※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■基本能力値(初期:2~12)
筋力:キャラクターの"力の強さ"、"肉体の強さ"などを現す基本能力値
器用:キャラクターの"手先の器用さ"を現す基本能力値
敏捷:キャラクターの"素早さ"を現す基本能力値
感覚:キャラクターの"鋭敏な知覚力"などを現す基本能力値
知力:キャラクターの"頭のよさ"、"知識の多さ"などを現す基本能力値
意思:キャラクターの"精神力の強さ" "心の強さ"などを現す基本能力値

  • 能力値決定のやり方
2D6を6回振り、出た数値をそれぞれに割り振っていく。
その際、どの能力値にどの出目を割り振るかはプレイヤーの自由とする。
また、それぞれの能力値を見て4以下になる場合は、「対面能力値」に1点のボーナスを得る。

対面能力値

筋力⇔意思 器用⇔知力 敏捷⇔感覚

初期式点:

■概念式の作成

基本にして術師にとっての永久命題でもある概念式について。
そもそも概念式とは、それぞれの術師によって幾分か構成が違うものである。
基本となる属性を元に『自ら式の持つ概念特性を定義する』という理念の元に成り立っている。
故に本TRPG版では、概念式は全て自作できるとした。
無論、サンプルデータを直接使っても構わないし、それを少し弄る程度でも問題ないだろう。

まず、式のランクを決定する<位>について説明する。
<位>が高ければ高い程、秘める概念は高度なものかつ強力であり、それだけに行使が難しい。
また、物質に転写したり、組み合わせる際の難易度も高くなってしまう。
多数の位の低い式を組み合わせるか、強力な式を僅か行使するかは難しいところなのである。
位を決定するのは、後述する『概念式を構成する為の式点の点数』である。
即ち、

<位>=式点の合計値/20(端数切り上げ最低1)

となる。式点を100点使用している概念式の場合、<位>は5となる。
なお、メイキング時には式点を160点有しており、その点数を消費して、概念式を作成する。
また、式の所持量に制限は無い。(記憶としての保持だけでなく、紙などの記録媒体に記すことも可能であるが故)
ただし、式を使用し組み合わせる為には、あらかじめその式を記憶していなければならない。
位が高ければ高い程、記憶容量を埋め尽くしてしまう。
このことから、記憶していられる式の位の合計量(記憶容量)は、知力+

特殊能力




基礎武術、武術専攻:○○、基礎術式、四属性術式専攻:○○(4属性+上位4属性) 陰陽術式専攻:○○(光、闇)
装弾機構(チャンバーシステム)研究
異形学研究:セージ的な扱い
術具研究:スキルレベル×2回の判定で破壊される武装を作成(偽装術具作成)
 <武装破棄>:<受け>によるダメージ減少量+SL×3、<受け>に使用した武具は即座に破壊される 
 もしくは、武器の残使用回数×3
操霊術研究(人形遣い、管狐遣い、テイマー系)
呪歌研究:《響き渡る音》オートアクション、同時に使用した術式に属性:音を追加する。



基礎武術
《投擲》
種別:-
タイミング:メジャーアクション
判定:命中 対象:単体
射程:10m コスト:2HP
効果:
装備している武装一つを用いて10m以内の対象に射撃攻撃を行う。
この時のダメージロールを+【使用した重量】する。
このスキルを使用した後、使用した装備は破壊される。
この射撃攻撃は、射程:至近の武器でも行うことが出来る。
ただし、射程:至近、重量:SL×3以下の武器で無ければ、このスキルを使用することができない。


☆才覚
種別を一つ選択。(ただし、魔、-、癒、音は選択不可)
その種別を含むスキルの効果を+4、その種別を含む、あるいは、種別:-、魔、癒、音ではないスキル以外を取得することが出来ない。

■属性
属性はそれぞれ付随する効果を持っている。

火:この属性を持ったスキルの効果によりダメージを与えた場合、更に3D6点の防御点で減少できない追加ダメージを与える。
風:この属性を持ったスキルの命中判定、魔導判定に対するリアクションの判定値を3減少させる。
水:この属性を持ったスキルの効果によりダメージを与えた場合、対象のあらゆる判定の達成値を2減少させる。
  この効果はラウンド中持続する。
地:この属性を持ったスキルが命中した場合、対象のあらゆる防御力を-5する。この効果はラウンド中持続する。
光:
闇(上位):
焔(上位):この属性を持ったスキルの効果によりダメージを与えた場合、更に6D6点の防御点で減少できない追加ダメージを与える。
雷(上位):この属性を持ったスキルの命中判定、魔導判定に対するリアクションの判定値を6減少させる。
氷(上位):この属性を持ったスキルの効果によりダメージを与えた場合、対象のあらゆる判定の達成値を4減少させる。
      この効果はラウンド中持続する。
金(上位):この属性を持ったスキルが命中した場合、対象のあらゆる防御力を-10する。この効果はラウンド中持続する。
音:この属性を持ったスキルの効果は、シーン中の全員に適用される。
霊:
闇(上位):重力、または、引の力場、未知の力。
属性相性は、弱点:○○ で判断。選択できるのは、火、風、水、地、光、闇、焔、雷、氷、金。

種族:
人間
大抵どこの世界でも存在する種族。ヒューリン、ヒューマンなどと呼称される。
最終更新:2009年06月01日 09:03