※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラッド「ラムアグがマンネリだというならば次点に上がる男はムスタ……しかし……」
マラク「奴は獅子戦争の件でムスアグスレを持っている……つまり……!」
ラッド「アグリアスとの新たなカップリングを開拓するのは!」
マラク「俺達だ!」
ラッド「いやいやいや、普通に俺だから。だいたいお前何? インド系なのはいいよ、ラファとか可愛いし。
    でもお前アレじゃん、髪型、何? 横側剃ってんの? モヒカンやるならもっと気合入れろよ」
マラク「いやいやいや、汎用ユニットが相手とかありえな――」
ラッド「ラヴィアリを見てもそのセリフが吐けるんならたいしたもんだ」
マラク「ぐっ……口論ではラッドが上か。伊達にガフガリオンの下で傭兵やってない!
     ならば実力行使だ! 裏天魔鬼神!」
ラッド「……お前、頭悪いだろ」
マラク「何おう! 獅子戦争使用の裏天魔鬼神は、命中率をしっかりと確保している!」
ラッド「俺は大地の衣を装備してるんだが……敵味方問わずの地烈斬的な意味で……」
マラク「わあ、しまった。じゃあ裏大虚空蔵でステータス異常に……」
ラッド「はいはい、チャージ中を狙ってサソリのしっぽ二刀流でボッコボコ」
マラク「あべし!」
ラッド「勝利ッ!! これでアグリアスは俺のモノだ、ウワーッハハハハハ!!」

ラッド「アグリアスが見当たらないな……おいラムザ、アグリアスは?」
ラムザ「ついさっき本人の希望で除名しました。オヴェリア様と添い遂げたいそうです」
ラッド「し、しまったぁー! 男とのカップリングばかりに気を取られて、アグオヴェを忘れていたぁー!!」
ラムザ「ついでにラヴィアリもアグリアスさんについて行っちゃいました」
ラッド「とことん百合ルートじゃねーか! 男用無し!?」
ラムザ「まあでも我が隊にはオルランドゥ伯がいるから問題ありません。今日も雷神無双でルカヴィを全滅だ!」
ラッド「こうして我が隊は男ばかりのムサ苦しいPTとなってしまいましたとさ」
メリア「ほう、私達の存在を無視するとはいい度胸だ。強甲破点突き!」
レーゼ「獅子戦争使用になった私のブレス、受けてみる? ホーリーブレス!」
ラッド「ひでぶ!」


アグリ「むっ……星が流れた。また誰か死んだのだろうか、ラムザ達は無事だといいが……」
アリシ「オルランドゥ様がいらっしゃいますから、ラムザさん達は大丈夫ですよ」
ラヴィ「それよりあのデコっぱち一人にオヴェリア様を任しとけません。先を急ぎましょう」
アグリ「うむ! 召喚したオーディンから強奪したこの馬スレイプニルの俊足なら今日中に到着だッ!
     邪魔する魔物や南天騎士団はネイムレスダンス踊りながら無双稲妻突きを叩ッ込む!」
アリシ「何だか懐かしいノリですねー」
ラヴィ「でもそんな事しながらゼルテニア城に突撃したら私達間違いなく賊扱いよねー」
アグリ「オヴェリア様をお守りするのはこのアグリアス・オークスだ! ウワーッハハハハハッ!!」

オヴェ「うふふ、アルマが無事でよかったわ」
アルマ「アルオヴェ成就のため、オヴェリア様、私は帰って来た!
     兄さんには悪いけど神殿騎士団なんかアルテマ一発で壊滅よ。
     そこでオヴェリア様にも護身用の奥義を授けたく……その名もトンベリ・アタック!
     いいですか、ナイフをこう構えて、こう……ハッ! アグリアスさんの気配!
     丁度いいわ、実戦(デコ)に備えてアグリアスさん相手に練習させてもらいましょう」
オヴェ「ええ! アグリアスならちょっとくらい刺しても平気よね!」

アグリ「あ、北斗七星の脇に小さな星が見える」
アリシ「さすがアグリアス様、優れた視力でオヴェリア様の敵をサーチしまくれますね」
最終更新:2010年03月28日 16:44