバラバラにされるという新たな危険性が敵に降りかかったが、こちらから攻撃をしなければ基本的に他人には淑女である。
ただ、攻撃を仕掛けるとしばらくは持ち前の超再生能力をもってMのごとく攻撃を受け続け、ある程度受けたら極Sモードに移行する。
みんなには、「マインドバンドと体が逆なんじゃないか?」と思われている。
名前に込められた願いは、『全ての空を繋ぐ架け橋となる者』。

2011年
06月15日
13:32

367: ゴーステッド

extraBS-00プロトタイプ
宇宙空間での戦闘をコンセプトにした外付けBSの初期型。固有の名前は無い。

extraBS-01紫雷
長距離移動をコンセプトに作られた基本型。作成費用がとても安いため、脱出用のポッドとしても使われている。03,04は派生型。

extraBS-02スパイラルアサルト
航続距離を大幅に削る代わりにあらゆる方向への変幻自在な方向転換を可能にした白兵戦仕様。ここぞという所で使うと相手を激しく翻弄できる。アルグレイズ、エンタープライズに搭載されている。

extraBS-05アサルトディスタンス
スパイラルアサルトの欠点である航続距離の短さを軽量化、ニュードエネルギーの使用で解決、紫雷を超える航続距離とスパイラルアサルトを上回る旋回性能を両立する事に成功した。騎士団員にはこれが支給されている。

extraBS-06瑞鳳
電波天文学的長距離移動、それこそ宇宙や次元をまたぐような移動を実現したモデル。光速という禁忌を破ってしまったため、正しく使用しないと身体が原子以下のレベルで粉砕する。製造は現在禁じられている。

extraBS-?ファントム・ホロウ
公式には存在しないはずなのに、昨今目撃情報が突然増えた『幻の第七世代』。瑞鳳に似た外見にかかわらず、アサルトディスタンスすら超える旋回性能をもつ。装着者は漆黒のジーウェイン。
出会った者がほぼ全員MIA扱いになっているので『死神』とまで呼ばれている。

2011年
06月17日
23:36

368: -アズアリウス-

※レギオン

使用者:コア、天龍 他

使用者と同じ能力を持つ分身を作りだす。ルシファー配下の者は全員使える模様。
密度も本体と同じなため肉眼での判断は不可。
レーダーでも捕捉はできても本体との反応の差が判らない為やはり判別不可。
この事から分身体と言うより、分裂と考えた方が良いかもしれない。

天龍がすぐに看破されたのは天龍の混沌の力その物が不安定な物であり、天龍自体も不完全な“欠陥品”であったため。

攻撃方法や能力については使用者によって変わり、天龍が使用した時は発火能力を持っていた。

また、意外に脆く、強めの攻撃が一発でも当たると粉々に砕け散る。
※それでもジアス程度の身体強度は持っている。

2011年
06月20日
07:13

369: ゴーステッド

レギオニクス
ドラゴンをデフォルメしたような姿の機械兵。α,β,γの三種類が存在する。αはカスマグ+ドムスレの陸戦仕様、βはポジトロンライフル+スウィフトブレード装備の空陸両用、γはWリニアキャノン装備の宇宙空間戦闘仕様である。
コアに用いられているのは強化オラクル細胞。つまり製造者自身もどう成長するか予測不可能という危険な代物である。ベリアルがデュラレギオスに製造を命じ、サンプルが院長に贈られている。

2011年
06月24日
09:59

370: 美作ルウ

ゲルトルート(レジナ・ウィンベル)

薔薇園の魔女のDEMコピー。
レジナ・ウィンベルのBDを手に入れて戦場に出れるようになったが、あまりにも薄すぎる服、BDの思考ロジックのあまりのやる気の無さに頭を抱えている。(ゲルトルート本人の性格は真面目だが、レジナ・ウィンベルの性格が軽いおまけに重度のサボり魔。)
手持ち武装は火力より継戦時間に重きを置いており、ビームガンとパルスガンを愛用している。
必殺技ではないが、それに準ずる技として、広域に花びらを撒いてその生命力で癒す「ラヴィ・アン・ローズ」、ロックした対象の足元に大量の荊を生み出して相手を攻撃する「ローズ・リストリクション」がある。
リペアビットも使って高速で味方を癒し、邪魔する者は容赦なく荊で追い返す戦法を得意とする。
花を踏まれたりするとすごく怒る。
花屋も副業で営んでいる。

2011年
06月25日
21:24

371: ゴーステッド

惑星エル・ゴルダロス
ガトリングレールガンによる地殻の急激な変動で、有害な電磁波が常時発せられている『記録から抹消された』惑星。

現在、ベリアルが拠点として使用している。

2011年
06月26日
21:17

372:

Rべるちゃん

ジャッジの子供、血は繋がっおらずこの子は戦争孤児である。つまり養子
ジャッジ自体、喋らないというか喋れないので詳細は不明だが
ジャッジ自身の過去になんらかの関係がありその償いをする為に引き取ったと思われる
活発で明るい元気な子

いーちゃん

Rべるちゃんと同じく戦争孤児。内気で泣き虫な子

2011年
06月26日
22:22

373: レヴィドラン

シックス
ゼノモーフののん気なエイリアン(AVP2のプレデリアンのすこし形が違うやつみたいなの)賢いのだが考える要領が低い・・・・

ゆっくりレヴィ
レヴィの分身の一つなんかたまに余計なことを言うが基本気長だただ・・・幼女とか女が好きなのであるそしてなんか可愛い

2011年
06月28日
17:33

374: アミュ

近々登場予定。マリスとエリザの二人は、実際に相棒だからいい…よね?

シーラ・フォナ(ニコルマリス)

ひょんなことからアミュと仲良くなった経歴があるニコルマリス。
「シーラ」は彼女の本名であり、交流が深まったため「フォナ」を名乗ることになった。
アミュとよくやっているのは、もちろん魔法関連。
「黒書」に書かれた死霊術を応用して、メンタマの強化などをしているらしい…。
彼女が持つサイドアームはマグネガンとカッター。

フィリス・フォナ(エリザロッテ)

言わずと知れた王国のお姫様…なのだが、なぜか工房に居候している。
偽名を使ってまでこんなところで過ごしているのは、「退屈だから」だそうな。
この工房を選んだ理由は話そうとしない。間違っても迷ったわけではないらしい(本人談)

剣術の腕はご存知の通りで、殆ど我流にもかかわらず美しい太刀筋である。
AURA機構は少しいじってあるのか、威力よりも機動力に影響が出るようにしてある。

フーリエ・フォナ(アルトアイネス型ベース)

武装神姫がベースになっている機体で、サイズはしっかりこちらと合わせてある。
ボク口調でちょっと生意気なのはアルトアイネス型の特徴だが、どこか冷めた性格。
武装は次の構成になっている。
「サーベンタイン+LB」「OS-36 AカービンEx+SK」「FB アルファ・ピストル+SK」
比較的、動きを邪魔しない武装になっている。
本人いわく、「隙が無ければ攻撃力が多少劣ってても問題ないよ」とのこと。
とはいえ、必殺の「シザース・ガリアス・ドミニオール」の威力は折り紙つきである。

シルヴィ・フォナ(ラプティアス型ベース)

こちらも武装神姫がベースとなっている。
高貴な印象があるが、おそらくフーリエ以上に負けず嫌い。かなり勝利にこだわる。
武装は次の構成になっている。
「フェザーエッジ+LB」「プレシジョン・バレル+SK」「レッドスプライト+SK」
こちらも動きを邪魔しない構成。それでもフーリエより火力は少し高め。
圧倒的な機動力で翻弄しつつ、隙を見つけるとハンドガン→ダブルナイフで一気に攻める。
なお、フィリスとは気が合うようだ。

2011年
07月05日
01:20

375: -アズアリウス-

アイリス・リベリオン

始原の混沌側の作戦名“リベリオン”の名を冠した少女。リリレイン型。
過去、自分の事を認めて貰えてないと勘違いし、私設傭兵団“黒翼”の拠点を飛びだし、連れ戻しに来たアズとの戦闘中に体内の混沌が覚醒、そのまま行方不明となっていた。
CPの被検体であり、形式番号はCP-928 LS(LSはLucifer Systemの略)
Aルート最奥部の防衛を担当しており、Aルート全体の指揮官でもある。
以前のgenocideモードも使用可能であり、その際は阿修羅ユニットとダークネスウィングAMJが一体化したものが装備される。また、外側のAMがサイガン発射可能の副腕となっている。発射口は手首(アドネAMを想像して戴けると・・・)

Lucifer Systemの使用が本格的に可能になっており、各部装甲や頭部パーツにシステム使用の補助を行う為の改修がされている。
システム起動時は装甲各部が展開し、赤い発光体が窺える。

余談ではあるが、グレイセスとメタファーの母親である。

~武装~

・斬元刀
零次元斬等を使用する為の長大な日本刀状の武装。
希少金属である白金と黒金の両方を使用している為、非常に強度が高い。
通常の接近戦武装としても使用可能。主に副腕で装備。

※零次元斬
震電の物とは別物。
あっちが超高速の斬撃であるのに対し、こちらは文字通り次元を斬り裂く。
その為直撃で無くとも当たった所は問答無用で消失する。防御武装での防御は限りなく不可能に近い。魔力防壁等も次元その物を裂かれる為、一度防御した後に張り直す事が出来なくなる。

 

シーカー“CP”

アイリス・リベリオンの部隊にのみ配備された強化改修されたシーカー。
“Lucifer System”での制御・管制・使用を目的に調整されており、CP機体同様に体内に混沌のカケラを持つ為、通常のシーカーとは一線を駕す性能を持つ。
L型やF型の様に特定のジアスの外見を元にされておらず、表情の変化も感情もない。シーカーの開発コンセプトである“自動人形”の究極系とも言える。
そもそも目元がマスクの様な物で隠れている為、表情があったとしても伺えない。
武装は遠近両方に攻撃が行える大剣“ジークレイドE”
※マスクのイメージとしては2D格闘ゲームBLAZE BLUEのキャラクター、ν(ニュー)

・ジークレイドE

スティの物を簡易化し腕部一体型から外部装備型にしたもの。
高周波振動させる事で切れ味を飛躍的にあげてあり、刀身その物の切れ味も相まってこの世に存在するほぼすべての物質を切裂ける。
刀身に内蔵されていた光波防御帯発生装置はオミットされており、その代わり軽くなり、取り回しが飛躍的に良くなった。
更に、刀身内部にビームライフルを装備しており、刀身が上下にスライドする事で使用可能となる。
掃射を行う事が出来ないが、変わりに速射力が上がっている。

 

グレイセス

アイリスとルシファーの子。リリレイン・イヴに酷似した姿。
基本的に物腰柔らかで、誰に対しても敬語を使う。
オーバーを兄の様に慕っており、彼の消滅をルシファーにより伝えられた時は怒りを露わにし、周囲に影響を及ぼすほどの混沌のENを放出した。
体の各部に菱形の赤い水晶が付いており、これにより混沌の力を増幅させている模様。
武装はEVEに酷似したNEVERと常に背面に追従しているSLAVEの二つ。

・NEVER(ネヴァー)

右腕に装備される、EVEに酷似した砲撃用武装。始原の混沌製。
通常モードと長距離砲撃用のロングバレルモード、狙撃用のスナイプモードの三つがあり、それぞれを使い分ける事であらゆる戦場での使用が可能。
ロングバレルモードは高出力の薙ぎ払いも可能。
通常モードでもEVEの出力を凌駕している。

・SLAVE(スレイヴ)

常に背中に追従している剣状のビット。
サイガンでは無くビーム砲を装備しており、出力を変える事でビーム刃を形成する事も可能。
通常の物では6基全てを前方に展開しなければシールドを張れないが、こちらはそれぞれが小型のシールドを展開する事が可能。
NEVERの周囲に展開する事で砲撃の威力をより向上させることが可能となっている。

 

メタファー

アイリスとルシファーの子。キスリルの男性体の様な姿。
気性が荒く、口も悪い。短気。
兄の様に慕っていたオーバーの消滅をルシファーにより伝えられた時はグレイセス以上に怒りを露わにし、周囲に影響を及ぼすほどの混沌のENを放出した。
体の各部に菱形の赤い水晶が付いており、これにより混沌の力を増幅させている模様。
武装は巨大な鎌GREEDと左腕を覆うように装備された強化装甲PRAZNER

・GREED(グリード)

主に両手で保持して使用する湾曲した巨大鎌。
通常の鎌としての使用の他に、光球を生成し打ちだす事が出来、更に周囲の生命力を吸収する事も可能。

・PRAZNER(プラジュナー)

左腕を覆うように装備された強化装甲。
力を増幅させる物であり、防御力の向上にもつながっている。
キスリルの腕部に酷似しており、掌から円盤状のENを発生させ、投げる事が出来、ENを剣状に固定、近接戦に使用する事も可能。


※アイリスは二人を身籠り、産み落とした事を記憶から消去されている。その為二人の事を“混沌と言うだけで虐げられた可哀相な子”と認識している。

2011年
07月07日
15:14

376: クライド

ほったらかしだった設定をage


オリジナルセブン(始原の7人)

ルシファーやミルトと同じ存在である始原の混沌の総称

オリジナルセブンは個々が強すぎる為[お互いがお互いを殺す事が出来ず能力を適用させられない]という制約がかかっている

他にも[お互いがお互いを補完しあっている]というのがあり
お互いの存在がお互いを補完しあっている為、彼らは7人で一つの存在なのである
そのためオリジナルセブンの誰かが死亡、又は消滅すると相対的に消滅する

尚、ルシファーは過去にお互いを補完出来ないほど力を失った為、彼はオリジナルセブンから外れた為、正確には現在は6人であり、失ったルシファー分の力を他の6人が補完している

それぞれ特化しているのがある

[防]????
[速]????
[斬]????
[知]????
[操]ミルト
[無]????

[防][速][斬][知]は言わずもがなで

[操]は相手の体を操ったり、精神操作、力の向きにエネルギー操作などを行うことが出来る

[無]は相手からの攻撃を無効にしたり
対象になる相手以外の人物全員から対象者と関係ある記憶を全て消すのと
対象となる相手が持っている能力に関する記憶を全て消すなどがある


尚、????となっているのは登場次第説明する予定

2011年
07月08日
13:32

377: 美作ルウ

ヅダ(パーフェクト・ヅダ)

型式番号:EMS-11
全高 17,31m
本体重量 62,15t
装甲材質 VTPSA

概要
かつてジオン公国のツィマッド社が開発するも、当時の技術力等を超えてしまっていた機体性能による構造面、技術面での欠陥と、ザクⅠの1.8倍のコストがかかるということから不採用、廃版となってしまった隠れた名機「ヅダ」を、現在の技術で復刻、強化することで完成した「完成したヅダ」。
量産性があまり高くないが、それを押しのけて格闘能力と機動力が他の量産機を凌駕するうえ、汎用性も高い。
最大の問題点であった「エンジンが暴走すると空中分解するまで止まれなくなる」欠陥は、エンジンは土星エンジンを搭載しつつも、2基の小型GNドライブも合わせて搭載してエンジンの負荷を抑え、また土星エンジン自体も改良を加えることで暴走の危険性はほぼ無くなった。
武装面では実弾武器が標準だが、規格が広くとられているため他の機体のビーム兵器も使用できる。
また、基本的に標準武装も含め、あまり癖が無く作りやすい形状、武装を採用しているので量産コストはエンジン回りを除いてなら安い。(エンジン回りに技術が集中しているため、その部分の量産性が悪い。)
また、TRANS-AMと同時にエンジンのリミッターを外し、疑似的な暴走状態になることも任意で可能。(この時、炎の尾を何本も引くことから「フェニックスモード」とも呼ばれている。)
本機体は試作五号機、ビグ・ラングより前に建造を開始していたために機体まわりでは応急的な機能のオミット、変更はないが、武装が実弾ばかりなので弾切れを起こす危険性をはらんでいる。(本来はそれに対応したシステムも搭載予定だったが、上記の二機の開発にてこずったために後回しにされた。)
資源衛星「レクスル」での戦闘で内部突入の際に初陣を飾る。
その高い機動性能で敵を翻弄するも、途中でマシンガンをコアに二丁とも破壊されたために継戦能力を大きくそがれてしまった。


武装
120mmザクマシンガン
ザク系が標準的に装備しているマシンガンをほとんどそのまま復刻したもので量産し易い。
ドラム型のマガジンを採用しており持ち運びと装弾数にたけている。

240mmザクバズーカ
ザク系が標準的に装備しているバズーカとほとんど同じ型。
必要最低限の機能だけをつぎ込んでいるのでかなり簡素。

シュトゥルム・ファウスト
左肩のシールドの裏に接続された誘導弾発射筒。
弾速はバズーカより遅いが、場所を取らないのでどの機体にもマッチする。
基本的に使い捨て。

ヒートホーク
実体刃に熱を纏わせて、その熱で溶かし切るタイプの格闘武器。
ビーム兵器と異なり必要以上の破壊をしないのである意味ではこちらの方が汎用性が高い。
その分威力はやや低め。

135mm対艦ライフル
ロングバレルのライフル。
射程が長い以外にも弾速が極めて速く、また弾が目立たないので気づかれることなく敵を遠くから射抜くことができる。
その分バレルが長いせいで距離を詰められると苦しくなる。
麻酔弾など、非殺傷弾にも対応している。

シールド(白兵戦用ピック装備)
シールドと、敵に突き刺して使用する実体型のピック。
元々機動力が高いこの機体で突撃をかけた場合、速度差によって敵を真っ二つに両断してしまうこともある。
突き刺したままシュトゥルム・ファウストで追撃をかけることもできるが、いかんせん危険すぎるので推奨されていない。

2011年
07月13日
13:25

378: 美作ルウ

パトリシア

委員長の魔女「パトリシア」のDEMクローン

生み出されたのは最近だが、作業そのものは実は一番最初に始まっていた。

最初からMSとの融合が計画されており、可変式MS「ハンブラビ」をモチーフにしているため、自前の武装を多数持っているが、その分誕生が遅れた。
頭があるために、ぱっと見では腕が4本あり足も腕に置き換わっている以外は普通の女子生徒にしか見えない。
無論、委員長キャラであり、世話焼きである。


武装
フェンダーインライフル「フェアドゥーン」
ハンブラビやガブスレイ、マラサイなどが装備していたロングバレルのビームライフル。
連射性能は高くないが威力は可変機の主砲としては十分な威力を持っている。
また、持ち手側にとがった形状のホルダーがついており、持ち方を変えることで打撃、刺突武器としても使えるが、ライフルが破損する恐れがあるので緊急用としての意味合いが強い。
本来一丁のみだが、無茶をすれば6丁使用することもできる。

近接格闘用クロー
脚部の腕以外の腕に取り付けられたクロー。
イージスガンダムのクローとハンブラビのクローをかき合わせたもので、通常のクローとして以外にも二連牙型のビームクローとしても運用できる。

脚部クロー
脚部の手に上からかぶせる形で展開されるイージスガンダムの腕部のクローとほぼ同型のクロー。
足が普通であるように見せかけることも可能だが、パトリシア自身が割と有名なのでその効果はあまり意味がない。
本体の運動性能と4本の腕と脚部の腕がうまくマッチし、乱戦時の格闘攻撃で真価を発揮する。
クローを待機状態にすれば脚部の手も使える。

ビームガン
4本の腕に搭載されている小型のビームガン。
一発一発の威力は大して高くないが、連射性が高く、4本の腕から同時に放たれれば相当な威力になる。

二連装ビームキャノン
背中に搭載されているビームキャノン。
左右への射角にあまり融通が利かないが、威力はかなりのもの。

電撃鞭「ウミヘビ」
強力な電撃を直接流し込む武器だが、射程はあまり長くない。
しかし、内部機器とパイロットだけにダメージを与えられるので自爆などを防ぎながら戦闘能力を奪うことができる。

蜘蛛の巣
ウミヘビのケーブルをネット状に展開し、相手にぶつけて身動きを奪いながら安定して電撃を浴びせることができる。
動きが速い敵に対して罠のように使うこともできる。
単体では展開できず、使い魔との連携で展開するため、少々扱いづらい。


使い魔「ステラ」

Mathieu(マテュー)とほぼ同型だが、名前がダサいために名前を変更している。
簡易的なパトリシアで、一応全身あるのだが腕部が簡略化されている。
フェアドゥーン、二連装ビームキャノン、ウミヘビ、脚部クローを搭載しているほか、変形機構も一応持っている。
ちなみに、パトリシアと一緒に歩く姿は女子生徒たちの通学風景のようでほほえましいとのこと。

2011年
07月13日
16:19

379: 風來燐

メル=ガーネット(呼び名:メル)
機種:メルフィ
修道服を纏う(頭はつけてない)旅するシスター。
背中に背負っている大きな十字架は武器や盾にもなるもの。
普段は弓を使わないのだが、治療や支援などの時に使う。
夏でも冬でも修道服を着ているのだが、全く問題ないのが謎である。
性格は穏やかで誰にでも平等に接する心の持ち主。
読書をするときなど、青いメガネをかけていることがある。
また、ちょっとおもしろそう(興味津々)な感じがするとネコミミがいつの間にか生えていることも・・・。
そんな彼女にも、思い人がいるようで・・・

2011年
07月14日
01:38

380: -アズアリウス-

アズ・リリス・ライムの武装をば・・・・・・

◎ヴァル・ヴィレドⅡ(ドゥーエ)

モカウカでの戦闘で破壊された機体を改修した物。武骨で、いかにもパワードスーツと言った外見から、幾分細身になり、身軽になっている。外観上はISに近い。
また、動力として太陽炉を搭載している。搭載されている太陽炉は安定させるための調整が施されており、通常放出される粒子は緑色だが、この機体のは真紅になっている。

元々採用されていた二重装甲は、一層目の粒子装甲を使用した炸裂装甲(リアクティブアーマー)、二層目の粒子装甲+TPS装甲(トランスフェイズ装甲。更に表面にGN粒子を纏わせる事によりより強固な“三重装甲”になった。

武装は基本的にヴァル・ヴィレドの物を強化・改修した物を装備している。
ただし、製造の困難さや装備レイアウトの変更等の理由で装備から外された武装もある。(輻射破動砲弐型等)
背部に大型のイオンブースターと荷電重粒子砲、本体各部にはシールドビットⅡを更に改良したシールドビットⅢを装備している。
右腕部には以前と同様のカートリッジナックルを装備しているが、基本的には重砲撃戦を展開するための機体である為、使用される事は少ないと思われる。


・EZショックカノンⅡ
以前は胴体に装備されていたがデザインの変更の為右腕へと装備箇所が移された。その為、カートリッジナックルで攻撃した直後の零距離攻撃が可能となった。
近距離での破壊力を重視した低反動砲。通常よりも有効射程が伸びており、威力も上がっている。
撃ち出される弾が実弾とEN弾両方を選択できるように改良されている。


・カートリッジナックル
インパクトナックルを改良・小型化した物。装備箇所は右腕部。
動力源がGNドライブとなった為事実上カートリッジを使用する必要が無くなったが、瞬間的な威力は爆縮カートリッジの方が上である。魔力カートリッジは信頼性の低さから廃止となった。
爆縮カートリッジは連続使用は出来ない物の、打撃1発の威力を戦車砲の如く高める。


・荷電重粒子砲・朧銀月/GNソニックカノン
銀月の改修武装。
リミッターが外されており威力が数段跳ねあがったが、その代償として反動も大きい。又、GN粒子を高濃度圧縮して撃ちだすGNソニックカノンとしても使用可能。ソニックカノンは集束・拡散を選択でき、威力は劣るが汎用性が高い。
使用する際は脚部アンカーを降ろし、固定する必要があるため無防備となる。
通常は赤色だが、出力の違いから名前の由来となった銀色となっている。


・8連装ミサイルポッド
武装転送により使用可能となる。
機体の左右に浮遊させる形で装備。弾頭は多弾頭ミサイルや徹甲弾頭等、多種多様。


・GNフィールド発生装置/Eシールドジェネレータ
ビーム武装・魔道攻撃に絶対的な防御力を誇るGNフィールドと物理攻撃に対し強固な防御力を発揮するEシールドの両方を纏めた装置。
ただし同時展開は出来ない。


・シールドビットⅢ
シールドビットⅡを再改良した物。
ビーム兵器などの光学兵器に対する防御力はそのままに、粒子装甲とTPS装甲を使用する事により実弾兵器に対する高い防御力を得た。
複数基連結させる事で盾を作ることが可能。防御可能範囲が広がり、防御力自体も向上する。
ビーム砲を装備しており、一斉射撃の際の重要な火力となる。
ビームスパイクの機能を廃し、その代わり小型のGNフィールド発生装置が搭載されている。
又、朧銀月使用時でもTPS装甲の機能を維持できるようになっている。
因みに、搭載数は16基


・大型イオンブースター
背部に4基搭載されたイオンブースター。これにより重装甲銃装備であるにもかかわらず、非常に高い運動性能を誇る。
GN粒子による反重力効果と相まって、ネクストACのOBをも超えるスピードを誇る。
ただし反動は大きく、使用し続けると装着者ごと圧壊する恐れがある。

 

 

◎ヴォルドアイゼンⅡ(ツヴァイ)

大破したヴォルドアイゼンを再設計した物。それぞれのパーツを繋ぎ合わせて作っていた以前の物と違い、完全に自作となっている。こちらもISに近い外見。

GNドライヴのデータを元にファニィ・ノートで作成されたGNドライヴε(イプシロン)を搭載している。粒子色は蒼。
GNフィールド発生装置を搭載しており、以前と比べ防御性能も飛躍的に向上した。
搭載武装は少ないが、その代わり一つ一つの威力が高く、機動性も高く纏まった高性能機。


・ストラクトブレイカーGNカスタム
以前からの続投武装。
連射が可能となり、弾数が大増量したストラクトブレイカー。ヴォルドアイゼン以外で撃つと腕が破損するどころか文字通り[無くなる]
弾頭をGN粒子でコーティングした上で撃ちだす為、実弾・ビーム両方の属性を持つ。


・8連装ミサイルポッド
ヴァルヴィレドⅡの物と違い、両肩と両足に一基づつ装備されている。
多種多様の弾頭を選択可能。


・大型エネルギーキャノン“天誅”
背部に装備された4枚の翼に搭載された砲撃武装。
赤いクリスタルが砲身の代わりとなっており、翼の可動範囲+180°と、かなり広い射角を持つ。

 

 

◎イクスロード・カイザⅡ(セカンド)

大破したイクスロード・カイザを再設計した機体。
こちらもGNドライヴε(イプシロン)を搭載している。これにより元々短時間しかできなかった飛行が可能となり、水中行動も可能となった。粒子色は金色。
GNフィールド発生装置を搭載しており、以前と比べシールドビットⅡと共に高い防御性能を発揮する。


・五連装GNミサイルポッド
右腕部に装備されたGNミサイルポッド。
弾頭を選択する事は出来なくなっているが、一発一発の威力が高いGN多弾頭ミサイルを発射可能。


・ガトリングライフル
ブレイカー弾を打ち出すガトリング。左腕側面に装備。


・シールドビットⅢTypeκ
シールドビットⅡを再改良した物。
ビーム兵器などの光学兵器に対する防御力はそのままに、粒子装甲とTPS装甲を使用する事により実弾兵器に対する高い防御力を得た。
複数基連結させる事で盾を作ることが可能。防御可能範囲が広がり、防御力自体も向上する。
ビーム砲を装備しており、一斉射撃の際の重要な火力となる。
こちらはビームスパイクをそのまま搭載しており、尚且つGNフィールド発生装置も搭載している。
ヴァル・ヴィレドに搭載されているものよりも数が多く、24基搭載されている。

2011年
07月18日
13:15

382: ゴーステッド

パルツィファル・デル・フィン
避難民居住区に突如現れた金色のパシファール。月にも例えられる金色の装甲は「金色の死神【ゴールド・デスサイズ】」とも言われ、二振りの鎌を持って首ばかりを刈り尽くす様は戦場の禁忌として扱われていた。ランスロットは彼女の弟。人間に変身できるが弟が兄に見えるくらい可愛い女の子になってしまうので嫌いらしい。
武装:死刃・絶 死刃・哭

ランスロット・デル・フィン
避難民居住区に突如現れた銀色のランスロット。太陽にも例えられる銀色の装甲は「銀色の守護兵【シルバー・ガーディアン】」とも言われ、右腕の盾はあらゆる猛攻を防ぎ、たった一人で旧皇帝軍兵100万から拠点を100日護り切ったとして、戦場の救世主として崇められている。パルツィファルは彼の姉。大抵青年に変身している。よく『姉弟』を『兄妹』に間違えられるくらい飄々とした弟。
武装:天護・慟 護剣・隴

2011年
07月24日
17:35

383: アミュ

【貪欲】オズボーン

七つの大欲の一つ、【貪欲】を司るロボ。
不気味なローブを纏い、自分の力を全てそのローブの中に隠している。
スケアガントに近い姿だが、彼らとは行動理念が完全に違う。

自分が求める全ての物を手に入れるために知略を張り巡らす策士。
彼にとって全ての存在が自分の道具であり、自分より強い力を持つ者をも利用する。
無論仲間を捨て駒にすることも平気で実行してみせる。
ただ、自分が行動するのが最適と判断すると率先して動く一面もある。

戦闘スタイルは万能型。
が、戦闘中にすら武器をあまり晒さないのが特徴。
暗器と呼ばれる暗殺用武器以外にも、大型の武器をローブに仕込んでいる。
収納の方法が特殊なため、見た目からは何が仕込まれているか判別できない。
さらには武器自体に周到なステルス処理を施し、透明に近づけられている。
彼が右腕を振りかざしたとき、その手に握られている物を予測するのは不可能に近い。

彼いわく、「手は全て打って当然、中途半端は好きじゃない」とのこと。

2011年
07月24日
18:43

384: 美作ルウ

【絶望】ディスペリア

七つの大欲のひとつ、【絶望】を司る存在。
本来アルカンタスでしか価値が無い「絶望の欠けた歯車」を大量に身に纏い、
その隙間から本体の様子が伺えるが、一応女性型ジアスがベースらしいが、
そこにさらに別のロボやジアスのパーツがグチャグチャに
組み合わされていることから、単一の存在ではなく、彼女を中心に
同じく何かしらのことに絶望した存在が寄り添い、やがて同化してしまったものと
思われる。

歯車を直接投げつけたりして攻撃することができるが、それ以上に恐ろしいのは、
対象に関係する「絆」などの繋がりを良くも悪くも消し去り、
さらに大きかれ小さかれ絶望を持つものを同化しようとすること。
ただし、繋がり先がいなければその繋がりを消し去ることができず、
さらに繋がりを全て消さなければ同化できないという欠点もあるため、
タイマン勝負ではその能力はほとんど役に立たない。

絶望を感じないようにするためにすでに思考も心も捨て去っているので、
読心能力をもってしても行動パターンが読めない。

行動ロジックも、能力を行使して繋がりを絶ち、絶望を持つものを同化して、
持たないものを抹殺するという基本的な部分は共通だが、それ以外の部分は
共通点が無い。

身にまとっている欠けた歯車は、歯車としての機能を喪失しているために
いくらまわしても結果へ至らない。
希望は永劫来ないという絶望の象徴。

最終的には世界の全てを虚無(ゼロ)に還し、
自分自身も滅びるために行動している。

2011年
07月25日
10:37

386: 雷瑠

ルサンチ
タイプ:マイティバイン
好きな事:誉められる事(誉める行為には大体裏に嫉妬心があるから)
嫌いな事:無関心にされる事
最も欲していること:自身と対等な者と戦うこと(これが叶う=死亡フラグでもある)
一人称:私(わたし)
二人称:呼び捨て(大欲内か認めた相手はMr又はMrs)
三人称:君ら

大欲【嫉妬】を担う男
誰であろうと見下した態度で接し、自身より上の者は絶対的苦痛で服従させる。

戦闘スタイルは単純明快に策を考えず鉄壁の身体で攻撃を受け止めた後、驚異的身体能力で叩き潰す。

ちなみに本人いわく上に見える人を見て反感を抱くのではなく、人を見下して悦に入るタイプ

「どうした?丸腰の私に傷一つ付けられないのかね君は(鎧は身体の一部だそうです)」
「そらそら、ただの素手にさえ勝てないのかね?君は」
「こんな○○(岩石、隕石なら「石ころ」、堀や時空の裂け目やなら「穴」など過小評価した物)で私を止められるとでも?」
「ほう……弱者でありながらその○○気に入った。」

2011年
07月25日
17:30

387: -アズアリウス-

ヘレモニカ【愛憎】


7つの大欲、【慢心】【悲哀】【怨念】【嫉妬】【貪欲】【絶望】【愛憎】の内、【愛憎】を司る存在。
他者に対する慈愛に満ち溢れており、建物等の無機物にでも愛を与える。
しかし、彼女の中にはそれと比例するほど大きな憎しみも満ちており、愛を向けられていたモノは最終的に彼女の憎しみの対象となり、存在を破壊されてしまう。

髪の色は水色。基本的に丁寧語で誰に対してもさん付で呼び、敬語で話す。
※この状態は大欲内では“ヘレン”と呼ばれている

前面に憎しみの感情が出てくると口調が荒くなり、呼び捨てで呼ぶようになる。まるで世界そのものを憎んでいるかのように・・・
※こちらは“モニカ”と呼ばれている。


また、他人の恋愛感情や憎悪が好物であり、感情エネルギーを集め、“食べて”しまう。

ヘレンの方だと遠距離戦、モニカでは接近戦を行なう。
愛情・憎悪の両方が最高潮に達すると“ヘレモニカ”として戦う。その際は遠~近全ての距離に対応する。

2011年
07月25日
18:15

389: ゴーステッド

ダンダリオン【慢心】

過剰な程煌びやかな軍服を着た男。大欲内では最弱と言われているが、自分では最強だと思っている。あらゆる物を金で造っていて、身体中ベタベタ色んな勲章で包まれている。
攻撃方法は、『デラックスストリームテンダー鬼斬』による斬撃と、『最大最強ハイパーガトリングバーストバズーカキャノン砲』による爆撃がメイン。ありとあらゆる金ピカ、銀ピカの武器を持っている。
彼を見ると誰もが羨ましいと思い、慢心の虜になってしまう。更に、相手の体内に金色のコインを埋め込む事により、埋め込まれた相手自身も『自分が偉くなった』『自分が強くなった』という「慢心」を植え付けることが出来る。
彼に勝つには彼より煌びやかな物を着て絶望させるか、彼には欠けている物を目の前に提示することが必要。

口調は相手をとことん格下に叩き落とす見下した感じ。
「アヒャヒャヒャヒャ!俺様が大欲で最強最高のダンダリオン様々だあああああっ!アヒャヒャヒャヒャ!」
「下賤の者なぞ俺様の相手ではないわ!フヒャヒャヒャヒャ!」

2011年
07月25日
19:32

390: 風來燐

ネラー【怨念】

7つの大欲の一つ、【怨念】を司る少女。
人よりも少し小柄、髪はグレーのツインテール。
無口で喋ることは滅多になく、言いたいことはわかる人にはわかるものらしい。
その外見とは裏腹に、強大な怨念を身に秘め、それを糧とした召喚で出した者を使役する。
そのため、両目は包帯で見えなくされている(元々目が不自由なのもある)。
呪術に関しては、大欲の中で最高峰。
特に、相手の心を『腐食』や『支配』させることはお手の物(それにより、暗い情念を得やすいため)。
また、自分自身が『怨念』なため、物理的な物は一切通用しない。

唯一の欠点は、『執念深さ』を取るためにフラフラっとどこかに行ってしまうこと(ちゃんと帰ってくるが)。

2011年
07月25日
22:09

391: クライド

【悲哀】ラーチェ

【悲哀】を司る存在

普段からフードを深く被り、ローブをしているため中がどうなっているのか全く分からない

表情は分からないが常に悲しんだ雰囲気を纏っていており、存在感が皆無なため時々他の大欲のメンバー(貪欲や嫉妬、慢心)に忘れられる事がある

悲しんでいる者に対して取り込もうとする傾向がある

倒すためには悲しみを消すほどの満足感を与えないと不可能

物事を達観して見るため
冷静かつ非情な判断を下す

単純な戦闘力なら大欲の中では一番強い

戦い方は全距離に対応した魔法弾と破壊力に特化した遠距離砲撃魔法の二種類と接近戦に対応している

2011年
07月27日
20:27

392:

特務兵

度重なる外部脅威の侵入に対し、兵士たちを強化手術して作り出された強化兵。
ありとあらゆるステルスや妨害兵器、特殊能力を無効化するマジックキャンセラーを搭載し、蟻一匹通さないセキュリティを実現している。
但し、その効果ゆえに自分たちも特殊能力を無効化されているため、純粋な戦闘能力を高められている。
なお、防御兵装として全機にフォースが装着されている

超高機動兵 『ノーチェイサー』
機動力を極限まで強化した超高速機動兵。
慣性を無視した理不尽なまでの機動性を持つ。
その機動力に耐えるため、兵士にも強化手術が成されている。

武装
ロックオンレーザー、バルカン、ミサイル、レーザーブレード内蔵型シールド

重装兵 『カロン』
重火力に特化した重装兵
雷撃兵器など、火力の高い武装を搭載している
その火力は、侵入者を間違いなく地獄へと渡してくれるだろう

武装
バウンドライトニング波動砲三型、誘導爆雷、ターミネイトレーザーγ、レーザージャベリン

2011年
07月28日
04:29

393: 風來燐

メルの武器を書くのを忘れていたので書いておきます(´・ω・`)

ヴァルハライン

内臓装備:ギガバスターライフル×2、大型エネルギーフィールド

メルが背中に背負っている巨大な十字架。
射撃モードは、盾に真っ二つにされ2つのライフルで敵を一掃。
防御モードは、大型のエネルギーフィールドを形成。味方を援護する。
近接戦闘はそのまま殴ればいいので問題なし。
普段は背負っているのだが、他人に預けたりする場合は小さくしてネックレス状で渡す。

2011年
07月30日
08:07

394:

アダム・アークライト

ブレイドと同じくキリスト・セカンドのクローン。
アークライトがAA-0078ブレイドがAB-0079である
実験中のエデンズ・シードの拒絶反応により右目と心臓に欠陥が生じ
失敗作としてブラックスポットに放棄される。しかしこの時死んでおらず意識を取り戻し
自力で這い上がり車の下に潜り込みAP研究所に侵入し復讐に走る
立ち入り禁止とされていた最深部から自分が何者かに呼ばれていると感じ
最深部に突き進みキリスト・セカンドの聖骸を見つけ融合を始める
しかし逆拒絶反応によりエネルギー放出が始まり研究所を吹き飛ばした
この時ブレイド達は気を失いながらもイヴのドッペルゲンガーの能力の翼により
ギド博士と共に助かっている。アークライトも別の場所で無傷の状態で発見されている

ポジティブフィードバック・ZERO
ブレイドのZERO同様覚える能力、だがこちらが本来のZEROであり
覚えた能力を増幅させて返す事が出来る。
また覚える力もブレイドと違いミッシングリンク級のフラグメントも受けただけで覚える

神無月・鏡司(左天)
アダム・プロジェクトの一員でギド博士の助手であった
アークライトの逆拒絶反応による爆発により死んだと思われていたが
瀕死の状態で666(トリプルシックス)に発見されており身体を改造されて復活
人工的に額に白毫を埋め込まれエデンズ・シードも注入されている
ブレイドやアークライト同様ZEROのフラグメントを持っており
密かにフラグメントを集めていたらしく様々なフラグメントを覚えている

第四波動
熱エネルギーを吸収し攻撃エネルギーに変えるフラグメント。エネルギー変換能力
熱エネルギーを吸収してからでないと第四波動を撃つことが出来ないので
必ず熱エネルギーを吸収する手順を踏む必要がある。
ただし空気中から集める事が可能なのでどこでも使用可能である

2011年
07月31日
17:10

395: Shadow-069

色々と修正

Chaos Project(略:CP)
ロボの原型、又はデータを元にし、混沌機体として生み出す計画。
検体番号には「CP-4ケタの数字+別名、または製造順のアルファベット」で刻印される。
この計画で製造されたロボは並ならぬ戦闘能力を持っており、その形は多種多様。中には法的に禁止された技術を用いられた者や、凶悪な兵器を搭載した者までいる。
なお、中身は大まかに言うと兵器・技術・システム(機構)・機体構築と分野が分かれている。

黒風 改(男性:ジ―ウェイン)
混沌機体(以下“▼”):CP-2073 Air Reactor J-wain
元々はジェッター。今までの記憶やパーツは全てこちらに移植。
過去にヒーローの一人として入り込み、密かにコズミックアークやロボの機体情報といったデータを混沌軍に送信していた時期があった。しかしこの部分も含む以前のメモリーは、原因不明の過熱により完全に焼き切れてしまっている(≒本人は覚えていない)。
混沌施設から奪取した古いChaos Projectのデータのおかげで、一部の記憶は再構築した。
単独行動が多く、シヴァやレインには苦労をかけさせてしまう。
性格は物静か。

零落ノ翼(男性:ガルラバード)
はるかに遠い惑星の出身。
過去に故郷へ混沌軍が襲来した際、災厄をもたらす言われる亡霊の封印を解除し亡霊の力を利用して混沌軍の脅威を排除、及びそれが原因で追放される。
亡霊の正体はマシンソウル。取り付いた機体の一部を変形させる等の効果を持つ。
のんびり屋で、よくシヴァ 改とアクセルShで共に行動し、時折3機で大変な事をやらかしてしまう。
ちなみに故郷には神話や貴重な書物があるだけでなく、様々なものを作っている。特産物は『聖なる灰』(零落が一部持ち出し)。
これは傷を負ったロボや人の治療、浄化作用もあるが、いきなり零落が負傷者に突如ぶっかけるので大抵は迷惑対象になり、使う機会があまり無い(?)

シヴァ(男性:デストラクト)
▼:CP-3790 VX
デストラクトのデータを元に混沌軍が作り出した機体。
しかしメンテナンス中にトラブルが起こり、別のロボの精神が入った。
隙をみて脱走したところを追撃を受けて惑星グリンバーに不時着し、一時的に機能停止。ミッション徘徊中の黒風と零落に発見され再起動した。
BD内のコアは二つ有り、物理的なものであれば分子レベルまで崩壊させる事が可能な分解物質を発生させる第一コアと、それを抑制する反分解物質を発生させる第二コアが存在する。
時と場合によっては体を変形させ、巨大な移動要塞へと化する「A・D・S(All Delete System)」を起動するが、そんなに頻繁に使用しない。変形時はEN供給の問題で、しゃべり方がひらがなからカタカナになる。
口調は中年男性。
Chaos Projectの技術者の一人。

レイン・フォール(女性:テスラドンナ・コイル)
▼:CP-2094 Air Searcher
黒風の昔からの知り合い。
過去の大損傷により機能停止し、混沌軍に回収された。
電圧変換機がかなり改造されている為、雷撃による麻痺攻撃だけでなく、高出力の状態でENを圧縮することにより電磁ビームザンパーの生成も可能である。
実を言うと別の事情があり、コミュとゲームでは名前がそれぞれカタカナと英語になっているが同人物(機体)。
性格は明るめ。

シヴァ 改(男性:デストラクトCN)
▼:CP-3791YW
通称「改」。
デストラクトCNとシヴァのデータを元に、火力支援機として開発された機体。普段はおとなしいが、フルバーストをし始めると某大統領魂が発動し、しゃべり方が変化する。
オリジナルであるシヴァとは違い、コアは一つ。
先に作られたシヴァの事は兄呼ばわりで、混沌施設にいた時と変わらずシヴァのサポート役を務めている。

アクセルType-Sh(男性:アクセルセイバーGP)
混沌軍とは別の軍が、アクセルセイバーのデータを元にして強襲機として開発した機体。
空気抵抗を削減するため、HDなどが鋭角にされた際にHPが減少してしまったが、本人はあまり気にしていない。
時折調子に乗って暴走してしまうが必ず止められる。
かなりのドライブ(というよりは荒運転)好き。

アクセル19(男性:アクセルセイバーGP)
アクセルShの後輩。
昔の事件により、とある組織の一員となっていた。
時折暴走しそうになったアクセルShを止めることに苦労している。
他人行儀。

マグナス(男性:サイコフォーミュラ)
▼:CP-3800 Mad Student
戦闘で大破し、混沌軍に回収されたサイコフォーミュラ。
以前の混沌施設強襲によって失職した、元Chaos Projectの技術者の一人。
武器の事で考えてしまう癖が強く、物によってはサイディスティックな面を見せる。過去に開発した武器の中には、使用条件が高レベルだったものや、容易に惨状を作り出すようなものが破棄されている。
本人の悩みの種は“理想が現実に追いつかない事“(言葉の意味そのまま)。
口調は少々,もしくはそれ以上にオカマ。

ウルク(男性:サイコフォーミュラ)
▼:CP-1724 System Watchman
混沌施設にて特にシステム分野に実力を発揮していた技術者。
組み込み対象のロボに合わせて、システムの機構を調整して扱えるようにする為、時間がかかる。
当時、未完成品や使用すると危険な物を調整する前に、先走った混沌軍が勝手にそれを組み込んだりしたが、そのロボを即座に回収して自壊の恐れを回避させる機会が多かった。
本人のモットーは、「(ある事柄なら)時間をかければかけるほど、それは熟する」との事。
機体構成はマグナスとほとんど変わりない為、時折彼と勘違いされる。

イーディオ(女性型AI)
名前はE・D・O(Energy Dispersion Orbit)からとっている。
元々、混沌軍がChaos Projectで製造されたロボの暴走を抑える為に設計された衛星砲。ロボ(別ジャンルも含む)の暴走の原因は様々だが、その原動力の一つであるENを、あらかじめ搭載されている主砲レーザーで除去する。主砲レーザーには投射対象に合わせて変質を遂げさせた分解物質が含まれている。
しかし、当時はまだ開発段階であった故に完全機能停止寸前までしか押さえられず、外部損傷すら与えられない。
内部には防衛用のバルテオンと、修復機能付き自立型兵器を大量に積み込んでいる。
高性能電算機やGPSも搭載。

しゅーぞー(男性:ブレイズバロンRED)
もっと熱くなれよ!(※1)と言ってた某人の人格プログラムが組み込まれた機体。
口癖はいうまでもなく※1であるが、そんなに頻繁に出現しない。
極地へと追い込まれる程、それに比例して口調とBD内蔵が激化。
ともかくまとめて言えば(様々な意味で)“熱い”。

分解物質(EN)
別名:Electron Deprive Energy。
混沌軍がとある惑星にて発見した強い毒性のEN。物理的なものであれば分子間の電子を奪い、分子結合を急速に解除させていく性質を持っている事から、この名前がちなんで名付けられた。
質量は重いので空気に乗って流れる事はあまりないが、半減期が非常に長い。しかもロボや生身の人間にも非常に危険な物質であるが故、運が悪ければ命を落とす。
かなりの技術力が求められるが、上手く変質させれば分解対象を特定の物に限らせる事が可能。

反分解物質(EN)
別名:Anti Electron Deprive Energy。
分解物質の対となるEN。分解物質を抑える性質を持っており、これを所持している限りは、その脅威にさらされる心配はなくなる。
逆に言えばこれをコーティングしていないと、分解物質を取り扱う事が出来ない。

Dimension Interference System スターダストキャノン(略:DIS星屑砲)
シヴァが随分前に、別方向からの奇襲攻撃というコンセプトで、次元装置(某宇宙戦艦が使用しているワープ機構)をスターダストキャノンに組み込んだ武器。
生成した次元のゲートへ撃ち込めば別方向から対象に飛来する(前から撃ったと思えば後ろから来るという感じである)。上手く使用すれば、相手の攻撃をそのまま返したり、ゲートの中へ身をひそめる事が可能となる。
ただし組み込んだ機構が小規模な故、最大出力を出してもLロボくらいの大きさまでしか生成できない。

最終鬼畜四輪装甲兵器(アクセルセイバーLG)
初期のアクセルShが標準装備していた物。
一つの車輪ごとに別々の状態異常チューンが3枚施されているだけではなく、中心部はクリムゾンベール3枚、コンボ数と威力の増加、TGH補正すら受け付けないというチート並みのパーツ。それが故にクリム屋へ持っていかれ、ptsに変えられるという運命。
今亡き存在である。

バスターガトリング for Chaos(略:バスガトfC)
とある廃墟と化した混沌軍の研究所で発見され、goldの協力によって復元されたバスターガトリング。
一発一発の周りに混沌のENをコーティングする機構が搭載されている。混沌ENの出力に比例して威力が倍増されるが、その分ペナルティが重くなる(コアの出力が下がる、移動速度が落ちる等)為、高機動戦を得意とするロボにとっては扱いに慣れていないと逆に苦戦を強いられる武器。
機構に混沌EN最大出力が加わると、予想以上の被害を出す凶悪な兵器へと変貌する。

Gravitation Interference System Rifle (GISライフル)
マグナスが試験採用を受けた時に開発した武器の一つ。
重力装置と反重力装置が組み込まれている。
重力と反重力の同時発生による作用で衝撃波を与える特殊ライフルで、出力によるが狙った目標は衝撃に耐えきる事が出来ずに、粉砕する場合がある。
製作者本人のお気に入り。

Bioconversion System Rifle (BSライフル)
使用者の生命力、またはマシンソウルをENへと転換し、撃ちだすビームライフル。
これに搭載されている機構を使用すれば、馬鹿げた威力を持つEN弾を発射できるが、その代わりに使用者自身に大きな負担がかかる。使い道を一度でも誤った場合、使用者に致命的な副作用を及ぼす。
搭載されている機構だが、使用者の特徴も様々なので、それに合わせて組み変えないと真価を発揮できない。
モード変換により普通のビームライフルとしても使える。

2011年
08月01日
19:53

396: ゴーステッド

簡単なメモ

デュラレギオス
武装:EXビームブレード、WBM
Φ(デュラレギオスの最小単位)
武装:ビームブレード、ビーマシ
口調:陰湿

エアスクリーム・アグラモア
武装:二丁ガトリングネガトロンライフル
口調:語尾に母音がはみ出る

シャイア・レプリカント=シャイア・アグラモア
武装:カムイスタッフ二振り
口調:俺。普通。

悪虐皇帝ベリアル
武装:カタストロフロッド(攻守)、フルンティング・モルガン(攻守)、不浄の濁爪(相手を混沌で汚染)
口調:偉ぶっていて、かつ荒んでいる。

──────────────────

金色の竜
強化オラクル細胞を注入されたgoldの変質の予兆。変質した末路とも言える。見た目はGEBのハンニバルを金色にした感じ。本人は全く気づかない。

2011年
08月01日
20:22

397: 風來燐

イベント用のキャラだけどカキカキ

黒雨(BD:リリレイン)
装甲が真っ黒のリリレイン。
武装がほぼ火力特化に強化、素質を利用しての"ブライングジャマー"でレーダーを使えなくするというシステムを積んでいる。
蒼霊のことを「オリジナル」と言っているが、その理由は・・・。

武装:レールガン、グレネードランチャー、サイガン、マシンキャノン(すべて威力フル強化)
胸部装甲展開型"Ω・キャノン"、ブライングジャマー

2011年
08月01日
20:51

398:

特務兵

特務兵『ラグナロック』
波動砲の連射を可能にする『ハイパードライブシステム』を搭載した特殊型。
マシンガンのごとく撃ち出される小粒の波動砲が、圧倒的な弾幕のごとく相手に襲いかかる。
頑強なフレーム構造をしており、接近戦にも強い。

武装
ハイパー波動砲、誘導ミサイル、光子バルカン、レーザーザンバー

格闘兵『ナルキッソス』
格闘兵器による戦闘に特化したタイプ。
格闘武器のみながら遠距離への攻撃が出来るため、レンジはかなり広い。
また、擬態能力も持っているが、センサー使用中は使用できないので無用の長物と化している。

武装
ビームラッシュブレードのみ。

2011年
08月08日
00:49

399: ヴァンス

ホープ(執事)
希望の名を冠した人狼族の少年。『惑ろう現実』の大まかな管理を任されているため、データ関係に結構強い。
人当たりが良く迷い込んだ者たちの世話も担当している。
ディスとは双子の関係。
種族的に恵まれた高い身体能力と尾を利用した体術を得意としている。
銀色と見間違うかのような綺麗な白色の毛色をしている。
服装は基本的に制服である執事服であることが多いが、普段着(外出時)は耳を隠すための帽子に半袖半ズボンで過ごすことが多い。

ディスペアー(執事)
絶望の名を冠した人狼族の少年。工業区の管理を担当しているため、設計・建造関係に詳しい。
無口で必要なこと以外あまり喋ることがないので冷たいと誤解されやすい。
若干ジト目ぎみ。
高い身体能力を利用した壁すらも足場として利用する狭い空間での戦闘を得意とする。
ホープとは双子関係。
漆黒の毛色はじっと見ていると引き込まれると錯覚を起こしてしまいそうになるほど。
服装には特にこだわっているわけではないのでどこへでも制服のまま出かける(帽子はかぶる)。
さりげなくブラッシングされるのが好き。

ドリーム(メイド)
夢の名を冠した猫娘族の少女。『惑ろう現実』の炊事全般を任されているので、彼女の機嫌を損なうのは自殺行為に等しい(調理できない者にとって)。人懐っこく遊びまっしぐらな所がある。
種族的に素早く、猫の本能なのかじっくりといたぶり狩りを楽しむかの如く戦う。
怒らせると必殺の『ネコネコ波』がとんでくる。
メアとは双子の関係。
純白というのがふさわしい白色の毛色をしている。
服装は制服のメイド服(でじこ的な)。気に入っているのか普段でも着ているもよう。


ナイトメア(メイド)
悪夢の名を冠した猫娘族の少女。農業区の管理を担当しているので、植物の知識が豊富で世話も得意。素直になりたいけどなりきれないのを少し気にしている。
種族的な素早さを生かし一気に決着をつけるタイプ。本人いわく無駄な時間を過ごしたくない。
ドリームとは双子の関係。
思わず触れてしまいたくなるような不思議な魅力を感じる黒色の毛色をしている。
服装は基本制服だがドリームとは違い普段着を持っている。ちなみにショートパンツと胸部のみを隠すだけのへそ出しルックの上にコートを羽織るという服装。帽子も忘れずに(メリーさんにちかい格好)。

ちなみにホープは耳を隠すために帽子をかぶっているがしっぽを消すのをよく忘れるので実際帽子には意味があまりないことが多い

2011年
08月10日
12:58

400: 激x神威x撃

400記念。
アイ
アクイーアガールに酷似。しかし胸の武装が異なってるため、別タイプかと思われる。
ファニムの幼馴染で、親友を超えた存在。そのためかファニムとはたびたびイチャついている。
服装は基本的にワンピース。戦闘時にはアクイガールと酷似した服装に。

胸の兵装はオリジナルとは異なり、胸部のブラスターが2発動時発射の青白いビームキャノンに。そのためかファニムからは変な名称をつけられてるとか。
また、オリジナルの『フルブースト』が『アンリミテッドブーストに』強化されている。これは敵陣で相手を蹂躙するために限界を超えていけるように調整されたもの。


ついでに神威がスペカを習得。詳細は省略。
日符『ロイヤルフレア』
火日符『ロイヤルプロミネンス』
土水符『ノエキアンデリュージュ』
水符『プリンセスウンディネ』
月符『サイレントセレナ』
日月符『ロイヤルダイヤモンドリング』

2011年
08月15日
19:31

401: ゴーステッド

ハンニバル・エンペラー
強化オラクル細胞に完全に侵蝕されたgoldが覚醒した姿。禍々しい右手の籠手から通常のハンニバルに酷似した攻撃を放つ。但し威力は段違いに高い。

2011年
08月15日
20:12

402: -アズアリウス-

ヒューマンバレット

使用者:ユーナ
使用条件:拳銃(ハンドガン)タイプの銃の使用が可能。
効果:着弾したものを人型に変化させる(無機物限定)
・元々意思がある物が好ましいが、そこらへんに転がっている石ころでも人型になる。要はツクモガミ)
効果時間:1日。使用者の意思によって元に戻す事が可能。

例)ドッスンに打ち込む→ドッスンがいかついおっさんに!
例2)レイジングハートに打ち込む→レイハさんが綺麗なお姉さんに!
例3)バッタンに打ち込む→バッタンが髪の薄いおっちゃんに!
例4)そこらへん歩いてるDQNに打ち込む→「何しやがんだコラァ!」の叫び声と共に絶え間無い激痛が(要は殴られます)
例5)ユーナや零等、ジアスや人間に打ち込む→効果の発動は無し。

なお、こちらの弾は“ユーナちゃんのどきどき射的屋さん”にて専用の銃と共に1500UCで販売予定です。是非ともお買い上げとご使用を!


ラヴィ(LOVE)

ユーナがPEACEにヒューマンバレットを装填し、打ち込んだ事でLOVEが変化した姿。
金髪碧眼の小柄な少女の姿を取っている。大体140位。ピーリスと並んでると親子にしか見えない。と言うか親子。よく見て兄妹。眼の前でそのことにツッコミを入れると**検閲により削除**されます。
民族衣装に似た、布を巻きつけた様な服を着ており、右フトモモには銃を収めたホルスターが付いている。


ピーリス(PEACE)

ユーナがLOVEにヒューマンバレットを装填し、打ち込んだ事でPEACEが変化した姿。
黒髪鳶色眼の長身な男の姿を取っている。大体190位。ラヴィと一緒に居ると通報されかねない。実験段階の時に既に通報されている。
甚平の様な服を着ており、左太腿に銃を収めたホルスターを、腰に短刀を装備している。

2011年
08月15日
22:31

404: 風來燐

転生したので変更。

蒼霊(BD:青イヴ)

転生して、青イヴになった蒼霊。
白いローブを羽織り、結んでいた髪を降ろした姿。
性格等々は変わっておらず、ただプロポーションだけが変わっただけ。
ちなみに、ローブを羽織っている理由は『衣装になれないため』だそうだ。

武器
・EVEショット(片腕に一つずつ装備)
・BSサイガン&シールド
・内臓武器『EVEシステムⅡ』

内臓武器『EVEシステムⅡ』について
この内臓を使用することによって、EVEショットをソードに、BSサイガン&シールドをBSジャミング&ビットに変えることができる。例えとしては、レニーロップの内臓。

2011年
08月21日
00:30

406: ヴァンス

だいぶ前に休憩はさんだりしたしテコ入れもかねて中の人の設定書き直します
【ヴァンス】
カテゴリ的には魔法使いに部類するのだが刀や銃、短刀類なども好んで使用する変わり種である。(驚いた相手には「魔法使いが近距離戦に弱いと思うなよ」)
使用する魔法は詠唱魔法、想像具現魔法、複製・復元魔法、、召喚魔法、魔導書。
とあるスキマ妖怪を師としており、完璧ではないが四重結界までは一応使える。
普段は眼鏡をかけており両目は普段は黒色だが、『観る』ことに特化した「銀の左目」と『力』に特化した「金の右目」の2種の魔眼を持つ。このうち金の魔眼は使用中は狂気に呑まれやすくなるので本気を出すとき以外めったに使わない(たまに遊ぶ)が銀の魔眼は比較的結構使う。発動中は視力が上がり、物の構成やエネルギーの流動などが手に取るようにわかるからとのこと。銀の魔眼発動時には文字を書く時注意していないとルーン文字になってしまっているが本人には普通に普段使ってる文字に見えているので中々直らない。
科学者や工学者の面もありZOIDSを複数所持、開発したり、武器や魔具なども開発している。最近はOF…メタトロン技術に興味を示している模様。
様々な技能を持っているかのように思われるがこれは並行している世界の自分達と同調・融合しているからである。
現在確認されているのは『武者』、『狂った道化』、『分岐した未来』、『破壊者』が確認済み。
血液には魔力を溜めこむ性質があり流血性の怪我を負えば負うほど、総合的な攻撃力や速度が上がっていく。また、血液に魔法道具を流し込んでいるので物理的に硬(くすることや)い。武器にもなる。

今までに作成した物やヒューマノイドなど(出てきた物)
凱龍輝・改
宝石血晶
ハヤテ(クレアとエアを元にしたが感情のデータが難しく当初は抑揚に難がかなりあった)
アトラス(オラクル細胞を使用。作成中2,3回喰われかける)
レーヴァティン(セレネ・ヒストリー)
トールハンマー(キリエ・タイム)
デスサイズ(ディーネ・スペース)

帰還してから常に漆黒のマントを羽織るようにしている(フード付き)。

2011年
08月21日
00:49

407:

たらば(たらばとろん)
いつなんどきでもかに鍋になる運命を背よってる…ハズッ
武装はくらぶ×2に決まっているのら

こんなんでいいのかな?

2011年
08月21日
20:37

408: gold

大丈夫だ、問題ない

2011年
08月21日
20:59

409: アミュ

ルノー専用装備「H・マシナリー」
ヘカティック・マシナリーと読む。全身を包む超多機能の機械の集合体。

ルノー自身に備わっていたプログラム構築能力の高さによって成立する専用機械。
攻撃、防御、その他あらゆる行動プログラムをいつでも作ることができ、
それらのプログラムに従って機械が組み変わり、ほぼどんな事でもこなすことが出来る。

さらに、脳の思考速度を「サイヴァ・ブレイン」で加速させる事によって
まさしく一瞬にしてプログラムを構築することが可能となる。
これにより高速戦闘にも対応できる。

「ヘカティック」から気が付いた人物もいるだろうか、
ヒューマノイド「ミア・ノルヴィック」の新形態でもある。
正確にはちゃんとミアのボディはそのままで、ミアのシステムを一部転送したものになる。
本体と意思を共有しており、プログラム制御の補助を行っている。


ただし、脳を酷使する機械なのでリスクは大きい。サイヴァ・ブレインを併用して
機能を使いすぎたりすると、まるで発熱のような現象が現れると言う。
今まで戦闘要員ではなかったルノーの身体には酷である。

2011年
08月21日
21:11

410:

407追加
生息地は焼き鳥屋
(実は他のところは読むのが精一杯なんて口が裂けても言えない)

2011年
09月06日
23:17

411: クライド

レイブン

夏休みイベントの展開で出来たキャラ

超巨大傭兵部隊エルサレム・ガレットに工兵のNo.2として所属している

科学者も兼ねており、今までに様々な兵器を作っている


身長は184cm程で金髪のセミロングに眼の色はエメラルド
傭兵なので魔力を使って戦闘もそれなりには可能

能力はイメージした武器を顕現させることができる『フォールバスター』
顕現させる武器の強さによって魔力の消費量が違っている

他の装備は射的で手に入れたのを殺傷式に改造した八卦炉

改造八卦炉の威力はオリジナルと同等だが耐久性が低く最大出力なら2回、90~75%なら5回撃つと真っ黒になって崩れ落ちる(74~・・・は20連射などの酷使をしなければ崩れ落ちることはない)

2011年
09月06日
23:20

412: クライド

>>411
追記

性格は普段は大雑把で腹黒だがいざとなると頭がとても冴える

2011年
09月12日
01:10

413: gold

goldの新武装

多段内臓レールガン『カタストロフ』
普段は高火力のレールガンだが、内部で弾種とそれに合わせて口径を変えることでさまざまな戦闘に対応できるようになっている。その汎用性を高めるために変形を迅速に行うための変形機構や発射後の冷却を効率良くするための冷却装置が組み込まれている。
また、ミサイルも少数ではあるが二種類搭載している。
よって、かなりのでかさである。大体goldの身長の倍近い。

第一弾種『レールガン』:通常の高火力レールガン。チャージに若干掛かるが威力は安定の高さ。DPSもそこそこ良い。

第二弾種『クラスターレールガン』:弾頭を炸裂弾に変更することで着弾直前に弾け、レールガンの速度そのまま小破片をばら撒く。密集している敵などに有効。一番装填数が少ない。20発程度。

第三弾種『ガトリングレールガン』:小型のレールガンを無理やり連射させる事で殲滅および一点突破を可能とした。しかし、弾切れが早い上に砲身および使用者本人にすさまじい反動が掛かるため、一度使用するとオーバーヒートを起こし『レールガン』シリーズはしばらく使用不可能になる。使用不能時間はかなり長い(自分のレスを除く20~30レスほど)。

第四弾種『バスターキャノン』:レールガンではなく、普通の大口径砲。単発の火力だけを見れば第一弾種を超える。本当はEN砲にしたかったようだが、『ガトリングレールガン』によるオーバーヒート状態でENを使うのは危険だと判断して実弾を使うことにしている。

第五弾種『ガトリング』:『ガトリングレールガン』が短期決戦型の弾種であるなら、これは少しでも戦闘を継続できるように考案されたものである。超小型弾頭を用いて弾数を大幅に増加させている。ちなみにもっぱら迎撃用である。

限定解除弾種『カタストロフ』:製作者であるルノーにもこの仕組みは良く分からなかった(一応作れるが)。
goldもその内容を語ることはなかったが、おそらく何かの広範囲攻撃らしいという話がある。

搭載ミサイル
第一種弾頭『アンチエアミサイル』:そのまま対空ミサイルである。装填数は少なめ。
第二種弾頭『アンチランドミサイル』:そのまま対地ミサイルである。装填数は少なめ。

2011年
09月14日
07:10

414: ゴーステッド

リーゼロッテ・フォナ
元の名前はシェリル・レプリカント。悪虐皇帝ベリアルによって作り出されたシェリル・フォナのクローン。アミュの渾身の一撃を相殺できるレベルの火力を操作できる。今は武装はない。
シェリルと同じくソラトに恋心を抱いている。ただ小悪魔的な性格のせいかかなり積極的。

クアンタムキャノン
正式名称はQT-α試験型超対流素粒子レーザー砲。本来、この次元には存在しない素粒子を強制的にこの次元に変換、分離して不安定な状態を生み出し、着弾時に再結合させ莫大な重力で押し潰す仕組み。試験型のため暴発の危険をはらんでいる。
超対流素粒子は特異な性質があり、片方がN極のみ、もう片方がS極のみを示す。本来は組になって打ち消しあうが、分離させ、再結合させると莫大な重力を生み出す。これを利用し、出力MAXでシャイアがぶっ放したのでワームホールが開き、ベリアルは他の平行宇宙に飛ばされた。

2011年
09月27日
19:15

415: 風來燐

呼び名:狐(フルだと『狐火燐』)
性別:女性

風來燐が変身(なのかどうかは不明)した姿。
赤く長い髪を後ろに束ねて、式装束を着ている(ぶっちゃけ服装は、藍さま想像できればOK)。
外見は、普通の女性とほぼ変わりはない(胸も大きいほう)。
口調とかはあまり変わらないため、違いが外見でしかわからない。
元々、表裏一体な存在なため、『記憶』及び『能力(一部を除く)』は共有されている。
あと、こっちの姿だけ火の式術が解放される。

2011年
09月27日
19:36

416: レヴィドラン

特大オオパンモドキ

レヴィがまさかのピ○ミン2からつれて来た敵ボスキャラ
ある装置で加工をしてミニマムから一気に3mに巨大化させた(;
体が食パン(切っていない状態)にメチャクチャに似ているしかも硬すぎる(;
よく破壊可能オブジェクトをレヴィの庭に作った巣穴に銜えたまま持って帰る
・・・ちなみに歩くときに必ず『ポンポン』といいながらあちこち移動しているとか


マイティルギリ
過去は傭兵だったが退職しており今はレヴィのところに所属している
意外と鈍感な時があるが普段は修行とかをしているとか
・・・ちなみに女性をあまり知らないとかなんやら・・・・(;

2011年
10月17日
01:31

417: ヴァンス

起動兵器(名前はまだ無い)
戦闘機のようだが・・・・?見た目は上記のへったくそな簡素図の通り
二等辺三角形のようなベースに大型ブースター2基とサブブースターがくっついたような物
とあるロマン兵器を多少改良して搭載しているらしい
兵装
ホーミングランス(レーザー)
バーストショット

【アイズ】
独立戦闘支援ユニット
名前の由来は【Analyze】
表記は【A'ze】
本体は小さなスフィアキューブ(どこぞで拾ったヘンガーを丸々材料に作成)という物に組み込まれているが単体でも浮遊して移動ができる。その際にはホログラムを身に纏って移動、対話をする。
ホログラムなため触れてもすり抜けるだけだが出力を一時的に上げることにより一応物質には干渉できる。
戦闘独立支援ユニットの名の通り起動兵器類のシステムを組んだり、パイロットの補佐が主な目的として作成された。
演算能力をテストするために付け足された次元転送システムなどはオミットされている。
スフィアキューブの同化能力で、ある程度の機器のシステムを乗っ取ることができる。(範囲は人格があっても意思が弱ければ機能の一部分及び存在丸ごと)
丁寧な口調だが結構毒を吐く。

2011年
10月20日
00:41

418: zyabara

作者
別のパラレル世界の"中の人"
zyabaraとか名乗っているが本名は別にある模様。
骨型ヘルメットを被った変人。
想定し得る"現象"を描き出せる「ifペン」なる物を持つ。
性格はだらしなく、死んだ目をしている。(かぶり物してるから見えないけど)
あと基本的にきている物がださい。

β(本名 リグリット・ディヴァー)
作者に付きそう身長180以上はある大柄細身の男。
元アフリカ大陸のヨハネスブルグ出身のヨーロッパ系白人。
ヨハネスブルグにて人間同士の熾烈な生存環境にいたため、
力とゆう物に異常に固執している。
パラレル世界を転々としていたzyabaraの能力に興味を示し付き添っている。
主な役割はzyabaraの代わりに戦闘すること。
あらゆる粒子の運動および反応を操れる異能力者。
(放射線・紫外線・重金属粒子など粒子と規定される物体ならすべて)
この能力はifペンに似た性質を持つ物から影響を受けたらしい。
そのため元の世界ではβ1178rssのコードネームで区分けされていた。
(異能力者がほかにも多発していたため研究機関に所属していため。)
そのためβと呼ばれる。

「if・ペン」等については後記述します。

2011年
11月07日
23:08

419: レヴィドラン

ジェフティ・ノヴァ

レヴィがまたある世界のオービタ○フレームのある機体をモチーフに作った
戦闘用アーマーその機動性と武器の豊富な種類を生かして
敵を翻弄し確実に撃墜する
※ちなみに下半身のコックピットがなく変わりにユニコーンの装甲に変えられています

[ベクターキャノンα]
ベクターキャノンの強化版
破壊力及びチャージ速度攻撃力を特化及び強化させた驚異的なレーザー砲
冷却に30分時間が掛かるがジェフティ・ノヴァの腰のハッチから冷却弾(ブリザードカードリッジ)を装填することで冷却を一瞬で完了させる
ただし地上でしか発射ができないデメリットがある

[ホーミングレーザーδ]
ホーミングレーザーの改良型
誘導力及び発射数リロード時間短縮等を強化した小型内臓武器
限界発射数は100ジャストさらにリロード時間短縮など非常に使い勝手がいい武器だ
誘導力は計り知れなく一度放てば限界距離まで追い続ける避けるのは至難の業に近いだろう

[ベクターレーザー]
レヴィがベクターキャノンの片方を利用した考えを思いついて作ったレーザー砲
ベクターキャノンαと違い何時でも発射可能冷却の必要もない
さらに空中でも発射することが可能で発射するまでの時間はトリガーを僅かに引けばすぐ発射する速度だ
ただし発射中は動けないため後ろからの急旋回ができないデメリットがある


今のところはこんな感じですちょくちょくひらめいたら追加する予定です

2011年
11月12日
03:11

420: ヴァンス

【機動兵器】レプリス
最強のOFの設計図を基に色々とロマン(構造、動力系や武装方面)を詰め込んだ結果完成した機体
機体の大部分にアトラスに集めさせたメタトロンを使用

【モード・ソニック】
平べったい二等辺三角形のような形状をした戦闘機のようなスタイル
何より特徴的なのは後方についた2基の長大なブースター
速さを重視しており使用できる武装はホーミングランスとバーストショットの2つとサブウェポンの一部のみである

【(コンバットモード改め)モード・バスター】
ソニックから変形し人型の携帯へとトランスフォームを行う
変形の過程でブースターの1基は左右に分かれ背面のブースターとスラスターとなり、もう1基は丸々左腕の肘から先の砲身へとなる
なお現状、ロマン砲(ベクターキャノン)以外の弾薬が無い
武装はソニックのものと、数えるのも馬鹿らしくなるおびただしい量のナノマシンで丸々構成された右腕とサブウェポン各種
質量保存の法則が許せる範囲で右腕をあらゆる兵器に転換できる
[ベクターキャノン]
あらかじめ砲身を機体に使用することにより準備フェイズを短縮している
また未使用時に徐々にエネルギーをチャージしておくことで【初撃時のみ】射撃の隙がかなり少ない
動力系・BSの出力の強化により空中での使用を実現

【モード・デストロイ】
本来ブースターとスラスターへ回されるブースターを砲身にし両腕を砲身にした形体
機動力は素体本来に付いている予備BSのみとなりガタ落ちするが代わりに破壊力が跳ね上がる
砲身はバスターと違い動力と直結しておりエネルギー炉の強さがそのまま攻撃力へとなって放たれる
またエネルギーをフルチャージで2基同時使用した場合システムの再起動がかかる(30秒程)
武装はランチャー2基とゼロドライブのみ
バスターからデストロイへは構造の変化状直接変形することができずソニックを介する必要がある

[サブウェポンの劣化・ゼロドライブ]
本来サブウェポンの一つとしてゼロシフトを搭載していたのだが、可変型機としての僚機では直進以外の動作を機体が耐え切れないという事態となった
このため急きょ方向転換用のサブBSが大型BSに隣接するような形で搭載された

動力には反陽子生成炉と魔導炉を搭載

通称OFもどきとは作成者の談

2011年
11月12日
18:08

421: クライド

神格武装『蜻蛉切』

刃に映したものは無機、有機に実体、非実体関係なく割断する半チート武装

柄は1~6メートルまで伸縮可能、柄尻には石突きが付けられている

使用時に通常駆動と上位駆動の2つがあり通常駆動は刃に写した対象を割断する

上位駆動は刃に写した対象の存在を割断する

基本、何でも割断出来るが30メートル以内の対象しか割断不可。対象とする数が多いと均等に割断するため、ダメージが少なくなる

2011年
11月14日
18:06

422: -アズアリウス-

錬装剣・伽藍(ガラン)

2本の刀剣を媒体として形成される両刃剣。

作中ではソニックブレード二本を媒体としたが、実際は同じ剣であればロングソードであろうとマニモナイフであろうと、何でも構わない。

錬装剣の基本形。真紅の刀身を持つ。
重さと切れ味、取り回しの良さを兼ね備え、ギミックとして刀身が縦に展開し巨大な光波刃を形成することが可能。

ソラト以外が持つと見た目通りの重量になるが、逆にソラトが持つと羽のように軽い。
ソラト以外が持った場合も、振り回す事の出来る膂力があれば十二分以上に強力な武装足り得る剣である。
属性の付加も容易であり、魔法使いと相性が良い。
ちなみに、最も相性が良いのは火属性。

また、全ての形態変化はこの形態からでないと不可能となっている。


・螺厳(ラガン)

錬装剣の形態変化。
刀身が捻じれ、螺旋を描くような形になる。刀身の色は蒼。

作中では白羽取りから逃れた際すぐに伽藍へと戻したが、そのまま刺突し、内臓器官に深刻なダメージを与える事が可能。

斬撃も可能で、その際は湾曲した刀身が治療困難な傷口を作りだす。(フランベルジュの様な)

こちらも属性付加が容易となっており、最も相性の良い属性は水属性。

2011年
11月15日
04:19

423: 風來燐

アーシェ
機体:アクイーアガール
装甲の色が水色と青で統一されたアクイーアガール。
内臓武器を誘導ブラスターから集束型粒子砲に変更、背中に2本の斬艦刀を標準装備。ほぼ接近戦重視のスタイル。
性格は何事にも真面目、一途なところもある。ただ、苦手なことはとことん苦手。
補足で、BSはどんなときでも換装できる。