アムホテリシンB

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作用

カンジダ属,アスペルギルス属などの病原真菌に対し抗菌力を示すが,グラム陽性菌,グラム陰性菌,ウイルスなどには,ほとんど活性を示さない.カンジダに対する最小発育阻止濃度は,0.04~1.56μg/mLである.感受性菌の膜ステロールを含む細胞膜と結合し,膜構造に変化を与え,その透過性障害を起こさせ,菌を死滅させる.

使用目的

真菌症の治療の基準薬である.カンジダ症,クリプトコックス症,アスペルギルス症,ムコール症,スポロトリックス症の第1選択薬である.

副作用と対策

  1. 発熱と悪寒戦慄は必発である.
  2. 腎毒性:腎毒性には血清クレアチニン・モニタリングを隔日で行い,クレアチニンが3.0 mg/dLを超えた時点で中止する.
  3. 貧血
  4. 低K血症

参考

  • 今日の治療薬2007
最終更新:2010年03月17日 02:57
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。